Samurai Goal

シメオネ


スポンサード リンク





いかにして“最強”リヴァプールを封じ込めたか?シメオネ・アトレティコ、守りのリサイタル 

20200219-00010023-goal-000-1-view[1]

年間52億円も稼ぐ監督は誰だ? 2位とは24億円差とダントツ 

20200207-00369820-usoccer-000-2-view[1]

パリSGのカバーニがアトレティコ移籍へ!3年契約で基本合意と伊メディアが報じる 11試合3得点  

20191223-00068077-sdigestw-000-6-view[1]




1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/12/24(火) 04:56:57.19 ID:mZIpt3Wq9
加入時期は冬か? 夏か?

12月23日、イタリアの移籍専門記者ジャンルカ・ディ・マルツィオ氏のサイトが、
パリ・サンジェルマンのウルグアイ代表FWエディン・カバーニがアトレティコ・マドリーとの3年契約に基本合意したと報じた。

パリSGのクラブ最多得点記録を保持するカバーニは今シーズン、
故障で出遅れている間に新加入のマウロ・イカルディにCFの定位置を奪われ、
ここまで11試合の出場でわずか3ゴール。
クラブとの契約は20年6月までのため、今シーズン限りでの退団が囁かれていた。

アトレティコ・マドリーのディエゴ・シメオネ監督は、カウンターや空中戦で抜群の威力を発揮し、守備にも献身するこのストライカーを以前から高く評価しており、
意中のターゲットをようやく手中に収めたことになる。
30歳以上の選手とは基本的に複数年契約を結ばないアトレティコが32歳のカバーニに3年契約を提示したとすれば、それは期待の表われと言えるだろう。
 
 だが、記事によると加入の時期はまだ決まっていないようだ。
FWのジエゴ・コスタが故障離脱中のため、今冬に迎え入れたい事情もあるが、その場合は移籍金が発生してしまう。
また、ラ・リーガはサラリーキャップ制を実施しているため、安くないカバーニの年俸を賄うために、人員整理をしなければならなくなるため、契約切れでフリーとなる来夏まで待つ可能性のほうが高いようだ。

 いずれにしても、セリエAでもリーグ・アンでも得点王に輝いた点取り屋の加入は、決定力不足に悩むアトレティコにとっては、これ以上ない補強と言えるだろう。

12/23(月) 21:43配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191223-00068077-sdigestw-socc

モウリーニョもペップもアッレグリもエンリケも敵わず…… 英誌が選んだ世界最高の指揮官は!? 

1: 名無しさん 2016/07/30(土) 20:24:55.27 ID:CAP_USER9
ミスの少ないチームを作った情熱家が1位に

現在世界最高の指揮官は誰なのか。これはサッカーファンなら誰もが議論したことのあるテーマだろう。今季はプレミアリーグにジョゼ・モウリーニョ、ジョゼップ・グアルディオラ、アントニオ・コンテ、そして昨季レスターをプレミアリーグ制覇に導いたクラウディオ・ラニエリと、世界トップレベルの名将が顔を揃えている。しかし、英『FourFourTwo』が選ぶ最高の指揮官はプレミアリーグのクラブを率いている指揮官ではない。

同メディアはベストマネージャー2016と題し、世界最高の指揮官をランキング形式で紹介。モウリーニョ、グアルディオラらを抑えて1位に選ばれたのは、誰なのか。ここではトップ10を紹介する。

10位 ジョルジュ・ジェズス(スポルティング・リスボン)

9位 ロナルド・クーマン(エヴァートン)

8位 クラウディオ・ラニエリ(レスター・シティ)

7位 ユルゲン・クロップ(リヴァプール)

6位 マッシミリアーノ・アッレグリ(ユヴェントス)

5位 ウナイ・エメリ(PSG)

4位 ジョゼ・モウリーニョ(マンチェスター・ユナイテッド)

3位 ルイス・エンリケ(バルセロナ)

2位 ジョゼップ・グアルディオラ(マンチェスター・シティ)

1位 ディエゴ・シメオネ(アトレティコ・マドリード)


1位に選ばれたのはアトレティコでヨーロッパリーグ優勝、リーガ・エスパニョーラ優勝、チャンピオンズリーグ準優勝2回と輝かしい成績を収めるシメオネが選ばれた。シメオネは自身の哲学について、「サッカーとはミスの多いスポーツだ。つまりミスを少なくすれば勝利に近づくことができる。攻撃的に振る舞うことが勝利に近づくわけではない」と語っており、同メディアはシメオネがミスの少ない堅い守備組織を作り上げたことを高く評価している。

また、アトレティコは毎年のように主力選手が引き抜かれているが、それでも強さを維持してきたところも評価されている。これはビッグクラブを率いるモウリーニョやグアルディオラにはない要素と言える。シメオネは将来的にアトレティコ以外のチームを指揮する考えも持っているようだが、他のチームを率いるシメオネの姿も見てみたいところだ。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160730-00010029-theworld-socc

no title

ハリルホジッチより体脂肪にうるさい名将がいた!「シメオネはデブが嫌いなんだ」 

1: 名無しさん 2016/03/16(水) 09:08:55.42 ID:CAP_USER*.net
徹底した体脂肪管理で注目を集める日本代表監督のヴァイッド・ハリルホジッチは、世界的に見れば非常にスタンダードなタイプの指揮官なのかもしれない。

スペイン『as』によると、アトレティコ・マドリードを指揮するディエゴ・シメオネもハリルホジッチと同じく選手の体脂肪管理に口を出すタイプだという。

スペインのテレビ番組に出演したMFコケとFWアントワーヌ・グリーズマンがそれを明かしており、シメオネは厳しい連日の体脂肪チェックを実施していると語った。

「僕たちは毎日体重を計らされているよ。もし体重が増加している者がいれば、チームに申告しないといけないんだ。体重はとても目立つし、シメオネはデブが嫌いなんだよ」

シメオネのチームは非常に堅守で我慢強いが、そこにはしっかりとした規律が存在する。アトレティコの選手たちは1人もサボることなくその規律を実行に移しているが、それはピッチ内に限った話ではないようだ。

ピッチを離れてもシメオネらしい規律が存在し、その徹底した選手の体調管理は日本代表監督のハリルホジッチと共通する部分がある。ハリルホジッチは太っていると感じた選手のお腹をつまむこともあったが、シメオネもアトレティコの選手に同じことをしているのかもしれない。

http://www.theworldmagazine.jp/20160312/01world/spain/49152
no title


【サッカー】<UEFAチャンピオンズリーグ>CL史上初の210分間スコアレス!アトレチコ・マドリーがPK戦の末、3年連続8強へ
http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1458081368/

アトレチコ・マドリードのシメオネ監督、サガン鳥栖の印象は「果敢な攻撃をするチーム」…代表招集の藤田も評価 

1: Egg ★@\(^o^)/ 2015/08/01(土) 10:45:51.93 ID:???*.net
来日中のアトレティコ・マドリードは本日、サガン鳥栖と対戦する。

 昨日、会見に臨んだアトレティコ・マドリードのディエゴ・シメオネ監督は、サガン鳥栖との親善試合に向けた意気込みをこう語っている。

「リーグ開幕への準備としてはとても大事な試合。特に、開幕に向けて気持ちを高めるための試合と位置づけている。チームの再活性化に向けたスタートとなる試合だ」

 チームは来日した30日に続き、昨日も午前と午後で3時間以上のトレーニングを行った。シメオネ監督もチームの仕上がりには手応えを感じている。

「チーム始動から3週間、スペイン国内でもトレーニングと試合を重ねてコンディションは出来上がりつつある。準備は順調に進んでいる」

 シメオネ監督にとって課題の一つは、新加入選手をリーグ開幕までにどれだけチームにフィットさせるか。加入決定後、今回のサガン鳥栖戦が最初の試合出場になる選手もいる。

「新加入選手が多いので、彼らにとってはチームに早く馴染むための機会になる。今のアトレティコ・マドリードは非常に強いチームだ。

この4年間でスタイルは固まっているので、新加入選手はまずそのスタイルに合わせ、フィットする必要がある。そこから自分たちの個性を出して、4年間で築いたチームのプレースタイルに味つけをしてほしい」

 間もなく開幕する新シーズンの目標についてはこう語る。

「昨日にお会いした佐賀県知事からも『チャンピオンズリーグで優勝してほしい』との言葉をいただいた。我々も同じことを考えているよ」

 対戦相手のサガン鳥栖については、次のように語った。

「日本らしくスピーディーなプレースタイルで、そして非常に果敢な攻撃をするチームという印象がある。両サイドからスピードのある攻めを見せ、強力なセンターフォワードに合わせてくる。

中盤では14番でキャプテンを務める選手(藤田直之)がよく動く優れたMFだと思う。DF陣には自分たちのアイデアをしっかり持っているという印象だ」

 ナイトゲームではあれ、猛暑の中での試合になる。日本特有の高温多湿な中でのプレーに不安はないのかと質問されても、シメオネ監督は全く動じなかった。

「雨も風も暑さも私には関係ない。我々にあるのはサッカーだけだ」

 シメオネ率いるアトレティコ・マドリードにとっても重要な一戦、「Cygames presents Special Match サガン鳥栖vsアトレティコ・マドリード」は、ベストアメニティスタジアムで本日19時キックオフとなる。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150801-00335784-soccerk-socc
no title

アトレティコ、シメオネとの2020年までの契約延長を発表!年俸はチーム最高額の600万ユーロ! 

1: 名無しのSamurai
アトレティコ、現地時間24日にシメオネとの契約延長を発表 新契約期間は2020年まで
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150324-00000047-goal-socc
スペイン『マルカ』は、アトレティコ・マドリーが現地時間24日にディエゴ・シメオネ監督との3年の契約延長を発表することを報じた。新契約期間は2020年までとなる。

アトレティコは今後3年で年間予算1億5000万ユーロを2倍にする目標を掲げ、コンサルティング会社マッキンゼー・アンド・カンパニーとの相談によって組織の改編に着手している。目標達成の鍵と握るのはグローバル戦略となっているが、ミゲル・アンヘル・ヒル・マリンCEOは同戦略において、シメオネ監督がスポーツ面のリーダーであり続けることが絶対不可欠であると考えている模様。そのため同指揮官の姉であり、代理人を務めるナタリア女史と行った契約延長交渉では、コケの年俸400万ユーロを上回り、トップチームの最高額となる年俸600万ユーロを支払うことを約束している。

またアトレティコとシメオネ監督サイドの交渉合意には、同指揮官が率いるコーチ陣と新契約を結ぶことも含まれている。これによりブルゴス助監督のほか、パブロ・ベルセジョーネ氏(GKコーチ)、オスカール・オルテゴ氏、カルロス・メンデス氏、ラファエル・ディアス・インファンテ氏(いずれもフィジカルコーチ)、ホセ・ルイス・パスケス(シメオネ監督の個人広報)らも、クラブと2020年までとなる契約にサインを交わすことになる。
no title

シメオネ監督、目指すはファーガソン氏?2022年までの契約延長を交渉 

1: 名無しのSamurai
シメオネ監督、目指すはファーガソン氏?2022年までの契約延長を交渉か
http://www.sanspo.com/soccer/news/20150221/spa15022114560003-n1.html
 Aマドリードはディエゴ・シメオネ監督が長期政権を築くことを望んでいるようだ。スペインメディアが報じている。

 2011年からアトレティコを率いるシメオネ監督は、ヨーロッパリーグやコパ・デル・レイ、リーガエスパニョーラのタイトルを獲得し、チャンピオンズリーグでも決勝に導くなど、アトレティコを躍進させた。

 スペイン『コンフィデンシャル』の報道として『アス』が伝えたところによると、クラブはシメオネ監督と2022年まで契約を延長する交渉をしているそうだ。

 シメオネ監督の姉である代理人のナタリア氏が、10日前にマドリッド入りし、クラブ幹部と話し始めているという。選手の売買に関する決定権が与えられるかどうかが、焦点の一つになるそうだ。

 2022年までの延長が実現すれば、シメオネ監督は10年以上の長期政権を担うこととなる。目指す先は、「アトレティのサー・アレックス・ファーガソン」だろうか?

Goal.com 2015.2.21 14:56
no title

【動画】シメオネが終了間際にキレて退場になった理由www 

1: 名無しのSamurai
シメオネが終了間際にキレた理由

http://youtu.be/n8fJADzc1uw


http://youtu.be/djYPXbJjAoo

アトレティコのシメオネ監督、D・コスタとチェルシーのトーレスのトレードを望む 

1: 名無しのSamurai
アトレティコのシメオネ監督、D・コスタとチェルシーのトーレスのトレードを望む
http://www.soccer-king.jp/news/world/esp/20140416/182601.html
 アトレティコ・マドリードのディエゴ・シメオネ監督は、チェルシーがスペイン代表FWジエゴ・コスタの獲得を熱望していることを確認した一方で、チェルシー所属の同代表FWフェルナンド・トーレスの獲得の意思があることを認めた。スペインラジオ局『オンダ セロ』に語っている。

 シメオネ監督は、D・コスタがチェルシーへの移籍を希望した場合は、その決断を尊敬しサポートすると語っている。

「コスタ自身が考えている事が将来にむけてベストな選択だと思う。つまりすべてはコスタ次第なんだ。私は彼がどんな決断を下してもサポートするつもりだ。なぜなら私は監督として、選手がより良いプレイヤーになることをサポートするのが役目だと考えている。チェルシーが彼に興味をもっていることは知っている。とても嬉しいことだ。そして彼が移籍することを決断したなら、私は彼がチームを去ることに何も問題を感じない。ラダメル・ファルカオがチームを去る時も、『移籍するな』とは言わなかった。コスタはまだまだ成長できるから、選手として成長を続けてくれることを願っている。もちろん、チェルシーでプレーすれば成功するだろう」・・・[続きはリンク先へ]
no title



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索