Samurai Goal

スタッフ


スポンサード リンク





バルセロナ、選手・スタッフ計7名が新型コロナ陽性だったとスペイン紙。「無症状だった」 

20200602-00375940-footballc-000-2-view




1: 2020/06/02(火) 17:43:35.13
バルセロナの選手・スタッフ計7名が新型コロナウイルス検査で陽性だったことがわかった。スペイン『アス』などが現地時間2日に報じた。

 バルセロナではジョルディ・カルドネル副会長、医療チームのディレクターを務めるラモン・カナル氏、ジョゼップ・アントニ・グティエレス医師の3名にウイルス感染が確認されたが、選手への感染は公表されていないかった。バルセロナは検査で選手・スタッフ全員に陰性が確認されたことにより、トレーニングを開始している。

 スペインのラジオ局『RAC1』によると、選手・スタッフは血液検査を実施し、選手5名、スタッフ2名の計7名に陽性が確認されていたという。当時クラブやリーグからの報告はなかったが、同メディアは「無症状だった」と報じている。また、現在は全員が完全に回復し、リーグ再開に向けて準備を行っているという。

 スペインリーグは6月11日からの再開が決定。バルセロナは現地時間13日にアウェイで日本代表MF久保建英の所属するマジョルカと対戦する予定である。


https://news.yahoo.co.jp/articles/57b94758c0a1298d7240f61708106fb38a35ef2d

リバプールのスタッフ救済策が「炎上」…キャラガーも痛烈批判 

20200405-43479420-gekisaka-000-1-view




1: 2020/04/05(日) 14:14:24.47
 リバプールは4日、新型コロナウイルス感染拡大による財政不安に対処するため、一部従業員に一時休暇を与えることを発表した。イギリス『ガーディアン』によると、これは従業員が政府から月給80%を補償されるようにするための措置。ところがビッグクラブによる一大決定はイギリス国内で批判を呼び、「炎上」状態にあるようだ。

 欧州主要リーグでは現在、新型コロナウイルスの感染拡大により公式戦の開催がストップしている。各クラブは大半の収入源が断たれ、給与支払いへの影響も避けられない情勢。スペイン、ドイツなどでは選手が一部給与の受け取りを拒否し、従業員の給与に充てるよう申し出ている中、イングランドでは従業員に無給の一時休暇を与える措置を取っている。

 この違いはイギリスの政策に端を発する。ボリス・ジョンソン首相が3月下旬、レストランやパブ、映画館や劇場などで業務ができなくなった人々の賃金80%を月2500ポンド(約32万円)を上限に政府が肩代わりし、この窮地を乗り越えてもらうという支援制度を打ち出したためだ。

 ところが、昨今市場価値が高騰し続けているサッカークラブがこの制度を活用することには大きな批判が向けられている。とりわけ労働者の支援を受けてビッグクラブとなり、国を代表する地位を築いたリバプールとなればなおさらだった。記事によると、今年2月に発表された2018-19会計年度のクラブ利益は4200万ポンド(約56億円)だった。

 リバプールの決定に対し、OBのジェイミー・キャラガー氏も自身のTwitter(@Carra23)で痛烈批判。「ユルゲン・クロップはこの流行の初期にすべての人々への思いやりを果たし、賃金カットに深く関わっているプレーヤーもいる。すべての尊厳も善意も失われた。貧しいLFC」と綴っている。

 一方、クラブが選手の賃金カットを行うためにはプロサッカー選手協会(PFA)との合意が必要だが、PFAはこれに猛烈な反対姿勢を取っていることも問題をより難しくしている。現状では30%の賃金カット案が浮上しているが、「彼らは財政的な貢献をすることで役割を果たすはずだ」と拒否。その根拠には、賃金をカットすることに伴う政府税収の減少などが挙げられている。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200405-43479420-gekisaka-socc

神戸 2人目コロナ感染者…選手かスタッフかについて現状は公表しない方針 

20200401-00000019-ykf-000-5-view




1: 2020/04/02(木) 08:08:12.55
神戸では、元日本代表DF酒井に続き、トップチーム関係者にチーム2人目の感染者が出た。該当者は発熱などの症状はなかったが、3月31日にチームドクターの判断により兵庫県内の病院でPCR検査を実施。
同日夜に陽性と判定された。神戸はプライバシー等の観点から、今回の感染者について氏名や、選手かスタッフかについても現状は公表しない方針。

Jリーグの村井チェアマンは、この日の臨時合同実行委員会後に行ったウェブ上での取材対応で、実名公表はクラブ個々の判断を尊重する考えを示した。
実名を公表することで2次感染を防ぐという観点もあると理解した上で、保健所が綿密に行う濃厚接触者の特定を信頼。
「素人判断でこれが濃厚接触だ、と風評が広がるより、全面的に保健所の判断に協力するほうが、2次感染を阻止するために有効だと改めて確認した。実名公表が必ずしも、社会的利益に寄与する唯一のものでははない」と話した。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200402-04010328-sph-socc
4/2(木) 8:00配信

スペイン1部・バレンシアで選手・スタッフ5人が陽性 クラブが正式発表 

GettyImages-1023693096-800x534




1: 2020/03/16(月) 00:22:37.98
サッカー・スペインリーグ1部バレンシアが15日、所属選手・スタッフから5人が新型コロナウイルスの陽性反応が出たことを発表した。

公式ウェブサイトに掲載された公式声明文で、「新型コロナウイルスの陽性反応例が、5人の選手・スタッフから見つかりました」と発表した。
「全員、健康状態は落ち着いており、自主隔離令に従って家にいる」としている。

スペインでは、サンチェス首相が14日に非常事態を宣言。仕事や必要必需品の購入のためなど、例外を除いては外出が禁じられている。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200315-00000145-dal-socc
3/15(日) 23:37配信



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索