Samurai Goal

シシーニョ


スポンサード リンク





愛媛FCのスペイン人シシーニョ「オリンピックの延期が決定する前は、実際のデータを少し隠したがっていた」 

1: 2020/04/14(火) 19:02:53.50
昨シーズン限りで徳島ヴォルティスを退団し、今季から同じ四国の愛媛FCに加入したスペイン人MFシシーニョが、母国のラジオ局『Radio Marca』のインタビューで日本の現状について語った。『Marca』紙が伝えている。

2017年にFC岐阜に入団して以降、来日4年目を迎える33歳のベテランは、日本語に興味を持って勉強したおかげで、社会に溶け込めるようになったようだ。

「もし、言葉を話せなかったら、経験できなかったこともある。ただ、僕の人生はスペインにあるので、日本でずっと生活しようと思っているわけではない。数年間滞在して、文化を吸収しようと考えていたんだ」

当初は、文化の違いに戸惑ったこともあったようだ。「彼らは、トレーニングの前にまずシャワーを浴びるんだ。理解できなかったね」と明かしている。

そして、日本のコロナ禍については次のように語っている。

「オリンピックの延期が決定する前は、実際のデータを少し隠したがっていたといわれている。感染者は5000人以下だった。隣りの中国では、1月に(感染拡大が)始まり、4か月後に日本で広まってきている。

ここにきて、(それまで)1日30人ぐらいだった新たな感染者数が、400人ぐらいになっている」

スペインでは、感染者が約17万人、死者は1万7000人を超えるなど、イタリアと並んで欧州でもっとも深刻な状況が続いている。シシーニョも母国の窮状を危惧していることだろう。

2020年04月14日 サッカーダイジェスト
https://www.soccerdigestweb.com/news/detail/id=71733

写真
no title

イニエスタ、トーレスよりも乾効果?!Jリーグでスペイン人選手が増えた理由 

20190216-00000023-sasahi-000-9-view

シシーニョ「ラニエリのレスター優勝はまぐれ!彼は指導方法知らない」 

1: 名無しさん 2016/07/21(木) 13:32:44.37 ID:CAP_USER9
ローマでラニエリの指導受けたシシーニョが語る

昨季レスター・シティを奇跡のプレミアリーグ制覇に導いた指揮官クラウディオ・ラニエリは、世界中から英雄かのごとく評価されている。以前から優秀な指揮官ではあったが、レスターを優勝に導いたことでその評価はさらに高まったと言えよう。

しかし、かつてローマでラニエリの指導を受けたブラジル人DFシシーニョはラニエリの手腕を信じていない。シシーニョはローマ時代に負傷なども重なり、ポジションを確保することができなかった。2010年には母国サンパウロにレンタル移籍しており、当時からシシーニョはラニエリに不満を抱えていたようだ。伊『Gazzetta dello Sport』がシシーニョのコメントを伝えた。

「ラニエリは明確なシステムを持っていないし、指導方法を知らないんだ。彼はローマで僕をイラつかせたし、彼はブラジル人を好んでいなかった。レスターでの優勝はただのまぐれさ。彼を偉大なチームの指揮官にしてみるといい。上手くやれないだろうさ」

ラニエリはレスターで特別なシステムを用いたわけではないが、統率された[4-4-2]をベースに堅いチームを作り上げることに成功した。ジョゼップ・グアルディオラのように奇抜なアイディアを持つ指揮官ではないが、現実的なチーム作りをしてきたと言えるはずだ。シシーニョにはレスターでの優勝もまぐれに見えたようだが、今季こそまぐれでないことを証明したいところだ。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160721-00010004-theworld-socc
no title



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索