Samurai Goal

ジョゼ・モウリーニョ


スポンサード リンク





ペップとモウリーニョ、的確な補強をしているのはどっち? 獲得選手を10点満点で徹底査定 

20680de7-86cd-4afb-80e7-86c20f775aef

<シャビ>“モウリーニョ戦術”に異議!「あのフットボールは楽しめない」 

1: 2018/10/26(金) 01:20:35.59 _USER9
強さを認めつつも守備重視の戦術は「好きになれない」と告白
no title


元スペイン代表の司令塔MFシャビ・エルナンデス(アル・サッド)が、マンチェスター・ユナイテッドを率いるジョゼ・モウリーニョ監督のスタイルについて言及。「批判しているわけではないが…」と前置きしたうえで、「私はあのフットボールを楽しめない」と語った

 モウリーニョ監督率いるチームは、これまで欧州各国で成功を収めてきた。ポルトでUEFAカップとUEFAチャンピオンズリーグ(CL)を制し、インテルではセリエA、CL、コッパ・イタリアの3冠をイタリアのクラブとして初めて成し遂げた。チェルシーやレアル・マドリードでも数々のタイトルを獲得し、モウリーニョ監督は現代サッカーの最高の監督の一人に数えられる。

 そんな名将のスタイルに異を唱えるのは、元バルセロナのシャビだ。モウリーニョ監督のチームと何度も対戦経験がある司令塔は、「モウリーニョは非常にディフェンシブな監督だ。彼のインテルとの対戦は簡単じゃなかった」とその強さを認めつつも、守備を重視する戦術は好きになれないと伊紙「コリエレ・デロ・スポルト」に対して明かした。

「あれは彼のスタイルで、チェルシーやレアル・マドリードでもそうだった。彼はディテールにこだわり、ギャップをなくし、相手にスペースを与えなかった。私はそれとは違ったフットボールが好みだ。批判しているわけではないが、私はあのフットボールは楽しめないし、自分のチームではああいった振る舞いをすることはないだろう」

 今季限りで引退し、指導者への転身を明言しているシャビ。バルサで一時代を築いたレジェンドがどのようなチームを作るのかは見ものだが、モウリーニョ監督とは全く異なるアプローチを取ることは間違いなさそうだ。
「あのフットボールは楽しめない」

10/25(木) 17:10配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181025-00143354-soccermzw-socc

モウリーニョ監督が激昂!両軍入り乱れる騒動に…「私もキャリアを通じてたくさん過ちを犯してきた」 

20181021-03254525-gekisaka-000-3-view




1: 2018/10/21(日) 10:53:28.45 _USER9
マンチェスター・ユナイテッドを率いるジョゼ・モウリーニョ監督が激昂した。試合終了間際に追いつかれたからではない。チェルシーのコーチが彼に何らかの言葉を口にしたようだ。

20日、ユナイテッドはスタンフォードブリッジでチェルシーと対戦。先制点を許しながらも、FWアントニー・マルシャルの2ゴールで逆転に成功したが、
後半アディショナルタイムにMFロス・バークリーに劇的な同点ゴールを決められ、2-2で引き分けに終わった。

問題シーンは、バークリーの得点後に生まれた。喜びを抑えきれないチェルシーのコーチがベンチを飛び出し、モウリーニョ監督の目の前でガッツポーズ。
さらに何かを言葉を口にすると、ポルトガル人指揮官が激昂し、そのコーチを追いかけたことで両軍入り乱れる騒動に発展した。

スタッフらに抑えられ、冷静さを取り戻したモウリーニョ監督は、公式サイトによると、「私はスポーツの世界で一定レベルの教育を受けているし、社会性もある。
今日の行動についてだが、マドリードだろうと、ポルトだろうと、ミランだろうと、どこでも同じ態度を取るだろう」と看過することのできない行為だったと語った。

試合終了後には、問題のコーチから謝罪を受けたという。「ファンの反応は彼ら次第だ。誤解しないでもらいたいが、何かに苛立っているわけではない。
試合後、サッリ監督のオフィスに彼のアシスタントがやって来て、私に謝罪した。私はすぐにこう言った。『もし本当に悪いと思い、謝罪する意思があるのなら、もちろん受け入れる。
忘れよう』とね。私もキャリアを通じてたくさん過ちを犯してきたのだから、たった一度の過ちで彼を終わらせるつもりはない」と語り、水に流す姿勢を示した。

10/21(日) 10:19配信 ゲキサカ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181021-03254525-gekisaka-socc

写真
https://lpt.c.yimg.jp/amd/20181021-03254525-gekisaka-000-view.jpg"

“モウ”限界…”?元イングランド代表FWがマンU指揮官交代を予感!「モウリーニョは解任される」 

1: 2018/09/30(日) 12:54:06.49 _USER9
写真
no title


マンチェスター・ユナイテッドを率いるジョゼ・モウリーニョ監督は、解任の可能性が高まっている。英『デイリー・メール』が伝えた。

 ユナイテッドは現地時間29日、プレミアリーグ第7節のウェスト・ハム戦を1-3で落とした。これで首位マンチェスター・シティとの勝ち点差は9となっている。ミッドウィークに行われたカップ戦ではダービーカウンティにPK戦で敗れており、指揮官が選手たちと良好な関係を築けていない様子だ。

 ロンドンでの試合を終えたあと、チームは電車でマンチェスターに戻った。だが、その中にモウリーニョ監督の姿がなく、ロンドンにとどまった模様だと記事は伝えている。

 元ユナイテッドのリオ・ファーディナンド氏は『BTスポーツ』の中で、「ユナイテッドは大きな決断を下したかもしれない。エド・ウッドワード(ユナイテッドCEO)のような上層部たちが話しているところだと思う」と語った。

 ユナイテッドが危機的状況にあることは明らか。上層部はどういった話をしているのだろうか

9/30(日) 7:53 フットボールチャンネル
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180930-00291220-footballc-socc

現役時代にニューカッスルなどで活躍した元イングランド代表のアラン・シアラー氏は、ジョゼ・モウリーニョ監督がマンチェスター・ユナイテッドの指揮官を解任されると予想した。英『インディペンデント』が伝えている。

 ユナイテッドは29日のプレミアリーグ第7節でウェスト・ハムに敗れた。モウリーニョ監督は今週、MFポール・ポグバとの関係悪化が大きく取り上げられ、チームを掌握できていないのではないかとの声が高まっている。

 『BBC』の解説を務めるシアラー氏は、「モウリーニョは仕事を失うと思う」とコメント。「彼がこの状況を好転させるとは考えにくい。最初から最後まで可能性が感じられず、あまりに遅い。無気力で非常に弱かった」と酷評した。

 『BTスポーツ』では、元ユナイテッドのリオ・ファーディナンド氏が「大きな決断を下したかもしれない」と発言。元選手たちは、ユナイテッドの現状にただならぬ雰囲気を感じている様子だ。

9/30(日) 8:23 フットボールチャンネル
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180930-00291224-footballc-socc

名将ジダンが“英語”を勉強中!・・・モウリーニョ解任後のマンU監督を狙う!? 

GettyImages-52928229a-800x533




1: 2018/09/29(土) 23:42:45.85 _USER9
ジョゼ・モウリーニョのマンチェスター・ユナイテッドの監督解任とジヌディーヌ・ジダンがその後任に就くという噂は止んでいない。

マンUがモウリーニョを解任するために支払わなければならない金額

チームの成績不振、ポール・ポグバなど選手達との不仲、カラバオカップ(リーグカップ戦)でダービー・カウンティ(イングランド2部)を相手に敗退など、その理由は1つではない。

今週土曜日、『The Sun』はジヌディーヌ・ジダンのロンドン訪問と時を同じくして、彼がマンチェスター・ユナイテッドといつでも契約を結べるよう準備するために英語を勉強していると報じた。

ベルナベウを離れる時、1年間の休暇を取る事を発表したジダンは数ヶ月前からレッド・デビルズの次期指揮官候補と見られている。

同紙によると、彼はマンチェスター・ユナイテッドでの指揮に備えるために既に複数のオファーに断りを入れているという。

ユナイテッドは彼の指導法、特にレアル・マドリーのような、まとめるのが非常に困難なチームをコントロールする能力を高く評価している。

実際、レッドデビルズのロッカールームはモウリーニョとポール ・ポグバ間の対立によって一触即発状態にあり、クラブの幹部達はその状態を不安視している。

さらにモウリーニョは彼のチェルシー時代の元愛弟子で、監督としては新米のフランク・ランパード率いるダービー相手にカラバオカップ敗退を喫した際、フィル・ジョーンズやエリック・バイリーなどの選手達に対して批判と取れるコメントを残した。

(文:SPORT)
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180929-00010015-sportes-socc


【サッカー】モウリーニョ3年目のマンU、ウェストハムに1-3敗戦 開幕7戦の成績はモイーズ体制に並ぶクラブワーストタイ
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1538231692/

【サッカー】マンUモウリーニョの戦術批判をし第2主将剥奪されたポグバ、移籍希望を通達 ダルミアンやエレーラも移籍へ
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1537959874/

マンチェスター・ユナイテッド “内部分裂が勃発”!モウリーニョ派か?ポグバ派か? 

1: 2018/09/28(金) 21:05:54.83 _USER9
モウリーニョとポグバの不和をきっかけに起きた内部分裂

no title


指揮官と司令塔の軋轢によって、マンチェスター・ユナイテッドに暗雲が立ち込めている――。

 今シーズンに5年ぶりのプレミアリーグ制覇を懸けているユナイテッドだが、そのチーム状態が芳しくない。きっかけとなったのが、就任3年目を迎えた指揮官ジョゼ・モウリーニョとチームの“メインキャスト”であるフランス代表MFのポール・ポグバの関係悪化だ。

 以前から“不仲”が噂されてきた両者だが、現地9月26日に、英衛星放送『Sky Sports』が、練習場で何事かを話し合った末に睨み合うという、一触即発の緊張感が漂う様子をカメラに収めたことで、その亀裂がもはや修復不可能なところにまで来ていると憶測を呼んでいる。

 ついには、チームそのものが内部分裂の危機に瀕していることも伝えられた。英紙『Mirror』を始めとする複数の国内メディアが一斉に報道したのだ。

『Mirror』によれば、一連の騒動により、ユナイテッドには、モウリーニョに対立する派閥が生まれており、ポグバを中心にアントニー・マルシアル、エリック・バイリーなどのフランス語圏の選手、さらに若手注目株のマーカス・ラッシュフォードやルーク・ショーも指揮官に対して反旗を翻しているという。

 一方、モウリーニョを支持するグループも存在するようで、アシュリー・ヤングやネマニャ・マティッチを中心に、チームキャプテンのアントニオ・バレンシアやマルアン・フェライニなどの中堅・ベテラン勢が占めており、同紙は「自己中心的な振る舞いの目立つポグバと距離を置いている」と綴っている。

 ここで気になるのは、チームの頼れる点取り屋で、「ドレッシングルームの中心人物(Mirror紙)」であるロメル・ルカクがどちらについているのか、だ。『Mirror』によれば、一緒にオフを過ごすなどポグバと友人関係にあったベルギー代表FWだが、ここ最近は距離をおいており、モウリーニョ支持派に回っているようだ。

 ライバルのリバプール、チェルシー、マンチェスター・シティらが順調なスタートを切った一方で、ピッチの内外で混沌とした状況が続いているユナイテッド。現状を打破すべく、クラブ首脳はいかなる策を講じるのか? もはや看過できるレベルではないはずだが……。

9/28(金) 19:27サッカーダイジェスト
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180928-00047904-sdigestw-socc

モウリーニョ監督&ポグバ、凍り付く“修羅場”に反響 確執の行方は… 

20180927_PogbaMourinho


ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索