Samurai Goal

シャビ


スポンサード リンク





シャビ監督に罰金28万円、新型コロナの規則違反 

1: 2020/08/07(金) 10:34:15.36 _USER9
8/7(金) 10:31
AFP=時事

シャビ監督に罰金28万円、新型コロナの規則違反
カタール1部リーグ、アル・サードのシャビ・エルナンデス監督(2019年12月14日撮影)。【翻訳編集】 AFPBB News
【AFP=時事】カタールサッカー協会(QFA)は6日、新型コロナウイルスに関する規則に違反したとして、同国1部リーグに所属するアル・サード(Al-Sadd)のシャビ・エルナンデス(Xavi Hernandez)監督や1部リーグの選手数人に対し、2700ドル(約28万5000円)の罰金を科したと発表した。

 前月、新型ウイルスに感染したことを明かしたシャビ監督は同29日、すでに回復しチームの指揮に復帰したとインスタグラム(Instagram)で報告していた。

 協会の発表文によれば、リーグからの公式な警告を含む今回の処分は「シャビ監督が署名した自宅隔離の措置を含む保健省の安全プロトコルに違反した」ためだという。

 3月に中断となった同リーグは、前月24日に再開された。ソーシャル・ディスタンシング(対人距離の確保)の厳格なルールが敷かれているほか、選手とスタッフは定期的な検査を受け、メディアの入場は全面的に禁止されている。

 欧州のいくつかのリーグ同様、カタール1部リーグの選手と監督は、シーズンが終了する今月22日まで外部と接触をしないことが義務づけられている。

 同リーグの担当者は、「接触が多い選手間の感染拡大を防ぐことが重要であるため、すべての選手と監督は、自宅隔離を約束する誓約書に署名した」とAFPに語った。

 アル・サードの2選手や、同リーグの他のチームの選手やスタッフも、協会の懲罰委員会から2700ドルの罰金と警告を受けている。【翻訳編集】 AFPBB News

no title


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200807-00000011-jij_afp-socc

<シャビ >新型コロナウイルス検査で陽性反応!「全てがクリアになるまで隔離されることになります」 

1: 2020/07/25(土) 23:16:10.66 _USER9
カタール1部リーグのアルサドは25日、元スペイン代表MFのシャビ監督(40)が新型コロナウイルス検査で陽性反応を示したと発表した。

同監督はクラブを通じて「幸い、体調は大丈夫。全てがクリアになるまで隔離されることになります」と語った。

自身のインスタグラムでも「私は今日、再開する公式戦でチームと一緒にいることができない。私の場所、コーチングスタッフのトップには、アルサドのBチーム監督のダビド・プラッツが入る予定だ。数日前から私はカタールリーグのプロトコルに従っており、最後の新型コロナウイルス検査で陽性反応を示した」と明かしている。

カタール1部リーグで3位につけるアルサドは、25日(日本時間26日)にリーグ戦を再開するが、シャビ監督はその直前でチームを一時離脱することになった。

写真
no title


7/25(土) 19:40 日刊スポーツ
https://news.yahoo.co.jp/articles/50b253a23d8143e1a9821f3cc25abfbf9239f1cc

イングランドサッカーの「異質」。ファギーが、シャビが激賞したポール・スコールズ 

20190913_Paul-Scholes_gc2-650x433

イニエスタびいきの元スペイン代表“小さな悪魔”、過去にシャビへ「我慢できず言ってしまった」 

20200523-43480450-gekisaka-000-3-view

「シャビorイニエスタ」 “究極の投票”を英メディア実施、70%を獲得した勝者は? 

20200504-00260105-soccermzw-000-1-view

バルサに必要なFW像を語るシャビ、マネやオーバメヤンではなく「今完璧な選手は…」 

20200505-43480056-gekisaka-000-3-view

バルセロナ、元選手のシャビを新監督に招聘か 複数のスペイン紙が伝える 

images000




1: 久太郎 ★ 2020/01/11(土) 19:03:08.91 ID:rQZe4mPs9
 サッカースペイン1部リーグ、バルセロナが元所属選手で現アル・サッド(カタール)で監督を務めるシャビ・エルナンデスを新監督に迎えるため話し合いの場を持ったという。バルセロナを拠点に展開するスポーツ紙、エル・ムンド・デポルティーボなど複数メディアが伝えている。

 情報によるとバルサのスポーツディレクター、エリック・アビダルと同ゼネラルディレクターのオスカル・グラウがドーハ入りした。両バルサ幹部の中東入りの公式な理由は、同地で怪我のリハビリをしている所属選手FWウスマン・デンベレの近況を確認するため。もっともサウジアラビアで行われたスペインスーパーカップ準決勝でアトレチコ・マドリードに敗れた後、現監督バルベルデへの批判が強まっているだけに後任監督として古巣での指揮に対する準備ができているかを確認するものだったとされる。

 複数情報ではバルセロナは来季から2年の契約を提示する方針のほか、すぐにでもバルセロナへ戻り新監督に就任する可能性もあるという。一方アル・サッドはシャビがいつかバルセロナへ戻るであろうことには理解を示しているものの「シャビは明日の試合に向けて集中しており、彼が出て行くことに関するあらゆる交渉は公式ルートになる」と自身のソーシャルメディアでクラブとしての見解を表明。バルセロナのシャビへの接触を快く思っていない意思を示している。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200111-00000100-dal-socc

中島翔哉、カタールで初のタイトル獲得。アル・ドゥハイルはシャビを擁するアル・サッドを破り、国内杯優勝!  

1: 豆次郎 ★ 2019/05/17(金) 07:03:03.57 ID:B3Pb/DNM9
5/17(金) 6:26配信
中島翔哉、カタールで初のタイトル獲得。アル・ドゥハイルはシャビを擁するアル・サッドを破り、国内杯優勝!

複数の退場者を出し、最終的には10対8の戦いに

 現地時間5月16日、2022年のカタールワールドカップで使用されるサウジ・ビン・アブドラマンスタジアムのこけら落としとして、カタール国内カップの決勝が行なわれた。

 試合前に壮大なセレモニーが行なわれ、大勢の観客がこの一戦を見守った。中島翔哉を擁するアル・ドゥハイルはアル・サッドに3-1で勝利した。

  準決勝でアル・サイリヤを3-0で下し、チームとして勢いを増していたアル・ドゥハイルで中島は3トップの一角で先発する。

 先制点は、今季限りで現役引退を発表しているシャビが主将を務めるアル・サッドが奪った。守備陣がバタバタと対応しきれないなか、アクラム・アフィフに決められてしまう。

 勢いに乗ったアル・サッドのペースで試合が進んだ15分、アルモエズ・アリのアシストでアリ・ハサンがDFの裏へ抜け出して落ち着いてシュート。これがDFに当たって軌道が変わったもののネットに突き刺さり、試合を振り出しに戻した。

 五分五分の展開が続いた26分、アルモエズ・アリに2枚目のイエローカードが提示され、アル・ドゥハイルはひとり少ない状況に追い込まれる。

 中島も守備に追われる展開が続き、後半開始時にユセフ・エル・アラビと交代してピッチを去る。

 そんななか、55分に今度はエジミウソン・ジュニオールがエリア内で倒されたプレーで、アル・サッドのタリク・サルマンが一発退場。10対10での戦いとなる。

 58分、そのジュニオールがチームの2点目となるゴールを左足で蹴り込み、2-1とリードを奪う。さらに62分にはジュニオールのクロスにエル・アラビが体ごと突っ込み、3点目を奪うことに成功する。

 勢いに乗ったアル・ドゥハイルに対し、アル・サッドは後手に回る。81分にはダメ押しの4点目をジュニオールが決めて試合を決定づけた。

 試合終了前に両チームの選手がエキサイト。アル・サッドの選手がさらにふたり退場するというアクシデントが起きたが、結果、試合は4-1でアル・ドゥハイルが大勝し、国内杯優勝を決めた。

 昨冬に同クラブに加入した中島、そして指揮官のルイ・ファリアにとって、カタールで初のタイトル獲得となった。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190517-00058671-sdigestw-socc
no title

<シャビ>カタールW杯での出場国枠拡大に反対の姿勢!「48チームは多すぎるし、とても長い大会になる」  

1: Egg ★ 2019/03/19(火) 21:18:45.91 ID:b6O9m2Vh9
カタールのアル・サッドに所属する元スペイン代表MFシャビが2022年に開催されるカタールワールドカップでの出場国枠を48に拡大する予定である国際サッカー連盟(FIFA)に対し、反対の姿勢を見せている。英メディア『ミラー』などが現地時間の19日に報じた。

 FIFAは理事会で2026年のワールドカップ出場国枠を現行の32から48にすることを決定した。だが、先週、FIFAのジャンニ・インファンティーノ会長は2022年のカタール大会からの出場国枠拡大が可能であると話したという。

 これに対して、シャビは「48チームは多すぎるし、とても長い大会になる。現在、カタールは32カ国を受け入れる準備を行なっている。それを今から変えるのは難しい。サッカーにとって、32カ国の方が良い。それで十分だ」と話しているという。

 FIFAはカタール大会での出場国枠48に拡大する案を6月に行われる理事会で話し合い、投票を行う予定だという。

3/19(火) 20:00 フットボールチャンネル
https://www.footballchannel.jp/2019/03/19/post314080/

写真
no title

<シャビ>カタールのアジアカップ制覇は必然「これは奇跡などではない」  

ragrfga_1106




1: Egg ★ 2019/02/07(木) 22:49:58.83 ID:0WT+xNK89
アル・サッド(カタール)の元スペイン代表MFシャビが、先日のAFCアジアカップ UAE2019で優勝したカタール代表チームについて、アジアサッカー連盟(AFC)の公式サイト上でコメントした。

 シャビは大会開幕前に同国メディア『AL KASS』の番組内で大会の結果予想を行い、決勝トーナメントに進む16カ国中13カ国、ベスト8に進む8カ国中7カ国、準決勝に進む4カ国中3カ国を的中させた。そして決勝ではカタールが日本を相手に勝利を収めて初優勝を飾ると予想。その予想通りに、カタールが3-1で日本を下し悲願を達成した。

 その驚異の的中率が話題となったシャビだが、「スペインの多くのファンたちはカタールで“サッカーの奇跡”が起こったと言ってくる。だけど僕はこれは奇跡などではないと言ってやりたいね。これは長年に渡る入念な準備と素晴らしい努力、そしてアスパイア・アカデミー(カタールのアスリート育成機関)の計画のおかげなんだ」と同国の優勝の必然性を説いた。

 また、「アスパイア・アカデミーがこれまでに行ってきたのは、僕らが今ピッチで目にしているような選手が出てくるためのプラットフォームを準備することだった。そして僕もこれらのプロジェクトをサポートするためにここにいるのさ」と語っている。

2/7(木) 18:36配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190207-00904298-soccerk-socc



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索