Samurai Goal

ザッケローニ


スポンサード リンク





ザッケローニ氏、UAE代表監督“電撃解任”か!?深刻な得点力不足がネックに... 

20180909_Alberto-Zaccheroni
1 2018/09/10(月) 06:26:54.74 _USER9
9/10(月) 6:20配信
ザッケローニUAE代表監督の電撃解任が急浮上 深刻な得点力不足でアジア杯前に不安増大

11試合3得点の現状を不安視、後任候補のマミッチ監督は就任に消極的だが…

 元日本代表監督のアルベルト・ザッケローニ氏が、現在指揮するUAE代表監督を解任される可能性が急浮上している。UAE紙「ザ・ナショナル」が報じている。


 ザッケローニ氏は母国イタリアで指導者キャリアを積み重ね、1995年から98年まで率いたウディネーゼで攻撃的なサッカーを披露して名声を高めると、ACミランを率いた98-99シーズンにセリエA優勝を果たした実績を誇る。その後もイタリアのクラブで指揮官を歴任すると、2010年に日本代表監督に就任。自身初の海外挑戦、代表チーム指導となったが、初陣のアルゼンチン戦で1-0と勝利を収めて波に乗ると、11年1月のアジアカップで見事に優勝した。

 “親日家”としても知られ、サポーターからの絶大な支持を受けるなかで圧倒的な力を示して14年ブラジル・ワールドカップ(W杯)出場権を獲得。だが、本大会ではグループリーグ1分2敗に終わり、未勝利のまま大会を後にし退任した。

 その後、16年1月に中国1部の北京国安監督に就任するも、成績不振により同年5月に解任。そして17年10月からUAE代表を率いている。

 就任直後は昨年末のガルフカップで準優勝に導くなど幸先の良いスタートを切っていた。しかし、その後は失速し、現地時間6日に行われたトリニダード・トバコとの親善試合も0-2で敗戦。5戦未勝利(1分4敗=1PK負け含む)と低迷している。

 記事ではザッケローニ監督が率いるUAE代表の深刻な得点力不足を問題視しており、就任11試合で3ゴールしか奪えていない状況を伝えている。2019年1月の自国開催のアジアカップに向けた招聘にもかかわらず、満足のいくチーム作りが行えていないことから、アジアカップ直前で解任される可能性が浮上しているという。

 後任候補として噂されているのが、UAE強豪アル・アインを率いるゾラン・マミッチ監督だ。しかし、マミッチ監督は公式ツイッターで「UAE代表監督就任の噂は最高に嬉しいものであり、光栄なものだ。しかし、代表にはザッケローニという、偉大なキャリアを持った指揮官がいる」と、就任に消極的な姿勢を示したとも伝えている。また、その後すぐにUAEサッカー協会もザッケローニ監督を支持する声明を出したという。

 それでもアジアカップのホスト国としての重圧が、イタリア人指揮官にのしかかっていると伝えられており、11日に行われるラオス戦も親善試合の位置付けだが、ザッケローニ監督にとっては自らの去就を左右する重要な一戦となるかもしれない。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180910-00134595-soccermzw-socc

ロナウドに“警告”「リーガほどゴールは決められない」ザッケローニが苦言を呈す 

851df0ae
1 2018/08/16(木) 10:00:07.25 _USER9
元日本代表監督のアルベルト・ザッケローニ氏は、ユベントスに加入したポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドがイタリアではある程度の苦戦を強いられると予想している。伊紙『イル・マッティーノ』が15日に同氏のインタビューを伝えた。

 セリエAは今週末に開幕し、7連覇中の王者ユベントスは18日にアウェイでキエーヴォと対戦。スペインでゴールを量産し続けてきたC・ロナウドが、イタリアでもその活躍を続けられるかどうかに注目が集まる。

 ザッケローニ氏はC・ロナウドについて、「セリエAのピッチではもう少し問題に直面することになるだろう」と展望。「イタリアのDFたちはもはや世界最高というわけではないが、戦術面では我が国ほど難しいリーグはない」と語った。

「ミシェル・プラティニでさえイタリアに適応するのは簡単ではなかった。リーガで決めていたほどのゴールをイタリアで決められることはないだろう」と述べ、少なくとも最初は苦戦が予想されるという見通しを示している。

 C・ロナウドと並んで今季のセリエAで注目すべき存在として、ザッケローニ氏はナポリのカルロ・アンチェロッティ新監督を挙げている。「ロナウドが来ただけではない。“監督たちの中のロナウド”もやって来た」と2人を同列に並べた。

「(昨季)勝ち点91を獲得したチームがほぼそのまま残っている。当然ながらスクデット争いの最大のライバルだ」と、ナポリがユーベの最大の対抗馬になると予想している。

 
https://www.footballchannel.jp/2018/08/16/post285555/

ザックが抱く日本人のイメージ『他のアジア人とは違う、マリーシアはDNAに存在しない!!』 

42472_ext_04_0
1 2018/08/07(火) 18:01:46.93 _USER9
元日本代表監督のアルベルト・
ザッケローニが、イタリア紙『ガゼッタ・デロ・スポルト』のインタビューに応じ、日本や日本代表について語っている。

■「漫画のような」日本

ロシア・ワールドカップでは、ベルギー戦終了後の整理整頓された日本代表のロッカールームがSNS上で話題となった。
2014年ブラジルW杯で日本を率いたザッケローニは、日本人の生活がまるで漫画の世界のようだと力説する。

「外部の者からしたら想像もできないことだ。我々イタリア人は何でも物を床に投げつけてしまうが、日本人はすべてにおいて物事のとらえ方が違う。
例えば大工は30分前に仕事場に到着し、現場監督の下で行う準備体操に備える。向こうでの暮らしは、まるで漫画の世界のようだ」

さらにザッケローニは、4年前のエピソードを振り返り、不特定多数の人が出入りする環境においても、盗難の危険性を考える必要すらない日本に驚いたことを明かした。

「4年前のW杯直前合宿のことだ。ブラジルへの出発前、2万4000人のファンが壮行会の会場へ詰めかけた。ロッカールームからは通路でつながっていて、
選手たちは着替えると、テーブルの上に時計やネックレス、財布など、すべての貴重品を並べた。それから1人ずつ出て行った」

「最後に残された私は心の中で思った。『ここを閉めるのは誰だ?』 誰も閉める者はいなかった。カギも存在せず、嫌な光景を思い描く者は私以外に誰もいなかった。
ロッカールームの数メートル先には、数百人もの人がいたにも関わらずだ。彼らには思い浮かびすらしない推測、懸念だったのだ。
私は東洋をかなり旅したが、このような性格を持っているのは日本人だけだと言える。他のすべてのアジア人とは一線を画している」

■日本人のDNAにマリーシアは存在しない

またイタリア人指揮官は、ロシアW杯決勝トーナメント1回戦ベルギー戦を振り返り、日本の敗退を惜しんだ。延長戦突入かと思われた後半のアディショナルタイムにおいて、
カウンターからベルギーに決勝点を献上したシーンを悔やんだ。だがザッケローニは、この経験を糧として日本がさらなる成長を遂げることを望んでいる。

「今回のW杯で日本が敗れてしまったのは残念だった。ある意味、敗退には相応しくなかった。ベルギーは低調で、スター選手は皆、期待されたプレーをできていなかった。
残念ながら日本は終盤、馬鹿正直にやり過ぎた。彼らの文化、DNAには、マリーシアは存在しないからだろう。1回、戦術的ファウルをすれば十分だったはずだが、そういったことは考えないのだろう」

「ベルギー戦では、まるでまだ自分がベンチにいるかのように応援し、勝利を願っていた。ほぼ全員、私の知っている選手だったからね。まだシステムも同じだったし、
マリシアが足りないのも変わっていなかった。ブラジルでもそれが不利になった。それでも自国民の前では、それが問題になることはない。
代表へ対する情熱やリスペクトは今でも高いし、ベスト8まであと一歩だったことは、日本国民にとって誇れることだ。
日本人は、敗北を世界最悪の出来事としてとらえることもなく、経験値としてさらなるレベルアップのチャンスだと考えるだろう」

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180807-00000018-goal-socc

『日本代表に足りないのはマリシア!』ザッケローニ氏が言及!! 

1 2018/07/27(金) 23:48:18.37 _USER9
◆日本サッカーにはマリシアが足りない

元日本代表のアルベルト・ザッケローニ監督が26日、イタリアのスポーツ情報サイト『Iogiocopulito.it』のインタビューに応じ、
ロシア・ワールドカップで16強に進出し、サプライズとなった日本代表について語った。

現在、UAE(アラブ首長国連邦)の指揮官を務めるザッケローニ監督は、
かつて自身が指導した日本代表のW杯での活躍について言及した。

「W杯へ行った日本の選手たちは、自分のポケットのように、よく知っているよ。私は彼らを全員、指導したからね。
残念だが、日本サッカーにはマリシアが足りない。戦術的ファウルにしても、ちょっとしたずる賢いプレーにしても、口に出すことすらない」

イタリア人指揮官は、ベルギーとの決勝トーナメント1回戦において、延長戦突入まであとわずかとなりながらもカウンターを許し、決勝点を献上してしまったことを例に挙げた。

「ベルギー戦では、90分にカウンターを食らい、信じられないような失点をしてしまった。あれも戦術的ファウルをしなかったからだ。
Jリーグでは、主審がイエローカードを提示することはほとんどない。そもそも戦術的ファウルも悪質なファウルもないからだ。
私は日本で指導していた時、彼らのメンタリティを変えようと努めた。高い技術力と運動量を武器として、自分たちが主導権を握り、相手に支配されないようにしていた」

◆新鮮味に欠けたロシアW杯

またW杯全般について振り返り、素晴らしい大会だったと指摘する一方、新鮮味に欠けたと分析する。

「W杯は成功だった。素晴らしいW杯になったと思う。だがプレーに関して言えば、あまり新鮮さはなかった。どのチームも新しいことに挑戦せず、リスクをほとんど負わなかった。
多くの人から、グアルディオリズムの失敗だと言う声が上がったが、代表で実行するのは不可能だろう。代表監督にとって、時間は少ししかないので、適用する方法がない」

今大会では、フランスが20年ぶり2度目の優勝を飾ったが、出場国の中でフランスが最強だったという結論になるのか。

「私は違うと思う。たいていの場合、W杯で優勝するチームには、最高レベルのCFがいる。だが(オリヴィエ)ジルーは違う。
ただフランスには、(キリアン)ムバッペや(アントワーヌ)グリーズマンのような主役がいたし、中盤もフィジカルと技術に優れていた」

7/27(金) 18:52配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180727-00010003-goal-socc

写真
no title

ザックから長友へのメール『君たちの監督だったことを誇りに思う』 

キャプチャ

1 2018/07/08(日) 11:20:22.54 _USER9
元日本代表監督のアルベルト・ザッケローニ氏が、2018 FIFA ワールドカップ ロシアのベルギー対日本の試合の後、DF長友佑都にメールを送ったようだ。長友がツイッターでその内容を明かしている。

 日本代表は2日、W杯決勝トーナメント1回戦でベルギー代表と対戦。接戦の末2-3で敗れベスト16敗退となった。そして8日、長友は自身のツイッターを更新。「ベルギー戦が終わった後、ザックさんから一通のメールが届いた」と投稿した。

 メールには「君たちの監督だったことを誇りに思う」と書かれていたと明かすと、長友は「ブラジルW杯から4年。成長した姿で、恩返しできたなら嬉しく思う」と付け加えている。

 ザッケローニ氏は2010年から2014年まで日本代表監督を務め、アジアカップ優勝などの成績を残した。しかし、2014年のブラジルワールドカップではグループステージ敗退に終わっている。なお、現在はUAE代表監督を務めている。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180708-00790753-soccerk-socc

ザッケローニが西野JAPANを労う「私はベスト16進出を評価したい」 

4bn2e56825f0aawplt_800C450
1 2018/06/29(金) 12:06:22.75 _USER9
日本代表監督として前大会を指揮したアルベルト・ザッケローニは、この特殊な試合をどう見たのかー。

 試合直後に話を聞くと、セネガル戦後の歓喜の声とは違う、やや複雑そうな、低いトーンが聞こえてきた。

「何よりも、日本がグループリーグを突破したことが嬉しい。世界のベスト16の中に入るというのは素晴らしいこと。
あの終盤については、いろんな考え方があるだろう。が、私は何よりもこの結果を素直に喜びたい」

ザッケローニは、この試合は通常の1試合として評価するのは難しいと付け加えた。

「今日の試合、ピッチの上の選手たちはプレーしにくかったはずだ。彼らの頭の中には様々なことがあったからだ。
時間、得失点差、警告、他会場の動向。内容的にはもちろんセネガル戦の方が良かったが、この2試合を単純に比較することはできない。
先発メンバーを半分入れ替えたことは連携面で影響したかもしれないが、何よりも今日は精神的な部分の負担が大きかった。
あの試合終盤だけじゃない。選手と監督の頭には、”勝つのは理想だがそれよりも負けたくない”という思いもあり、
最後はそれが”1点差の負けならよし”と変化していった。そんな中でプレーするのは非常に困難だ。
それはプレーにも表れていた。難しい状況下で、最終的にこれ以上ない結果を手にしたのは本当に素晴らしいことだと思う」

個人として真っ先に名前を挙げたのは、ゴールマウスで輝きを見せた川島永嗣だった。
「エイジには拍手を送りたい。今日のプレーは素晴らしかった。あのセーブがなければ、失点を重ねていたかもしれない。
彼にとっては難しい試合だった。第二戦のセネガル戦ではパンチングのミスをしていたからね。批判も浴びたことだろう。
しかし自信を失ってパフォーマンスを落とすこともなく、数日後にチームを救う活躍を見せてくれた。
川島のことは評価すべき。個人的にも彼の好セーブは嬉しかった」

終盤の出来ごとについて、ストレートに聞いてみた。
あなたが監督であれば同じことをしましたか?

ザッケローニははっきりと言った。

「もう私は日本代表の監督ではないし、あの状況に立たないと分からない部分だってある。
西野監督はあの時点での0-1を受け入れ、時間を進めることを選択した。それが最終的には成功した。それまでだ。
どんな形であったとしても、私はベスト16進出を決めたことが嬉しいし、それを評価したい。
当然、あの決断にはリスクもあった。終盤、セネガルが何かの拍子に1点を取っていればどうなったか。
日本はもう追いつくための時間も残されていないわけだ。さらに日本がもし警告を受けていたら・・・。
接触を避けようと思っても、計算できない警告を受ける時もある。大きな賭けだったのは間違いない」

 試合中はテレビの前で汗をかいたという。コロンビア戦の結果を気にしながら、画面で進められる、少し奇妙な試合を追い続けた。
「これで日本代表が勢いをつけて、決勝トーナメントで素晴らしい試合を見せてくれることを願っている」

日本の試合はザッケローニにとって今ワールドカップで一番の楽しみだという。

4年前に自らは立つことのなかったベスト16の舞台。
まだしばらく続くことになった日本のロシアでの戦いを、ザッケローニはイタリアからしっかりと見つめている。

https://news.yahoo.co.jp/byline/toyofukushin/20180629-00087370/

【議論】日本代表の歴代で『最強』だったのはザックジャパン? 

zachonda
1 2018/06/06(水) 18:24:41.38 _USER9
 【あの代表監督の成功と失敗】アルベルト・ザッケローニ

 歴代サッカー日本代表で“最強チーム”を選ぶとすれば、それはザッケローニ・ジャパンだったという声が圧倒的だ。

 「ザック(ザッケローニ監督)は本当にいいチームを作ったと今でも思っている」と、自身も元日本代表監督で現FC今治オーナーの岡田武史氏(61)がいうほど。

 しかし、肝心の2014年W杯ブラジル大会では、1次リーグ2敗1分で敗退。ザックジャパン4年間のうち、最初の2年間はアジアで強さを存分に見せつけたが、13年にプレW杯として行われた「コンフェデ杯」では3戦3敗。W杯本大会と合わせて5敗1分け。特筆すべきは2大会で計15失点という守備のもろさだった。要するに舞台が“世界”となると全く歯が立たなかったのだ。

 ザック戦術は「ボールを保持し、パスをつなぎながら相手を崩し、連動したプレーでゴールを奪っていく」スタイルだったが、W杯でこれができたのは3戦目のコロンビア戦の前半45分間だけ。1-1で折り返したこの試合も、後半に3点を連取され撃沈した。

 06年ドイツ大会で惨敗したジーコジャパンと同じ失敗も繰り返していた。ドイツ大会前には、当時チームの“王様”だった中田英寿氏(41)が海外プレスの前で「チームが仲良しすぎる」と発言。中田氏とその他の選手の間にあつれきが生じ、1次リーグ初戦(対豪州)で逆転負けを喫すると、チームは空中分解した。

 ザックジャパンで中田氏の位置にあたったのが、本田圭佑(現パチューカ)だった。「本気で優勝するつもり」と豪語したビッグマウスは周囲から浮き上がった。本田をチームの大黒柱に据えたザッケローニ監督にとっては大誤算だった。

 日本代表はそれまでW杯終了後には、必ず全選手が日本で会見を行っていたのだが、ザックジャパンだけは現地ブラジルで解散している。

 傷心のザッケローニ監督は日本を離れる際、日本協会幹部から「日本代表はこれからもアナタが貫いた攻撃的なサッカーをやっていくよ」と言われ、「私が4年間やってきたことは報われたよ」と苦笑いを浮かべた。(夕刊フジ編集委員・久保武司)

夕刊フジ 6/6(水) 16:56配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180606-00000016-ykf-spo

ザック元監督、西野JAPANに警戒心!?「日本とは対戦したくない」 

item_2704
1   2018/04/27(金) 12:30:02.42 _USER9
自分たちのスタイルを確立させることが、まずは先決」

 来年1月から2月にかけてアラブ首長国連邦(UAE)で開催されるのが、アジアカップ2019だ。前回大会の日本はハビエル・アギーレ政権で臨み、ベスト8でUAEの後塵を拝した。その雪辱を果たすとともに、史上最多5度目の優勝を目ざす。
 
 本大会の出場枠は16チームから24チームに拡大された。5月4日には8グループに振り分ける組合せ抽選会が行なわれるが、日本は第1シードのポットAに組み込まれている。そのドロワーを前に、アジアサッカー連盟(AFC)の取材に応えたのが、ホストカントリーであるUAEの指揮官、アルベルト・ザッケローニだ。

 昨年10月に電撃就任したイタリア人は、やはり”古巣”である日本代表を警戒しているようだ。
 
「日本とは同じポットに入ったから、グループリーグで戦うことはないが、できればずっと当たりたくはない。UAEはもちろん優勝を目ざしている。そのうえで日本は間違いなく強力なライバルとなる。できれば戦いたくないし、当たるとしても大会の終盤であってほしいものだ」
 
 アジアカップはザックにとって縁起のいい大会だろう。2011年大会は準決勝で韓国を撃破し、決勝では延長戦でFW李忠成が劇的な決勝ボレーを蹴り込み、見事戴冠を果たした。鮮烈な記憶として、日本サッカー史に刻まれる名場面だ。
 
 しかも先述の通り、日本は前回大会の準々決勝でUAEにPK戦で敗れており、ロシア・ワールドカップ最終予選では1勝1敗の五分だったが、ホームで苦杯を舐める失態を犯した。MFオマール・アブドゥルラフマン、FWアーメド・ハリル、アリ・マブフートらタレントも枚挙に暇がなく、決して得意な相手ではない。それでもUAE代表監督は謙虚で、かつ慎重だ。
 
「現在のUAEはまだチームとして完成していない。本大会までに試合をこなしながら高めていければと考えている。相手よりも自分たちのスタイルを確立させることが、まずは先決だ。3月はタイで行なわれたキングスカップに参加させてもらい(スロバキアに1-2、ガボンに0-1で連敗)、勝てはしなかったが収穫のある2試合をこなせた。アジアカップまではまだ8か月ある。地元開催で期待値も高いので、優勝を目ざして強化を進めたい」

つづく

4/27(金) 6:02配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180427-00039469-sdigestw-socc

ザッケローニ>ハリルホジッチという事実を認めたがらないサッカーファン 

1: 名無しさん 2016/09/08(木) 05:31:51.209 ID:9c7PVOUT0
現実を見ようぜ

no title

no title

サムライブルーの呪いがザック不振で噂される・・・「日本代表監督になると不幸になる」 

1: 名無しさん 2016/05/20(金) 15:16:01.25 ID:CAP_USER9
2014年ブラジルW杯を指揮した元日本代表監督のアルベルト・ザッケローニ氏が危機的状況に陥っている。

ザッケローニ氏は今季から中国・北京国安の監督を務めているのだが、リーグ戦で1勝3敗3分という目を覆いたくなるような結果しか残せていないのだ。
そのため中国メディアは早くも解任を報じる事態となっている。

「北京国安は北京をホームとする強豪で、アジア・チャンピオンズリーグの常連チームです。
ブラジル代表のレナト・アウグストなど素晴らしい選手を揃えリーグ優勝を狙っていましたが、成績が低迷しているため解任の噂が出ています」(サッカージャーナリスト)

今回、ザックの不振によってまことしやかにささやかれているのが、「日本代表監督を引き受けた外国人は不幸になる」という「サムライブルーの呪い」だ。

日本代表を指揮した外国人監督をさかのぼって見てみよう。まず先代のアギーレ氏は、監督就任から間もなくスペインでの八百長疑惑がかけられ退任するハメに。

イビチャ・オシム氏は監督就任中の2007年に脳梗塞で倒れ、命は取り留めたものの監督は続けられず。

ジーコ氏は日本代表の次に指揮したトルコのクラブチーム・フェネルバフチェで一度優勝したものの、手腕はまったく評価されず選手時代の名声を著しく落とすことに。

2002年に日韓ワールドカップで日本をベスト16に導いたトルシエ氏も日本代表監督を辞めた直後こそ母国フランスの代表監督候補に選ばれたものの結局選ばれず、
その後は欧州以外のクラブ、ナショナルチームを転々とし目立った結果は残せていない。

1994年に監督になったファルカン氏は、日本の指揮官を首になってから長く監督のオファーはなく、解説者として過ごすことに。

日本代表初の外国人監督であるハンス・オフト氏は、ジュビロ磐田や京都パープルサンガ、浦和レッズの監督に起用され、
浦和ではナビスコカップで優勝しチームに初のタイトルをもたらした。しかし、チームの方針と衝突し、優勝した試合の記者会見で退任を発表することに。

「まあ、見事なぐらい悲惨な末路ですね。これなら呪いが噂されるのもわかります。ちなみに、日本代表監督就任が噂されながら、
契約に至らなかった監督は幸せになるケースが多いようです。まずフランス人のアーセン・ベンゲルはイングランドプレミアリーグのアーセナルに数々の栄光をもたらしています。

就任が内定していたのに長沼会長の一存で契約を反故にされたネルシーニョ氏は、Jリーグの柏や神戸で指揮を取り、
外国人監督としては最多の勝利数を挙げる成功を収めています」(前出・サッカージャーナリスト)

さて、この事実を知ったらハリルホジッチ監督はどう思うだろうか。

アサ芸プラス / 2016年5月20日 5時59分
http://news.infoseek.co.jp/article/asageiplus_58359/
no title



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索