Samurai Goal

ジョアン・フェリックス


スポンサード リンク





スペイン紙「お気に入りのヤングプレーヤーは?」久保建英が3位に選出! J・フェリックスらを上回る  

1: Egg ★ 2019/09/29(日) 09:13:47.04 ID:ZTeBUYY29
久保がJ・フェリックスやロドリゴを上回る

no title


ここまで6節が終了したラ・リーガを盛り上げているのが、ヤングタレントたちだ。

 その筆頭格がバルセロナのアンス・ファティとアトレティコ・マドリーのジョアン・フェリックスだろう。

8月25日のベティス戦(2節)で、16歳と298日というクラブ史上2番目の若さでトップデビューを果たしたファティは、6日後のオサスナ戦(3節)でクラブ史上最年少得点記録を更新(16歳と304日)。大黒柱のリオネル・メッシが故障で出遅れた王者にあって、早くも不可欠な存在となっている。

 クラブ史上最高額の1億2600万ユーロ(約157億円)で加入したJ・フェリックスは、19歳とは思えない別格の輝き。開幕から全試合でスタメンを飾り、チームトップの2ゴールに1アシストと、攻撃を牽引している。

 レアル・マドリーのブラジル人コンビ、19歳のヴィニシウス・ジュニオールと18歳のロドリゴは6節のオサスナ戦でアベックゴール。とりわけ、デビュー戦で途中出場から1分で初ゴールを決めた後者の活躍は鮮烈だった。

 そのマドリーと16歳で契約し、レアル・ソシエダにレンタル中のマルティン・ウーデゴーも負けてはいない。4節には得意の左足で見事な一撃を叩き込み、アトレティコ撃破の立役者となれば、6節のアラベス戦では圧巻のスルーパスでミケル・オジャルサバルの先制点をアシスト。かつて「神童」と持て囃されて男が、20歳にしてついにその才能を開花させた。


 アジアの2人の18歳も異彩を放っている。マジョルカの久保建英とバレンシアのイ・ガンインだ。

 今夏にマドリーと契約し、マジョルカに武者修行に出た久保は、5節のヘタフェ戦でピンポイントクロスを供給して初アシスト。26日に行なわれたアトレティコ・マドリー戦では初先発を飾り、惜しいシュートを放つなど、強豪相手に小さくない存在感を発揮した。

 韓国の至宝は、同じ日に、久保より一足先にリーガ初ゴールをゲット。監督交代で揺れるチームで徐々に出場時間を増やし、そのチャンスを見事に活かした。

 彼らの活躍を受けて、スペイン紙『Marca』は、「ラ・リーガのU-20選手の革命」と題した特集を掲載。20歳以下のプレーヤーのパフォーマンスを伝えるとともに、「あなたのお気に入りのヤングプレーヤーは?」という読者投票を実施している。

『Marca』紙によるサポーター投票の結果は?

写真
no title


3900票を集めて1位となったのは、ウーデゴーで、200票差の2位でファティが続いた。

 久保は堂々の3位にランクイン。2800人が投票している。以下、ロドリゴとイ・ガンインが2500票で続き、J・フェリックスが2400票で6位、ヴィニシウスが2200票で7位となっている。

 現時点での『Marca』紙によるファン投票の結果は、以下の通りだ

1位マルティン・ウーデゴー(レアル・ソシエダ):3900票
2位アンス・ファティ(バルセロナ):3700票
3位久保建英(マジョルカ):2800票
4位ロドリゴ(レアル・マドリー):2500票
4位イ・ガンイン(バレンシア):2500票
6位ジョアン・フェリックス(アトレティコ・マドリー):2400票
7位ヴィニシウス・ジュニオール(レアル・マドリー):2200票
8位アンドリー・ルニン(バジャドリー):1700票
9位サムエル・チュクウェゼ(ビジャレアル):1500票
10位アレクサンダー・イサク(レアル・ソシエダ):1200票
11位ジャン=クレア・トディボ(バルセロナ):588票

9/28(土) 19:56配信 サッカーダイジェスト
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190928-00064686-sdigestw-socc&p=1

非凡な久保建英に回り始めたパス。 いまは代表よりレアル戦を優先せよ 

20190927-00872650-sportiva-000-1-view[1]

久保起用の“新プラン”を地元記者が提言「サイドで使うのは疑問」「グリーズマンのように…」  

1: Egg ★ 2019/09/27(金) 08:55:19.30 ID:zpY2hmmu9
【現地発】アトレチコ戦で存在感を放った久保、スペイン人記者はシャドーでの起用を推奨

マジョルカは現地時間25日、DAZNが放送するリーガ・エスパニョーラ第6節でアトレチコ・マドリードと対戦し、0-2と敗れた。日本代表MF久保建英はスペイン上陸後初となる先発出場を果たし、後半開始早々にポスト直撃のシュートでゴールを脅かしたが、現地取材に訪れたスペイン人記者は「サイドで使うのには疑問が残る」と語り、「フェリックスのようなシャドーの使い方がフィットするのでは」と新たなオプションを提示している。

 本拠地イベロスター・エスタディに強豪アトレチコを迎えた一戦は、前半26分にセットプレーから相手FWジエゴ・コスタにヘディング弾を叩き込まれ、先手を奪われてしまう。前半30分に与えたPKはVAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)で取り消されたことで難を逃れたが、防戦一方の展開を強いられた。

 それでも0-1で迎えた後半2分、久保が脅威を与える。MFダニ・ロドリゲスとのワンツーに抜け出した久保がペナルティーエリア右に侵入すると、そのまま右足を振り抜いた。鋭いシュートは相手DFステファン・サビッチに接触し軌道が変わると、右ポストに直撃。そのボールが相手GKヤン・オブラクに当たり、再び右ポストに当たった。あと一歩のところでクリアされてしまい、惜しくも初ゴールはお預けなった。

 後半19分、ポルトガル代表FWジョアン・フェリックスに追加点を奪われ敗れたマジョルカだが、日本の若きアタッカーは優勝候補の強豪を焦せらせる一撃を披露するなどインパクトを残した。

 試合後にスペイン放送局「TVE」のロサレス記者に直撃し、久保について尋ねると、「今日のマジョルカの選手で一番良かったことは間違いない」と明言しつつも、「サイドで使うのには疑問が残る」と持論を展開している。

「久保はゴール前でより輝きを放つタイプだ。サイドでは離れすぎている」

「サイドプレーヤーというのは、テクニックよりもスピードや強度が求められる。守備力も問われるね。久保がそこのスペシャリストになれるかと言われると、スタイルが違うと思う。それこそ、アトレチコのフェリックスと同じようにシャドーの使い方がフィットするのではないだろうか。トップクラスで言えば、グリーズマンだね。久保はゴール前でより輝きを放つタイプだ。サイドでは離れすぎている」

 ロサレス記者は、この日ゴールを決めたフェリックスや、バルセロナのフランス代表FWアントニオ・グリーズマンのようなゴールに近いシャドーの位置でフレキシブルに動くポジショニングが適しているのではないかと指摘した。

 フィジカル面では欧州の選手たちに弾き飛ばされる場面も多く、やや分が悪い印象もあるだけに、サイドよりもゴール前の創造性に特化したポジションの方がポテンシャルを発揮しやすいのかもしれない。

9/27(金) 6:45配信 フットボールゾーン
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190927-00220021-soccermzw-socc

写真no title

C・ロナウドがサッカー界の移籍金高騰に苦言!「DFやGKが100億円を手にするのは賛同しかねる」  

20190822-00010000-sdigestw-000-1-view[1]




1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/08/22(木) 07:11:24.81 ID:DkOAeKPp9
「いまのフットボール界で物差しを作るのは難しい」

昨今のサッカー界は移籍金の高騰が目立っている。

今夏の移籍市場でも8000万ユーロ(約100億円)を超える高額移籍は、アントワーヌ・グリエーズマンやエデン・アザール、ジョアン・フェリックスなど7件も成立した。

テレビ放映権の高騰や、中東や中国の企業の参入によって加速し続けている「移籍金高騰バブル」が下火になる気配はいまだ見られない。
今夏の移籍市場でも、「クラブ史上最高額」の更新がいくつあったことか。

そうした現状にユベントスの大黒柱クリスチアーノ・ロナウドが、母国メディア『TV1』のインタビューで苦言を呈した。

自身も2009年の夏に当時の史上最高額となる9400万ユーロ(約120億円)で、マンチェスター・ユナイテッドからレアル・マドリーに移籍。
昨夏にユーベに移った際には、1億1700万ユーロ(約152億1000万円)が動いたビッグスターは、昨今の潮流について、「いまのフットボール界で物差しを作るのは難しい」と持論を語った。

「各クラブが選手のポテンシャルに賭けることが多い。今のフットボール界は、昔とは変わっていて、ジョアン・フェリックスのような選手は別としても、
特別な何かを見せているわけではない選手ですら、1億ユーロ(約125億円)の値がついてしまうんだ」

高額移籍は売り手クラブの財布を潤わせる一方で、買い手の財務状況を逼迫させる懸念がる。また、その額面が評価の基準となって、
「移籍金に見合った活躍ができていない」と批判されるケースも少なくない。C・ロナウドは、そういった問題点を念頭に声を上がたのだろう。

ただ、こうした風潮を止めるのはもはや難しいことも、理解しているようだ。

「今はより多くのお金がフットボール界に流れているんだ。平凡なセンターバックやゴールキーパーが7000万~8000万ユーロ(約87億5000万円~100億円)もするようになった。
こうした現状には賛同しかねるけど、それこそが僕らが生きている世界であり、尊重しなければならない」

数々のゴールでチームに勝利をもたらしてきたC・ロナウドにとって、実績に乏しい選手が自身と同じか、
それ以上の移籍金で取引されていくのを、黙って見ているわけにはいかなかったのかもしれない。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190822-00010000-sdigestw-socc
8/22(木) 5:40配信

C・ロナウドがサッカー界の移籍金高騰に苦言!「DFやGKが100億円を手にするのは賛同しかねる」  

20190822-00010000-sdigestw-000-1-view[1]




1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/08/22(木) 07:11:24.81 ID:DkOAeKPp9
「いまのフットボール界で物差しを作るのは難しい」

昨今のサッカー界は移籍金の高騰が目立っている。

今夏の移籍市場でも8000万ユーロ(約100億円)を超える高額移籍は、アントワーヌ・グリエーズマンやエデン・アザール、ジョアン・フェリックスなど7件も成立した。

テレビ放映権の高騰や、中東や中国の企業の参入によって加速し続けている「移籍金高騰バブル」が下火になる気配はいまだ見られない。
今夏の移籍市場でも、「クラブ史上最高額」の更新がいくつあったことか。

そうした現状にユベントスの大黒柱クリスチアーノ・ロナウドが、母国メディア『TV1』のインタビューで苦言を呈した。

自身も2009年の夏に当時の史上最高額となる9400万ユーロ(約120億円)で、マンチェスター・ユナイテッドからレアル・マドリーに移籍。
昨夏にユーベに移った際には、1億1700万ユーロ(約152億1000万円)が動いたビッグスターは、昨今の潮流について、「いまのフットボール界で物差しを作るのは難しい」と持論を語った。

「各クラブが選手のポテンシャルに賭けることが多い。今のフットボール界は、昔とは変わっていて、ジョアン・フェリックスのような選手は別としても、
特別な何かを見せているわけではない選手ですら、1億ユーロ(約125億円)の値がついてしまうんだ」

高額移籍は売り手クラブの財布を潤わせる一方で、買い手の財務状況を逼迫させる懸念がる。また、その額面が評価の基準となって、
「移籍金に見合った活躍ができていない」と批判されるケースも少なくない。C・ロナウドは、そういった問題点を念頭に声を上がたのだろう。

ただ、こうした風潮を止めるのはもはや難しいことも、理解しているようだ。

「今はより多くのお金がフットボール界に流れているんだ。平凡なセンターバックやゴールキーパーが7000万~8000万ユーロ(約87億5000万円~100億円)もするようになった。
こうした現状には賛同しかねるけど、それこそが僕らが生きている世界であり、尊重しなければならない」

数々のゴールでチームに勝利をもたらしてきたC・ロナウドにとって、実績に乏しい選手が自身と同じか、
それ以上の移籍金で取引されていくのを、黙って見ているわけにはいかなかったのかもしれない。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190822-00010000-sdigestw-socc
8/22(木) 5:40配信

C・ロナウド2世のFWフェリックス、“本家”の前で大活躍! 「スターが生まれた」 

20190811-00209923-soccermzw-000-4-view[2]

シメオネ、アトレティコはビッグクラブと宣言!「もう町クラブじゃない。クラブがチームの成長に追いついた」 

20190806-00010000-goal-000-1-view[1]

バルサ贔屓紙、マドリードの“久保フィーバー”に苦言 「多くの賛辞にめまいがする」 

20190803-00208276-soccermzw-000-4-view[1]

全世界に衝撃の19歳…アトレティコ新加入のJ・フェリックス「自分のプレーに釘付けになってくれたらうれしい」 

20190728-00010005-goal-000-1-view[1]

アトレティコがポルトガル代表FWジョアン・フェリックス獲得を正式発表!移籍金は推定153億円に  

20190704-00954458-soccerk-000-4-view[1]




1: 久太郎 ★ 2019/07/04(木) 11:09:05.13 ID:kx42RCCn9
 アトレティコ・マドリードは3日、ベンフィカからポルトガル代表FWジョアン・フェリックスを獲得したことを発表した。

 現在19歳のフェリックスは、2018年にトップチームデビューを果たすと、昨シーズンは公式戦43試合で20得点を記録。リーグ戦の優勝に貢献した他、ヨーロッパリーグ準々決勝ファーストレグでは、フランクフルトを相手にハットトリックを記録するなど活躍し、市場価値が急騰した。

 イギリスメディアの『BBC』によると、推定移籍金は1億2600万ユーロ(約153億円)にのぼり、10代の選手としては2018年にパリ・サンジェルマンへ移籍したキリアン・ムバッペに次ぐ高額移籍だという。

 アトレティコ・マドリードはシーズン終了後にディエゴ・ゴディンやアントワーヌ・グリーズマンら主力が退団を発表した。新シーズンへ向けて戦力の低下が懸念されてきたが、ブラジル代表DFフェリペ、スペイン代表MFマルコス・ジョレンテらを補強。さらに今回のフェリックスを獲得し、着実に補強を進めている。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190704-00954458-soccerk-socc



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索