Samurai Goal

ジネディーヌ・ジダン


スポンサード リンク





昨季レアルの希望の星だったヴィニシウスだが…クラブはジダンが絶対的主力として扱わないことを不安視 

20190827-00010008-goal-000-2-view[1]

マジョルカ入りの久保、レアルのジダン監督が移籍に言及 韓国メディアも即座に反応 

20190824-00212654-soccermzw-000-1-view[1]

「彼は留まるだろう」“戦力外”から一転、救世主となったベイルをジダン監督が称賛! 

20190818-00062985-sdigestw-000-7-view[1]

ジダン、ベイル残留を宣言!「彼はここに残る」「私はガレスもハメスも、すべての選手たちを信じている」  

20190806-00062462-sdigestw-000-5-view[1]




1: 豆次郎 ★ 2019/08/18(日) 10:41:36.06 ID:DnywiAbM9
17日のリーガ・エスパニョーラ第1節、レアル・マドリーは敵地バライドスでのセルタ戦に3-1で勝利した。ジネディーヌ・ジダン監督は試合後、この試合で先発させて躍動感あるプレーを見せたMFガレス・ベイルが残留することを宣言した。

マドリーで昨季終盤から戦力外扱いとなり、今夏での移籍が確実視されていたベイルだが、移籍先が見つかることなくクラブに留まり続けていた。そしてジダン監督は、このセルタ戦で同選手を先発起用。ウェールズ代表MFは特に前半に存在感を示し、1アシストを記録するなど、セルタ守備陣を自慢のスピードあふれるドリブルで幾度も切り裂いた。

試合後、スペイン『モビスタール・プルス』とのインタビューに応じたジダン監督は、そんなベイルが今季もマドリーでプレーすることを断言している。

「ほかの全員と同じように彼はここにいる。今日のプレーには満足しているよ。彼はここに残る。ヴィニ(シウス)とベイルは良かったし、良い守備を見せてくれた。彼らは守備にも従事したために消耗が激しく、その後にはイスコとルーカス(・バスケス)が出場したが、彼らも良かったね」

プレシーズンには疑惑の目を向けられていたマドリーだが、この公式戦では守備でも集中力を発揮して、まるで先の黄金期のようなパフォーマンスを披露。ジダン監督は確かな手応えをつかんでいるようだ。

「良いプレーを見せて、勝利を収める……こういった形で始めることが大切なんだ。プレシーズンには、結果という面でこそ困難を伴ったが、仕事に励むという点では異なった。私たちは素晴らしい形で仕事に取り組んできたし、今日は良いプレーと勝利を味わうことができたね」

「選手たちの奮闘には満足している。ボールを保持しているときだけでなく、守備でも素晴らしい仕事を実現できた。それが試合の鍵を握ったんだよ。後半には10人なってしまったが、それでもボールをサイドから逆のサイドまで動かして、良いプレーを見せられたね」

その後、記者会見に出席したジダン監督は、再びベイル、さらには同選手と同じく戦力外と見られていたMFハメス・ロドリゲスについても触れている。

「ベイルについて、1カ月前となぜ状況が変わったか? 何も変わってはいない。私はガレスもハメスも、すべての選手たちを信じている。彼らがこのユニフォームを守るために尽力してくれることをね」

https://www.goal.com/jp/amp/ニュース/ジダンセルタ戦で先発起用のベイル残留を宣言彼はここに残る/179b36ttpxaej17h3dwajiysli
https://twitter.com/goaljp_official/status/1162863061604196358?s=21
https://twitter.com/5chan_nel (5ch newer account)

ジダン、久保建英の残留を熱望! 「残ることを期待している。大切で、レアル・マドリーの未来なんだ」 

20190816-00010028-goal-000-2-view[1]

「ゴールデンボーイだ!」「クルトワは何もできず」久保建英の“強烈ゴラッソ”に反響が続々! 

20190814-00062821-sdigestw-000-3-view[1]

久保建英とロドリゴの今後は宙ぶらりんのまま…レアル・マドリーはローンではなく残留を検討か 

20190813-00010017-goal-000-1-view[1]

レアル久保建英、どっちつかずの状態。Bチームもトップチームも招集外の理由は?  

1: Egg ★ 2019/08/13(火) 09:56:26.89 ID:qYvBkRk69
レアル・マドリーに所属する18歳の久保建英がトップチームで招集外になった理由について、12日にスペイン紙『アス』が報じている。

 北米遠征とドイツ遠征でトップチームに帯同したあと、7日に行われたザルツブルク戦ではメンバーから外れ、カスティージャ(Bチーム)の試合に出場。しかし、10日に行われたカスティージャの試合は欠場し、再びトップチームの練習に参加していた。そのためローマ戦に臨むトップチームに招集されることも考えられたが、発表されたメンバーには含まれず。同紙は「どっちつかずの状態」になっていると伝えている。

 どうやら、ジネディーヌ・ジダン監督がローマ戦前の最後の練習に久保の参加を望んだ模様。それによりカスティージャの試合には出ず、久保はテレビでテネリフェ戦を観戦したという。ジダン監督の考えとしては、久保をカスティージャに留めつつも、トップチームの練習には参加させたいようだ。カスティージャに留めるという点についてはBチームのラウール監督も同意見な様子。

 一方、バジャドリーなどの他クラブへレンタル移籍させるとの噂も浮上している。まもなく、リーガエスパニョーラが開幕するが、最終的に久保はどこでプレーすることになるのだろうか。

8/13(火) 9:08配信 フットボールチャンネル
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190813-00334210-footballc-socc

写真
no title

ポグバからネイマールに獲得目標を切り替えたレアル・マドリー、ネイマール本人も移籍了承か 

20190810-00010035-goal-000-1-view[1]

ジダン監督が心変わり!「ベイルとハメスを100%頼りにしている」、ベイル は親善試合ローマ戦に出場  

1: 豆次郎 ★ 2019/08/12(月) 13:46:22.89 ID:X+TbsYuy9
レアル・マドリーを率いるジネディーヌ・ジダン監督が、これまで構想外と見られていた選手たちを戦力に含める考えを明かした。

レアル・マドリーは、今夏の移籍市場でMFエデン・アザールやFWルカ・ヨヴィッチらを獲得するなど大型補強に乗り出しており、反対にMFギャレス・ベイルやMFハメス・ロドリゲスは放出が濃厚とされてきた。

しかし、両選手ともに未だチームに在籍しており、ハメスはレアル・マドリーのトレーニングに復帰。そして、ベイルは11日の親善試合ローマ戦に途中出場している。

2-2のスコアでフルタイムを戦ってPK戦の末敗れたローマ戦後、ジダン監督は以下のように両選手についてコメントした。

「ハメスとベイルはこのチームの選手だ」

「何でも起こり得るが、彼らはどちらも(チームに)登録されている。私はレアル・マドリーのコーチとして、彼らを頼らなければならない」

「私は彼らを100%頼りにしている。ハメスは(最近の試合に)呼ばれていないが、これは変わる可能性がある。トランスファーウィンドウが閉まる前であっても、すべてが起こり得るんだ」

17日にはセルタとのリーガ・エスパニョーラ開幕戦が控えるが、その直前のタイミングでハメスとベイルをチームに含める可能性を強く示唆したジダン監督。とりわけ、ベイルは放出候補であることが以前に公言されていたが、指揮官の心変わりをきっかけに復活を遂げることができるのだろうか。

https://twitter.com/goaljp_official/status/1160773002872512512?s=21
https://www.goal.com/jp/amp/ニュース/ジダン監督が心変わりベイルとハメスを100頼りにしている/ki7qa9ff9br518vbxvpx4oj2e
no title

https://twitter.com/5chan_nel (5ch newer account)



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索