Samurai Goal

ステップアップ


スポンサード リンク





<久保建英>新天地ビジャレアルは「目標達成」にうってつけ!「上位チームへの順調なステップアップ」 

スクリーンショット 2020-08-09 16.37.31




1: 2020/08/09(日) 15:16:31.36 _USER9
日本代表MF久保建英(19)のビジャレアル(スペイン)移籍が基本合意に達した、と複数の地元紙が報じている。
所属元であるレアル・マドリードからマジョルカにレンタルされた今季は戦力に恵まれない中で4ゴール4アシストと活躍。新たな移籍先が注目されていた。

今季5位で来季の欧州ELに参戦するビジャレアルのホームタウンは、地中海に面したスペイン東部の人口5万人ほどの小都市。
チームは1923年に設立され、2005―06年シーズンの欧州CLベスト4に食い込んだ。ここ7年は18―19年シーズンの14位を除き、4~6位をキープしており、
と元ワールドサッカーグラフィック編集長の中山淳氏がこう続ける。

「来季から采配をふるエメリ監督の基本フォーメーションは4―2―3―1。久保は、マジョルカと同じポジションである2列目の<3>の右MFのポジションをレギュラーの21歳ナイジェリア代表MFチュクウェゼと争うことになるでしょう。
今オフには35歳の主力MFカソルラが退団し、彼がプレーしていた左MFのポジションも空席となった。レギュラー獲得の可能性は十分にあります」

エメリ新監督の実績は申し分ない。アーセナルやパリSGでも指揮を執り、13―16年に監督を務めたセビージャで欧州EL3連覇の偉業を達成。
その名将が「久保の実力を高く評価し、フロントに獲得を要望した」(サッカー関係者)という。

この関係者によれば、「エメリ監督は、気に入った選手を何が何でも獲得するというタイプ。

裏を返せば移り気で、ひとたび興味を失うと、あっさりと戦力外にしてしまうキャラクター」という懸念もあるにはあるが、久保の<移籍先でステップアップし、
レアル・マドリードのトップチームに入る>という目標を達成するには、うってつけの新天地ということになりそうだ。

8/9(日) 9:26配信 日刊ゲンダイ
https://news.yahoo.co.jp/articles/d1cbbb3b1f970d44bb8bb859ebdc0973a445b11d

堂安律、フローニンゲンからのステップアップに言及「できれば日本人のいるクラブへ」  

20190717-00010005-goal-000-1-view[1]




1: 豆次郎 ★ 2019/07/17(水) 08:14:23.39 ID:uOzXoXjc9
7/17(水) 7:45配信
フローニンゲンに所属する日本代表MF堂安律は、オランダ『VI』のインタビューに応じてステップアップについて語ってる。


堂安は2017年6月にガンバ大阪からフローニンゲンへと加入。これまで移籍市場が開くたびにステップアップが注目されてきた人気銘柄であるが、いまだ実現はしていない。それでも、堂安は「ステップアップのとき」と語り、すでに準備はできていることを明かす。

「新しい挑戦、新しい競争への準備はできています。新しいステップに行きたいです。いつかチャンピオンズリーグでプレーするのが夢ですけど、もっと賢くならなければいけません。オリンピックもありますし、そこでプレーしなければなりません。だからこそ、正しい決断が必要になります。できれば、代表での同僚がいるクラブがいいですね」

同メディアの中で挙げられた新天地候補は、吉田麻也の所属するサウサンプトン。堂安はそれについて「プレミアリーグは素晴らしいリーグです」とし、前向きな姿勢を示した。

一方で、フローニンゲンのテクニカル・ディレクターを務めるマルク・ヤン・フレッデルス氏は「我々は彼をとどめたいと思っている。選択肢は多くあるが、ビッグクラブが興味を示してくることも想定している。ただ、売る必要はないし、我々は必ずしもお金は必要としていない」と売却に否定的な様子を見せている。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190717-00010005-goal-socc



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索