Samurai Goal

スタジアム


スポンサード リンク





中国に気持ち悪い蓮のサッカースタジアム、10万人収容 2022年に完成へ 

1: 2020/05/02(土) 19:50:13.86
https://img-s-msn-com.akamaized.net/tenant/amp/entityid/BB134EK8.img?h=315&w=600&m=6&q=60&o=t&l=f&f=jpg
no title

no title

no title

no title


中国の不動産大手「恒大集団」が、広州で世界最大級となるサッカースタジアムの建設を開始した。
建設は2022年に完了する予定で、総工費は120億元(約1830億円)。
スタジアムは蓮の花の形をしており、世界の舞台で中国サッカーを盛り上げることを目指している。

https://news.yahoo.co.jp/articles/f3caff0bd4106daaed3842a21dc313c931597fa9
4/23(木) 16:06配信

<広州恒大>先日着工した10万人収容の新たな本拠地に加え、8万人規模のスタジアムをあと二つ建設すると発表 

1: 2020/04/20(月) 17:31:39.08
写真
no title


中国スーパーリーグ(1部)の広州恒大は、先日着工した10万人収容の新たな本拠地に加え、8万人規模のスタジアムをあと二つ建設すると発表した。

【写真4枚】広州恒大の10万人を収容する新スタジアム完成予想図

 拡張された新方式のクラブW杯(2021 FIFA Club World Cup)を2021年に、第18回アジアカップ(2023 AFC Asian Cup)を2023年に開催する予定の中国では、スーパーリーグの各クラブが立て続けにスタジアムの建設や改築を進めている。しかし、新スタジアムの建設ラッシュは、2030年大会とみられるW杯の招致に向けた準備のスピードを速めているという臆測を強めるものにもなる。

 不動産開発大手の恒大集団はファンに対し、この二つの新スタジアムについて好みのデザインを選ぶことを求めた。

 大富豪で知られる広州のオーナー陣はSNSで「恒大は8万人収容のスタジアムをあと二つ建設する予定で、皆さんには六つある予備の計画から二つを推薦してほしい」と記した。

 この発表の中では、建設地や完成時期といった詳細は明かされなかった。

 ファビオ・カンナヴァーロ監督が率いる中国王者の広州は、人目を引くデザインの新スタジアム建設を16日に着工したばかりだった。

 総工費120億元(約1825億円)におよぶこのスタジアムの収容人数は、FCバルセロナの本拠地カンプ・ノウよりもわずかに多い、世界最大規模の10万人になる見込みで、2022年末までに完成する予定だという

4/20(月) 17:14配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200420-00000028-jij_afp-socc

<広州恒大>世界最大規模の10万人収容スタジアム建設開始!、建設費は1800億円! 

1: 2020/04/17(金) 21:00:14.71
広州恒大が16日、新スタジアムの建設を開始した。世界最大規模の10万人を収容するスタジアムは2022年末に完成予定。費用は15億5000万ユーロ(約1800億円)を費やすとのことだ。

現在、広州恒大は5万人収容のスタジアムを使用しているが、倍のキャパシティを誇ることになる。

世界では15万人収容の北朝鮮にある綾羅島メーデースタジアムが最多で、バルセロナの本拠地カンプ・ノウが広州恒大の新スタジアムと同程度の10万人となっている

2020年4月17日 8時0分 超ワールドサッカー
https://news.livedoor.com/article/detail/18133263/

写真
no title

スタジアム売店「コロナ破産」申請準備…焼きそばなど販売、公式戦中止で J1・ベガルタ仙台のスタジアム 

369_2




1: 2020/04/03(金) 11:40:01.15
帝国データバンク仙台支店は2日、プロ野球の楽天やサッカーJ1・ベガルタ仙台のスタジアム(いずれも仙台市)の売店で焼きそばなどを販売していた星栄商店(宮城県加美町)が3月31日付で事業を停止し、
自己破産の申請に向けた準備に入ったと発表した。

新型コロナウイルスの影響でプロ野球やJリーグの公式戦が開催されず、イベントの中止が相次いだことも影響したという。

負債は約1億円。同支店によると、新型コロナウイルスに関連した倒産は県内では初めてという。

https://news.livedoor.com/article/detail/18064615/
2020年4月3日 11時4分 読売新聞オンライン

<Jリーグ>再開予定繰り下げで“東京問題”浮上!どうやってスタジアムを確保するか? 

20200324-00000038-tospoweb-000-2-view




1: 2020/03/24(火) 23:25:55.06
Jリーグを悩ませる“東京問題”とは――。プロ野球とJリーグが連携して設置した「新型コロナウイルス対策連絡会議」で、
感染症の専門家から公式戦の早期開催は難しいとの提言を受けたJリーグは25日の臨時実行委員会で協議し、4月3日の再開予定を繰り下げる見通しだ。

中断期間の長期化が確実視される状況で新たな問題が浮上してきた。Jクラブ関係者は「日程を見直すことになるんだけど、どのクラブも秋以降にスタジアムを押さえるのは難しいでしょう。
運動会とかイベントで押さえられている日もある。特に東京VとFC東京は大変じゃない? ホームが同じだから、日程の調整とか可能なのかな」と指摘した。

J1のFC東京とJ2の東京Vは同じ味の素スタジアム(調布市)を本拠地として使用しているが、新型コロナの影響で今後は過密スケジュールが想定される。
試合日程の再編成となれば、平日に加えて土曜日と日曜日にスタジアムをフル活用できたとしても、試合日の“バッティング”は避けられないとみられている。

同関係者は「都内には(味の素フィールド)西が丘もあるけど大学サッカーがあるし、他のスタジアムもコロナの影響で延期になったいろいろな試合が入るだろうからね。
東京Vとか、どうやってスタジアムを確保するか。最悪は稲城のスタジアム(稲城中央公園総合グラウンド、収容約1000人)でやればいいけど…」。

すでにJリーグではルヴァンカップの大会方式の変更が現実味を帯びている中で、スタジアムが確保できなければ新たな日程も定まらない。各クラブは対応に追われそうだ。

3/24(火) 16:45配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200324-00000038-tospoweb-socc

英国人記者が選ぶ「Jリーグのスタジアム」3位:サンプロアルウィン、2位:三協フロンテア柏スタジアム、1位は? 

20200306-00365466-footballc-000-17-view




1: 2020/03/07(土) 07:12:26.05
日本代表やJリーグなどを取材しているイングランド人記者のショーン・キャロル氏は2009年に来日して以来、40を超えるJクラブのホームゲームに足を運んできた。
日本各地で取材活動を続ける彼だからこそ知りえるスタジアムの魅力とともに、サッカースタジアムベスト10を選出してもらった。(文:ショーン・キャロル)

英国人記者が選ぶスタジアム10選
 
これまで私が日本で過ごしてきた11年近い時間の中で、現在のJ1とJ2を構成する40チームのほぼ全て(唯一未体験のFC琉球は計画中)と、いくつかのJ3チームのホームゲームを観戦する幸運に恵まれた。
訪問したひとつひとつのスタジアムにそれぞれの印象が残っており、そこから日本のサッカー文化を覗き見ることができた。再訪を楽しみにしているスタジアムもあるし、今後新たに訪れたいスタジアムもある。
ともかく現時点でのベスト10を挙げるとすれば以下の通りだ。

●10位:Shonan BMWスタジアム平塚

使用クラブ:湘南ベルマーレ
入場可能数:15,380人

いかなるスタジアムにとっても大きな欠点となってしまう陸上トラックが存在するとはいえ、平塚を訪れるのはいつも楽しい。スタジアムへの道筋もさほど大変なものではないし、
キックオフに向けてテンションを高めさせてくれる。特に最後の部分、試合前の各種アクティビティで賑わう公園内に入ればなおさらだ。

そしてベルマーレは湘南エリアの気性を非常にうまく捉えており、そのアイデンティティを各方面に反映させている。年季が入っており、最新のスタジアムのようなきらびやかさに欠ける部分も多いが、
個人的にはその点にこそこの会場の魅力の大部分があると思う。

●9位:栃木県グリーンスタジアム

使用クラブ:栃木SC
入場可能数:15,325人

栃木SCのホームスタジアムも、周辺の環境とうまく融合することに大成功している日本のスタジアムのひとつであり、清原北公園の木々の中に心地良く鎮座している。
大規模ではないのでクラブがもしJ1に昇格することになれば大変ではあるだろうし、メインスタンドの一部を覆う申し訳程度の屋根を除けばファンもメディアも完全に風雨に晒されてしまうのも事実だ。
だが絵になる風景の中で試合を生観戦したいファンにとってグリーンスタジアムは絶対に見逃せない。

3/6(金) 7:00配信 フットボールチャンネル
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200306-00365466-footballc-socc

<J3秋田新スタジアム構想>八橋公園施設の県代替地案、秋田市「いずれも不適」 

imagesI0GDO9I6




1: Egg ★ 2020/01/25(土) 08:44:02.94 ID:JT74Y2YM9
サッカーJ3秋田のJ2昇格に必要な条件を満たす新スタジアム整備に関し、秋田市は23日、有力候補地として推す声が強かった八橋運動公園の既存施設について、秋田県から昨年12月に提案された代替地案を「いずれも不適」と判断したと明らかにした。市議会総務委員会で説明した。

 これまでの検討は八橋運動公園、秋田大グラウンド、川尻地区の企業敷地の市内3カ所を候補地として議論してきた。支持が大きい八橋に新スタジアムを建設した場合、既存スポーツ施設の代替地をどうするかが大きな課題だった。

 市によると、県は代替地としてどちらも八橋運動公園内の(1)県スポーツ科学センター周辺と球技場(2)多目的グラウンドとその周辺-の2案を提示してきた。

 これに対し市は、十分な駐車場を確保できないことや周辺の市道を付け替える必要があることなどを理由に、県にいずれも不適と回答したという。

 総務委員会では、穂積志市長が10日の定例記者会見でJR奥羽線の新駅開設などの動きがある外旭川地区について「有力な候補地の一つ」と述べたことへの質問も相次いだ。

 委員が「市長が有力としたことは重要だ」と意図をただすと、市側は「答弁の流れでの発言。可能性がある候補地の一つとの認識だ」と答えるにとどめた。県と市は2月をめどに3候補地について最終報告をまとめ、議会に報告する方針。

1/24(金) 15:20配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200124-00000015-khks-soci

<栃木シティFCスタジアム計画> 天然芝!5129人収容!「日本一観客と選手の距離が近いスタジアム」を目指す.. 

1: Egg ★ 2020/01/17(金) 13:21:45.37 ID:zlUEQcOq9
栃木県栃木市岩舟総合運動公園を第1候補地としている関東1部リーグのサッカークラブ・栃木シティFCのスタジアム建設計画で、クラブは13日、市内で開いた住民説明会でスタジアムのイメージ図などを明らかにした。収容人数はJリーグ参入要件を満たす5129人。天然芝のピッチとスタンドの距離は5メートルと、「日本一観客と選手の距離が近いスタジアム」を目指すという。

 スタジアム建設候補地は同公園西側の野球場などがある一角。天然芝のスタジアムのほか、選手控え室などがあるクラブハウス、フル規格の天然芝練習場を整備するとした。

 スタンドは、背もたれがあるメインのスタンドのほか、芝生席やゴール裏の立ち見席など。J3参入の基準となる収容人数5千人以上を確保する。2階建てのクラブハウスにはVIPルームなどを設ける。

 公式戦以外では地域住民への開放も行う。スタジアムは芝の状況を見ながら開放。スタンドやビジョンなども活用し、コンサートやサッカー教室など市民向けのイベント開催も検討しているという。

 同日の説明会でクラブの大栗崇司(おおくりたかし)社長は「選手と選手がぶつかる音や息づかいが聞こえ、皆さんや次世代の子どもたちに感動を与えたい。スタジアムを通じて何とか地域に活性化をもたらしたい」と話した。

 クラブによると、建築費はクラブ側が全額負担し、総額は10~15億円を見込むという。大栗社長は下野新聞社の取材に対し「新シーズン中の完成を目指したい」との意向を示した。一方市側は候補地の市有地について、クラブへの無償貸し付けを検討している。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200114-03265695-soon-l09

写真no title

京都サンガスタジアム来月11日完成 にぎわい拠点に 

1: シコリアン ★ 2019/12/31(火) 14:38:12.43 ID:FenODWR+9
no title

no title

no title

no title

no title


 オリンピックイヤーの2020年、京都に新たなスポーツの拠点が誕生する。1月11日に京都府亀岡市で「サンガスタジアム by KYOCERA」(京都スタジアム)の竣工(しゅんこう)式があり、J2京都サンガの本拠地となる。サッカーやラグビーの国際試合を開催できる複合施設として、にぎわい創出をめざす。

 25日に報道公開されたスタジアムは、鮮やかな緑色の天然芝と、京都サンガのチームカラーに合わせた紫色の客席が印象的だった。ピッチまでの距離は最短7・5メートル。最前列に座ると選手の目線とほぼ同じ高さとなり、臨場感が味わえる。見上げると、すべての座席が屋根に覆われていた。

 JR亀岡駅北口から歩いて3分ほどの好立地。地上4階建ての八角形型で、約2万1600人を収容できる。対戦型ゲームをスポーツとして楽しむ「eスポーツ」やスポーツクライミングの施設、亀岡市ゆかりの明智光秀が主人公となる来年のNHK大河ドラマ「麒麟(きりん)がくる」のドラマ館なども整備している。

 府や市が総事業費約176億円…

https://www.asahi.com/articles/ASMDW7T9GMDWPLZB01S.html

森保ジャパン、人気ない。スタジアムに空席、視聴率はついに1ケタも…  

20191202-00000019-sasahi-000-4-view[2]




1: ひかり ★ 2019/12/02(月) 22:01:17.35 ID:3rCG7ePq9
 日本中が熱狂と興奮に包まれた2018年ロシアワールドカップから1年半。サッカー日本代表を取り巻く状況が厳しさを増している。2019年は1~2月のアジアカップ準優勝というまずまずの成績からスタート。
9月から始まった2022年カタールワールドカップアジア2次予選も前半戦4連勝と取りこぼすことなく来ているのに、森保ジャパン人気は高まるどころか、盛り上がりに欠ける印象が否めないのだ。
 
 それを如実に表しているのが、テレビ視聴率。11月14日の2次予選・キルギス戦の地上波平均視聴率(関東地区)は10.6%(以下ビデオリサーチの公開データ参照)と辛うじて2ケタをキープしたものの、
現代表の主力である長友佑都、吉田麻也、南野拓実、大迫勇也らを欠いた19日の親善試合・ベネズエラ戦に至っては8.6%と、とうとう1ケタまで落ち込んでしまった。

 川島永嗣や柴崎岳、原口元気といったロシア16強戦士が揃ってピッチに立ったにもかかわらずこの数字とは、サッカー業界全体のショックは大きかった。

 9~11月に開催されたラグビーワールドカップで日本代表が大躍進したこと、2020年東京五輪が近づき、陸上や水泳、バドミントンや卓球などメダル有力競技への関心が高まっていることも逆風になっているのか、
サッカー人気が相対的に落ちているのは事実のようだ。11月18~24日のスポーツ番組の平均視聴率を見ると、大相撲九州場所、NHK杯フィギュアと人気スポーツが上位にランクイン。ベネズエラ戦がこれらより
下というのは仕方ないが、今回は全日本実業団女子駅伝やエリエールレディスオープンゴルフよりも数字が低かった。

 日本代表が前半から4失点を喫する惨敗も苦境に追い打ちをかけ、ネット上では「かつては20%が当たり前だったサッカーがついに1ケタか」「サッカーももう終わったな」「見たい選手がいない」などという
書き込みが相次いだ。こうした一般人の反応は観客動員数にも表れており、2019年の親善試合は満員にならない試合が目立つ。
 2次予選初戦・ミャンマー戦直前に行われた9月5日のパラグアイ戦はアクセスの悪いカシマスタジアムでの平日夜開催ということもあったが、2万9071人と3万人を割ってしまった。日本サッカー協会の田嶋幸三会長は
「代表チームがヤンゴンにすぐ移動できるように鹿嶋開催を選んだ」と説明していたが、ここまでスタンドが閑散としていたのは近年稀に見る出来事だった。

「本田圭佑や長谷部誠、香川真司といったロシアまでのスター選手が揃って代表から去り、『本田ロス』『長谷部ロス』『香川ロス』と言われるように、今は目玉選手がいない。ここまでスターらしいスターがいないのは、
93年にJリーグが発足してから初めてと言ってもいいかもしれない。期待の18歳・久保建英もA代表ではまだ出番がほとんどなく、所属のマジョルカでのインパクトも今一つ。他にお客を呼べる選手がいないとなると、
森保ジャパンの不人気に拍車がかかるのもやむを得ない」と長年、日本代表に携わる関係者も頭を抱えている。

 加えて、森保監督のスター性不足を指摘する声も上がっている。93年10月28日の『ドーハの悲劇』を経験したレジェンドであり、指揮官に転じてからはサンフレッチェ広島を3度もJリーグ優勝に導いた彼は、
非常に真面目で人当たりがよく、周囲の信頼も厚い。森保批判をする関係者はまずいないという。しかしながら、「発言が地味すぎて面白味に欠ける」「内容も(現役時代のポジションである)ボランチらしく守りの姿勢で
リスクを回避する」といった意見も聞こえてくる。

 指揮官自身もそのことを自覚しているのか、しばしば記者会見で「面白いことを言えなくてすみません」と苦笑いしながら自ら詫びることもあるが、歯に衣着せぬ発言でズバリ指摘してきたトルシエやハリルホジッチに比べると
物足りなく、ジーコやザッケローニ、岡田武史やオシムのような存在感も乏しい。また、日本代表の非公開練習の多さ、選手取材対応日の少なさも相まって「強く、魅力ある代表」を発信できていない点も問題ではないだろうか。
 代表人気低下の影響もあるのか、11月のキルギス戦でお披露目された2019-20年用の新ユニホームの売れ行きも芳しくない模様だ。

以下略ソースで
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191202-00000019-sasahi-socc



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索