Samurai Goal

シント=トロイデン


スポンサード リンク





<本田圭佑>シント=トロイデン移籍急浮上!現地報道「蛙の子は蛙」 

1: Egg ★ 2019/12/30(月) 19:53:42.52 ID:4Tqfoosy9
12月23日にオランダ1部フィテッセを退団したMF本田圭佑は無所属となっているなか、日本人選手が3人在籍しているベルギー1部シント=トロイデンが新天地候補として急浮上している。現地メディア「VoetbalBelgie」は「皇帝ケイスケが新選手?」と報じた。

 昨季限りでオーストラリア1部メルボルン・ビクトリーを退団した本田は、しばらく無所属の状態が続くも、今年11月にかつてプレーしたオランダリーグに復帰。フィテッセでリーグ戦4試合に出場したが、本田獲得に動いたレオニード・スルツキー監督が辞任し、出番が減っていた。

 恩師の後を追うように12月中旬にフィテッセ退団が決まり、本田はクラブ公式サイトを通じて「僕はクラブを去ることを決めた。僕がここに来たのは状況を変えるためだった。それがミッションだったが、できなかった」と吐露。さらに「スルツキーはクラブを去った。少なくともその責任を感じている。だから冬の後もここにいることはできない」と理由を明かしていた。

 そんな本田の新天地候補として、日本企業DMM.com社の傘下にあるベルギー1部シント=トロイデンが浮上している。現地メディア「VoetbalBelgie」は「皇帝ケイスケがシント=トロイデンの新選手?」と見出しを立てて特集。現在、シント=トロイデンにはFW鈴木優磨、FW伊藤達哉、GKシュミット・ダニエルの日本人トリオが在籍しているが、本田加入の意味は大きいという。

 記事では「スルツキーの退任後、本田の契約はクラブとの合意のうえで破棄された。本田は無所属だ。シント=トロイデンは補強を求めており、商業的に興味深い選手を探している」と伝えている。

移籍を後押しする“別の要因”とは? 現地メディア指摘「ホンダも舞い降りるかもしれない」

 また現地メディアは、本田の移籍を後押しする他の要因についても言及。それはメルボルン・V時代の恩師であるケビン・マスカット監督の存在だ。

 マスカット監督は1月からシント=トロイデンのテクニカルディレクターとして働く。欧州で指揮を執る際に必要なUEFA監督ライセンスを持っていないものの、当面はクラブでの仕事に従事しながら取得を目指し、取得後は監督就任の可能性もあるという。そうした状況を受けて、記事では「蛙の子は蛙(子は親と似た道を歩むもの)。シント=トロイデンはケビン・マスカットと働く。ホンダもスタイエン(本拠地)に舞い降りるかもしれない」と独自の見解を示している。

 恩師スルツキーが就任したロシア1部ルビン・カザンも候補として報じられるなど、33歳の日本人アタッカーを巡って様々な情報が飛び交っている。古巣VVVフェンロも「皇帝ケイスケ」と呼び、かつて決めた30メートル超絶ミドル弾のゴール映像を公開していたが、果たしてベルギーでその勇姿を見ることができるのだろうか。

12/30(月) 6:01配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191230-00237589-soccermzw-socc

写真
no title

<シント=トロイデン(STVV)>アジア人選手2人(イ・スンウやコン・フオン)を巡る監督との対立を否定!  

1: Egg ★ 2019/11/08(金) 09:37:22.17 ID:54v22u+C9
日本代表GKシュミット・ダニエルやFW鈴木優磨、MF伊藤達哉らが所属するシント=トロイデン(STVV)は5日、マーク・ブライス監督の解任の可能性を伝える地元メディアの報道に反応し、クラブの公式ウェブサイトに反論の声明が掲載された。

ベルギーの『Het Nieuwsblad』は先日、日本企業DMM.com社傘下にあるクラブのフロントはブライス監督の解任に動き出す可能性について報道。内部での関係が悪化している要因の一つとして、夏に獲得した韓国代表MFイ・スンウやベトナム代表MFのグエン・コン・フオンを同監督が評価しておらずトップチームのメンバーに含めていない現状への上層部の不満が挙げられていた。

それを受けたSTVVだが、公式ウェブサイトを通じて反応。「クラブとスタッフとの間には問題が存在したことはありません。クラブ、監督、選手たちの全員はお互いリスペクトしています。報道では私たちの選手何名かの名前が挙げられていましたが、クラブはその全員を信じています」と強調している。

また、『Het Laatste Nieuws』が紹介したコメントによると、STVVのチェアマン、ダビド・メーケルス氏も「日本人のアシスタントやビデオアナリストがいるが、だからといってブライスを解任するプランはない。ベルギー人監督の選択は熟考した上での選択だった。なので(監督の去就に関しては)議論の余地はない」と報道に反論。「フオンやイ・スンウがプレーしていない状況とはまったく関係ない話だ」とも続け、アジア人選手2人の状況は監督に対する評価を左右しないという。

一方で、電話取材を受けたブライス監督本人だが、解任報道について問われると「何を言えばいい?もちろんコメントはしない。日本人たちが決めることだ。私がすべてに関して自分が思うようにして決めていたとしても、最終的にはコントロールすることができない」と自身の去就に関する決定権はないと話している。

イ・スンウやフオンのほか、夏の移籍市場では13人の新選手を獲得したSTVV。その多くはブライス監督が希望していた補強ではなかったとの報道が今回の解任報道に発展したと見られる。今後チームが調子を落とすたびに進退問題が持ち上がることになるのだろうか。

写真
no title


11/7(木) 14:00配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191107-00010019-goal-socc

ベルギー1部第14節 鈴木優磨が2試合連発! シント=トロイデンが今季初の連勝  

20191103-00345790-footballc-000-1-view[1]




1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/11/03(日) 06:01:13.90 ID:8zdR1AdD9
【シント=トロイデン 1-0 オーステンデ ベルギー1部第14節】

ベルギー1部リーグ第14節のシント=トロイデン対オーステンデが現地時間2日に行われた。
試合はホームのシント=トロイデンが1-0の勝利を収めている。シント=トロイデンは鈴木優磨が先発出場で1得点を記録、
シュミット・ダニエルとともにフル出場した。伊藤達哉はベンチ入りしたが出場はなかった。

リーグ戦で9月以降勝ちがないオーステンデとのホームゲーム。シント=トロイデンとしては、ここで8月11日以来となるホームでの白星が欲しいところ。

試合は0-0で折り返し、後半に突入した。すると56分、鈴木がチームに先制点をもたらす。
左サイドからクロスが入ると、ボリがニアに走り込んで2人のDFを引きつけた。
これでフリーになった鈴木が冷静に合わせて2試合連続となる今季3点目を決める。

これが決勝点となり、シント=トロイデンは1-0で勝利。
リーグ戦では今季初の連勝となっている。

【得点者】
56分 1-0 鈴木優磨(シント=トロイデン)

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191103-00345790-footballc-socc
11/3(日) 5:58配信

https://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/top/20076611
試合スコア

https://soccer.yahoo.co.jp/ws/standings/48
順位表

https://soccer.yahoo.co.jp/ws/stats/48
得点ランキング

“韓国のメッシ”「イ・スンウ」不遇のベルギーで心境告白! 監督との確執報道にも言及「口喧嘩に…」  

1: Egg ★ 2019/10/30(水) 19:13:23.96 ID:7DRGR2u79
“韓国のメッシ”と呼ばれた韓国代表MFイ・スンウ(シント=トロイデン)が、最近、韓国のユーチューバーの直撃インタビューに応じ、現在の心境を赤裸々に語った。スポーツ・芸能総合サイト「スポータル・コリア」が報じている。

【動画】「韓国のメッシ」イ・スンウ、ベルギーで不遇の時… 2018年アジア大会決勝の日本戦では先制ゴール&“看板セレモニー”

 イ・スンウは今年8月に、イタリアのヴェローナからベルギーのシント=トロイデンに移籍。だが、2カ月経った今も公式戦に出場できておらず、監督との確執があるとも伝えられていた。

 その真相を探るべく、韓国サッカーや海外サッカーのニュースを「YouTube」で配信する“KLDHドンヒョン”が、シント=トロイデンの練習場を訪れ直撃インタビューを敢行。同サイトは「突然の訪問だったが、イ・スンウは誠実にインタビューに応じた」と伝え、その中身を詳細に伝えている。

 イ・スンウはまず、「ベルギーは、イタリアやスペインと違う部分がたくさんある。チームにしっかり適応して、いい姿を見せられるように頑張ります」とファンに向けて挨拶した。その後、自身を取り巻く現状についても口を開いた。

「練習中にコーチと意見が合わず、口喧嘩になりました。それは大したことではなく、普通の意見交換です。それが現地メディアで記事になったのは知っています。僕は大丈夫ですが、周囲が心配するかもしれません。気持ちは常にチームの力になりたいということ。決定権は監督にあるので、しっかり準備して試合に出場したい」

 元バルセロナの下部組織でプレーし、一時はアジアでも注目を浴びたイ・スンウ。現在は韓国代表からも漏れ、不遇の時期を過ごしているとも言える。

 さらにシント=トロイデンには同じアジア人で日本代表のGKシュミット・ダニエル、MF伊藤達哉、FW鈴木優磨が在籍しているが、彼らに比べても出場機会が与えられていない。それだけに、もどかしさもきっとあるだろう。だが、ここはチャンスを待ち、ピッチに立った時に結果で証明するしかない。イ・スンウの今後の動向に注目したい。

10/30(水) 17:50配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191030-00226346-soccermzw-socc

写真
no title

鈴木優馬麿初得点&PK獲得でMOM!「日本とは全く違いますね。ここでの1試合は日本での2~3試合に相当」  

1: Egg ★ 2019/09/22(日) 18:07:45.42 ID:TuHhStz69
ベルギー1部リーグ第8節のシャルルロワ対シント=トロイデン(STVV)戦が現地時間21日に行われ、STVVがアウェイで3-0の勝利を収めた。STVVのFW鈴木優磨は初先発で移籍後初ゴールを記録している。

 鈴木は前半34分、エリア内への浮き球パスを受け、GKやDF陣と交錯しながら先制ゴールを押し込んだ。後半には鈴木のヘディングシュートが相手選手の腕に当たって獲得したPKからチームメートが追加点を挙げている。

 ベルギーメディア『Sporza』では鈴木をこの試合のマン・オブ・ザ・マッチに選出。「マルク・ブリス監督により初めて先発に起用された日本人選手は期待を裏切らなかった」と述べている。

『sport.be』でも同じくマン・オブ・ザ・マッチに鈴木を選んだ。「初先発の日本人は大きなインパクトをもたらした。先制点を決め、PKを引き起こした。ジュピラー・プロ・リーグで力強いスタート」とコメントを添えている。

 ブリス監督も期待に応えた鈴木のパフォーマンスに賛辞を送った。「とにかく彼は決定的だったと言える。ユウマは負傷のため1年間プレーできなかったことを忘れてはならない。最高の姿はこれからだ。1点目のボールの受け方は驚異的だった」とベルギー『Truineer.be』は指揮官の試合後のコメントを伝えている。

9/22(日) 16:39配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190922-00339450-footballc-socc

写真
no title


鈴木は初得点について「ゴールはゴールですけど、もう少しちゃんとしたゴールを決めたい。ただ、FWとして数字がついたのでよかったです」と振り返った。

また、試合全体については「タフな試合だった」と語り、「身体の感じも日本で2、3試合こなしたような試合だったと思います」とJリーグとの違いを口にしている。

ヨアン・ボリとの2トップに関しては「まだ孤立する場面もお互いある。2人で得点を量産できるよう、もっともっとコンビネーションを深めて相手にとって脅威になっていけるよう準備したいと思います」と改善を誓った。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190922-00010026-goal-socc

【サッカー】<初先発の鈴木優磨>初ゴール含む2得点に絡む活躍!シュミットもフル出場のシントトロイデン、森岡シャルルロワに快勝
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1569106925/

シント=トロイデンって日本人駆け込み寺になってないか...? 

eef04bf9-979c-2225-0f57-eacb5e4a621b


ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索