Samurai Goal

スアレス


スポンサード リンク





スアレスとか言うサッカー選手wwwwwwwwww 

1: 名無しさん 2016/02/22(月) 14:10:01.19 ID:h2qQNZ/Ad.net
噛み付きのイメージ強いが、何気に天才やろ

no title

バルサMSNとレアルBBC どうして差がついたのか… 

1: 名無しに人種はない@実況OK・\(^o^)/ 2015/12/18(金) 00:58:46.71 ID:KW9VtHey.net
途方もない差ができてしまったね。

no title

結局はバルサクラスでもフォワードの力が必要なんだな。。。 

596: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2015/12/18(金) 00:06:52.73 ID:GPIJogRS0.net
しかしバルサクラスでも結局はフォワードの力が必要なんだな
フォワードが日本人だったら1点目も2点目も取れてないし、下手したら同点で終了だぞ

no title

バルサへの忠誠を誓うスアレス「年俸4倍のオファーがあっても離れない」 

1: Egg ★@\(^o^)/ 2015/12/05(土) 16:19:09.29 ID:CAP_USER*.net
バルセロナのウルグアイ代表FWルイス・スアレスは3日、
自身のニューモデルのスパイクの発表イベントに出席し、自身の現況についてコメントを残した。

先月30日に発表された2015年のFIFAバロンドール(世界年間最優秀選手賞)の最終候補3名には残れなかったスアレスだが、
自身の選出漏れについては全く意に介すことなく、チームメイトのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシとブラジル代表FWネイマールがノミネートされたことを喜んだ。

「3人に入れなかったことには何の怒りも感じていないよ。僕は自分の力量をしっかりと認識しているからね。
むしろ、チームを助けられていることや、2人のチームメイトが最終候補に残ったことがとても嬉しい。僕はメッシがナンバーワンでネイマールがナンバーツーだと思っている」

バルセロナで加入2シーズン目を迎えたばかりのスアレスだが、心の底からクラブに惚れ込んでいることを改めて示した。

「お金で僕をバルセロナから引き離すことはできない。今の年俸の3倍や4倍のオファーがあったとしても、僕は決してここから離れない。
バルセロナはプレーしたいと夢見続けてきたクラブであり、たどり着くために大変な犠牲を払ったからね。

それに、僕も家族もこの街で幸せを感じている。だから、今後数年の間にバルセロナを去ることはあり得ない。
ここで引退するとは断言できないけれども、長くプレーすることは間違いない」

サッカーキング / 2015年12月5日 14時19分
http://news.infoseek.co.jp/article/soccerking_377021/
no title

11-13年のファン・ペルシ vs 13-15年のスアレス vs 09-11年のイブラヒモビッチ 

1: 名無しに人種はない@実況OK・\(^o^)/ 2015/11/22(日) 18:11:19.86 ID:R2q+qIws.net
どいつが一番凄かった?

no title

no title

no title

【画像】スアレス、CL抽選会で女性プレゼンターのお尻をガン見!www 

1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2015/08/30(日) 16:10:51.10 ID:???*.net
賞よりも尻に釘付けのご様子

27日、UEFA欧州最優秀選手賞が発表され、バルセロナFWリオネル・メッシが選ばれた。
メッシと同じく最終候補に選ばれていたレアル・マドリードFWクリスティアーノ・ロナウドは、
壇上で少し不機嫌な顔を見せる。
もう1人のバルセロナFWルイス・スアレスもさぞや悔しがっていることだろうと思いきや、彼はまったく別のことを考えていたようだ。

『スポルト』はスアレスが、15-16チャンピオンズリーグ・グループステージ抽選会ならびに
UEFA欧州最優秀選手賞発表のプレゼンターを務めたモデルのメラニー・ウィニガーさんのお尻ばかりを見ていたと伝えた。
ウィニガーさんは同賞を受賞したメッシに質問をしている間、スアレスにお尻を向けていた。
スアレスはここぞとばかりに凝視していたのだ。
まさか噛み付こうとしていたのではと疑ってしまうが……。

南米の男性が女性のお尻を重視するというのはよく言われる話だが、スアレスも彼女のお尻に魅了されていたようだ。
ウィニガーさんは、1996年にはミス・スイスに選ばれたこともある美貌の持ち主。
スアレスが見とれても不思議はない。
また、彼女はこれが初めてのプレゼンターというわけではなく、過去にもチャンピオンズリーグの抽選会でプレゼンターを務めた経験を持っている。
つまり、また翌年もプレゼンターを務める可能性がある。

来季の受賞に向け、スアレスに新たなモチベーションが生まれたかもしれない。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150830-00010017-theworld-socc

ルイス・スアレス「プレミアリーグが世界一のリーグだね。でも、最高のチームはチームはバルセロナだ」 

1: Egg ★@\(^o^)/ 2015/07/31(金) 15:34:21.69 ID:???*.net
バルセロナFWルイス・スアレスが、自身の考える最高のリーグと最高のクラブについて『ESPN デポルテス・ラジオ』に語った。  

現在プレーするリーガエスパニョーラよりも上だと考えるリーグがあるそうだ。

スアレスは、リバプールで3年半にわたってプレーし、昨シーズンの開幕前にバルセロナに加入した。

2013-14シーズンのPFA年間最優秀選手に選出されたが、ワールドカップ(W杯)でのイタリア代表DFジョルジョ・キエッリーニに対する噛みつき行為により、10月までは出場停止処分を受けていた。

ピッチに復帰して徐々に周囲との呼吸が合ってくると、FWリオネル・メッシ、FWネイマールとともに破壊的な攻撃力を見せつけ、バルセロナの3冠に大きく貢献した。

カタルーニャで快適な日々を過ごしているというスアレス。だが、キャリアの最後は別のクラブで過ごしたい意向があるようだ。

「僕の愛するクラブで引退したいね。それはナシオナルだよ」と、プロのキャリアを歩み始めた祖国のクラブの名前を挙げた。 

もう一つ、スアレスにはお気に入りのクラブがあるという。「それと、どこかのタイミングでアヤックスにも戻りたいね」。

28歳のウルグアイ代表FWは、様々な未来を思い描いているようだ。今後のキャリアについても話している。

「MLSでプレーするのも悪くないね。いつか起こるかもしれない。アメリカでのサッカー人気は高まっている。スタジアムは人で埋まっているからね」

これまでスアレスは、ウルグアイ、オランダ、イングランド、スペインでプレーしてきた。その中で、世界最高のクラブは、世界最高のリーグには所属していないと感じているようだ。

「プレミアリーグが世界一のリーグだね。でも、最高のチームはチームはバルセロナだ。僕は自分自身を世界最高の選手の一人だとは思っていない。それでも、世界最高のクラブでプレーできるのは光栄だよ」

昨シーズンのバルセロナは3冠を達成した。しかし、スアレスはまだ勝利に飢えているという。

「まだまだ目指す目標はたくさんある。チャンピオンズリーグを連覇する初めてのチームになりたいね。今シーズンも高いモチベーションで望んでいるよ。とにかく勝ち続けたいんだ」

一時は、ルイス・エンリケ監督と選手の間に溝があるとも報じられた。だが、スアレスは何も問題はないと考えているようだ。  

「監督は、常に最後の決断を下す。でも、選手たちの話を聞く耳ももっている。僕たちは昨シーズンと同じようにプレーをしていくべきだと思う」と、指揮官に全幅の信頼を寄せた。

昨シーズンは序盤の出場停止もあり、リーガエスパニョーラでの出場は27試合だった。それでも16得点という記録を残している。

最高のクラブで開幕からプレーできる今季は、果たして何ゴール積み重ねることになるだろうか。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150731-00000009-goal-socc
no title

ルイス・スアレス、噛みつき事件でFIFAに謝罪を要求「処分は過度だった」 

1: THE FURYφ ★@\(^o^)/ 2015/07/11(土) 23:03:24.01 ID:???*.net
ウルグアイ代表FWルイス・スアレスは2014年ブラジル・ワールドカップの1次リーグ第3戦イタリア戦で
相手DFジョルジョ・キエッリーニに噛みつき、4ヶ月間のサッカー活動停止及び代表戦9試合の
出場停止処分を受けた。バルセロナでプレーするストライカーは「FOXスポーツ・ラジオ」の
インタビューの中で、国際サッカー連盟(FIFA)に対し、処分が厳重すぎると謝罪を要求した。
 
「僕は自分のしたことが間違っているというのは分かっている。僕の見解では、FIFAの規律委員会も、
僕の出場停止処分が過度なものだったということを分かっているはずだ。彼らには謝罪と、そして処分が
間違いだったと認めて欲しい」

スアレスはこう語り、処分に対し異論を唱えている。W杯終了後の2014年7月にリバプールから
バルセロナへと移籍した同選手は処分の結果、新天地でのデビューは同年10月25日の
レアル・マドリード戦を待たなければならなかった。
 
処分が発表された後、ウルグアイ代表を率いるオスカル・タバレス監督も処分は重すぎるとFIFAを
批判し、教え子を擁護する言葉を残していた。スアレスも「タバレス監督が擁護してくれたとき、
僕はより強くなろうとした。だけど、涙が止まらなかったよ」と振り返っている。
 
「誰でも過ちを犯す。しかし、だからといって『スタジアムに入ってはいけない』などというのは
あまりに不可解だ」
 
当初の処分では活動停止処分中の4ヶ月間は練習等でスタジアムに入ることも禁止されていた。
その後、処分が緩和され、練習への参加が認められた。また、代表9試合の出場停止となった
スアレスは今夏チリで開催されていた南米選手権への出場が叶わなかった。

スアレスは噛みつき事件を過去に3度起こしている。アヤックス時代、そして、リバプール時代でも
試合中に噛みつき、大きな騒動を起こしている。世界最大の舞台で再犯だったことが重く取られたが、
スアレスは納得がいかない様子だった。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150711-00010016-soccermzw-socc
no title

メッシ「多くの傑出したFWとプレーしてきたが、この3トップを超えるのは難しい」 

1: 名無しのSamurai
“MSN”トリオは歴代最強…メッシ「この3トップを超えるのは難しい」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150602-00318369-soccerk-socc
 バルセロナの絶対的エースとして君臨し続けているアルゼンチン代表FWリオネル・メッシが、ここまでの成長の過程において共演してきた前線のパートナーについて自身の見解を示した。

 イギリスのフットボールサイト『Squawka』とのインタビューに応じたメッシは、2004年10月にトップチームでデビューして以来、多くの一流選手と一緒にプレーしてこられたことに感謝した。

「僕はラッキーだ。これまで何年にも渡り本当に多くの傑出したフォワードとプレーしてきた。ロナウジーニョとは素晴らしいコンビネーションを見せられた。また、サミュエル・エトオ、ティエリ・アンリ、ペドロ、ダビド・ビジャ、アレクシス・サンチェスといった選手ともプレーしてきた」

 メッシはその一方で、ブラジル代表FWネイマールおよびウルグアイ代表FWルイス・スアレスと形成している通称“MSNトリオ”が、歴代のスリートップの中で最強だと考えているという。

「とはいえ、ネイマールとスアレスとのスリートップを超えるのは難しいと言わざるを得ない。彼らは2人ともこの競技の頂点にいる選手だ。僕たちはまだ1シーズンしか3人でプレーしていないので、連係を深めるためにするべきことは残されている。それは、3人のコンビネーションはさらに向上させることを意味している。いずれにしても、僕たちはそれをチームワークとして行うことだけを考えている」

 さらにネイマールとルイス・スアレスの卓越した能力を称賛したメッシは、3人が一緒にプレーすることで生まれる相乗効果について説明した。

「僕はこれまでもネイマールのボールタッチや身のこなしといったクオリティの高さについて述べてきた。彼は世界最高の選手になれるだろう。また、ルイス・スアレスも同様の存在だ。彼のボールタッチ、視野、動き、直感的なプレーは並外れている。僕たちはそれぞれが異なる何かをもたらし、お互いを高め合っている」

SOCCER KING 6月2日(火)19時26分配信
no title

ネイマール メッシ スアレスは サッカー史上最高? 

1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/05/19(火) 01:43:22.88 ID:5dxGQnaHa.net
そう思わん?

no title



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索