Samurai Goal

スコットランド


スポンサード リンク





中村俊輔、英紙「21世紀スコットランドBEST 11」に選出 「気品あるプレーを披露」 

20190907-00215812-soccermzw-000-5-view[1]

マンC食野亮太郎、労働許可取得でハーツ移籍へ前進。監督も大興奮 

20190817-00334699-footballc-000-1-view[1]

マンC加入の食野亮太郎、スコットランド移籍か…ハーツがレンタルに興味  

1: Egg ★ 2019/08/14(水) 07:25:36.94 ID:Yz2W7ogT9
マンチェスター・Cに移籍したFW食野亮太郎の獲得に、スコティッシュ・プレミアシップ(スコットランド1部)のハート・オブ・ミドロシアン(ハーツ)が、興味を示しているようだ。地元メディア『エディンバラ・ライブ』が13日に報じた。

 9日に移籍が発表された食野は、10日にハーツの本拠地タインカッスル・パークを訪問し、スコティッシュ・プレミアシップ第2節のロス・カウンティ戦を観戦したという。イギリスでのプレーに必要な労働許可証の取得が難しい状況で、他国のチームにレンタル移籍することが濃厚と見られていたが、すでにハーツへのレンタル移籍で両クラブの交渉は開始されているようだ。

 食野は1998年6月生まれの21歳。G大阪の下部組織出身で、2016年から2種登録としてトップチームに。その後はG大阪U-23所属としてJ3でプレーし、2018年4月にJ1初出場を記録。今季はJ1で12試合出場3得点、J3では8試合出場8得点を記録している。

 ハーツは1874年創設で、4度のリーグ優勝を誇る古豪。昨シーズンは6位で終わり、今シーズンはこれまで1分1敗で9位につけている。食野は加入が決まれば、クラブ史上初の日本人選手になる。

8/14(水) 6:06配信 サッカーキング
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190814-00967823-soccerk-socc

写真
no title

<なでしこ快勝の裏で脚光>サポーターのゴミ拾いに海外絶賛!「この写真すべてが大好き」  

D9CIfttWwAco8hj




1: Egg ★ 2019/06/15(土) 15:00:18.68 ID:9YphATLc9
写真
https://pbs.twimg.com/media/D9CIfttWwAco8hj?format=jpg&name=small

 サッカーの女子ワールドカップ(W杯)1次リーグD組は14日、日本がスコットランドを2-1で下し、勝ち点4として決勝トーナメント進出に一歩前進した。なでしこジャパンの今大会初勝利の裏で脚光を浴びているのが、日本サポーターのゴミ拾いだ。大会公式ツイッターが実際のシーンを画像付きで公開。「いつも通り、素晴らしい」「この写真のすべてが大好き」と喝采を呼んでいる。

 W杯と日本サポーター。両者の関係において、美しい文化となりつつある。なでしこジャパンが今大会初勝利を飾った裏で、なんとも印象的なシーンを大会公式ツイッターが公開した。

 赤い座席が並んだスタンド。その一角で青いユニホームをまとい、白の被り物に黄色いマントを着けた日本サポーターがいる。腰をやや屈めながら手にしているのは、青いゴミ袋。その中には多くゴミが詰められ、試合後の客席で自分たちが声援を送った場所で、清掃活動をしているようだ。日本サポーターらしい一幕だ。

 投稿では「いつものように、現地に駆け付けた日本のサポーターたちにリスペクト」と紹介。男子W杯、アジア大会など、国際舞台ではお馴染みとなった振る舞いを画像付きで公開すると、海外ファンも感銘を受けた様子でコメントを寄せている。

海外ファン「私たちは彼らから学ぶことがたくさんある」

「いつも通り、素晴らしい」
「私たちは彼らから学ぶことがたくさんある」
「アジアカップでも彼らは同じことをやっていたよね。彼らは友好的で、いつも日本からお土産を持ってきてくれるんだ」
「彼らは最高」
「この写真のすべてが大好き」
「リスペクト」
「彼らは謙虚でマナーがいい。特別な敬意を示します」
「小さくとも大きなこと」
「アリガト!」

 このように拍手が沸き起こっていた。試合はスコットランドを2-1で振り切り、今大会初勝利を手にしたなでしこジャパン。日本を支えるサポーターとともに、まずは決勝トーナメントを狙う。

6/15(土) 9:30配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190615-00063712-theanswer-socc

<スコットランドのカー監督>なでしこのボール回しに脱帽!「ボール回しがすごすぎて手に負えなかった」  

1: Egg ★ 2019/06/15(土) 11:58:38.25 ID:9YphATLc9
 (14日、サッカー女子W杯1次リーグD組第2戦 日本2―1スコットランド)

 敗れたスコットランドのミシェル・カー監督は、日本の連動性に脱帽した。

 ボール回しを封じようと、序盤からパワープレーを仕掛けていく作戦だったが、「うまくできなかった。特に最初の10分間は、日本のボール回しがすごすぎて手に負えなかった」。日本のパス交換が予想以上に速く、スコットランドの選手がボールを奪おうと日本選手に詰め寄っても、体格の差やパワーを有利にいかせる間合いに近寄らせてもらえなかったという。

 世界ランキングで7位の日本に対し、スコットランドは20位。その差を痛感し、「日本にはワールドクラスの選手がそろっている」とたたえた。

 一方で、シュートがゴールポストに嫌われるなどして、監督は「不運だった」とも嘆いた。特に後半39分過ぎ、日本選手の手にボールが当たったようにも見えた場面に触れ、「PKをもらえるべきだった。(得点になれば)試合の結果は変わっていたかもしれない」と悔しがった。

6/15(土) 8:09配信 朝日新聞
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190615-00000008-asahi-spo

写真no title

<なでしこジャパン>D組2位!次戦相手イングランドが連勝で突破決定!/女子W杯GS第2節  

1: Egg ★ 2019/06/15(土) 07:22:10.15 ID:aSQub3cA9
FIFA女子ワールドカップ フランス2019のグループステージ第2節3日目が14日に行われた。

 初出場のジャマイカと対戦したイタリアは、FWクリスティアナ・ジレリが12分にPKを決めると、25分に右CKを押し込み、46分にはヘディングシュートを沈めてハットトリックを達成。さらにMFオーロラ・ガリが71分に豪快なミドルシュートで追加点、81分にも自身2点目を挙げた。イタリアが5-0で完勝し、連勝でグループC突破を決めた。

 3大会連続の決勝を目指す日本は、初出場のスコットランドと対戦。22分にFW岩渕真奈のミドルシュートで先制すると、37分にはFW菅澤優衣香が自ら得たPKを沈めて2点リードを奪う。後半はスコットランドの反撃を受けて、89分にFWラナ・クレランドのミドルシュートで1点を返されたが、2-1で今大会初勝利を収めた。

 アルゼンチンと対戦したイングランドは、28分にFWニキータ・パリスがPKをGKバニーナ・コレアにストップされて先制のチャンスを逃したが、62分にFWジョディ・テイラーがMFベス・ミードの折り返しに合わせて決勝点を奪い、1-0で連勝を飾った。この結果、グループDは日本が1勝1分けで2位。イングランドは連勝で決勝トーナメント進出を決めた。

■グループステージ第2節
▼6月12日
ナイジェリア 2-0 韓国(グループA)
ドイツ 1-0 スペイン(グループB)
フランス 2-1 ノルウェー(グループA)

▼6月13日
オーストラリア 3-2 ブラジル(グループC)
南アフリカ 0-1 中国(グループB)

▼6月14日
日本 2-1 スコットランド(グループD)
ジャマイカ 0-5 イタリア(グループC)
イングランド 1-0 アルゼンチン(グループD)

▼6月15日
オランダ vs カメルーン(グループE)
カナダ vs ニュージーランド(グループE)

▼6月16日
スウェーデン vs タイ(グループF)
アメリカ vs チリ(グループE)

■グループステージ第1節順位
▼グループA
フランス(勝点6/得失点差5)
ノルウェー(勝点3/得失点差2)
ナイジェリア(勝点3/得失点差-1)
韓国(勝点0/得失点差-6)

▼グループB
ドイツ(勝点6/得失点差2)
スペイン(勝点3/得失点差1)
中国(勝点3/得失点差0)
南アフリカ(勝点0/得失点差-3)

▼グループC
イタリア(勝点6/得失点差6)
ブラジル(勝点3/得失点差2)
オーストラリア(勝点3/得失点差0)
ジャマイカ(勝点0/得失点差-8)

▼グループD
イングランド(勝点6/得失点差2)
日本(勝点4/得失点差1)
アルゼンチン(勝点1/得失点差-1)
スコットランド(勝点0/得失点差-2)

▼グループE
カナダ(勝点3/得失点差1)
オランダ(勝点3/得失点差1)
ニュージーランド(勝点0/得失点差-1)
カメルーン(勝点0/得失点差-1)

▼グループF
アメリカ(勝点3/得失点差13)
スウェーデン(勝点3/得失点差2)
チリ(勝点0/得失点差-2)
タイ(勝点0/得失点差-13)

■グループステージ第3節
▼6月17日
中国 vs スペイン(グループB)
南アフリカ vs ドイツ(グループB)
ナイジェリア vs フランス(グループA)
韓国 vs ノルウェー(グループA)

▼6月18日
ジャマイカ vs オーストラリア(グループC)
イタリア vs ブラジル(グループC)

▼6月19日
日本 vs イングランド(グループD)
スコットランド vs アルゼンチン(グループD)

▼6月20日
カメルーン vs ニュージーランド(グループE)
オランダ vs カナダ(グループE)
スウェーデン vs アメリカ(グループF)
タイ vs チリ(グループF)

6/15(土) 6:37配信 サッカーキング
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190615-00948042-soccerk-socc

写真
no title

なでしこ、岩渕&菅澤弾でスコットランドを撃破!今大会初勝利で決勝T進出に大きく前進  

20190614-00060050-sdigestw-000-3-view[1]




1: 豆次郎 ★ 2019/06/14(金) 23:50:40.86 ID:d0HR2d7U9
6/14(金) 23:48配信
なでしこ、岩渕&菅澤弾でスコットランドを撃破!今大会初勝利で決勝T進出に大きく前進

 女子ワールドカップ・グループステージ2節の日本対スコットランドが14日、フランス・レンヌのロアゾン・パルクで行なわれ、2-1で日本が勝利した。初戦のアルゼンチン戦に0-0で引き分けていたなでしこジャパンは、今大会初勝利。グループステージ突破に向け、大きな勝点3を得た。
 
 日本は初戦のアルゼンチン戦からスタメン3人を変更し、CB市瀬菜奈、左MF遠藤純、FW岩渕真奈を初先発させた。すると23分、岩渕がこの起用に結果で応える。バイタルエリアで遠藤からのパスを受けると、素早く前を向いて右足を一閃。強烈なミドルシュートでスコットランドゴールを射抜いた。
 
 このゴールで勢い付いた日本は、菅澤優衣香が自ら獲得したPKを沈めて37分に追加点。完全に試合の主導権を握り、前半終盤にも決定的なチャンスを作ってハーフタイムを迎えた。

 メンバーチェンジなしで挑んだ後半は、丁寧にパスをつないでくるスコットランドにボールを持たれる時間帯もあったが、日本は組織的な守備で決定機を作らせない。攻撃に移れば左SBの鮫島彩のオーバーラップを絡めたサイドアタックをメインにチャンスをうかがい、69分にはその鮫島がミドルを放った。

 試合終盤はスピードとパワーを前面に押し出してきたスコットランドに苦しめられ、77分のCKでは、こぼれ球を拾われ、ポスト直撃のシュートを打たれる。そして88分、自陣での横パスがミスになり、スコットランドのクレランドにボールを奪われると、そのままミドルを打たれて1点差に詰め寄られた。しかし、そこから追加点は許さず。アディショナルタイムには追加点のチャンスも作りながら、2-1でしぶとく逃げ切った。
 
 2大会ぶりのW杯制覇を狙う日本は、この勝利で勝点を4に伸ばし、暫定ながらグループ首位に浮上。20日のグループステージ第3戦では、決勝トーナメント進出をかけてイングランドと対戦する。
 
構成●サッカーダイジェストWeb編集部
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190614-00060050-sdigestw-socc

【速報】女子ワールドカップ スコットランド戦 日本2-1で勝利、勝ち点4に! 

2019wcup01



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索