Samurai Goal

スソ


スポンサード リンク





長友佑都が久保建英を大絶賛!「クアドラード、サラー、スソと戦ってきたけど…」 

20190610-00010004-goal-000-4-view[1]

伊メディア「本田かスソのどちらかは今夏ミランを退団」 監督はスソを評価 

1: 名無しさん 2016/08/14(日) 12:05:57.09 ID:CAP_USER9
「本田かスソのどちらかは今夏ミランを退団」 伊メディアが報じる

ミランMF本田圭佑かMFスソのどちらかは、この夏で移籍することになる。
イタリア『ジョルナーレ』が報じ、ミラン専門サイト『milannews.it』が伝えた。

本田はミランとの契約が2017年までとあり、オファー次第で移籍する可能性がうわさされている。
一方、昨季後半戦でジェノアにレンタル移籍していたスソも、去就をめぐる報道が絶えない。

今季からチームを率いるヴィンチェンツォ・モンテッラ監督は、プレシーズンマッチで本田よりもスソ
を先発に起用しており、スソを評価していると言われる。

だが、クラブはオファー額次第でスソを手放すとも言われているところだ。

『ジョルナーレ』によると、特に指揮官が望む攻撃陣の補強(フアン・クアドラードやアンワル・エル・ガジ
が候補か)が実現した場合は、本田かスソのどちらかはこの夏でミランを去るとのこと。

30歳となった背番号10は、2014年1月に加わったミランを去ることになるのだろうか。
http://www.goal.com/jp/news/1867/1/2016/08/14/26490082/1
no title

「本田圭佑とスソ、ミランを去るのはどっち?」 伊メディア、両者の状況を比較 

1: 名無しさん
「スソと本田、ミランを去るのはどっち?」 伊メディア、両者の状況を比較
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160724-00000014-ism-socc
 今季からミラン(イタリア)を率いるヴィンチェンツォ・モンテッラ監督が、クラブ側に右ウィングの選手が欲しいと要望を出したようだ。これを受け、伊サイト『calciomercato.com』が「スソと本田、ミランを去るのはどっち?」と題した記事を掲載し、両者の状況を比較した。

 同サイトによれば、モンテッラ監督は4-3-3のスタイルを採用すると思われ、クラブ側に右サイドを任せられる選手の獲得を求めたとのこと。その選手はコロンビア代表MFフアン・クアドラード(チェルシー/イングランド)とみられている。

 そこで同サイトは「逆サイドはどうだろう?」と、話を左サイドに振り、「夏が始まった段階ではスソが退団すると思われていたが、ボルドー(フランス)とのテストマッチで2ゴールを決めており、モンテッラ監督に考えを改めさせた」と綴った。

 22歳のスソは移籍金が1000万ユーロ(約11億7000万円)に設定されているとのこと。ジェノア、アタランタ、サッスオーロといったイタリアのクラブのほか、デポルティーボ(スペイン)、ミドルズブラ(イングランド)が同選手をねらっているようだ。

 一方、30歳の本田については「数多くのクラブが関心を寄せているが、契約満了後の獲得を検討しているクラブは、年俸250万ユーロ(約2億9000万円)という額に怖気付いている」とコメント。ミラン側との契約交渉は進展を見せていないとし、「仮にミランが同選手を売るにしても500万から600万ユーロしか手に入らないだろう」と述べている。

ISM 7月24日(日)12時47分配信
no title

ミラン本田圭佑は「情熱を持っていない」 伊紙が“左利きのファンタジア”としてスペイン人MFスソを絶賛 

1: 名無しさん 2016/07/19(火) 09:43:02.11 ID:CAP_USER9
Football ZONE web 7月19日(火)9時28分配信

ミラン本田は「情熱を持っていない」 伊紙が“左利きのファンタジア”としてスペイン人MF絶賛

no title

モンテッラ新監督の元、印象的な活躍を披露したスソ【写真:Getty Images】

・ボルドー戦2得点で評価急上昇のスソ モンテッラ監督も移籍凍結を指示

 ACミランの元U-21スペイン代表MFスソは、今季初の対外試合となる仏強豪ボルドー戦で2得点を決める活躍を見せ2-1の勝利に貢献した。昨季は出番がなく、期限付き移籍先のジェノアで開花、6得点と爆発したレフティーを、ヴィンチェンツォ・モンテッラ監督は信頼。フロントに「放出してはならない」と移籍凍結を命じたという。イタリア地元紙「ガゼッタ・デロ・スポルト」が、「スソとベルトラッチ、モンテッラ監督へメッセージ」と報じている。

 スソは15年1月にリバプールから加入した。卓越したテクニックと破壊力抜群の左足を誇るものの、ミランでは同じ左利きの日本代表MF本田圭佑の後塵を拝し、レギュラーの座を手にすることができなかった。だが、1月にジェノアに移籍すると、その才能を遺憾なく発揮する。

 先発15試合で6得点2アシスト。そのゴールの大半がゴラッソと呼ぶべき豪快なシュートだった。それでも今季もミランの放出要員という立ち位置だったが、ボルドー戦でスソは2ゴールの活躍を見せ、モンテッラ監督の信頼をあっさりと勝ち取った。記事では、次のように評されている

「ジェノアからミランに戻ったスソはボルドー戦で2ゴールを決め、ミランでの信頼を獲得した。モンテッラ監督は、放出してはならないと要求した。すべてのチームに、特にジェノアだが、監督は放出不可能と指定した。他の選手を探すように要求している。今週の初めには放出されそうだったスソは、今やミランの将来をかける選手となった」

 スソに対しては、スペイン1部のベティス、ジェノアなどが獲得を申し出ており、ミランから再び放出される可能性があったが、この日の躍動によって立場を一変させたようだ。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160719-00010001-soccermzw-socc

【画像】ミラン本田圭佑がチームメイトと笑顔でパシャリ!スソがインスタにアップ!! 

★: 名無しのSamurai

10175286_1651436208451963_1544859384_n

ミラン本田圭佑がベンチスタートの理由は、スソのテストか!? 

1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2015/08/31(月) 17:56:22.41 ID:???*.net
スソはミハイロビッチの構想から外れる

29日のミラン対エンポリで、日本代表MF本田圭佑の出場はなく、代わりにスソが入った。
これについてシニシャ・ミハイロビッチ監督はスソの方が練習で動きが良かったからと説明していた。
しかし、どうやらエンポリ戦は最後のテストだったようだ。

昨日の試合で先発したスソとアントニオ・ノチェリーノはミランでプレイする価値がある選手かを
テストされていたようだが、2人とも指揮官を納得させることは出来なかった。
ノチェリーノは後半からユライ・クツカと、スソは後半10分にジャコモ・ボナベントゥーラと交代した。

『Gianluca di marzio』はスソとノチェリーノが放出されることになると伝えており、
スソはジェノアのディエゴ・ペロッティ獲得のトレード要員になる可能性が高くなっている。
一方のノチェリーノは契約満了後に放出される見通しだ。

初戦のフィオレンティーナ戦に完敗を喫した後にテストを行うとはなかなか大胆な選択だが、
ミハイロビッチの言葉通りバッカとアドリアーノがいてくれて助かった。
2人がいなければ最悪のテストになっていた可能性もある。

しかしこれは本田が絶対的な地位を確立できていないことの証でもあるだろう。
スソと交代したのもボナベントゥーラであり、結局本田に出番は回ってこなかった。
市場閉幕前に大きな動きを見せるのがミランのお家芸のようになっているが、まだまだ本田に試練は続きそうだ。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150831-00010008-theworld-socc
no title

ACミラン ミハイロビッチ監督が明かす・・・日本代表FW本田圭佑 急転先発落ちの理由 「私は練習が全て」 

1: Egg ★@\(^o^)/ 2015/08/30(日) 12:42:26.41 ID:???*.net
「1週間の練習を見てメンバーを決めた」

ACミランのシニシャ・ミハイロビッチ監督は、29日の本拠地エンポリ戦で日本代表FW本田圭佑をスタメンから外し、
その理由について言及した。試合は2-1で勝利している。

今季セリエAのホーム開幕戦となるエンポリ戦で背番号「10」はベンチを温め続けた。
リバプールから復帰したイタリア代表FWマリオ・バロテッリとともに戦況を見守り続けた。

1得点1アシストを記録したイタリア杯3回戦ペルージャ戦からトップ下が本田の定位置だった。
試合前の公式会見でも本田の出場を示唆していたが、指揮官の選択は途中交代でもなく起用せずだった。

この日のトップ下の人選について、ミハイロビッチ監督は記者会見でこう語った。

「1週間を見た。練習をみて、スソが常に練習で良かったから。練習では違いを見せていた。1対1も優秀だし、技術があるし、パスも通せる。
残念ながら、今日は全くそういうプレーをしなかったが、私はともかく練習を見て決める。試合の後、みんなはなぜこの選手が、なぜあの選手が、プレーしなかったのかと聞くが、
監督はチームのために指導している。そしてその1週間の練習を見て決める。練習はそのためにもあるし、同じ選手ばかりプレーさせるのではなく、違う選手も起用するのは正当なこと」

ミハイロビッチ監督の流儀

指揮官は1週間の練習でのパフォーマンスこそが選考理由だと語った。
非公開のミラネッロの練習ではこの日、トップ下で先発した元U-21スペイン代表スソが好プレーを見せたという。

高度な技術と非凡なパスセンスを誇るファンタジスタの実力を評価しながらも、試合では全く良さが出ていないなかったことも認めていた。

試合までの練習こそが全て。それがミハイロビッチ監督の流儀のようだ。
本田と、トップ下で途中出場のMFジャコモ・ボナベントゥーラは、単純にミラネッロでの準備期間でスソにアピールで負けていたようだ。

これまでの公式戦2試合では左ボランチで先発していたボナベントゥーラもベンチスタートに。後半からトップ下で登場した。
巧みな動き出しでボールを引き出すと、前線の攻撃を活性化させた。セットプレーから絶妙なクロスでルイス・アドリ アーノの決勝点をアシストした。

ミハイロビッチ監督は「1週間の練習を見た、ノチェリーノも、ボナベントゥーラと同じように良かった。ボナべントゥーラは膝のけががあったので、練習をいくつかできなかった。今日は入っていいプレーをした」と評価した。
ボナベントゥーラは膝の故障で1週間フルで練習をこなせなかったことが、先発落ちの理由だったという。そして、後半からのプレーを高く評価した。

「練習こそ全て」
 
この日出番のなかった本田は、日本代表のワールドカップ予選2試合に出場するため、チームを離脱する。
練習重視のミハイロビッチ監督へのアピールの機会を失うことは、次節9月13日のインテルとのミラノダービーでの先発落ちと、ほぼ同義となるの かもしれない。

だが一方で、練習で好調ぶりをアピールすることができれば、また出番を取り戻すことも可能だろう。
栄光の「背番号10」は昨季、リーグ開幕7試合で6得点2アシストと最高の滑り出しを見せた。だが、2015年シーズンのリーグ戦では苦しみの船出となっている。

Soccer Magazine ZONE web 8月30日(日)11時56分配信
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150830-00010007-soccermzw-socc
no title

ミラン本田圭佑、第2節はベンチスタートか!?…スソがトップ下で先発? 

1: Egg ★@\(^o^)/ 2015/08/28(金) 22:21:15.68 ID:???*.net
ミランは29日、セリエA第2節でエンポリをホームに迎える。イタリア『トゥットスポルト』は、MF本田圭佑が先発を外れ、かわりにMFスソが起用されるのではないかと伝えた。

ミランは第1節フィオレンティーナ戦を0-2で落としている。本田はこの試合に先発出場したものの、前半途中にDFロドリゴ・エリーが退場になった影響で39分に交代を命じられていた。

『トゥットスポルト』の情報として『MilanNews.it』が伝えたところによると、シニシャ・ミハイロビッチ監督は、前節からの2つの変更を検討している。

まずトップ下は本田ではなく、スソを起用する考えがあるようだ。また、エリーが出場停止のCBには、前節本田と交代で入ったクリスティアン・サパタが起用される見込みだ。

数的不利もあったが、フィオレンティーナに完敗して黒星スタートとなったミラン。ホーム初戦でしっかり勝ち点3をつかみたいところだ。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150828-00000028-goal-socc
no title


試合日程 8/29(土)深3:45 KO
ACミラン vs エンポリ
http://soccer.skyperfectv.co.jp/s/serie/

ミラン本田圭佑、負傷回復でミラノダービー出場可能に!期待の若手スソと両サイドを形成か 

1: Pumas ★@\(^o^)/ 2015/04/16(木) 18:39:42.16 ID:???*.net
ミランは現地時間の19日に行なわれるセリエA第31節で、
インテルとのデルビー・デッラ・マドンニーナ(通称ミラノ・ダービー)を戦う。

足首の負傷によって2試合連続の欠場を強いられていた日本代表FW本田圭佑だが、
16日付のイタリア紙『ガゼッタ・デッロ・スポルト』によれば同選手は完治したとのこと。
ダービーでの右ウイングでの先発出場が可能となったとみられている。

これにより、本田は期待の若手であるMFスソと両サイドを構成する可能性が高まった。
現地メディアやファンの間では昨冬に新加入した同選手に期待する声も大きい。

レッジーナとの親善試合で印象的なパフォーマンスをみせた同選手は、
パレルモ戦、サンプドリア戦で2試合連続の途中出場を果たした。
どちらも短いプレー時間ながら好印象を残している。

ガゼッタによる15日時点のスターティングメンバー予想では、左ウイングにスソが置かれている。
イタリア代表FWマッティア・デストロが負傷によりダービーを欠場する関係で、
メネズをセンターフォワードとした3トップとなっている。

ミラン対インテルのミラノダービーは、日本時間の20日3:45より開始される。
本田は復帰戦でチームをダービー勝利に導くことができるのだろうか。

フットボールチャンネル 4月16日(木)17時57分配信
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150416-00010023-footballc-socc
no title

日本代表合宿中のミラン本田にベンチ再転落危機 不在の間にスソが大活躍 

1: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 2015/03/26(木) 18:53:39.98 ID:???*.net
指揮官も高く評価

ACミランのFW本田圭佑が、日本代表合宿で不在の間、定位置を再び失う可能性が浮上している。
イタリア地元紙「ガゼッタ・デロ・スポルト」が「ミラン、素晴らしい驚き。今度はスソ。プレーする準備はできた」と報じた。

1月の移籍市場でリバプールから移籍してきたMFスソが、高いポテンシャルを示した。
U-21スペイン代表は25日、レッジョ・エミリアで行われた3部レッジーナとの練習試合でサイドアタッカーとして先発。
前半4分と44分に立て続けにゴールを挙げて3-0の勝利に大きく貢献した。若き司令塔は、その試合後、こう語った。

「なんで少ししかプレーする機会 がなかったのか?いや、僕は準備万端だったんだ」

本田と同じ左利きで圧倒的なテクニックと非凡なパスセンスを誇る。
このスペインの若武者の活躍に、フィリッポ・インザーギ監督も「とても優秀だ。前線の選手の選択が難しくなった」と高く評価し、
アタッカー陣の定位置争いの激化を歓迎した。

スソの台頭は16試合連続ノーゴール、ノーアシストという不発の続く、背番号「10」の出場機会に大きな影響を与えそうだ。
記事では「ここ10試合、本田と(アレッシオ・)チェルチのプレーにインザーギ監督は納得していない。
監督は2人の代わりに起用できる選択肢を手にした」と指摘している。

本田と、チェルチの2人は、右の攻撃的MFの定位置争いを繰り広げているが、いずれも指揮官の 期待に応えるようなプレーができていない。
バヒド・ハリルホジッチ新監督就任後初となる日本代表合宿で不在の間に、本田はスソに定位置を奪われる可能性が出てきた。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150326-00010006-soccermzw-socc
Soccer Magazine ZONE web 3月26日(木)18時32分配信

no title

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150326-00010006-soccermzw-socc.view-000
練習試合で2得点を収めたスソ



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索