Samurai Goal

ジョー


スポンサード リンク





名古屋がFIFAの裁定受け入れを報告。ジョーの契約解除、賠償の請求は正当と確証 

スクリーンショット 2020-11-30 7.57.21

名古屋グランパスが“勝訴”。FIFAがジョーとコリンチャンスに賠償金命令とブラジル報道 

スクリーンショット 2020-11-25 19.58.50




1: 2020/11/25(水) 18:41:32.72 _USER9
 J1の名古屋グランパスが元ブラジル代表FWジョーとの契約解除をめぐる紛争の解決を国際サッカー連盟(FIFA)に委ねていた一件について、FIFAはジョーおよび同選手が現在所属するコリンチャンスに対して名古屋への賠償金支払いを命じる裁定を下したようだ。ブラジル『エスポルチ・インテラチーヴォ』が24日に伝えた。

 コリンチャンスは今年6月にジョーを完全移籍で獲得したことを発表。名古屋はその数日後にジョーとの契約を「正当な理由により」解除したと発表しつつ、「この件につきましては現在FIFA紛争解決室に委ねています」とも表明していた。


 ブラジルメディアの報道によれば、ジョー側は名古屋による契約解除の理由が正当であるとは考えていないと主張。だがFIFAは名古屋側の正当性を認め、ジョーおよびコリンチャンスから名古屋へ約340万ドル(約3億5500万円)の賠償金を支払うことを命じたと報じられている。ジョーおよびコリンチャンス側はこれを不服とし、スポーツ仲裁裁判所(CAS)への上訴を行う意向とのことだ。

『グローボエスポルチ』がジョーの弁護士のコメントを通して伝えたところによれば、ジョーは新型コロナウイルスの影響によりJリーグが中断されていた期間中にブラジルへ帰国したが、名古屋はチームを離れる許可を与えていなかったとしてジョーの契約不履行を主張。給与支払いを差し止め、その後契約を解除したとされている。ジョー側は契約解除が不当であるとしていたが、FIFAは名古屋の主張を認めたようだ。

 過去にマンチェスター・シティやエバートンなどでもプレーしたジョーは、コリンチャンスで2017年にブラジル全国選手権得点王に輝いたあと翌年名古屋へ移籍。J1でも1年目に得点王に輝くなど活躍をみせていた。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20201125-00399342-footballc-socc

元名古屋のコリンチャンスFWジョー、新型コロナ陽性が判明…症状はなし 

1: 2020/11/16(月) 01:48:27.54 _USER9
コリンチャンスは13日、元名古屋グランパスでブラジル代表でも活躍したFWジョーから新型コロナウイルス陽性反応が確認されたことを発表した。

 13日に行われた検査の結果、ジョーとマテウス・ビタルの2名から陽性反応が確認され、その後に予定されていたトレーニングを欠席したという。なお、両選手は無症状のようだ。コリンチャンスはブラジルサッカー連盟(CBF)が規定するプロトコルに従い、毎週検査を行っているとのことだ。

 現在33歳のジョーはブラジルのサンパウロ生まれ。コリンチャンスの下部組織出身で、2003年にトップチーム昇格を果たした。その後ロシアへの移籍を経て2008年にマンチェスター・Cに加入。その後はトルコ、ブラジル、中国クラブを渡り歩き、2018年に名古屋グランパスに加入していた。名古屋グランパスでは公式戦74試合に出場し、33得点12アシストを記録。今年7月に古巣のコリンチャンスに復帰することが決まった。

no title


11/16(月) 0:58
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20201116-01142566-soccerk-socc

「日本人はとても冷たく、閉鎖的だった」元J戦士ジョーが名古屋時代の苦悩を母国メディアに激白!
https://search.yahoo.co.jp/amp/s/www.soccerdigestweb.com/news/detail/id=76431%3Fmobileapp%3D1 176sqp%3Dmq331AQQKAGYAafkho6DyrHtTrABIA%253D%253D

<前名古屋のFWジョー>暴力行為で2試合出場停止…相手CBを背後から殴る 

1: 2020/09/16(水) 09:01:53.05 _USER9
ブラジルのスポーツ裁判所は14日、暴力行為を犯したとして前J1名古屋のコリンチャンスFWジョー(33)に2試合の出場停止処分を下した。

 ジョーは8月30日に行なわれたブラジルリーグ第6節のサンパウロ戦で、相手CBを背後から殴りつけ、両チームの選手がもみ合いになった。主審はこのシーンを見逃していたが、この日、スポーツ裁判所が処分を下した。

 2014年W杯に出場したジョーは、名古屋に入団した18年に33試合24得点を挙げてJ1得点王に輝いた。昨季はけがもあり、32試合で6点だった。今年1月に今季の契約を更新した後、春季キャンプはけがで不参加。2月の開幕戦も欠場して移籍を模索し、6月17日に母国の強豪コリンチャンスが復帰を発表した。

https://news.yahoo.co.jp/articles/20f6a7fa742cb0358282aeb0ca54f0f5d6688ec7

写真
no title

元ブラジル代表FWのジョーが名古屋時代の苦悩を母国メディアに激白!「日本人はとても冷たく、閉鎖的だった」 

20200717-00076431-sdigestw-000-11-view




1: 2020/07/17(金) 19:53:36.51
「日本人はとても冷たく、閉鎖的だった」元J戦士ジョーが名古屋時代の苦悩を母国メディアに激白!
7/17(金) 15:58配信
SOCCER DIGEST Web

「アメリカとの戦争に負けて抑圧されている」

 先月21日に名古屋グランパスとの契約を解除した元ブラジル代表のジョーが、約2年を過ごした日本について語っている。

 2018年に名古屋に加入した大型ストライカーは、1年目に24ゴールを挙げてJ1得点王に輝く大活躍。
ただ、昨季は足首の怪我の影響もあって6ゴールに終わり、名古屋との契約を打ち切って、古巣のコリンチャスに復帰している。

 そのジョーは、家族とともに『Raca』誌の表紙を飾り、その中のインタビューで「日本の文化に馴染めなかった」と語ったようだ。
ブラジル・メディア『Globo』が伝えている。
 
「日本に行くまでに5か国で暮らしたため、ただ言葉が違うだけだろうと思っていたが、そうではなかった」と語ったジョーは、次のように続けている。

「我々とはまったく逆の文化で、人々がとても冷たく閉鎖的な国でどう暮らしていくのかを理解するのは難しかった。
彼らはアメリカとの戦争に負けて抑圧されているため、熱意と喜びに欠けている」

 また、「疑うような目で見られることも多かった。それには慣れたが、誰も英語を話せないので、言葉の問題も経験した」という。

 ただ、もちろん良い面もあったようだ。「非の打ちどころのないセキュリティ、けた違いの衛生面、
オーガナイズされているところ」を日本文化の長所として挙げている。

 ピッチでは結果を残した元セレソン戦士だが、プライベートでは日本の水が合わなかったようだ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

https://news.yahoo.co.jp/articles/3e1b4371c27448b9c404bed0edb83744f92e7c7b

名古屋・ジョー、新型コロナによるチーム活動休止中に無断でブラジル帰国していた 

0e67526aeaf8dd403d3e02c04ae230c4_1




1: 2020/06/22(月) 08:46:43.44
J1名古屋は21日、元ブラジル代表のFWジョーとの契約を解除したと発表した。
ブラジル1部のコリンチャンスが17日に獲得を発表しているが、名古屋は「契約解除の条件やプロセスでクラブと本人で見解の相違がある」として国際サッカー連盟(FIFA)の紛争解決室に仲裁を依頼した。
名古屋の関係者によると、4月に新型コロナウイルスの影響でチーム活動が休止となった後、ジョーはクラブに無断で家族のいるブラジルに帰国した。

日本への再入国が制限される中、リーグ再開に間に合わない可能性のある帰国を重くみた名古屋はその後、ジョーに契約解除を伝えた。
年俸の扱いなど金銭を巡って両者の間に隔たりがあるとみられる。

ジョーは2018年にコリンチャンスから名古屋に移籍。加入1年目にJ133試合に出場し24得点で得点王となった。
昨季はけがもあり32試合6得点だった。
契約最終年で3年目の今季は左膝の痛みを訴えて開幕前のキャンプに参加しておらず、フィッカデンティ監督の構想外となっていた。

https://www.chunichi.co.jp/article/76511
引用元:中日新聞

名古屋ジョー移籍の背景にフィッカ監督とのスタイルの相違か 推定年俸3.5億円“0円移籍”なら大きな痛手 

20200619-00010011-chuspo-000-4-view

<名古屋グランパス>元ブラジル代表FWジョーと「正当な理由」で契約解除…FIFA紛争解決室に委託... 

1: 2020/06/21(日) 12:24:02.44
写真
no title


名古屋グランパスは21日、元ブラジル代表FWジョー(33)の退団を正式発表した。

名古屋とジョーは正当な理由により、契約を解除。現在、国際サッカー連盟(FIFA)の選手やチーム間係争などを取り扱う紛争解決室に委ねているという。

ジョーを巡っては17日、コリンチャンスが獲得を発表。ジョーは3度目のコリンチャンス入りとなり、2023年12月31日までの契約も明らかにされている。

コリンチャンスでキャリアをスタートさせたジョーは母国ブラジルや欧州、アジアの複数クラブを渡り歩き、2018年から名古屋に活躍の場を移した。

加入初年度は明治安田生命Jリーグで24ゴールを挙げ、得点王とベストイレブンを受賞。しかし、昨季は6ゴールにとどまり、今季は公式戦の出場がなかった。

6/21(日) 12:15 超ワールドサッカー
https://news.yahoo.co.jp/articles/22b3d1f965a28bbfb826b70f150aa4d481dbc129

名古屋FWジョー、コリンチャンス移籍が決定…3年ぶり2度目の古巣復帰 

20200618-01084246-soccerk-000-3-view




1: 2020/06/18(木) 06:27:55.89
 コリンチャンスは17日、元ブラジル代表FWジョーの復帰を発表した。契約は2023年12月31日まで。

 ジョーはクラブ公式サイトを通じて、「僕が大きな愛情やリスペクトを持っているこのユニフォームをまた着れること、そしてもちろん熱狂的なファンのいる僕のホームに戻ってこれてとても嬉しいよ!」とコメントしている。

 現在33歳のジョーは2003年にコリンチャンスでプロキャリアをスタートさせ、CSKAモスクワ、マンチェスター・C、エヴァ―トンなどをはじめ、ブラジル国内やアジアでのプレーも経験。2017年にコリンチャンスに復帰し、ブラジル全国選手権1部で18ゴールを挙げて得点王とMVPに輝いた。

 そして2018年に名古屋グランパスへ完全移籍。加入1年目は明治安田生命J1リーグで全34試合中33試合に出場して24得点を記録し、得点王とベストイレブンに輝いた。2019シーズンは副キャプテンも務め、2シーズンで公式戦通算74試合に出場し、33ゴール12アシストをマークしている。

https://news.yahoo.co.jp/articles/f3562488e5d7d244068e904b04c149afc9eb2c82
6/18(木) 0:35配信

名古屋FWジョー、コリンチャンス復帰へ…「火曜日に合意」18年10億円超で獲得もフリーで移籍 

20200617-43481067-gekisaka-000-1-view


ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索


月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索