Samurai Goal

スアレス


スポンサード リンク





ヴェンゲル、スアレスへの“4000万1ポンド”オファーを反省 「馬鹿げていた…」 

スクリーンショット 2020-10-15 20.10.47

バルセロナ・クーマン監督が激白「メッシとの会談」「スアレスとアンス・ファテイの因縁」 

スクリーンショット 2020-10-12 12.58.38




1: 2020/10/12(月) 10:37:18.70 _USER9
 今季からバルセロナを率いるロナルド・クーマン監督が、オランダのテレビ局『NOS』のインタビューに答えた。リオネル・メッシの退団要求騒動、ルイス・スアレスの放出など、就任直後からバルセロナな揺れに揺れた。その一つ一つに、クーマンは答えている。

 何よりも気になるのが、メッシとの関係性だ。メッシはバルセロナの下部組織出身で、これまで在籍した期間は誰よりも長く、そしてその圧倒的なスキルと戦術眼からバルセロナの“王様”として君臨した。選手獲得や監督人事にも影響を及ぼすというこの主将と不仲では、さまざまな事態を招きかねない。

 それについてクーマンはまず、「選手として、キャプテンとして期待するすべてのことを彼はやってくれている」と、現状を説明。そして、クーマンの就任が決まってからのメッシとの会談について、明かした。

 クーマンは監督になる契約と結んだあと、メッシに連絡して自宅を訪問。そして、将来について話すと、メッシは明らかに不満を示したという。ただし、話し合いの末、「これからも続ける」とメッシが応じ、最終的には関係が修復したと、インタビューでは答えている。

 また、アトレティコマドリードに“放出”したルイス・スアレスについても言及した。

 クーマンは、「“君がバルセロナでプレーするのは非常に難しい”と素直に伝えた」という。クーマンとスアレスの間に個人的なわだかまりはなかったが、「これはクラブの選択だ」としている。

 バルセロナは、チームの若返りを期待していた。そのため、“将来の選手”を多く抱えている。

 17歳のアンス・ファテイ、同じく17歳のペドリ、20歳のフランシスコ・トリンコン、21歳のロナルド・アラウホだ。そして、アヤックスから新たに獲得したセルージニョ・デストも19歳の選手である。今季、アンス・ファテイはすでに3ゴール1アシストを記録するなど大活躍を見せているが、その“抜擢”はルイス・スアレスの放出と裏返しの関係にある、というわけだ。

 クーマンは「スアレスのふるまいはプロとしてのものだった。別れは辛かったし、彼の涙も見てしまった」と回顧している。そしてこのスアレスの放出によって、先述したようにメッシは“爆発”したという。

 クーマンはこの時のメッシに対し、「これはクラブの選択だ。あなたが失望していることを私は理解している。彼が去るのは残念だ」「ロッカールームに妻子を連れてきて、遊んでいるわけではないんだ」などと、声をかけたという。

 ここまでバルセロナはメッシが全試合に先発し、クーマンとの軋轢は傍目からは感じられない。また、アンス・ファテイが華麗なプレーでチームに貢献し、ロナウド・アラウホも先発に名を連ね、ペドリやトリンコンも試合に出場するなど、若手が順調にチームに溶け込んでいる。

 すでに33歳となったメッシとの、近い将来に訪れる別れを、バルセロナは見据えているのかもしれない。

https://news.yahoo.co.jp/articles/ac4640bc6c8639decf465bd3d87c4862f198c744

ユベントスが不正疑惑で2部降格か スアレスの獲得過程で問題 ユベントスは2006年に2部への降格処分を受けた 

1: 2020/09/29(火) 15:27:25.88 _USER9
 イタリア1部ユベントスが、スペイン1部バルセロナで起きた“騒動”のとばっちりを受けそうだ。

 発端は、バルセロナでロナルド・クーマン新監督(57)の構想外となったウルグアイ代表FWルイス・スアレス(33)の獲得に乗り出したことだ。ユベントスはEU圏外枠が埋まっていたため、夫人がイタリア系であったことからスアレスに同国籍を取得させ、問題をクリアしようとした。

 その手続きの一環としてイタリアで試験を受けたが、地元紙「ガゼッタ・デロ・スポルト」などは、スアレス本人が事前に答えを知っており、カンニングによって合格したとの疑惑を報道。そんな中、新パスポートの取得に予想以上の時間がかかってしまうためユベントスは獲得を断念。スアレスは結局、スペイン1部アトレチコ・マドリードへ移籍した。

 ただ、ここで話は終わらない。イタリア紙「コリエレ・デラ・セラ」によると、ユベントスのクラブ幹部が試験の不正に関与していたという。同国の消費者団体「コダコン」の代表を務めるマルコ・ドンゼリ氏は「クラブの直接関与があれば、イタリアサッカー連盟は厳しく制裁する必要がある」と指摘。その上で「スポーツ正義法第32条に従い、ユベントスの降格を求めている」とコメントした。

全文はソース元で
https://news.yahoo.co.jp/articles/9b4adf206492008b09000730b196d82f367a3261
no title

「ひとりが噛みつき、もうひとりは殴る」 “最恐2トップ”が誕生!? 2G1AのスアレスにA・マドリーのエースも期待 

スクリーンショット 2020-09-29 7.56.03




1: 2020/09/28(月) 19:57:42.58 _USER9
いきなり2ゴール・1アシストの大暴れ

去就騒動に揺れた男が、加入3日目の新天地で大仕事をやってのけた。

現地時間9月27日に行なわれたラ・リーガ第3節のグラナダ戦で、アトレティコ・マドリーは6-1で大勝した。この試合で文字通りの大暴れを見せたのが、ウルグアイ代表FWのルイス・スアレスだ。

今夏にバルセロナを構想外になり、25日にA・マドリーに加入したスアレスは、3-0とリードした71分にジエゴ・コスタと交代で前線に入ると、その直後の72分にワンタッチのスルーパスでマルコス・ジョレンテのゴールをアシストしてみせる。
いきなりゴールを演出した背番号9は、86分に右サイドからジョレンテが送り込んだクロスに技ありのヘッドで合わせ、初ゴールをゲット。さらに6分後にビトーロとのワンツーからシュートを放ち、ポストに当たったこぼれ球を、
左足で落ち着いて流し込んで2点目をもぎ取った。

約20分のプレー時間で2ゴール・1アシストと“挨拶”には十分すぎるほどの結果を残したスアレスには、味方FWも賛辞を口にしている。
試合後、スペインの有料テレビ局『Movistar+』のフラッシュインタビューに応じたD・コスタは、「とても良いね」と白い歯を見せた。

「スアレスがパートナーとして最高か? とても良い。ひとりは噛みつき、もうひとりは殴るんだ。バルサを退団したルイスのような選手が幸運にも来てくれたんだ。
どうして、あのチームが、彼をあんな風に退団させたのかは分からないが、俺たちにとってはとてもいいことだ」

かつてスアレスが、2014年のブラジル・ワールドカップでイタリア代表DFのジョルジョ・キエッリーニに噛みついた“事件”を引き合いに出しつつ、その凄みを語ったD・コスタは、こうも続けている。
「スアレスは多くのゴールをもたらすだろうし、ロッカールームにも多くをもたらすはずさ。彼には戦士の魂があって、勝利やタイトル奪取への渇望があるからね」

文字通り鮮烈なデビューを飾ったスアレスは、A・マドリーのエースのハートも鷲掴みにしたようだ。

9/28(月) 16:07配信
https://news.yahoo.co.jp/articles/dd36ec002fd85b4c62d2233513f64d2e70a57743

スアレスのアトレティコ・マドリー移籍が決定 バルセロナ公式が「6年間ありがとう」 移籍金は600万ユーロ 

1: 2020/09/24(木) 08:21:28.21 _USER9
9/24(木) 7:21
配信
GOAL
スアレスのアトレティコ・マドリー移籍が決定…バルセロナ公式が「6年間ありがとう」

ウルグアイ代表FWルイス・スアレスが、正式にバルセロナから退団することになった。23日、バルセロナが公式発表している。

ロナルド・クーマン新体制では構想外となっていたスアレス。当初はユヴェントスへの移籍が取りざたされていたものの、パスポートの問題でユヴェントス行きの話は頓挫。その後アトレティコ・マドリー行きが近づいていると報じられていた。

そして現地時間23日夜、バルセロナは公式メディアを通じて「スアレスのこの6年間の貢献に感謝を申し上げたい。彼はカンプ・ノウで木曜現地時間12:30に会見を開き、別れの挨拶をする予定。移籍についてアトレティコ・マドリーとすでに合意している」と公表した。

また、クラブ側と契約解消に向けて動いているとの報道もあったが、バルセロナによると今回の移籍で600万ユーロ(約7億2000万円)の移籍金が発生することが明らかになっている。

バルセロナからアトレティコ・マドリー行きが決定したスアレス。現地時間木曜昼の会見では、スアレス本人の口から今回の動きについて説明される見通し。


https://news.yahoo.co.jp/articles/d60fb98fe336f3fa0d4d7dedad610f85c9d73dd1
no title

<ルイス・スアレス>アトレチコ・マドリード加入決定的…バルセロナと契約解除で合意 現地紙報道 

1: 2020/09/23(水) 23:16:02.63 _USER9
スペイン1部アトレチコ・マドリードが、同バルセロナからウルグアイ代表FWルイス・スアレス(33)を獲得することが決定したと、23日にマルカ、アスなど複数のスペイン紙が報じた。
スアレスはバルセロナとの契約をあと1年残しているものの、ロナルド・クーマン新監督(57)から戦力外を通告され、その後、有力と伝えられていたユベントス(イタリア)移籍が破談となっていた。

スアレスが21日までにAマドリードと2年契約で基本合意。その後、バルセロナのジョゼップ・バルトメウ会長(57)がスアレスを同じリーグで優勝を争うライバルに移籍することを拒否したと伝えられていたが、
スアレスの代理人と交渉後に契約を解除することで同意したという。

22日にAマドリードの昨季チーム得点王だったスペイン代表FWアルバロ・モラタ(27)がユベントス(イタリア)に期限付き移籍することが正式決定。
近くメディカルチェックを受けて移籍が正式決定する見通しのスアレスが、ディエゴ・シメオネ監督(50)率いるチームの新エースとなりそうだ。

9/23(水) 21:43配信
https://news.yahoo.co.jp/articles/d89c0365b9d929c8d6b348a5739ad9a1c97cda7e

写真
no title

スアレスがイタリア語の試験でまさかの不正!「事前に問題を知っていた…」「本当は動詞の活用もできない」 

スクリーンショット 2020-09-22 21.49.58




1: 2020/09/22(火) 20:30:24.23 _USER9
 驚きのニュースが飛び込んできた。

 バルセロナを戦力外となり、ユベントスへの移籍交渉が進んでいたルイス・スアレスは9月17日、イタリアの市民権を得るため、ペルージャ大学でイタリア語のテストを受けた。ユーベのEU圏外枠がすでに埋まっており、イタリアの市民権を取得することが獲得の条件だったからだ。

 妻がイタリアの市民権を持っているため、スアレスが所得する条件はそれほど厳しいものではなかった。しかし、“最大の難関”であるイタリア語の試験で不正があったという。イタリア紙『Gazzetta dello Sport』やスペイン紙『Marca』などが報じている。
 
 地元当局の調査によれば、盗聴記録から、試験の責任者の数人が次のように話していたのが明らかになったという。

「1000万ユーロ(約12億5000万円)を稼ぐのだから、試験に合格させる必要がある」、「しかし、動詞を活用できない。不定詞のみで話す」、「我々はうまく準備をした。彼は試験の一部を暗記している」

 これが事実であれば、試験をする側も巻き込んだカンニング行為であり、開いた口が塞がらない。

 結局、試験は合格したウルグアイ代表FWだが、市民権の取得に時間がかかり過ぎるという理由で、ユーベとの交渉は破談。イタリア王者は、アトレティコ・マドリーのアルバロ・モラタにターゲットを切り替えた。

 一方のスアレスは、そのモラタが抜けたアトレティコと個人合意をしたが、バルサが覇権を争う直接のライバルへの放出に難色を示しているという。

 この不正行為に対しての処分などは、現時点では発表されていない。

https://news.yahoo.co.jp/articles/5c32d1b844ae4ba7d44f3e0b0c0948cd1c464043

スアレスの去就は振り出しに... バルサがアトレティコへの移籍を認めず 

スクリーンショット 2020-09-22 13.27.50

構想外スアレスがバルセロナと契約解除でアトレティコ移籍へ 

スクリーンショット 2020-09-22 8.44.22

ユヴェントスのスアレス獲得は消滅…クラブSD「もう不可能だ」と撤退理由を明かす 

1: 2020/09/21(月) 19:36:26.91 _USER9
ユヴェントスのスポーティングディレクターを務めるファビオ・パラティチ氏は、ルイス・スアレス獲得が実現しないことを認めた。

今夏の移籍市場でその去就に大きな注目が集まるスアレス。ロナルド・クーマン監督に戦力外を通告された同選手は、今夏に6シーズンを過ごしたバルセロナから離れることが濃厚とされ、その新天地の有力候補にユヴェントスが浮上していた。

以前の『Goal』の取材では、イタリア王者とウルグアイ代表FWが年俸1000万ユーロ(約12億円)の3年契約で合意に達したことが判明。さらに、外国人枠に空きのない同クラブでプレーするためにはイタリアパスポートの取得を義務付けられ、先日に語学試験のためにペルージャに渡っていたこともわかっていた。

しかし、チャンピオンズリーグのメンバー登録期限までにスアレスへのイタリアパスポート発給が間に合わない可能性が高く、今回の移籍市場で同選手獲得から手を引くことをパラティチ氏が『スカイスポーツ・イタリア』で明かした。

「スアレスはリストから除外されることになる。パスポート発給までの時間が移籍市場のデッドラインやチャンピオンズリーグの登録リストの提出期限よりも長くかかることが理由だ。我々はスアレスとのオプションを検討してきた。彼はイタリア市民権を取得する過程の中にいて、我々は期間内に彼を登録できる可能性について考えてきた。しかし、もう不可能だ」

また、パラティチ氏はエディン・ジェコをはじめとしたストライカーの補強についても言及。「ユヴェントスはセンターフォワードを必要としている。現状、我々は1人のストライカーだけのことを考えている。2人ではない。まだ15日残っていて、焦る必要はない。それに、ジェコ以外にもオプションはある」と言及した。

https://news.yahoo.co.jp/articles/3ed8b37f1fe34b4ca1db80916aa63c698b37df54
no title

https://www.goal.com/jp/%E3%AA%E3%B9%E3%88/seriea-transfer/q8kjfhsykhjd127hdvpkz5tos#83nenpncfl9y130bj6s0pyoy0



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索