image-205

 5日に行われたブンデスリーガ第33節で、MF香川真司が所属するドルトムントはFW武藤嘉紀のマインツに1-2と敗戦。チャンピオンズリーグ(CL)出場権獲得は持ち越しとなった。重要な意味を持つ最終節を前に、ペーター・シュテーガー監督の去就問題が騒がしくなっている。7日付のドイツメディア『スカイ』が報じた。

 報道によると、シュテーガー監督は今シーズン限りでドルトムントを去ることが有力となっているようだ。騒動の発端は7日、『スカイ』のトーク番組にゲスト出演したドイツ人MFセバスティアン・ローデの発言だった。司会者から将来に向けた質問を受けると、「来シーズンのスタートまでに万全の状態になって“新しい監督”に自分のことをアピールしたい」とコメントしたのだった。

「(シュテーガー)監督がロッカールームで話したことから察するに、来シーズンは新しい監督が来ると思っている」

 ローデの発言に驚かされたのは、ドルトムントの経営陣だ。ドイツ誌『キッカー』によれば、ヨアヒム・ヴァツケCEO(最高経営責任者)は「彼と話し合いの機会を設け、それなりの処罰を下す」とコメント。ローデには罰金が科されると見られている。

【続く】

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180507-00754121-soccerk-socc