Samurai Goal

ジュビロ磐田


スポンサード リンク





<Jリーグ>ジュビロ磐田と松本山雅の降格が決定!  

1: Egg ★ 2019/11/30(土) 16:00:42.01 ID:8/Kxtpbo9
明治安田生命J1リーグ第33節が30日に行われ、松本山雅FCとジュビロ磐田が最終節を残してJ2降格が決定した。

 松本はアウェイでG大阪と対戦。前半序盤に小野瀬康介に先制弾を許すと、30分と45分にも井手口陽介に2ゴールを献上。3点のビハインドを背負うと、後半にもアデミウソンにダメ押し点を献上。終了間際に1点を返したものの及ばず、1-4で敗れた。

 残留へ勝たなければならない状況であった磐田は、松本昌也のゴールで先制したものの、前半のうちに長谷川アーリアジャスールに同点弾を許してしまう。しかし後半に大久保嘉人が勝ち越し点を奪い、2-1で勝利した。

 一方でホームに広島を迎えた湘南は、9分に決まったオウンゴールの1点を守りきり、1-0で勝利。この結果、松本と磐田の17位以下が確定。2チームの降格が決定した。

 今季、4年ぶりにJ1昇格を果たした松本は、8年目となる反町康治監督のもと、残留を目標に戦ってきたものの、シーズンを通して深刻な得点力不足に悩み、苦境を抜け出せず。J1挑戦はわずか1年で終えることとなった。

 また、同じく降格が決まった磐田は今季、開幕5戦未勝利でスタートすると、不振が続いたことも影響し、6月30日の第17節・川崎フロンターレ戦をもって名波浩監督が辞任。

 後任は鈴木秀人ヘッドコーチが昇格したものの、苦境を脱することができず。わずか1カ月半で契約解除となり、小林稔ヘッドコーチが暫定的に指揮を執る状況に。その後、スペイン人のフェルナンド・フベロ監督が就任し、ここ5試合で2勝1分2敗と盛り返していたものの、16位に届かず。名門が2度目の降格の憂き目に遭ってしまった。

11/30(土) 15:57配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191130-00010016-goal-socc

写真no title

J1残留へ望みつなぐ!磐田FW川又 32戦ぶりゴールで古巣討ち必ず 8試合1得点  

20191129-00000077-spnannex-000-2-view[1]




1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/11/29(金) 06:35:59.80 ID:Xsu7RzUs9
◇明治安田生命J1第33節 磐田―名古屋(2019年11月30日 ヤマハ)

磐田は30日、ヤマハに名古屋を迎え撃つ。残留の望みをつなぐには勝利が不可欠の今季ホーム最終戦。古巣との「大一番」でFW川又堅碁(30)が2月、松本との開幕戦以来の得点に意気込む。

残留への道に必要なのは「勝ち点3」のみ。試合会場・ヤマハでの前日練習。川又は思いをぶつけるかのようにゴールネットを揺らした。

「試合に勝つイメージをして練習した。FWなのでエゴは持ちながら犠牲心を持ってプレーしたい。そして得点という結果で期待に応えたい」

14年途中から16年まで所属した名古屋には現在リーグ3連敗中。09年5月にJ1で2―1で勝利して以来、公式戦16戦未勝利の難敵だ。
「手強い相手だが自分たちは勝つしかない」とキッパリ。2月23日の松本との開幕戦以来、32戦ぶりのゴールで勝利を引き寄せる。

今季は度重なるケガに苦しみ、ここまで出場8試合で1得点。17年の磐田加入後は2年連続で30試合以上に出場し2桁得点を記録したが、ここまで不完全燃焼のシーズンを送っている。
「今年はチームを助けることができていない」とエースとして責任を痛感。白星のみが求められる一戦で役割を果たして名誉挽回の一歩とする。

名古屋戦は既に入場券が完売。8月11日の湘南戦以来、満員のサポーターの後押しを受けての試合となる。
「ファンは必ず良いムードをつくってくれる。ジュビロ磐田に関わる全員で勝ち点3をもぎ取りたい」。
来季J1の可能性を残すため、記憶にも残る一発を決める。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191129-00000077-spnannex-socc
11/29(金) 5:30配信

磐田、J1残留に望みをつなぐ執念の勝利! 後半ATのPKが決勝弾…敵地で札幌を下す  

20191123-00230805-soccermzw-000-2-view[1]




1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/11/23(土) 16:38:37.48 ID:dE17WtJF9
終盤に同点とされながら、アディショナルタイムにMF荒木大吾が決勝弾

J1最下位のジュビロ磐田は23日、リーグ戦第32節コンサドーレ札幌戦に敵地で臨み、2-1で勝利を収めた。この結果、磐田は今節での降格決定を回避。残留に向けて望みをつないでいる。

 磐田は前節終了時点で勝ち点25の最下位。J1参入プレーオフ出場圏の16位湘南ベルマーレとは「6」の差が開いており、残り3試合での逆転残留に向けて何としても勝ち点3が欲しい状況だった。

 そんななか、立ち上がりからホームの札幌にボールを持たれる展開となる。前半21分には左サイドを突破され、MF白井康介のクロスに合わせた日本代表FW鈴木武蔵にフリーでヘディングシュートを放たれたものの、これは枠の上に外れた。

 紙一重で失点を免れた磐田は、同26分にチャンス。右サイドを駆け上がったMF松本昌也がグラウンダーのクロスを入れると、中央でMF藤川虎太朗がわずかに触れたボールをファーサイドでMFアダイウトンが押し込む。劣勢を耐え凌いだ磐田が、先制に成功した。

 ホームで負けられない札幌も、後半開始から日本代表MF菅大輝に代えてMFルーカス・フェルナンデス、さらに同14分には元イングランド代表FWジェイも投入するなど、攻勢を強めていく。同24分にはペナルティーエリア内でボールを受けた鈴木が右足で鋭いシュートを放ったが、これは枠を捉えられなかった。

 1点リードのまま終盤に入った磐田は、全員が自陣に引いて体を張った守備を実行。ジェイや鈴木の迫力にタイ代表FWチャナティップの突破力が加わる札幌の攻撃に手を焼きつつも耐えていたが、アディショナルタイムが見えてきた後半43分に同点とされてしまう。札幌の左CKをDF福森晃斗が蹴ると、中央で合わせたのはMFが深井一希。ヘディングシュートがGK八田直樹を破り、土壇場でスコアは1-1となった。

 その後は互いに勝利を目指して攻め合う展開となり、5分間のアディショナルタイムに突入。オープンな展開となりながらもドロ―かと思われた後半アディショナルタイム7分に“ドラマ”が生まれる。カウンターからペナルティーエリア内でボールを受けた途中出場の磐田MF荒木大吾がDFに倒され、PKを獲得。これを荒木が自ら蹴り込み、最後の最後で磐田が2-1の勝利をつかみ取った。

 磐田の命運は他会場の結果次第となったなか、勝ち点30の17位松本山雅FCは横浜F・マリノスに0-1で敗れた一方、勝ち点31の湘南は首位のFC東京と1-1の引き分け。この結果、磐田は残り2試合に残留の可能性を残した。磐田は次節、ホームで名古屋グランパスとの一戦を迎える。

11/23(土) 16:06配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191123-00230805-soccermzw-socc

順位表
https://www.nikkansports.com/m/soccer/jleague/j1/data/standings/

試合スコア
https://www.nikkansports.com/soccer/jleague/j1/score/2019/2019110203.html

磐田痛恨の完封負け…DF大井「残留の可能性がある限り最後まで戦うのが選手の義務」6勝18敗7分 18位   

20191109-00010039-chuspo-000-1-view[1]




1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/11/10(日) 00:21:23.23 ID:iPR9tkwL9
◇9日 J1第31節 FC東京1-0磐田(ヤマハスタジアム)

J1残留が遠のく磐田の敗戦。DF大井は「非常に痛い負け。ただし、J1残留の可能性がある限り、最後まで戦うのが選手の義務」と声を絞り出した。

今季初の2連勝はまたもならなかった。FC東京が序盤、磐田の様子を観察しながら、試合を進めていったのに対し、磐田は開始直後から、先制点奪取のために、積極的な姿勢を見せた。
前半42分のFWルキアンのシュート、同43分の左サイドの崩し、前半45分のMF松本のシュートと、決定的シーンを連続してつくったが、ゴールには至らなかった。

逆に後半8分。FC東京にPKを献上、先制点を許した。同点を狙う磐田は右サイドに荒木、左サイドにアダイウトンを配置、サイド攻撃からの突破に望みを託したが、FC東京の分厚い守備をこじあけることができなかった。
磐田は結局、今季6勝をマークしているが、勝利した次の試合はすべて敗戦という結果となっている。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191109-00010039-chuspo-socc
11/9(土) 18:51配信

https://www.nikkansports.com/soccer/jleague/j1/score/2019/2019110902.html
試合スコア

https://www.nikkansports.com/soccer/jleague/j1/data/standings/
順位表

J1ジュビロ磐田、けがで戦列を離れていたMF山田とFW川又が復帰 残留へ総力戦 残り4戦、チーム救えるか  

20191107-00000034-at_s-000-1-view[1]




1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/11/07(木) 20:40:00.80 ID:ckJPpPpp9
けがで戦列を離れていたJ1ジュビロ磐田のMF山田大記(30)とFW川又堅碁(30)が、今週から全体練習に合流した。
J1残留へ負けられない残り4試合に、復帰した主力2人がチームへの貢献を誓う。

山田は先発予定だった8月31日の広島戦前の練習中に左ふくらはぎを負傷。肉離れの再発で、復帰まで2カ月以上を要した。
「静岡ダービー(2日の清水戦)に間に合わせたかったが、全員で素晴らしい戦いをしてくれた」。会場のアイスタ日本平に駆け付けた山田は
「次に勝てば、ダービーに勝った意味が出てくる」とJ1参入プレーオフに回る16位湘南との勝ち点差6を縮めるため、9日の2位FC東京戦(ヤマハ)は勝利だけを狙う。

10月1日の練習中に左大腿(だいたい)を肉離れした川又は「体のバランスが悪かったから、仕方ないけが。そう考えないとやっていられない」。
4月の右肩負傷から復帰したばかりだった。落ち込んだというが、
「清水に勝って、絶望的な状況から16位の湘南の背中が見えてきた。監督の選択肢を増やすためにも、残り4試合に出るためアピールする」と言葉に力を込めた。

残留を現実的にするため、上位のFC東京には総力戦で戦い抜くしかない。
フベロ監督就任後、2トップの一角として起用されていた両選手が、チームを救えるか。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191107-00000034-at_s-socc
11/7(木) 17:03配信

ジュビロ磐田 降格“崖っぷち”踏ん張った!アダイウトンV弾でJ1通算50度目「静岡ダービー」制す 

20191103-00000022-spnannex-000-2-view[1]




1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/11/03(日) 05:53:55.31 ID:8zdR1AdD9
◇明治安田生命J1第30節 磐田2-1清水(2019年11月2日 アイスタ)

今季公式戦5度目の静岡ダービーは、磐田に軍配が上がった。J1通算50回目の対戦は、1―1の後半41分にMFアダイウトン(28)が決勝点。
公式戦のダービー連敗を5で止め、J1残留に望みをつないだ。清水は2度目のリーグ3連敗となった。

負ければ3日にJ2降格が決まる可能性もあったライバル対決。崖っ縁の状況に追い込まれた磐田が最後に意地を見せた。

1―1の同点に追いつかれて迎えた後半41分、アダイウトンがFWルキアンとのパス交換で清水守備網を突破。エリア内左から右足で、勝ち越し点を流し込んだ。

「ルキアンとは試合前に“近い距離でプレーしよう”と話をしていた。距離間の良さがゴールにつながった」

先月19日の前節・鳥栖戦で途中出場から決めた同点バイシクルシュートに続く2戦連発。「全員がダービーのことを考えて練習してきた。
素直に喜びたい」と4試合ぶりの先発起用にも応えた。

勝利の流れをつくったのは高卒3年目の若武者だった。前半39分、MF藤川のJ1初得点で先制。
ルキアンが競り合って流れた左クロスに合わせ、右足を振り抜いた。
「決められる感じがした」と予感的中。今季勝利した試合は全て先制しており、勝敗のポイントだった。
「自分が決めて勝ちたいと思っていたのでよかった」。ダービーでの記念弾だっただけに喜びは大きかった。

残り4試合でJ1残留が決まる15位・鳥栖との勝ち点差は10から7に縮まった。ただ、3日に試合を行う湘南の結果次第では、次節に敗れると降格が決まる可能性がある。
依然として厳しい状況だが「あと4回決勝のつもりでやる」とアダイウトン。宿敵撃破の勢いそのままに9日の次節、ホームで2位のFC東京を叩く。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191103-00000022-spnannex-socc
11/3(日) 5:30配信

https://www.nikkansports.com/soccer/jleague/j1/data/standings/
順位表

3位横浜FMが完勝で首位と1差に! 最下位磐田はクラブワースト記録を更新… 

20191005-43472419-gekisaka-000-3-view[1]

磐田、J1残留遠のく完敗...7戦勝ちなしでフベロ監督就任後も3試合連続完封負け「下向かず挑戦したい」  

20190914-09141250-nksports-000-7-view[1]




1: Egg ★ 2019/09/15(日) 02:53:38.00 ID:SosWPqIJ9
<明治安田生命J1:川崎F2-0磐田>◇第26節◇14日◇等々力

ジュビロ磐田はエース復帰も敵地で完敗した。0-2の後半20分。右肩を負傷していたFW川又が約4カ月半ぶりに公式戦復帰したが、無得点で敗れた。

7戦勝ちなし(1分け6敗)で、フベロ監督就任後も3試合連続の完封負け。同監督は「最後まで下を向かずに挑戦していきたい」と必死に顔を上げたが、残り8試合でのJ1残留は極めて厳しい。

▽磐田フベロ監督「自分たちはいいチャンスをつくれて、バランスも取れていたが、相手のカウンターから失点をしてしまった。我々は得点できなかったが、相手はチャンスを生かした。相手にはすごい選手がいたが、対応できていた。今日の2失点は、自分たちでコントロールできたものなので、悔しい思いです」

9/14(土) 23:41配信 日刊スポーツ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190914-09141250-nksports-socc

<最下位・磐田>新監督とともに浮上するか?「降格確実」の声も、かすかな光明...シュート数は増えた  

1: Egg ★ 2019/09/09(月) 19:39:52.21 ID:e3DB/vrO9
リーグ優勝3度の名門ジュビロ磐田が、最下位低迷に追い込まれている。

 リーグ9戦を残し勝点18は、残留圏内の15位ベガルタ仙台と勝点差10。J2とのプレーオフに進出できる16位との勝点差も9と離れ、すでに一部サッカー関係者からは「降格確実」との声まで出始めている。

 振り返れば、今季は序盤から苦しい状況が続いた。

 クラブOBの名波浩監督が6シーズン目の指揮を執ってスタートしたが、低迷が続き、6月30日ホームで川崎フロンターレに完敗した後に退任。その後は、やはりOBの鈴木秀人が引き継いだが、わずか1勝しただけで1カ月半という短命政権となり、後のガンバ大阪戦は小林稔コーチが代行した。

 そして第23節を終えた8月下旬、クラブ最多となる1シーズン4人目の指揮官として就任したのが、スペイン人のフェルナンド・フベロ監督だ。

 指揮官としてパラグアイリーグで優勝経験を持つなど、これまでの実績を高く評価され、「外国人のパワーで引っ張って欲しい」(服部年宏強化本部長)と、最大ミッションとなる残留を託された。新指揮官も「選手の自信を回復させ、チームが1つになることが大事。理想のサッカーは守備とのバランスが取れた高い攻撃力を保つこと。(残留へ)自信はある」と強い口調で言い切った。

初陣は、ブーイングよりも拍手。

 監督就任から数日とわずかな準備期間で初陣を迎えたホームでのセレッソ大阪戦。白星を期待されて臨んだ一戦は、スローな出足で前半に2点を先行され、悪い流れを払拭しきれないまま悔しい黒星発進となった。

 だが、期待された勝点の上乗せこそできなかったものの、後半に見せた厚みのある攻撃に、試合後のスタンドのサポーターからはブーイングよりも拍手が上回るほど好意的な反応を引き出した。

 「試合後半のプレー内容からは、間違いなくポジティブなものが得られた」とフベロ監督。今季途中から出番が減少し、4戦ぶりの出場となった元日本代表FW大久保嘉人も、「まだまだ課題は多い」と前置きしつつも、「ゴール前、ペナルティエリアの中に入って行く人数が以前よりも増えたことは間違いない。すごく良いことだし、これからも続けていけば結果も期待できる」と今後への手ごたえを口にした。

9/9(月) 18:01配信 ナンバー
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190909-00840668-number-socc

写真
no title

ジュビロ磐田、新監督にスペイン人のフベロ氏が就任…最下位脱出へ外国籍監督招へい  

1: Egg ★ 2019/08/19(月) 19:12:41.99 ID:12hPl/PP9
ジュビロ磐田は19日、トップチームの新指揮官にフェルナンド・フベロ氏が就任することを発表した。同氏が指揮を執るのは20日のトレーニングからとなる。

 磐田は今季の明治安田生命J1リーグで、開幕から低迷。6月25日に名波浩前監督が退任となると、ヘッドコーチを務めていた鈴木秀人が後を継いだが、その後も5試合で1勝4敗と浮上のキッカケをつかめず。すると、今度は15日鈴木監督の退任を発表。18日に行われた第23節・ガンバ大阪戦は小林稔ヘッドコーチが暫定的に指揮していた。

 新監督に就任するフベロ氏はスペイン国籍の45歳。パラグアイのグアラニで指導者としてのキャリアをスタートすると、その後はパラグアイのクラブを渡り歩き、5月にセロ・ポルテーニョの指揮官を退任していた。

 また、クラブはフベロ氏の監督就任に加えて、同じくスペイン国籍を持つダニエル・ルビオルのコーチ就任を発表。ルビオル氏はこれまでコーチ兼分析としてフベロ氏監督に従事してきた。

8/19(月) 18:14配信 goal
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190819-00010028-goal-socc

写真
no title



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索