Samurai Goal

スティーブ・ブルース


スポンサード リンク





<武藤嘉紀>ニューカッスル構想外!スティーブ・ブルース監督が明言「移籍してプレーする必要がある」 

1: 2020/09/12(土) 06:47:33.82 _USER9
日本代表FW武藤嘉紀は、今季ニューカッスルのプランに含まれていないようだ。スティーブ・ブルース監督が明言している。

2018年に憧れであったプレミアリーグ挑戦を始めた武藤。しかし、2年間で公式戦のゴールは2つのみ。特にブルース監督が就任した昨季はほとんど出番を得られず、1月以降のリーグ戦ではたった54分の出場に留まっていた。

今夏にも退団が噂されていた武藤だが、指揮官も構想外であることを認めている。12日の2020-21シーズン開幕戦を前に会見に臨んだブルース監督は、28歳FWの姿勢を高く評価しつつも、移籍を勧めている。

「ヨシは素晴らしい男。彼にとっては望んだようにいかなかったが、究極のプロフェッショナルだ」

「どこかへ移籍してプレーする必要があるだろう。彼が参加できないのは健全なことではない」

今夏の退団が決定的となった武藤。有力な移籍先としてかつてプレーしたブンデスリーガの複数クラブが挙がっており、『fussballtransfers.com』はケルンやアウクスブルク、堂安律がレンタルで加わったアルミニア・ビーレフェルトがレンタルでの獲得を狙っていると報じている。

9/12(土) 6:41 GOAL
https://news.yahoo.co.jp/articles/8605d841d2177c5444ae0f6d008a2f4f310bdf56

写真
no title

武藤嘉紀(ニューカッスル) 監督批判?“率直な意見”に英メディアが苦言!「団結する必要があるのに…」  

1: Egg ★ 2019/08/22(木) 00:33:40.63 ID:kG9stszl9
ニューカッスルに所属するFW武藤嘉紀の試合後のコメントが“監督批判”と受け取られているようだ。英『HITC』が伝えている。

 今季からスティーブ・ブルース監督が指揮を執るニューカッスルは、11日のプレミアリーグ開幕節でアーセナルに0-1で惜敗すると、17日の第2節では昇格組のノリッジに1-3で敗れ、開幕2連敗を喫した。

 ノリッジ戦で後半22分から今季初出場した武藤は、試合後に「本当に大変だった。僕は孤立していると感じたし、常に3~4人の相手に囲まれていた。フォワードとしては非常に困難だった。チームとして全体的に苦労した。2敗したので状況を変えたい。僕たちはもっと一生懸命トレーニングに取り組まないとけいない」と語っていた。

 ニューカッスルはポゼッション率36.7%でノリッジにボールを支配され、シュート数(12本で枠内4本)、タッチ数、パス数などでノリッジを下回った。苦戦を強いられたことは間違いないが、武藤のこの“率直すぎるコメント”が問題視されているようだ。

 同メディアは「武藤のコメントは、すでに批判を受けているブルースを助けていない。彼の言葉はニューカッスルの戦術に対する批判とされ、今ブルースが必要としているものではない。彼の率直なコメントはオススメできない」と苦言を呈した。

 さらに「彼が苦労していることを公にすることでニューカッスルに害を及ぼす可能性が十分にある。ブルースはプレシーズンで武藤に『非常に感銘を受けた』と言っていたが、団結を示す必要があるときに、彼のコメントは見当違いにみえる」と、タイミングが悪かったと伝えている。

 ニューカッスルは次節、25日にアウェーでトッテナムと対戦。王者マンチェスター・シティと引き分けるなど、開幕無敗中の相手にニューカッスルは今季初勝利を目指す。

8/21(水) 18:16配信 ゲキサカ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190821-43470752-gekisaka-socc

写真no title



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索