Samurai Goal

スター


スポンサード リンク





「ブンデスで最も地味なスター」日本代表MF遠藤航、独紙がデータで活躍を称賛 プレー関与数413回はリーグ2位 

1: 2020/11/06(金) 15:13:01.99 _USER9
シュツットガルトで全6戦にフル出場、プレー関与数413回はキミッヒに次ぐリーグ2位

 シュツットガルトの日本代表MF遠藤航は、今季ここまでのリーグ戦6試合すべてに先発フル出場を果たすなど、不動のボランチとして活躍している。ドイツ地元紙「シュツットガルター・ツァイトゥング」は、「ブンデスリーガで最も地味なスター選手」と題した特集記事を掲載し、そのなかでデータを基にして遠藤がブンデスリーガでも屈指のボランチであると評価している。

 同紙が最初に取り上げているのは、ドイツのポツダムにあるデータ分析会社「Instituts fur Spielanalyse」が算出したプレー関与数だ。これは自チームがボールを奪ってから再び失うまでの間にプレーに関与した回数で、同社によると遠藤のプレー関与数413回は、ドイツ代表MFヨシュア・キミッヒ(バイエルン・ミュンヘン)の423回に次いで2位だという。

 このことから同社のシュテッフェン・ゲルスドルフ氏も、「この数字は守備からビルドアップにかけての局面で、遠藤がシュツットガルトにとって絶対的なキーマンであることを物語っている」と、攻撃の組み立てにおける遠藤の貢献度の高さを認めている。

 また、遠藤の守備におけるデータも注目されている。遠藤のここまでのデュエル勝利数は101回でブンデストップタイであり、さらに178センチと決して上背があるわけではないにもかかわらず、この101回のデュエル勝利のうち23回はヘディングの競り合いで勝って稼ぎ出している。

 こうした遠藤の対人プレーでの強さについて、同紙は「試合のリズムを調整する能力ではドルトムントのMFアクセル・ヴィツェルのほうがわずかに優っているが、それ以外のボランチとしての役割に関しては、遠藤はこのベルギー代表ボランチと同じぐらい上手くやっている。遠藤のおかげで彼の同僚であるMFオレル・マンガラは攻撃に専念できているし、それゆえにスポーツディレクターのスヴェン・ミスリンタートは遠藤を“ボディガード”と呼んでいる」と、同選手が守備でもトップレベルの働きぶりを見せていると伝えている。

遠藤の試合を読む「高い察知能力」も称賛
 その他にも、走行距離はここまで1試合平均10.96キロ、総スプリント回数は108回とどちらも平均的な数字にもかかわらず、遠藤が前述のように攻守両面で高い数値を残していることについて、「遠藤は自身の動きを調整し、高い察知能力を使って自分がいつどこにいるべきなのかが分かっているようだ」と、試合を読む洞察力も称賛されている。

 どうやら今の遠藤が見せているパフォーマンスは、キミッヒやヴィツェルといった世界トップクラスのボランチと比べても、見劣りしないほどのレベルに達しているようだ。

https://news.yahoo.co.jp/articles/2aa4fc2bfc9b26cffcf9145ef50b7ef7afa7a372
no title

「久保建英はピッチ外のスター。ピッチ上でスターになるべき」。ビジャレアル監督が“冷遇問題”にコメント 

1: 2020/10/12(月) 18:44:58.58 _USER9
ビジャレアルのウナイ・エメリ監督が、日本代表MF久保建英に十分な出場時間を与えていない現状について考えを述べた。スペイン紙『アス』が12日付で同監督のインタビューを伝えている。

 大きな注目と期待の中でレアル・マドリードからビジャレアルにレンタルされた久保だが、今季のリーガエスパニョーラではここまで5試合全てに交代出場。合計わずか55分という出場時間は“冷遇”であるとしてスペインメディアも騒がせており、エメリ監督に対する批判的意見もある。


「クボは素晴らしい若者だ。成長することを望んでおり、そうしたいという強い意欲を持っている」とエメリ監督。だが必ずしも成長を急がせるべきではないとも主張した。

「彼は日本人として初めてトップレベルに到達する選手になるという挑戦があることを意識しているし、そうなることを望んでいる人々、その過程を加速させてほしいと望んでいる人々も多い。だが急がせるのは良いことではない。適応しなければならないし、全てのポジションやオプションで勝負できるように成長しなければならない」

 久保は複数のポジションでプレーすることが可能だが、その各ポジションでのプレーをさらに高めていく過程の途中であるとエメリ監督は説明。「7番(右サイド)がベストポジションだが、そこには激しい競争がある。中央ではもっと良くなるように取り組んでいるところであり、左サイドではもっと成長が必要だ。今の我々はそういう過程にある」

「メディアが騒いでいるのは分かっている。彼はピッチ外でスター選手だが、ピッチ内でそうならなければいけない。それを最善の形で実現させること、その目標達成に取り組むことが我々の義務だ」とエメリ監督。「目標の達成はチーム全体でやるべきことだ」と、一人の選手を特別扱いしない姿勢も強調している。

https://news.yahoo.co.jp/articles/00b4279accd5d1b4d850cc6fb5d4a75421636634
no title


★1 2020/10/12(月) 16:07:09.40
前スレ
http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1602486429/

サッカー史上最高のスターて誰? 

20200421-00000056-reut-000-1-view




1: 2020/06/02(火) 18:02:51.22
野球…ベーブ・ルース
籠球…マイケル・ジョーダン
庭球…ロジャー・フェデラー

サッカーは?🤔

「無一文になった」サッカー界のスター12人 酒、ギャンブル、ドラッグで人生転落 

20200527-00263786-soccermzw-000-2-view




1: 2020/05/27(水) 12:05:00.76
W杯で活躍した名アタッカーが銀行口座に約7万8000円、“世紀の選手”は破産申告

サッカー界で活躍しながらも、その後の人生において困窮している選手は少なくない。英紙「ザ・サン」は「サッカー界での富を吹き飛ばし、無一文になったスターたち」を特集。元ブラジル代表や元イングランド代表の英雄など、かつてのスター12人の動向を負っている。

 記事では、サッカーキャリアにおいて地位と名声を手にしながらも、転落の人生を送った選手に注目。お酒やギャンブル、ドラッグなどで「無一文になったスターたち」を取り上げている。

 2010年南アフリカでガーナ代表のベスト8進出に貢献したFWアサモア・ギャン、先日偽パスポートで逮捕されて話題となった元ブラジル代表FWロナウジーニョ、元イングランド代表GKディビッド・ジェームス、元アルゼンチン代表MFディエゴ・マラドーナらが続々と登場。かつてのスター選手の現状について、以下のように触れられている。

元ガーナ代表FWアサモア・ギャン(無所属)
「元サンダーランドのストライカーは、ロールスロイスの車を乗り回していたが、最近は家族を養うことができず、銀行口座に600ポンド(約7万8000円)しかない」

ロナウジーニョ(元ブラジル代表FW)
「ブラジルの伝説的な技巧派スターは、銀行口座にわずか5ポンド(約650円)しか残っておらず、175万ポンド(約2億3000万円)の負債を抱えている」

ディビッド・ジェームス(元イングランド代表GK)
「キャリアで推定2000万ポンド(約26億2000万円)の収入を得ていたにもかかわらず、元イングランドのナンバーワンGKは、2014年に自己破産を宣言した」

ディエゴ・マラドーナ(元アルゼンチン代表MF)
「FIFA(国際サッカー連盟)の“世紀の選手”に選ばれた後、破産した。アルゼンチンの象徴であるマラドーナは、移籍の世界記録を2度更新したが、2009年に破産申請をしなければならなかった」

4億円の詐欺被害に遭ったDF、うつ病とギャンブル依存症の元イングランド代表MF
ポール・マーソン(元イングランド代表FW)
「ギャンブル、酒、ドラッグのせいで、アーセナルのレジェンドは700万ポンド(約9億2000万円)という莫大な財産を吹き飛ばした」

ヨン・アルネ・リーセ(元ノルウェー代表DF)
「リバプールでUEFAチャンピオンズリーグ勝利から2年後、破産者として登録された。ノルウェーで300万ポンド(約4億円)の詐欺被害に遭ったと報じられ、破産を申告した」

エリック・ジェンバ=ジェンバ(元カメルーン代表MF)
「ユナイテッドでクリスティアーノ・ロナウド、ライアン・ギグスと一緒にプレーしていたジェンバは、アストンビラに移って4年後に破産宣告を受けた」

ブラッド・フリーデル(元アメリカ代表GK)
「500万ポンド(約6億6000万円)の借金があり、26万ポンド(約3400万円)の家の差し押さえ手続きが始まったと伝えられている」

リー・ヘンドリー(元イングランド代表MF)
「うつ病とギャンブル依存症。アストンビラで週3万ポンド(390万円)を超える収入を得ていたにもかかわらず、2012年1月、巨額の負債と差し押さえに直面し、破産宣告を受けた」

https://news.yahoo.co.jp/articles/6b89229bcee49b72f7fe5a1b625e35b1b4ccdda0

>>2以降に続く

メッシ、C・ロナウドに代わる“次世代スター”は? 次の10年は彼のものと絶賛! 

1: 2020/03/10(火) 15:21:49.24
新スター筆頭の一人はユナイテッドFWラッシュフォード
no title


サッカー史におけるここ10年間は、バルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシとユベントスのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドの時代だったと言えるだろう。

英誌「フォー・フォー・トゥー」は、次の10年間となる2020年代を牽引するだろう新たなスター候補に注目。マンチェスター・ユナイテッドのイングランド代表FWマーカス・ラッシュフォードら次世代スター選手を紹介している。

 2008年から10年にわたってバロンドールを支配してきたメッシとロナウドだが、2020年代には2人とも引退する日がやって来るだろうと、同誌は主張。そして、2人のスーパースターに代わって新たな時代を引っ張れる若き才能に注目。23歳以下の次世代スター選手50人を誌面で紹介している。

 まず、現在22歳のラッシュフォードが紹介されている。同誌は、「イングランドの新世代における刺激的な才能の最前線にいる存在」と称賛。「過去、現在、未来において、彼に足りていないものはトロフィーだけ」と、ビッグタイトルの獲得がスーパースターの条件であることを告げている。

 同じくイングランド代表から21歳のリバプールDFトレント・アレクサンダー=アーノルドも登場。「DFのプレミアリーグアシスト記録を塗り替え、右サイドバックを魅力的な存在にした」と高い評価を受けている。

「次の10年は彼のもの」と絶賛――“新キング”として名指しされた選手は?

 その他には、ドルトムントに移籍した19歳のノルウェー代表FWアーリング・ブラウト・ハーランドが「ドルトムントでもう黄色から金色になっている」と記されている一方、同じく19歳でレアル・マドリードのブラジル代表FWヴィニシウス・ジュニオールが「16歳で世界を驚かせた少年がベルナベウで男になった」と触れられている。

 そして、「次の10年は彼のもの」としてパリ・サンジェルマンのフランス代表FWキリアン・ムバッペの名が挙げられている。現在21歳の彼は、「すでにフランス国内のタイトルを総なめにし、レ・ブルーにワールドカップの栄冠をもたらしている」と絶賛されており、「新しいキングの王冠を準備しなければならない」と訴えている。

 誌面では上述の選手の他に、18歳になるアーセナルのU-23ブラジル代表FWガブリエウ・マルティネッリ、20歳でチェルシーからウィガンにレンタルされているイングランド人DFリース・ジェームズとその妹で18歳のマンチェスター・ユナイテッドに所属するイングラン人FWローレン・ジェームズ、3月で23歳になるウォルバーハンプトンのポルトガル代表MFルベン・ネベスらも並んでいた

3/10(火) 11:20配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200310-00250527-soccermzw-socc

層薄くスターも不在 日本サッカー最大の危機かも/セルジオ越後 

202002150000039-w1300_0[1]




1: ゴアマガラ ★ 2020/02/15(土) 18:35:00.86 ID:4ZkE3q+s9
Jリーグ創設期以降で、日本サッカーの最大の危機が現在かもしれない。「ドル箱」と呼ばれてきた日本代表の試合の視聴率は急下降。
昨年11月の親善試合ベネズエラ戦は8・6%、同12月に東京五輪世代が同ジャマイカ代表に9-0と大勝した試合が5・6%だ。
人気や注目度が下がり、プレッシャーが減れば、当然厳しさもなくなり、レベルも落ちていく。

スター不在だ。18年秋の森保ジャパン発足時は新鮮味があった。中島、堂安、南野が期待を抱かせた。
今はどう? 中島はポルト、堂安はPSV、南野はリバプールとビッグクラブに昇格ながら、引き換えに出場機会は減った。これが日本選手、特に攻撃的選手のジレンマだ。
選手は使われてこそ伸びるんだ。使われなければさびてしまう。マンチェスターU時の香川、ACミラン時の本田もそうだった。

だから、リーグやクラブのレベルを落としても出番を求めた吉田(サウサンプトン→サンプドリア)は偉いと思う。
長友がインテルからガラタサライに移った時もそうだった。現在、レベルの高いクラブで出場し続けているのはマルセイユの酒井だけ。
一方で、いつまで彼らに頼っているのか、頼らざるを得ないのか、層の薄さが嘆かわしい。

五輪だけでなくA代表でも期待される久保もマジョルカではプレー、数字とも物足りなく「不動のレギュラー」とはいえない。
リーグ戦23試合のうち出場20試合(うち先発10試合)、1得点1アシスト。

>>2以降へ続く

C・ロナウド2世のFWフェリックス、“本家”の前で大活躍! 「スターが生まれた」 

20190811-00209923-soccermzw-000-4-view[2]



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索