Samurai Goal

シュート決定率


スポンサード リンク





メッシでもC・ロナウドでもない! 今季の欧州5大リーグで、シュート決定率が最も高い選手は? 

20200206-01031129-soccerk-000-2-view[1]

メッシ&C・ロナウド超えの決定力! レアル“現エース”の「正確性」をスペイン紙絶賛 11試合9得点  

20191114-00228660-soccermzw-000-1-view[1]




1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/11/14(木) 08:08:52.69 ID:vEniiPCO9
昨夏以降のシュート決定率「2.3本」はメッシ、C・ロナウド、スアレスを上回る

レアル・マドリードの元フランス代表FWカリム・ベンゼマの決定力は、バルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシやユベントスのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドをも上回っている――。
スペイン大手紙「マルカ」が、レアル“現エース”の際立った正確性を報じている。

ロナウドとともにプレーしている際は、アシスト役に回ることも多かったベンゼマだが、ロナウド移籍後のレアルでは最大の得点源となっている。
それを象徴するスタッツが、得点数に対するシュートの割合だ。

ロナウドがユベントスへ移籍した2018年夏からのデータで、ベンゼマはここまで41得点をマーク。
これを上回っている選手は欧州内でもバイエルン・ミュンヘンのポーランド代表FWロベルト・レバンドフスキ(63得点)、メッシ(60得点)、
パリ・サンジェルマンのフランス代表FWキリアン・ムバッペ(47得点)の3人のみだ。

そして、ベンゼマはその41得点を97本のシュートで決めているという。1ゴールに要するシュート数はわずか2.3本。
メッシ(2.5本)、バルセロナのウルグアイ代表FWルイス・スアレス(2.8本)、ロナウド(3.2)と並み居るストライカーたちを上回っているという。
ベンゼマ以上の決定力を叩き出しているのは、レバンドフスキ(1.95本)のみ。その活躍が、欧州でも際立っていることがよく分かる。
「マルカ」紙は「ベンゼマはメッシ、ロナウド、スアレスよりも正確」と絶賛している。

記事では、過去に名将ジョゼ・モウリーニョ氏をもってして、「レアル・マドリードはベンゼマに大きく依存している」と言わしめたことを伝えている。
スター選手の補強ばかりが話題に上るレアルだが、すでに頼れるストライカーが存在していることを忘れてはならないだろう。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191114-00228660-soccermzw-socc
11/14(木) 7:40配信



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索