Samurai Goal

ジョゼ・モウリーニョ


スポンサード リンク





モウリーニョ、スパーズでの年俸は約21億円! 前任者ポチェのほぼ倍額に  

20191120-00364751-usoccer-000-1-view[1]




1: 伝説の田中c ★ 2019/11/25(月) 22:11:33.74 ID:7q3lqC719
20日にトッテナムの新指揮官就任が決定したジョゼ・モウリーニョ氏(56)だが、同クラブで受け取るサラリーはマンチェスター・ユナイテッド時代とほぼ同額のようだ。イギリス『デイリー・メール』が伝えている。

今季ここまでの成績不振を理由にマウリシオ・ポチェッティーノ前監督(47)を解任したトッテナムは、その後任に約1年の休養を経た“スペシャル・ワン”を招へい。

ユナイテッドでの失敗によってやや評価を落とすも、未だに世界屈指の名将と評されるポルトガル人指揮官に関しては、ヨーロッパのメガクラブに加え、中国スーパーリーグや代表監督のオファーも届いていたとされている。

そのため、トッテナムがいかにしてモウリーニョ氏を口説き落としたかに注目が集まる。モウリーニョ自身は、「このクラブが持つスカッドとアカデミーのクオリティーにも興奮させられている。彼らのような素晴らしいプレーヤーと共に働けることは、自分にとって魅力的なものだった」と、同クラブの持つ人的リソースが理由のひとつだと語っていた。

しかし、モウリーニョ氏を魅了したのは、トッテナムのクラブレベルと高額なサラリーにあるようだ。

『デイリー・メール』が伝えるところによれば、トッテナムは今回のモウリーニョ氏招へいに際して、ユナイテッド時代とほぼ同額と目される年俸1500万ポンド(約21億円)の3年半契約を打診していたようだ。

この1500万ポンドに関してはポチェッティーノ前監督が受け取っていたとされる850万ポンド(約12億円)のほぼ倍額になるという。

モウリーニョ氏の実績を考えれば、前述の金額は決して高過ぎるとは言えないが、緊縮財政を強いられた中で多くの遺産をもたらしたポチェッティーノ前監督の倍額以上をクラブが簡単に支払うとなれば、同氏へのプレッシャーは強まりそうだ。

なお、今回のモウリーニョ氏の招へいの裏ではサッカー界屈指の代理人ピニ・ザハビ氏の働きが大きかったようだ。

過去にロマン・アブラモビッチ氏のチェルシー買収を手引きし、2004年にモウリーニョ氏をチェルシーに連れて来たザハビ氏は、バイエルンFWロベルト・レヴァンドフスキの代理人を務める傍ら、ブローカーとしてブラジル代表FWネイマールのパリ・サンジェルマン移籍を実現させるなど、辣腕として知られる。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191120-00364751-usoccer-socc

モウリーニョ新体制は白星発進! トッテナム、ウェストハムに競り勝ち6試合ぶり勝利  

20191123-01001425-soccerk-000-5-view[1]




1: ほニーテール ★ 2019/11/23(土) 23:51:09.40 ID:m/WQawUY9
プレミアリーグ第13節が23日に行われ、ウェストハムとトッテナムが対戦した。

 トッテナムは前節終了時点で3勝5分4敗の14位。
19日にマウリシオ・ポチェッティーノ前監督を解任し、20日にジョゼ・モウリーニョ新監督の就任を発表。同監督にとって、新クラブでの初陣となった。

 36分、アウェイのトッテナムが先制する。デレ・アリがハリー・ウィンクスからの縦パスを受け、スペースへ走り込んだソン・フンミンにスルーパス。ソンはフェイントで相手DFを剥がすと、左足を振り抜きネットを揺らした。

 続く43分、トッテナムが追加点を獲得する。
サイドへ流れてパスを受けたデレ・アリは、バランスを崩しながらもタッチライン上で粘ってボールをソンに託す。ソンがエリア横まで運んでクロスを上げると、最後はルーカス・モウラが押し込んだ。

 トッテナムは後半開始早々にも追加点。49分、右サイドのセルジュ・オーリエからのクロスをハリー・ケインが頭で合わせて、強烈なヘディング弾をゴールに叩き込んだ。

73分、ウェストハムが1点を返す。マーク・ノーブルのラストパスを受け取ったマイケル・アントニオが、体勢を崩しながらもフィニッシュし、強烈なシュートをゴール右下隅に突き刺した。

 89分、ウェストハムは右サイドからのコーナーキックをセバスティアン・ハラーが頭でボールのコースを変え、デクラン・ライスが押し込みネットを揺らしたが、VAR(ビデオ判定)によってゴールは認められなかった。

 後半アディショナルタイム6分、ウェストハムは1点を返す。左サイドからのコーナーキックをアンジェロ・オグボンナが左足で合わせてゴール左下隅へと流し込んだ。

 ウェストハムの追撃は及ばず試合はこのまま終了。モウリーニョ新体制のトッテナムが白星発進に成功し、プレミアリーグ第7節サウサンプトン戦以来となる勝利を飾った。次節、ウェストハムはアウェイでチェルシーと、トッテナムはアウェイでボーンマスと対戦する。

【スコア】
ウェストハム 2-3 トッテナム

【得点者】
0-1 36分 ソン・フンミン(トッテナム)
0-2 43分 ルーカス・モウラ(トッテナム)
0-3 49分 ハリー・ケイン(トッテナム)
1-3 73分 アントニオ(ウェストハム)
2-3 90+6分 アンジェロ・オグボンナ(ウェストハム)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191123-01001425-soccerk-socc

トッテナム新監督にモウリーニョ氏就任! マンU解任から約11ヶ月ぶりにプレミア復帰  

20191120-00349146-footballc-000-1-view[1]




1: 久太郎 ★ 2019/11/20(水) 16:18:11.86 ID:GGfHsCDr9
 トッテナムは20日、トップチームの新監督にジョゼ・モウリーニョ氏の就任が決定したことを発表した。契約期間は2022/23シーズン終了までとなる。

 トッテナムは前日の19日にマウリシオ・ポチェッティーノ前監督の電撃解任を発表。2014年から指揮官を務めた同監督のもと、昨季はクラブ史上初のチャンピオンズリーグ決勝進出を果たすなど好成績を収めてきたトッテナムだが、今季はプレミアリーグで現在14位と低迷している。

 ポルトガル出身のモウリーニョ氏は過去にポルトやチェルシー、インテル、レアル・マドリー、マンチェスター・ユナイテッドなどの監督を務めて数々のタイトルを獲得してきた。昨季はユナイテッドでの成績不振により12月に解任され、その後は約11ヶ月間フリーとなっていた。

「これほどの素晴らしい伝統があり情熱的なサポーターのいるクラブに加わることを楽しみにしている。チームのメンバーもアカデミーもクオリティーが高い。そういう選手たちと仕事をすることが魅力的だった」とモウリーニョ氏はクラブ公式サイトを通してコメントしている。

 トッテナムでのモウリーニョ新監督の初陣は今週末の23日、アウェイで行われるプレミアリーグ第13節のウェスト・ハム戦となる。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191120-00349146-footballc-socc

プレミア首位攻防戦でも物議…モウリーニョが指摘するVARの問題は「一貫性」  

20191111-00010022-goal-000-1-view[1]




1: 伝説の田中c ★ 2019/11/13(水) 22:40:01.11 ID:NH1tiAW49
ジョゼ・モウリーニョ氏は、ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)の問題が一貫性の欠如にあると指摘した。

プレミアリーグは10日に第12節が行われ、リヴァプールとマンチェスター・シティがアンフィールドで首位攻防戦を繰り広げた。この大一番ではリヴァプールが開始早々に立て続けに2得点を奪うと、後半の立ち上がりにもMFサディオ・マネの得点でリードを広げる。その後、MFベルナルド・シウバが1点を返したものの、マンチェスター・Cは1-3での敗北を喫した。

また、この試合に関してはVARを取り巻く議論が大きく展開されている。リヴァプールが先制する前には、自陣ボックス内でDFトレント・アレクサンダー=アーノルドの手にボールが当たったが、PKは取られず。リーグ側は「不自然な体制ではなかった」と説明しているが、多くの解説者が判定に疑問を呈している。

そのうちの1人であるモウリーニョ氏も、イギリス『スカイ・スポーツ』でVARの問題を指摘した。

「それについては十分に話し合ったと思うし、主な問題は単に一貫性に関することだと思う。この試合でのあれには本当に混乱させられた。ある週末にはペナルティーでなく、またあくる週にペナルティーになるだろう。私にとって、それは重要な点だ」

「この試合はとても素晴らしかったし、試合について多くのことを話すことができた。もう十分だよ」

なお、現在フリーとなっているモウリーニョ氏は2016年夏からマンチェスター・ユナイテッドを率いていたが、2018年末に解任された。その直前のリーグ戦ではリヴァプールと敵地で対戦して1-3で敗れている。今回のマンチェスター・Cの敗北を見届けたモウリーニョ氏は、「私が最後にあそこで指揮をした時のことを忘れよう。その時に1-3で負けてクビにされたんだからね」と冗談めかしつつ語った。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191111-00010022-goal-socc

「優勝争いは終わった」モウリーニョ氏、リヴァプールのプレミア初優勝を確信  

20191111-00010019-goal-000-1-view[1]




1: 伝説の田中c ★ 2019/11/12(火) 07:30:01.18 ID:m+u2Krls9
英『スカイスポーツ』で解説を務めるジョゼ・モウリーニョ氏は、今季のプレミアリーグのタイトルレースは終了したと考えているようだ。

10日に行われたプレミアリーグ第12節、リヴァプール対マンチェスター・シティ。首位を走るリヴァプールが2連覇中の王者マン・Cを本拠地アンフィールドに迎えた、序盤戦の大一番。試合は開始6分にファビーニョの強烈なミドルシュートでリヴァプールが先制すると、その7分後にはモハメド・サラーが追加点を奪う。さらに後半開始直後にも3点目を奪い、反撃を1点に抑えたリヴァプールが3-1と勝利を収めた。

この結果、リヴァプールは勝ち点を34まで伸ばし、2位レスターに8ポイント差をつけて首位を独走。一方敗れたマン・Cは、勝ち点25のままで4位に転落。両者の差は9ポイントまで広がった。

大一番をスタジオで解説していたモウリーニョ氏は、試合前には「もしリヴァプールが勝てば、タイトルレースは終了する」とコメントしていた。そして試合後、改めてそう主張している。

「優勝争いで後れを取っている時は、追いつけると感じなければならない。大きなアドバンテージをもって首位を走っている時は、まだ終わっていないと感じなければならない」

「(今の)私の立場から言えば、チームを壊すようなケガなど劇的な出来事が起きない限り、(優勝争いは)終わったと思う」

「チームは完璧なパズルだと思っている。(リヴァプールの)戦い方は選手のクオリティに完璧にフィットしていると感じるよ」

「シティは7連勝できるチームだ。8連勝、9連勝だって可能だろう。だが、リヴァプールが9ポイントのアドバンテージをどのように失うのか、想像できない」

また、同じく解説を務めたロイ・キーン氏も「私は賭け屋ではないが、終わったと思う」とモウリーニョ氏の意見に賛同。「素晴らしい勢いがある」とし、このままタイトルを勝ち取るだろうと予想している。

最後のリーグ優勝は、プレミアリーグ創設前の1989-90シーズンとなっているリヴァプール。昨季はクラブ史上最多勝ち点を獲得するも、マン・Cにわずか1ポイント及ばずタイトルに手が届かなかった。しかし、今季こそ、悲願の優勝カップを掲げることになるのだろうか。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191111-00010019-goal-socc

レアル、CLに敗れればジダン監督解任? モウリーニョなどをリストアップか  

1: 豆次郎 ★ 2019/10/21(月) 21:29:48.79 ID:Bss2JXT99
10/21(月) 21:22配信
レアル、CLに敗れればジダン監督解任? モウリーニョなどをリストアップか

 レアル・マドリーがジネディーヌ・ジダン監督の解任を検討しているという。21日、スペイン『エル・ムンド』が伝えた。

 レアル・マドリーは現地時間19日、リーガエスパニョーラ第9節でマジョルカに敗れた。今季リーグ戦初黒星を喫したレアル・マドリーは、首位の座をバルセロナに譲っている。

 クラブはこの敗戦を深刻に捉えているという。そのため、22日に行われるチャンピオンズリーグのガラタサライ戦を落とすようなことがあれば、監督交代に踏み切るかもしれない。

 すでに後任候補の名前も出ており、現在フリーとなっているジョゼ・モウリーニョ氏を招へいする可能性があると記事は伝えた。そのほかにマッシミリアーノ・アッレグリ氏らの名が挙がっているようだ。

 レアル・マドリーはリーガエスパニョーラで1敗しかしていないが、チャンピオンズリーグではそれ以上に苦しんでいる。2試合を終えて1分け1敗となっており、A組の最下位だ。同勝ち点で3位のガラタサライに負けるようなことがあれば、グループステージ突破はかなり難しくなる。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191021-00343925-footballc-socc
no title

モウリーニョ氏、休暇に「飽き飽き」 監督業復帰に言及 

20190913-00000025-jij_afp-000-5-view[1]

久保所属マジョルカにモウリーニョ監督!? エトーが“直談判”「来てほしい」 

20190913-43471590-gekisaka-000-2-view[1]

<モウリーニョ氏>心境を吐露!「自由な時間を本当に楽しめない」7カ月間無所属...  

1: Egg ★ 2019/07/31(水) 19:41:00.35 ID:vjKrkxQ99
元マンチェスター・ユナイテッド指揮官のジョゼ・モウリーニョ氏は、早期の現場復帰を望んでいるようだ。

2016年からマンチェスター・Uで指揮を執るモウリーニョ氏だが、昨年12月に選手との確執や成績不振を理由に解任される。以降、解説者としてメディアには登場するものの、指揮官としての仕事はなく、無所属の状態が続く。そんな中、以前に7月までに仕事を再開したいと話していた同氏はイギリス『スカイスポーツ』に対して心境を吐露した。

「これだけ考える時間があるのは初めてで、7月末から8月上旬にかけてセトゥバルにいることもここ20年以上はなかった。私の今の気持ちを考えたり、分析したりしているけれど、間違いなく“ゼ(モウリーニョ氏の幼少期のニックネーム)”は情熱にあふれている」

「友人が“楽しめばいい。7月を、8月を楽しめばいい。君ができなかったことを楽しめばいい”と言っていた。ただ、正直言って、楽しめない。楽しめるほどハッピーではない。フットボールが恋しい。このような環境にいることが少しばかりおろかに見えるが、自由な時間を本当に楽しむことができない」

欧州での指揮を続けるために、中国行きを拒んだとされるモウリーニョ氏は「“モウリーニスタ(モウリーニョ氏のファン)”のために適切な選択をしたい」と強調し、自身が納得のできる機会が訪れるまで我慢強く待ちたいと語っている。

「私は忍耐強く、適切な機会を待たなければならない。適切な機会とは指揮官としての私と同じ大きさで、同じレベルであるクラブのことだ。もちろん、すべてに“イエス”と言えるが、今は“ノー”と言って正しいものを待つ必要がある」

7/31(水) 18:07配信 GOAL
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190731-00010022-goal-socc

写真
no title

<モウリーニョ>中国一の大富豪と会談! 「広州恒大&中国代表」の兼任監督オファーを受諾か? 

1: Egg ★ 2019/07/06(土) 08:43:36.58 ID:rKix19Oy9
年俸はベニテスの「18億円」をゆうに超えるとも

no title


世界中のサッカーファンを驚かせる、まさかの展開となるのか。

 現地7月5日、英紙『The Telegraph』や『The Sun』などが一斉に報じたのが、名将ジョゼ・モウリーニョの最新情報だ。昨年12月にマンチェスター・ユナイテッド監督の座を追われてから約半年、有力な新天地候補が浮かんでは消えてきた。直近ではニューカッスル・ユナイテッドの新指揮官就任かと騒がれたものの、その後の具体的な進展は聞こえてこない。そこで急浮上したのが、「中国行き」のニュースというわけだ。

 複数のメディアによると、モウリーニョ氏はこの数日の間に、とある世界的VIPと会談したという。その相手は、中国一の大富豪にして不動産王であるシュー・ジアイン氏。国内最強王者・広州恒大の事実上のオーナーであり、中国スーパーリーグの発展に尽力し、中国代表の強化にも惜しみなく資金を投入してきた人物だ。2月の春節にも会合を持った両者はふたたび対面し、その場でシュー氏が監督就任の要請を行なった。広州恒大と中国代表の2チームを率いる、兼任監督のオファーだ。

 英各紙はふたりがワイングラスを傾け、笑顔で乾杯する写真を掲載。『The Telegraph』紙は以下のように伝えている。

「シュー・ジアインはフットボールをこよなく愛する実業家で、中国フットボールを世界に名だたるレベルに押し上げようと本気で取り組んでいる。それを実現させるため、モウリーニョは彼が望むなかで最高の適任者であり、自身が所有する広州恒大と中国代表のふたつのチームを指揮させたいと考えているのだ。モウリーニョがその輝かしいキャリアにあって、中国で監督を務める決断に至るだろうか。ただ言えるのは、今回の会談の内容がきわめてポジティブだったという事実だ」

 実はシュー氏は、モウリーニョがチェルシーの監督を更迭された直後の2016年1月、さらにはマンチェスター・Uを去った昨年末にもラブコールを贈っていたという。ポルトガル人指揮官は今年5月、「この夏に現場に復帰するのは間違いない。7月には決まっているだろう」と話していた。タイミングとしてはそろそろ決断を下す時期だろうか。

・監督就任が実現すれば、ACLで鹿島と対戦へ

no title


広州恒大の現監督は元イタリア代表DFのファビオ・カンナバーロ氏。つい先日まで中国代表監督を掛け持ちしていたが、国際Aマッチの成績不振によって代表監督のほうはポストを外れ、そちらは現在、マルチェロ・リッピ前監督が返り咲いている。『The Mirror』紙によれば、シュー氏は長く続いている“イタリアン・コネクション”からの切り替えを模索しているようで、モウリーニョ全権監督を強力に後方支援する腹積もりだという。

 そして『The Telegraph』紙は、ニューカッスルの監督を更迭されたばかりのラファエル・ベニテス氏が、年俸1200万ポンド(約18億円)で大連一方の監督に招聘された事実を紹介。「チャイナ・マネーは強力だ。モウリーニョがそれ以上のオファーを受けているのは確かで、極東に進路を定めてもおかしくはない」と論じている。

 もし“スペシャル・ワン”が広州恒大の新指揮官に電撃就任となれば──。8月28日と9月18日に行なわれるアジア・チャンピオンズリーグ準々決勝で、鹿島アントラーズと対峙することになる。日本のファンにとっても、ここ数日の動静が気になるところだ。

7/6(土) 5:14配信 サッカーダイジェスト
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190706-00010000-sdigestw-socc



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索