Samurai Goal

ジダン


スポンサード リンク





【衝撃】ジダンもユベントスに!?ロナウドに引き続きオファーの可能性浮上! 

GettyImages-840744734-800x533
1 2018/07/18(水) 00:04:06.41 _USER9
▽レアル・マドリーの監督を退任したジネディーヌ・ジダン氏(46)がユベントスのフロントに入る可能性があるようだ。スペイン『Libertad Digital』が伝えている。

▽5月31日に約2年半務めたレアル・マドリーの監督を電撃退任したジダン氏に対し、ユベントスはアシスタント・スポーツ・ディレクターの職をオファーしているとのことだ。ただ、レアル・マドリーとの関係を考慮し、就任するとしても10月以降になるという。

▽現役時代にユベントスで2度スクデットを獲得するなど活躍し、レアル・マドリー指揮時にはチャンピオンズリーグ3度の優勝を含む9つのタイトルをもたらしたジダン氏の去就に関しては、カタール代表やフランス代表の監督就任が報じられていたが、ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドと共にユベントス加入となるのか、今後の動向が注目される。

http://web.ultra-soccer.jp/news/view?news_no=321050

“レアル新監督”ジダン後任にスペイン代表監督ロペテギに決定!! 

GettyImages-841982662-800x534
1 2018/06/13(水) 00:11:41.38 _USER9
【速報】ジダン後任はロペテギに!レアル・マドリーが新監督を発表…スペイン代表監督がW杯後に着任へ
6/13(水) 0:04配信 GOAL
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180613-00000041-goal-socc

レアル・マドリーは12日、フレン・ロペテギ氏が来季から指揮を執ることを発表した。

今季限りで、前人未到のチャンピオンズリーグ3連覇に導いたジネディーヌ・ジダン監督が退任したレアル。後任探しに動く欧州王者は、様々な指揮官に接触していると伝えられていた。

そして12日、レアルは来季指揮官を発表。スペイン代表としてロシア・ワールドカップに臨むフレン・ロペテギ監督が、大会終了後に着任することを明らかにした。

伝説となったジダン前監督後、後を継ぐロペテギ監督。51歳のスペイン人指揮官は、どのような結果を残せるだろうか。

【W杯】最も奇妙な瞬間ベスト10 1位はやっぱりあの頭突きww 

1 2018/06/07(木) 15:12:02.15 _USER9
・英公共放送「BBC」が「読者が選ぶW杯最も奇妙な瞬間ベスト10」を特集

BBC読者が選んだ「最も奇妙な瞬間ベスト10」の全容は?

【英公共放送BBCの読者が選んだ「W杯の最も奇妙な瞬間ベスト10」】

(1位)2006年 ジダンがマテラッツィに頭突き
(2位)2014年 スアレスがキエッリーニに噛みつく
(3位)2014年 ドイツがブラジルに猛威を振るう
(4位)1990年 ライカルートのフェラーへの唾吐き
(5位)1982年 シューマッハがバチストンを負傷退場させる
(6位)1994年 マラドーナの薬物事件
(7位)1998年 ロナウド、そして決勝の謎(不調)
(8位)2010年 フランス代表のストライキ
(9位)2002年 韓国、イタリア、そしてエクアドルの審判
(10位)2002年 ロイ・キーンが代表を去る

 いよいよ開幕が迫ってきたサッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会。世界一をかけた4年に一度の大舞台ではこれまで、ファンを興奮させたスーパーシーンが多く生まれた一方、“奇妙”なシーンも同様にファンの脳裏に刻まれている。英公共放送「BBC」は「読者が選ぶW杯最も奇妙な瞬間ベスト10」を特集している。


 ロシアW杯を目前に控えた英公共放送「BBC」の企画。ベスト10には日本のサッカーファンになじみ深いシーンがズラリと並んでいるが、なかでも印象深いものが第9位の「2002年 韓国、イタリア、そしてエクアドル人の主審」だ。

 2002年の日韓大会、決勝トーナメント1回戦のイタリア―韓国戦。記事では「ジョバンニ・トラパットーニ監督とイタリアは決勝トーナメントで韓国との対戦が決まり、不満ではなかっただろう。しかし、ピッチ上で見られたのはワールドカップ史上で最もショッキングな出来事の一つだ」と記し、W杯史上に残る“不可解判定”を取り上げている。

 同点のまま延長戦に突入した試合。FWアン・ジョンファンがゴールデンゴールを決め、地元で大金星を挙げた。しかし、記事では「エクアドル人の審判バイロン・モレノはイタリアにPKを与えず、オフサイドの判定でゴールを認めず、フランチェスコ・トッティをシミュレーションと判断し、2枚目のイエローカードを提示して退場させた」と指摘している。

 延長戦でエリア内の接触プレーを巡り、微妙な判定でイタリアのエース、トッティが退場処分を食らった。1人減ったアズーリは結局、競り負け、モレノ主審の判定はイタリアのみならず、世界で疑問の声が上がった。あれから16年経つが、イギリスのサッカーファンにも記憶に刻まれ、未だ印象深い試合の一つになっているようだ。

 トップ3は比較的、近年の大会が占めた。

「そして、最も衝撃的な瞬間は…」と紹介された第1位は?

 3位は「2014年 ドイツ、ブラジルに猛威を振るう」、ブラジル大会で開催国ブラジルが準決勝のドイツ戦で1-7と喫した歴史的大敗、2位は「2014 スアレスがキエッリーニに噛みつく」、同じくブラジル大会でウルグアイ代表FWスアレスがグループステージのイタリア戦で相手DFキエッリーニに噛みついたシーンがそれぞれ入った。

「そして、最も衝撃的な瞬間は…」と前振りされ、紹介された第1位は、あの退場シーンだ。

「2006年 ジダンがマテラッツィに頭突き」

 ドイツ大会、フランス代表MFジダンが決勝のイタリア戦でDFマテラッツィの挑発に激昂し、胸部付近に思い切り頭突き。一発退場を食らった。この大会限りで引退を表明していたため、伝説的な名手の最後のプレーが、このシーンとなった。

 記事では、BBCスポーツの解説者を務める元イングランド代表FWアラン・シアラー氏が「ジダンほどの選手がこんな形で選手としてのキャリアを終えるのは悲しいこと」と語ったことを紹介している。

 特集でも「あの瞬間、彼の頭の中を何がよぎったのかは彼にしか分からないことだ。マテラッツィが何かをしたようには見えなかった。ジダンは何百人の人々の前であんな行動を取った事は非常に驚きなことであり信じがたいことだ」と記している。

 トップ10にランクインしたのは、未だファンの記憶に刻まれているものばかり。果たして、ロシアの地では、どんなプレーが後世に語り継がれるだろうか。

6/6(水) 16:15配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180606-00025340-theanswer-socc

写真
no title

“金に興味なし”ジダン、23億円を受け取らずにレアルを去る! 

1 2018/06/04(月) 01:05:08.35 _USER9
選手時代と同じく金に執着しないジダン、約23億円を受け取らずにレアル・マドリーを退団
6/3(日) 22:24配信 GOAL
no title



先にレアル・マドリー監督を辞したジネディーヌ・ジダン監督は、やはり金に執着する人物ではないようだ。

チャンピオンズリーグ三連覇を達成した直後にレアル・マドリー退団を決意したジダン氏。レアル・マドリーと結んでいた契約は2020年までで、2年分の年俸をあきらめる格好となった。
スペイン『マルカ』曰く、ジダン氏のレアル・マドリーでの年俸は900万ユーロ(約11億円)で、合計1800万ユーロ(約23億円)を受け取ることなくクラブを去ったようだ。

ジダン氏は選手時代にも、高額の年俸を惜しむことなくスパイクを脱いでいる。
レアル・マドリーとの契約を1年残した段階で現役引退を決断した同氏は、その際にクラブから残りの年俸を支払う提案を受けたものの、それに断りを入れていたのだ。

現在、カタール代表から年俸5000万ユーロ(約63億円)の4年契約をオファーされているとも報じられるジダン氏。これまでの事例に鑑みれば、心が動かされることはないように思えるが、果たして……。


ジダンへのオファー金額がイニエスタ超え!?カタール代表に招聘か 

GettyImages-964470122-800x533
1   2018/06/03(日) 20:22:22.80 _USER9
先日、レアル・マドリー監督の座を電撃的に退任したジネディーヌ・ジダン氏は、新天地にアジアを選択する可能性があるようだ。

『ユーロスポーツ』フランス版が報じたところによると、2022年のカタール・ワールドカップにおいて、ジダンがホスト国の監督としてカタールを率いる可能性があるという。

発端はエジプトの資産家ナギーブ・サウィーリス氏が「ジダンはカタールを2022年まで4年間率いる準備がある。その年俸は5000万ユーロ(約64億円)になるだろう」とSNSで語ったことによるものだ。

もしこの情報が確かなら、ジダンは2022年まで2億ユーロ(約256億円)もの巨額なサラリーを手にすることに。また、ジダンはカタールがワールドカップを招致する際にアンバサダー役を務めており、その際には1000万ユーロ(約12億8000万円)以上の報酬を受け取っており、カタールとは以前から深いつながりがあったことでも知られる。

果たして選手として、そして監督としても数々のタイトルを獲得したジダンは、新たな地にカタールを選ぶのだろうか。引き続きその動向が注目される。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180603-00000004-goal-socc

ジダンはチェルシー?クロップがレアル?“名将”の大移動はいかに!? 

20180526_Krop-Zidane
1   2018/06/01(金) 18:24:48.22 _USER9
 レアル・マドリードのジダン監督の電撃辞任を受けて、1日の英紙サンではレアルはリバプールのクロップ監督を、チェルシーはジダン監督の獲得を画策していると報じた。

 レアルはトットナムのポッチェティーノ監督の動向も追っているが、クロップ監督が筆頭候補だという。ペレス会長は強い個性がチームに必要だと感じているからだ。同紙はリバプールはカリスマ性の高いクロップ監督を引き留めることに必死だと伝える。

 チェルシーはジダン氏にオファーをする準備ができているそうだ。ただ、同氏が監督業からいったん離れる場合は、98年W杯で優勝したフランス代表を率いたローラン・ブラン氏を最有力候補に挙げているという。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180601-00226554-nksports-socc

ジダンの“後任者”にポチェッティーノ監督が浮上!! 

Pochettino
1   2018/06/01(金) 00:55:22.11 _USER9
監督電撃辞任のレアル、“ポスト・ジダン”にトットナムのポチェッティーノ監督が浮上

2年半で9個のタイトルを獲得 CLで優勝していなかったら…続投の「可能性はある」
 レアル・マドリードのジネディーヌ・ジダン監督が5月31日、電撃辞任を発表した。前人未到のUEFAチャンピオンズリーグ(CL)3連覇を置き土産にクラブを去ることになるが、後任にはトットナムのマウリシオ・ポチェッティーノ監督が浮上している。スペインラジオ局「カデナ・コペ」が報じている。

現役時代にサッカー史上最高の司令塔と称されたジダン監督は、2016年1月にラファエル・ベニテス前監督(現ニューカッスル監督)の後任として就任。同年5月には史上7人目となる選手・監督の両方でのCL制覇を成し遂げた。

 昨季はCLとリーガの二冠を達成し、今季はCL決勝でリバプールを撃破して前人未到の大会3連覇を達成。監督として掲げたトロフィーは2年半で9個。稀代の名将にふさわしいカリスマ性を示していた。

 バルデベバスの練習場で31日に緊急記者会見を開き、退任を発表したジダン監督。「もしも、今季CLで優勝していなかったら続投したか?」と質問された際、「その可能性はある」と語った。FIFAクラブW杯も連覇し、レアルの指揮官としてはすでにやり残したことはなかったのだろう。

 最新のレポートによると、フロレンティーノ・ペレス会長が最大の標的としているのは、かつてエスパニョールを率いたトットナムのポチェッティーノ監督だという。

 トットナムと2023年まで契約を延長したばかりだが、レアルは“ポスト・ジダン”の大本命としているという。カリスマ指揮官を失い、ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド、ウェールズ代表FWギャレス・ベイルの去就問題も浮上しており、名門は揺れに揺れている。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180531-00107748-soccermzw-socc

【衝撃】電撃辞任するジダンが次に向かうチームはどこ!? 

15479c49cbdf2503eac52826ca33dd4e_640px
1   2018/05/31(木) 20:30:38.93 _USER9
欧州チャンピオンズリーグで3連覇を達成したスペイン1部レアル・マドリードのジネディーヌ・ジダン監督(45)が電撃辞任した。
31日に本拠地のサンティアゴ・ベルナベウで緊急会見を開き「来季はレアル・マドリードで監督を続けないという決断を下した」と退任することを表明。
「チームは勝ち続けるために変化が必要だと感じた」と退任理由を説明した。

クラブOBで、元フランス代表MFのジダン監督は、2016年1月に就任。解任されたベニテス監督の後任としてBチーム(2軍)監督から昇格した。
自身初のトップチームでの監督をビッグクラブで務めるということで当初は経験不足が不安視されたが、
C・ロナウド、ベイル、セルヒオ・ラモスらスター選手と信頼関係を築いて就任1季目で欧州チャンピオンズリーグ(CL)を制覇。

昨季(2016~17年)は国内リーグとの2冠を達成し、
今季は26日の欧州CL決勝でリバプールを3―1で破り、監督として史上初の3連覇を達成したばかりだった。

スポニチ 5/31(木) 20:26配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180531-00000170-spnannex-socc

ジダン「コメントする気無し」メッシが審判に圧力をかけた疑いについて 

GettyImages-671989952a-800x533
1   2018/05/09(水) 14:08:53.30 _USER9
レアル・マドリーのジネディーヌ・ジダン監督は、6日のクラシコでバルセロナのFWリオネル・メッシが審判に重圧をかけたとされる報道について「そのことで私が驚くことはない」と、意に介していない様子だ。クラブ公式サイトが伝えている。

 メッシは6日にカンプ・ノウで行われたリーガ・エスパニョーラ第36節レアル戦(2-2)の前半終了後、DFセルジ・ロベルトに一発退場を命じたエルナンデス・エルナンデス主審に対し、「びびり、びびり、びびりが。もうあいつらにプレゼントをするのは十分だ」と言い放ったとスペイン『カデナ・セール』に報じられていた。

 ジダン監督は、9日の第34節セビージャ戦に向けた記者会見でこの件を問われ、「そのことで私が驚くことはないし話をするつもりもない。全てはピッチの中にとどまる」とコメントしている。

「通用口トンネルではいつでも何かが起こる。問題は今や、カメラや選手たちのコメントであらゆる人たちが全てを知り得るということ。変わったのはその点。なぜなら以前もいろんなことがあったが、ロッカールームから外に出ることはなかった」

 レアル指揮官は現代の選手たちを気遣い、「先日何があったかコメントする気はない」と無関心を貫いた。

5/9(水) 8:15配信 ゲキサカ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180509-01653584-gekisaka-socc

【動画】“ジダン無双”ジダンの全盛期が天才すぎる!! 

a6ceef7fba6ff8c15321af2e47a24680

ジネディーヌ・ヤジッド・ジダン(1972年6月23日 - )

マルセイユ生まれの元サッカー選手。現サッカー指導者でレアル・マドリードの監督。
愛称はジズー(Zizou)。選手としては1989年から2006年まで攻撃的ミッドフィルダーとして司令塔の役割だった。 
FIFA最優秀選手賞、バロンドール、ゴールデンボール賞などの個人タイトルに加え、所属チームではワールドカップ、欧州選手権、トヨタカップ、チャンピオンズリーグなどの主要タイトルをすべて獲得した。
UEFAゴールデンジュビリーポールでは、過去50年(1954年〜2003年)の欧州のサッカー選手として、フランツ・ベッケンバウアーやヨハン・クライフらを抑えて最も優れた選手に選ばれた。FIFA100選にも名を連ねている。
監督としてもレアル・マドリードの助監督やBチームの監督を務めた後にトップチームの監督に就任。就任1年目でクラブをチャンピオンズリーグ制覇に導いた。
2017年には、史上初めて選手、監督双方でオンズドール、FIFA最優秀賞を受賞した人物となった。  アルジェリアの少数民族カビール人(→ベルベル人)の両親の元に生まれたため、フランスでは「北アフリカ移民の星」としての象徴的な人気もある。

Wikipedia


ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索