Samurai Goal

スアレス


スポンサード リンク





ウルグアイ代表、日本戦招集メンバー発表!“スアレスもカバーニも”いるぞ!!  

1: 2018/09/23(日) 09:50:34.58 _USER9
GettyImages-614073432-800x600




ウルグアイ代表は来月行われる日本、韓国との親善試合に向けた25人の招集メンバーを発表した。

GK:

フェルナンド・ムスレラ / Nestor Fernando Muslera Micol
(ガラタサライ/TUR)

マルティン・シルバ / Martín Andrés Silva Leites
(ヴァスコ・ダ・ガマ/BRA)

マルティン・カンパーニャ / Martín Nicolás Campaña Delgado
(インデペンディエンテ/ARG)

DF:

ディエゴ・ゴディン / Diego Roberto Godín Lea
(アトレティコ・マドリー/ESP)

セバスティアン・コアテス / Sebastián Coates Nión
(スポルティング・リスボン/POR)

ホセ・マリア・ヒメネス / José María Giménez de Vargas
(アトレティコ・マドリー/ESP)

ガストン・シルバ / Gastón Alexis Silva Perdomo
(インデペンディエンテ/ARG)

マルティン・カセレス / José Martín Cáceres Silva
(ラツィオ/ITA)

マルセロ・サラッチ/ Marcelo Saracchi
(RBライプツィヒ/GER)

MF:

ディエゴ・ラクサルト / Diego Sebastián Laxalt Suárez
(ミラン/ITA)

ナイタン・ナンデス / Nahitán Michel Nández Acosta
(ボカ・ジュニオルス/ARG)

ルーカス・トレイラ / Lucas Sebastian Di Pascua Torreira
(アーセナル/ENG)

マティアス・ベシノ / Matías Vecino Falero
(インテル/ITA)

ロドリゴ・ベンタンクール / Rodrigo Bentancur Colmán
(ユヴェントス/ITA)

カルロス・サンチェス / Carlos Andrés Sánchez Arcosa
(サントス/BRA)

ニコラス・ロデイロ/ Nicolás Lodeiro
(シアトル・サウンダース/USA)

フェデリコ・バルベルデ/ Federico Valverde
(レアル・マドリー/ESP)

カミロ・マジャダ/ Camilo Mayada
(リーベル・プレート/ARG)

ジョルジアン・デ・アラスカエタ / Giorgian Daniel de Arrascaeta Benedetti
(クルゼイロ/BRA)

FW:

ジョナタン・ロドリゲス/ Jonathan Javier Rodríguez Portillo
(サントス・ラグーナ/MEX)

ガストン・ペレイロ/Gastón Rodrigo Pereiro López
(PSV/END)

マクシ・ゴメス / Maximiliano (Maxi) Gómez González
(セルタ/ESP)

クリスティアン・ストゥアーニ / Christian Ricardo Stuani Curbelo
(ジローナ/ESP)

エディンソン・カバーニ / Édinson Roberto Cavani Gómez
(PSG/FRA)

ルイス・スアレス / Luis Alberto Suárez Díaz
(バルセロナ/ESP)

サラッチが初招集となったが、多くがワールドカップにも出場したガチのメンバーだ。日本とウルグアイは10月16日(火)に埼玉スタジアム2002で対戦する。
https://qoly.jp/2018/09/23/uruguay-national-team-squad-20180922-iks-1

メッシの“恩恵”を受けた選手ランキング!!一番アシストを受けたのは...? 

キャプチャ

バルセロナ“弱いモノいじめ!?”メッシ&スアレスの活躍で大量得点! 

1 2018/09/03(月) 05:30:35.33 _USER9
9/3(月) 3:33配信
バルサ、大量8得点で無傷の開幕3連勝! メッシ&スアレスが2ゴール

 リーガ・エスパニョーラ第3節が行われ、バルセロナとウエスカが対戦した。バルセロナはホームでウエスカを8-2で下し、シーズン開幕から無敗をキープしている。次節、バルセロナはレアル・ソシエダと、ウエスカはラージョ・バジェカーノと対戦する。

【スコア】
バルセロナ 8-2 ウエスカ

【得点者】
バルセロナ:メッシ(16分)、オウンゴール(24分)、スアレス(39分)、デンベレ(48分)、ラキティッチ(52分)、メッシ(61分)、アルバ(81分)、スアレス(90+3分/PK)
ウエスカ:エルナンデス(3分)、ガジャル(42分)

【スターティングメンバー】
バルセロナ(4-3-3)
テア・シュテーゲン:S・ロベルト、ピケ、ユムティティ(65分 ラングレ)、アルバ:ラキティッチ(71分 ビダル)、ブスケツ(76分 アルトゥール)、コウチーニョ:メッシ、スアレス、デンベレ

ウエスカ(4-4-2)
ウェルネル:プリード、エチェイタ、ミラモン、ルイジーニョ:ムスト、メレロ、ガジャル(65分 セメド)、ゴメス:ロンゴ(58分 ギュルレル)、エルナンデス(72分 アビラ)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180903-00824059-soccerk-socc
no title

ルイス・スアレス「サッカーは男のスポーツ」→女子選手「は?」 

1: 名無しさん 2016/09/24(土) 23:06:28.08 0
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160924-00010026-footballc-socc
バルセロナのウルグアイ代表FWルイス・スアレスの発言が波紋を呼んでいる。サッカーは「男たちのスポーツ」だと発言し
た同選手に対して、女子サッカー選手や女子クラブが反論を繰り出した。

発端となったのは、現地時間21日に行われたリーガエスパニョーラ第5節、バルセロナ対アトレティコ・マドリーの一戦だ。
この試合でスアレスのスパイクを足の甲に受けたアトレティコのDFフィリペ・ルイスは、試合後に傷から流血する様子の写
真をSNSで公開した。

これに対しスアレスは、「サッカーはこういうもの、男たちのものだ。何が起ころうとピッチ内のことにとどめるべきだ。
こういう写真は気に入らないね」と反論。ボディコンタクトのある激しいスポーツであり、多少の怪我は付き物だという
姿勢を取った。

だが、サッカーは男たちだけのものではない。女子サッカー界からは異論の声が上がった。エスパニョール女子チームの
キャプテンを務めるブレンダ・ペレスは、「私たちも存在している。ルイス・スアレスは、発言する前に少し言葉を考え
るべきだったと思う」とツイッターで投稿している。

no title

【完全にチートwww】バルサで99試合戦ったスアレスの得点数は驚異の『88』アシストも『43』!! これを超えるのはあの化け物ただ1人 

1: 名無しさん
バルサで99試合戦ったスアレスの得点数は驚異の88! これを超えるのはあの化け物ただ1人
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160909-00010004-theworld-socc
アラベス戦に出場すれば100試合目

バルセロナFWルイス・スアレスは、10日におこなわれるリーガ・エスパニョーラ第3節のアラベス戦に出場すれば、バルセロナ加入以降100試合目ということになる。スアレスはバルサ加入以降リーグ戦、チャンピオンズリーグなどあらゆるタイトルを獲得しており、ここまで最高の99試合を過ごしてきた。

99試合を戦った時点で、スアレスは88得点を記録している。これは異常ともいえる数字で、チームメイトのリオネル・メッシやネイマールよりも良い成績を残している。

メッシはバルサで99試合戦った時点で41得点、ネイマールは57得点だ。得点数だけを見てもやはりスアレスはずば抜けている。しかもスアレスはアシストも43記録しており、誰もスアレスを止めることができないまま100試合目を迎えようとしている。

英『Daily Mail』によると、このスアレスの異常な得点数の上を行くのはレアル・マドリードFWクリスティアーノ・ロナウドのみだ。ロナウドは99試合消化時点で95得点を記録している。

また、スアレスの99試合の戦績も素晴らしい。スアレスが出場した99試合でバルサは80勝8分11敗の成績を記録している。一方でネイマールは74勝11分14敗、メッシは67勝18分14敗だ。

もちろん現在のバルサが圧倒的な力を備えていることは事実だが、やはり決定機を確実に決める男スアレスのおかげでバルサは取りこぼしが少なくなっている。ここ2年のバルサの成功はスアレスのおかげとも言えるだろう。

theWORLD(ザ・ワールド) 9月9日(金)14時50分配信
no title

ルイス・スアレス「僕やネイマールはメッシが世界一の選手だと認めている」「僕たちには嫉妬がない」 

1: 名無しさん 2016/05/19(木) 07:32:26.55 ID:CAP_USER9
圧倒的な決定力を示す攻撃陣の秘訣は、団結精神だろうか。バルセロナFWルイス・スアレスが、チームメートであるネイマールやリオネル・メッシとの関係性について語っている。

“MSN”と形容されるバルセロナの3トップは、今季もその破壊力を見せつけた。リーガエスパニョーラではL・スアレス(40得点)、メッシ(26得点)、ネイマール(24得点)とゴールを量産。バルセロナの3選手がそれぞれ20得点以上を記録したのは、史上初のことだ。

L・スアレスはネイマールの公式サイトでインタビューを受け、アルゼンチン代表FWやブラジル代表FWとの関係について次のように述べている。

「まずは謙虚であることだね。そして、それぞれが持つ仲間意識だ。例えば、僕はメッシやネイマールがゴールを決めた時、彼らやチームのことを考えて非常に幸福な気分になる。僕がゴールを決めた時には、彼らもまったく同じ気持ちだろう」

「僕やネイマールはメッシが世界一の選手だというのを認めている。僕たちは彼から学んでいる。ネイマールは世界一にたどり着ける選手だ。今はそれをメッシから学んでいるところだよ。ピッチ内外で楽しむことが大事なんだ。僕たちには嫉妬がない。3人がそれぞれ楽しんでいるからね」

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160518-00000024-goal-socc
no title

【データ】香川真司の今季のゴール決定率がスアレスと同率wwwwwwwwww 

469: 名無しさん 2016/05/18(水) 14:03:12.41 ID:6poFjyqOM
香川真司の2015-2016

http://www.espnfc.com/player/102139/shinji-kagawa
香川のヨーロッパでのリーグ戦ゴール決定率
2010-11ドルトムント 8G/37本=21.6%
2011-12 ドルトムント 13G/63本=20.6%
2012-13 マンユナイテッド 6G/21本=28.6%
2013-14 マンユナイテッド 0G/14本=0%
2014-15 ドルトムント 5G/39本=12.8%
2015-16 ドルトムント 9G/31本=29.0%

香川のヨーロッパでのリーグ戦通算決定率
41G/205本=ゴール決定率20.0%

各リーグ主要選手の決定率
クリスティアーノロナウド 227本(35G)=15.4%
メッシ 158本(26G)=16.5%
スアレス137本(40G)=29.2%
ネイマール124本(24G)=19.4%
グリーズマン92本(22G)=23.9%
イグアイン182本(36G)=19.8%
ポグバ124本(8G)=6.5%
ケイン157本(25G)=15.9%
バーディー115本(24G)=20.9%
レヴァンドフスキ152本(30G)=19.7%
ミュラー94本(20G)=21.3%
オーバメヤン118本(25G)=21.2%
ムヒタリアン81本(11G)=13.6%
ロイス63(12G)=19.0%
香川真司31本(9G)=29.0%

ブンデス年間ベスト11選出
no title

ヨーロッパ攻撃的MF10位(ブンデス内3位)
no title

ルイス・スアレスを称賛するモイーズ「彼こそがMVPだよ!今やメッシと同じくらい…」 

1: 名無しさん
L・スアレスを称賛するモイーズ氏 「今やメッシと同じくらい…」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160515-00000016-goal-socc
GOAL 5月15日(日)16時59分配信

これで今季のリーグ戦での得点数を40点の大台に乗せたL・スアレスは、得点王のタイトルも獲得している。今季途中までリーガでレアル・ソシエダ監督を務めていたモイーズ氏は、イギリス『スカイ・スポーツ』でL・スアレスについて次のように語った。

「彼こそがMVPだよ。本当にステップアップしたね。今や我々は、(リオネル・)メッシと同じくらいスアレスの名前を口にするようになっているよ」

「メッシは私が見てきた中で最も優れた選手であり、この世代で彼を見ることができる我々は幸運だが、今季のスアレスは本当に立派になったと思う。彼はどのクラブへ行っても成長を続けているね」

メッシやマドリーFWクリスティアーノ・ロナウドをも上回るゴール数を記録したL・スアレスだが、その貢献は得点だけにとどまらないとモイーズ氏は語る。

「ゴールを決めるのも素晴らしかったが、彼の動きやエリア内へ入っていく姿勢も違いを生んだと思う。ビッグプレーヤーは必要なときにこそ力を発揮するものだ。スアレスはすべての試合で力を見せてきたが、特にここ最近の必要とされる場面で活躍してきた」

no title

スアレスがこれだけ点を取るのをみるとメッシが凄いんじゃなくバルサが凄いんだな!? 

383: 名無しさん 2016/05/15(日) 06:12:24.23 ID:rgGmzayT0
スアレスがこれだけ点を取るのをみると
メッシが凄いんじゃない
バルサが凄いんだな

no title

スアレスでもなく、ベイルでもない! メッシ、C・ロナウドに次ぐ世界3番目に優れた選手は誰だ? 

1: 名無しさん 2016/04/24(日) 23:54:02.08 ID:CAP_USER*.net
バルセロナのリオネル・メッシ、レアル・マドリードのクリスティアーノ・ロナウドに次いで世界で3番目に優れた選手は誰なのか。メッシと同じバルサでプレイするネイマール、ルイス・スアレス、得点力だけに話を絞らなければバイエルンGKマヌエル・ノイアーも候補に入ってくるだろう。

しかし英『The Sun』で記者を務めるニール・カスティス氏は、マンチェスター・シティFWセルヒオ・アグエロこそ世界で3番目に優れた選手だと考えている。アグエロは負傷の多い選手だが、今季はリーグ戦でトッテナムFWハリー・ケインに次ぐ23得点を挙げており、世界を代表するストライカーなのは間違いない。同氏はアグエロの得点力が凄まじいレベルにあると感じており、その能力を絶賛している。

「個人的な意見では、マンCはアグエロという世界で3番目に優れた選手を持っている。もしマンCが毎週アグエロを起用することができれば、彼らはリーグタイトルを獲得していただろうね。彼の得点率は異常だよ。マンCにとってクラブ史上最高の選手だし、同時にプレミアリーグにとってもベストプレイヤー の1人だと思うね」

今季のマンCはDFヴァンサン・コンパニを負傷で欠いていたことも影響し、リーグ戦では思うような結果を残せなかった。しかしクラブ史上に残る名手であるコンパニとアグエロの2人が満足に戦えていれば、リーグ制覇も十分達成可能だったはずだ。マンCはチャンピオンズリーグ準決勝でレアル・マドリードと対戦するが、そこで世界3番目の選手を有するチームの底力を見せられるだろうか。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160424-00010031-theworld-socc
no title



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索