Samurai Goal

シュミット


スポンサード リンク





W杯へ危機的状況「日本代表のGK問題」川島、権田、シュミット全員が不出場続く窮状 

1: 2020/10/24(土) 20:59:37.02 _USER9
サッカー日本代表は10月の欧州遠征で史上初となる「オール欧州組」による編成となり、アフリカの強豪を相手に1勝1分と上々の結果を出した。新型コロナウイルスの影響で11月の代表戦も「オール欧州組」が予定されているが、この陰で決して見逃すことのできない大きな問題が起こっている。「GK問題」だ。

招集された川島永嗣、権田修一、シュミット・ダニエルが、そろって所属クラブで出場機会を失っている。2022年FIFAワールドカップ・カタール大会を目指す日本代表のアキレス腱ともなりかねないこの状況に、当の本人たちも危機感を口にしている――。

(文=藤江直人)

10月の日本代表戦は、権田は今シーズン初、シュミットは今年初の実戦だった
所属するポルティモネンセ(ポルトガル)の試合スケジュールの関係で、今年初の日本代表活動がスタートした10月5日の深夜に、権田修一はオランダ・ユトレヒト近郊のホテルに到着した。

仲間たちと昨年11月以来となる対面を果たしたのは一夜明けた6日だった。新型コロナウイルス対策として部屋の行き来が禁止され、リラクゼーションルームも廃止され、食事も円卓を囲む形からテーブルに十分な間隔を取って座る形に変更された。そんななかで、ゴールキーパーのポジションを争うシント=トロイデン(ベルギー)のシュミット・ダニエルと、お互いの近況について短い言葉を交わしている。

「試合に出られていないよね、という話をしました。僕にしてもダンにしても海外でプレーするのは簡単じゃないけど、日本代表に選ばれている以上は、やっぱり試合に出なきゃいけないよね、と」

言葉通りに第3節までを終えていたポルトガルリーグで、権田はベンチ外が2度、リザーブが1度という状況でオランダ入りしていた。ダンの愛称で呼ばれているシュミットも、8月に開幕しているベルギーリーグでベンチ外が3度、リザーブが5度のまま日本代表に合流している。

オランダ遠征の2試合を振り返れば、9日のカメルーン代表戦は権田が、13日のコートジボワール代表戦ではシュミットが先発。ともに相手を零封して1勝1分の星を残したが、権田にとっては今シーズン初、シュミットに至っては今年初の実戦だった。2人にいったい何が起こっているのか。

次ページは:昨シーズン終盤戦で先発に定着するも……権田修一の苦境

全文はソース元で
https://news.yahoo.co.jp/articles/7d41d257c1efaeee05d45fd80f7c5ca8ee1dfcde
no title

マインツ武藤嘉紀に“先輩FW”の面影を見たシュミット監督「まるでシンジのようだった」 

1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2015/08/25(火) 15:22:44.75 ID:???*.net
ブンデスリーガのマインツを率いるマーティン・シュミット監督は、
第2節のボルシア・メンヘングラードバッハ(ボルシアMG)戦で先発出場を果たした日本代表FW武藤嘉紀を高評価した。
25日のドイツ紙『ビルド』が報じている。

武藤はFWハイロ・サンペリオと共にスタメン出場を果たすと、試合終了間際の91分までプレーを続け、
チームの勝利に大きく貢献している。得点こそなかったものの、初先発で存在感を発揮していた。

同紙によると、武藤は試合中に12.4kmを走ったとしている。それに対してシュミット監督は
「まるで、シンジのようだった」と語り、プレミアリーグのレスター・シティに移籍した先輩・岡崎慎司の面影を見たようだ。

また、マインツのゼネラル・マネージャー(GM)を務めるクリスチャン・ハイデル氏は
「すごい! 私は本当に心から彼を賞賛しているよ。彼は2回に1回はチャンスを作りだしていた」とコメントし、
武藤を絶賛する言葉を述べている。

ボルシアMG戦でアピールに成功した武藤は「僕はとても上手くプレーできたと思うし、
戦術も上手くはまり、僕たちは勝った。それが最も重要であり、僕は非常に嬉しく思っている」と述べ、
チームの勝利を喜んでいる。

ブンデスリーガ開幕戦のインゴルシュタットとの試合では途中出場だったものの、
今節はスタメン奪取に成功した。
次節は29日にホームでDF酒井宏樹が所属するハノーファーと対戦する。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150825-00010011-footballc-socc
no title

武藤嘉紀を心配するマインツ監督 「頑張ろうとしすぎているのかも」 

1: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 2015/08/21(金) 16:14:30.28 ID:???*.net
今夏にマインツに加わった日本代表FW武藤嘉紀は、結果を出さなければと自分を追い込みすぎているのかもしれない。
マルティン・シュミット監督は、そう懸念している。

FC東京から飛び立ち、ブンデスリーガへの挑戦を決めた武藤。
彼に対して日本でもドイツでも、ファンの期待が高まっている。

新シーズン開幕戦で、武藤はブンデスリーガでのデビューを果たした。1点を追う状況で交代出場したが、見せ場のないままチームは0-1で敗れた。

ピッチ上での注目度以上に、普段から大きなプレッシャーがかかっているのかもしれない。
指揮官はドイツ『キッカー』に、殺到する取材を鑑みながらこう懸念を語った。

「武藤は特別な注目を浴びていて、それが彼に考えさせることになっている。
だが、日本でもそうだったし、それが完璧に後押しになっていた」

「だが今はドイツにいて、こう考えることにつながっているのかもしれない。
『僕は注目を浴びている。母国に良いメッセージを送んだ』とね。もしかしたら考えすぎているのかもしれないが、
練習を見ていれば分かるはずだよ。ファイトして、得点を奪う。それこそが最高の良薬さ」

マインツは23日(日本時間24日0時半キックオフ)、ボルシア・メンヒェングラッドバッハとアウェーでブンデスリーガ第2節を戦う。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150821-00000006-goal-socc
GOAL 8月21日(金)12時15分配信

no title

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150821-00000006-goal-socc.view-000
'大きな期待を背負っている武藤'



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索