Samurai Goal

ザック


スポンサード リンク





「ザックの言葉が頭に残っていたかもしれない」吉田麻也がサンプ移籍や今後の去就に言及 

20200507-00010009-goal-000-1-view




1: 2020/05/07(木) 13:44:11.88
サンプドリアDF吉田麻也は、自身の去就について語るのは時期尚早だと主張した。

プレミアリーグのサウサンプトンで7シーズン半を過ごした吉田は、今冬の移籍市場でセリエAのサンプドリアに期限付きで加入。3月に新天地デビューを飾ったが、その後新型コロナウイルスの影響でセリエAは中断され、今後の行方は不透明のまま無期延期の状態が続いている。

イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』で、移籍までの経緯について問われた吉田は「決めるまでに数時間しかありませんでした。(サウサンプトン時代のチームメイト)マノーロ(ガッビアディーニ)と話をし、その後ガストン(ラミレス)と話しました」と明かすと、来シーズン以降の去就について自身の考えを示した。

「最初はこの移籍話を信じられませんでした。でも僕はプレーしたかったですし、サンプがチャンスをくれました。4年間日本代表チームで指揮を執った(アルベルト)ザッケローニは常に『君はイタリアで成功できる』と言っていました。この一言が僕の頭の中に残っていたのかもしれないです」

「イタリアに留まるかについて答えるのは時期尚早です。僕はこのチャンスを活かし、サンプドリアをセリエA残留に導くためにここに来ました。まずは、この目標を達成しなければいけません」

そして、新型コロナウイルスの影響を受ける現状について「イタリアで状況が悪化し、イギリスもそれに続きました。現状はさらに複雑です。でも、イギリス政府の経済対策はファンタスティックです。安全面が保証されればすべてが再開できると思います」と言及。その一方で、すでにリーグ戦の打ち切りを決めたヨーロッパの2カ国については「警戒する必要はあります。でも、オランダとフランスは決断を急ぎ過ぎたと思います」と語っている。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200507-00010009-goal-socc

ザック氏が新型コロナへ見解「日本の震災のときのよう。東京五輪はスポーツ復興の大会に」 

news_299998_1




1: 2020/03/27(金) 20:30:25.70
https://web.gekisaka.jp/news/detail/?300145-300145-fl
20/3/27 15:34

 元日本代表監督のアルベルト・ザッケローニ氏が、26日付のイタリア紙『ガゼッタ・デロ・スポルト』のインタビューに応じ、新型コロナウイルスを巡る状況について自身の見解を示した。

 ザッケローニ氏は、1999年にスクデットを獲得したミランを始めとして、インテルやユベントスなどセリエAのビッグクラブの指揮官を歴任。2010年夏には日本代表監督に就任し、チームを2014年ブラジル・ワールドカップへと導いた。そんなザック氏の母国イタリアでは現在、新型コロナウイルスが猛威を振るっており、高齢者を中心に8000人を超える死者が出るなど深刻な状況となっている。その現状を目の当たりにしたイタリア人指揮官は、日本滞在中の2011年に体験した東日本大震災に思いを巡らせた。

「コロナウイルスを巡る現状は、2011年に起きた日本の震災と原子力発電所の事故を思い起こさせる。ある意味、あのときの状況をもう一度体験しているような気分だ。あのときは2分間がものすごく長く感じたよ。私は向こうで自宅に籠っていたが、窓の外を見ると街は無人。地下鉄の中に長時間、取り残された人もいた。恐ろしい時間、恐ろしい日々だった」

「あのときは徐々に平常を取り戻していったが、今回の悲惨で非現実的な状況には終わりが見えない。中国や日本、UAE(アラブ首長国連邦)など過去に私が監督を務めた国々から励ましの電話やメッセージがたくさん届いている。嬉しく思うよ」

 またザック氏は、2020年東京オリンピックが1年程度の延期とされたことを受け、延期を提案した安倍晋三首相の判断を歓迎。「安倍首相が五輪の開催に『ノー』と言ってくれて良かった。妥当な判断だと考える。世界的な祭典であるべきであり、すべての国が参加しなくてはならない。きっとスポーツ復興の大会になるだろう」と述べた。



関連
ザック氏、東京五輪に期待「延期でも日本人なら準備可能。忘れられない大会になる」
https://web.gekisaka.jp/news/detail/?299998-299998-fl

ザック氏が新型コロナへ見解「日本の震災のときのよう。東京五輪はスポーツ復興の大会に」 

news_300145_1




1: 2020/03/27(金) 20:30:25.70
https://web.gekisaka.jp/news/detail/?300145-300145-fl
20/3/27 15:34

 元日本代表監督のアルベルト・ザッケローニ氏が、26日付のイタリア紙『ガゼッタ・デロ・スポルト』のインタビューに応じ、新型コロナウイルスを巡る状況について自身の見解を示した。

 ザッケローニ氏は、1999年にスクデットを獲得したミランを始めとして、インテルやユベントスなどセリエAのビッグクラブの指揮官を歴任。2010年夏には日本代表監督に就任し、チームを2014年ブラジル・ワールドカップへと導いた。そんなザック氏の母国イタリアでは現在、新型コロナウイルスが猛威を振るっており、高齢者を中心に8000人を超える死者が出るなど深刻な状況となっている。その現状を目の当たりにしたイタリア人指揮官は、日本滞在中の2011年に体験した東日本大震災に思いを巡らせた。

「コロナウイルスを巡る現状は、2011年に起きた日本の震災と原子力発電所の事故を思い起こさせる。ある意味、あのときの状況をもう一度体験しているような気分だ。あのときは2分間がものすごく長く感じたよ。私は向こうで自宅に籠っていたが、窓の外を見ると街は無人。地下鉄の中に長時間、取り残された人もいた。恐ろしい時間、恐ろしい日々だった」

「あのときは徐々に平常を取り戻していったが、今回の悲惨で非現実的な状況には終わりが見えない。中国や日本、UAE(アラブ首長国連邦)など過去に私が監督を務めた国々から励ましの電話やメッセージがたくさん届いている。嬉しく思うよ」

 またザック氏は、2020年東京オリンピックが1年程度の延期とされたことを受け、延期を提案した安倍晋三首相の判断を歓迎。「安倍首相が五輪の開催に『ノー』と言ってくれて良かった。妥当な判断だと考える。世界的な祭典であるべきであり、すべての国が参加しなくてはならない。きっとスポーツ復興の大会になるだろう」と述べた。



関連
ザック氏、東京五輪に期待「延期でも日本人なら準備可能。忘れられない大会になる」
https://web.gekisaka.jp/news/detail/?299998-299998-fl



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索