Samurai Goal

サンプドリア


スポンサード リンク





前日のトリノに続き…フィオレンティーナとサンプドリアで計10名の新型コロナ感染確認 セリエA 

20200508-00010002-goal-000-1-view




1: 2020/05/08(金) 07:07:19.13
フィオレンティーナから6名、サンプドリアから4名の新型コロナウイルス感染者が確認された。

世界中で猛威を振るう新型コロナウイルスによる甚大な被害を受けるイタリア。3月9日に今シーズンのセリエAが中断され、現在無期延期の状態だが、トレーニングが始まるなど徐々に規制が緩和されて再開に向けての協議が進む。

各クラブがトレーニング再開に向けて前進する中、昨日のトリノに続き、今度はフィオレンティーナから選手3名、スタッフ3名の感染が確認された。

フィオレンティーナは7日の声明の中で「昨日に行われた検査の結果、フィオレンティーナは選手3名とテクニカルスタッフ3名のCOVID-19陽性を発表する。プロトコルに沿って各人の隔離を行っている。残りのメンバーは、スケジュール通りトレーニングを継続する」と綴った。なお、感染者の氏名は公表されていない。

セリエAでは、3月にユヴェントスのダニエレ・ルガーニやパウロ・ディバラ、サウサンプトンの数選手ら多くの選手が感染。フィオレンティーナでも、パトリック・クトローネ、ヘルマン・ペッゼーラ、ドゥシャン・ヴラホヴィッチが感染したが、すでに陰性であることが発表されていた。

さらに同日、フィオレンティーナに続き、今度は吉田麻也が所属するサンプドリアも4選手の感染確認を発表。「選手を対象とした検査を行い、3名の新規感染者が確認され、もう1人からは再び陽性反応が検出された。現在、症状はなく、彼らは隔離され、プロトコルに沿って観察を続ける」と声明を出した。

同クラブでは、以前にマノーロ・ガッビアディーニやオマル・コレイ、アルビン・エクダル、アントニーノ・ラ・グミナ、モルテン・トルスビーらの感染がわかっていた。しかし、今回は氏名の公表には至っていない。

https://news.yahoo.co.jp/articles/43de447b1f32d942c630a09ba94abb2bff99ecb5
5/8(金) 6:32配信

吉田麻也、サウジ強豪アル・ナスルが獲得興味と海外報道 今季終了までサンプドリアにレンタル 

20200422-00258330-soccermzw-000-3-view




1: 2020/04/22(水) 10:16:18.67
ACL常連のアル・ナスルから獲得調査か
 日本代表DF吉田麻也が、サウジアラビアのクラブから調査を受けているという。フランスメディア「サッカーリンク」が報じた。

 吉田を調査してるのは、サウジアラビアの強豪アル・ナスルだという。首都リヤドに本拠地を構え、ポルトガル人指揮官ルイ・ヴィトリア監督に率いられるチームは、昨季にAFCチャンピオンズリーグでは準々決勝に進出した。

 そのアル・ナスルは、今年1月にイングランド・プレミアリーグのサウサンプトンから、イタリア・セリエAのサンプドリアに期限付き移籍した吉田を獲得するための調査を進めているという。吉田は今季終了までの契約で期限付き移籍したものの、新型コロナウイルスの感染拡大により公式戦がストップしている状況でプレーはできていない。

 サウサンプトンとの契約は2021年6月まで残るものの、出場機会を求めての期限付き移籍だけに今夏の移籍市場で獲得に手を挙げるクラブが現われれば、サウサンプトンが了承する可能性もあると言えそうだ。

 日本代表の一員としてサウジアラビア代表とも何度も対戦してきただけに、その実力は十分に理解されている面もあるだろう。日本代表キャプテンは中東に新天地を求めるという決断を下すことがあるのだろうか。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200422-00258330-soccermzw-socc

吉田所属のサンプドリア、新たに4選手が新型コロナ感染も「彼らは皆健康」 

20200314-01046459-soccerk-000-2-view




1: 2020/03/14(土) 07:21:54.25
日本代表DF吉田麻也が所属するサンプドリアは13日、新たに所属選手4人に新型コロナウイルスの陽性反応が出たことを発表した

サンプドリアのイタリア代表FWマウロ・ガッビアディーニが新型コロナウイルスの検査を受け、サンプドリアは同選手に陽性反応が出たことを12日に発表。クラブ内では同選手に続き、新たにガンビア代表DFオマール・コリー、スウェーデン代表MFアルビン・エクダル、イタリア人FWアントニノ・ラ・グミナ、ノルウェー代表MFモーテン・ソルビーの4選手が、新型コロナウイルスの検査を受けて陽性反応と診断された。4選手に加えて、医師であるアメデオ・バルダリ氏の感染も確認された模様だ。

クラブの報告によると、新たに感染が確認された4選手とバルダリ氏は、軽度の症状だという。クラブは「彼らは皆健康」とした上で、次のような対応をしていることを明かした。

「クラブの施設は全て封鎖され、チーム、監督、スタッフは自宅で自主的に待機をしています。クラブにおける全てのスポーツ関連の活動は一時停止され、クラブの重要な組織的な活動は遠隔で実行されています」

新型コロナウイルスの感染拡大を受け、イタリア国内ではスポーツ関連のイベントを4月3日まで中止となることが決定。セリエAの再開も3日以降が予定されている。また、セリエAではサンプドリア以外にも、ユヴェントスに所属するイタリア代表DFダニエル・ルガーニが陽性と診断されている。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200314-01046459-soccerk-socc
3/14(土) 7:16配信

吉田所属のサンプドリアで感染拡大…ポーランド代表DFも陽性 選手7名と医師1名 

20200315-01046812-soccerk-000-2-view




1: 2020/03/15(日) 10:13:00.94
サンプドリアに所属するポーランド代表DFバルトシュ・ベレシンスキに新型コロナウイルスの陽性反応が出た。14日、自身のインスタグラムを通じて報告した。

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、イタリア国内ではスポーツ関連のイベントを4月3日まで中止となることが決定。セリエAでも感染が広がり、リーグ再開も3日以降が予定されている。

 特にサンプドリアでは既に6選手に陽性反応が出ていることが確認されている。イタリア代表FWマノロ・ガッビアディーニ、ガンビア代表DFオマール・コリー、スウェーデン代表MFアルビン・エクダル、イタリア人FWアントニノ・ラ・グミナ、ノルウェー代表MFモーテン・ソルビー、イタリア人MFファビオ・デパオリに陽性反応が出た模様だ。さらに医師であるアメデオ・バルダリ氏も感染が確認されている。

 サンプドリアでは新たにベレシンスキが陽性と診断。同選手の感染により、報告されている限り、選手としては7人目、クラブ関係者としては8人目となっている。ベレシンスキは自身のインスタグラムを通じて陽性と診断されたことを報告。同選手は次のような文章を綴り、警鐘を鳴らした。

「残念ながら、新型コロナウイルスの検査で陽性反応が出ました。僕は元気です。適切な予防対策をしていましたが、ウイルス感染を避けることができませんでした。だからこそ、可能な限り責任を持ち、家にいるようにお願いします」

 ベレシンスキは母国クラブの下部組織出身。現在27歳の同選手は、2017年冬にサンプドリアに加入し、今季セリエAには17試合に出場。また、2013年にポーランド代表に初招集され、公式戦22試合に出場している。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200315-01046812-soccerk-socc

吉田麻也も隔離か…サンプドリアFWガッビアディーニが新型コロナ「陽性」セリエA選手感染2人目 

20200310-00010018-goal-000-1-view




1: 2020/03/12(木) 23:57:09.69
 サッカー日本代表DF吉田麻也(31)が所属するイタリア・セリエAのサンプドリアは12日、元イタリア代表FWマノロ・ガッビアディーニ(28)が新型コロナウイルス検査で陽性と診断されたと発表した。発熱はあるものの、症状は安定しているという。前日にはユベントスがDFダニエレ・ルガニ(25)の陽性を発表しており、セリエA選手の感染は2人となった。

 2017~19年にサウサンプトンでも吉田の同僚だったガッビアディーニは今季公式戦23試合で7得点をマーク。8日に無観客で行われたベローナ戦に先発して後半16分までプレーした。この試合で吉田はセリエAデビューを果たし、フル出場していた。

 ガッビアディーニと濃厚接触があった選手、スタッフは全員が検査を受け、2週間隔離される。濃厚接触者に吉田も含まれる可能性がある。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200312-00000234-spnannex-socc

<サンプドリア吉田麻也>地元メディア絶賛「ピッチ内外で最高のデビュー」「感じの良い日本人」 

1: 2020/03/10(火) 15:35:53.85
日のヴェローナ戦でセリエAデビューを飾ったサンプドリアの吉田麻也について、ジェノヴァの地元メディア『テレノルド』などが9日に称賛している。

吉田は今冬の移籍市場において、サウサンプトンからサンプドリアに期限付きで移籍。1カ月ほど出場機会に恵まれていなかったが、無観客のスタディオ・マラッシで行われた8日のセリエA第26節ヴェローナ戦で先発し、セリエAデビューを飾った。特に後半は安定したプレーを見せ、チームの2-1での勝利に貢献した吉田。イタリアメディアなどから軒並み及第点の評価を得たが、地元ジェノヴァのメディアも日本代表DFに賛辞を贈った。

「観客が不在だったとはいえ、マヤ・ヨシダにとってこれ以上ない素晴らしいデビュー戦だった。日本人選手は、極めて複雑な試合において、守備陣全体に自信を与えて良い結果を出した」

また地元メディアは、吉田の試合終了後のインタビューにも注目。流暢な英語での受け答えに加えて、「チャニン・チャニン(冷静に)」とジェノヴァ方言でコメントしたことに好印象を抱いたようだ。ネット上ですぐさま大きな話題となったことも併せて伝えている。

最後に、「感じの良い日本人選手は加入直後からファンの心をつかんでいたが、今ではファンたちは、ピッチにおける彼の殊勲を評価することもできただろう」と記述。「ヨシダのデビュー戦はピッチ内外で良いものだった」と締めくくった。

3/10(火) 15:20配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200310-00010018-goal-socc

写真
no title

吉田麻也、セリエAデビュー戦を白星で飾る!サンプドリアが終盤のPKでヴェローナに2-1逆転勝利 

20200309-00366044-footballc-000-1-view




1: 2020/03/09(月) 00:58:08.45
【サンプドリア 2-1 エラス・ヴェローナ セリエA第26節】

 イタリア・セリエA第26節、サンプドリア対エラス・ヴェローナが現地時間8日に行われた。試合はホームのサンプドリアが2-1の勝利を収めた。

 今冬の移籍市場でサウサンプトンからサンプドリアに移籍した日本代表DF吉田麻也がスタメンに名を連ね、新天地デビューを果たした。吉田は安定したプレーを見せ、チームの逆転勝利に貢献した。

 ヴェローナの攻撃を防いでいたサンプドリアだったが、32分に先制点を許してしまう。ラゾヴィッチの左からのクロスにファーサイドでザッカーニが合わせ、ヴェローナが先制に成功した。

 67分、サンプドリアがチャンスを迎える。左CKからデパオリがヘディング。これはGKシルベストリがセーブ。続くコーナーはトネッリが頭で合わせるも、これもシルベストリが好セーブ。サンプドリアは2度のチャンスを逃す。

 チャンスを作っていたサンプドリアがついに同点に追いつく。77分、サンプドリアはカウンターから右サイドに展開。デパオリのパスに中央でクアリャレッラがダイレクトで合わせ、ゴールネットを揺らした。さらに85分、VARのの介入により、サンプドリアにPKが与えられる。これをクアリャレッラが決め、サンプドリアが終盤に逆転に成功した。

 試合はこのまま終了し、サンプドリアが2-1の勝利を収めた。

【得点者】
32分 0-1 ザッカーニ(ヴェローナ)
77分 1-1 クアリャレッラ(サンプドリア)
86分 2-1 クアリャレッラ(サンプドリア)

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200309-00366044-footballc-socc

「日本では国中のアイドル」「必要としていた選手像」サンプドリア移籍の吉田麻也を伊紙が特集! 

20200208-00010003-sdigestw-000-1-view[1]




1: 砂漠のマスカレード ★ 2020/02/08(土) 06:25:54.62 ID:VxiZT2ph9
「日本では国中のアイドル」「必要としていた選手像」サンプドリア移籍の吉田麻也を伊紙が特集!


吉田の加入は「素晴らしいサプライズ」?

今冬の移籍市場で、サウサンプトンからサンプドリアにレンタルで加入した吉田麻也は、現地時間2月8日に行なわれるセリエA第23節トリノ戦で、デビューを飾るか注目されている。

ジェイソン・ムリージョの退団やアレックス・フェラーリの負傷離脱を受け、クラウディオ・ラニエリ監督が右利きのCB獲得を要望したのを受け、クラブはロレンツォ・トネッリと吉田を獲得。
この2選手がオマール・コリーのパートナーのポジションを争うことになる。

昨年10月にラニエリが就任してから6試合で4失点と守備の立て直しの兆しが伺えたサンプドリアだが、その後の9試合では17失点。特にここ3試合のうち2試合では、ラツィオに5失点、ナポリに4失点と崩壊している。

それだけに、吉田への期待も小さくない。2月7日、イタリア紙『Gazzetta dello Sport』は1ページを使い、「サムライ・ヨシダ」と銘打った記事を掲載した。

記事で吉田の経歴を紹介した同紙は、「自然なカリスマと高いプロ意識を持ち、日本代表の主将になった」と称え、「日本では国内中の真のアイドル」と伝えた。
また、クラブや代表で37ゴールを挙げているとし、「得点力という長所も特徴」と報じている。

サンプドリアが吉田を獲得したのは、言うまでもなく守備のためだ。『Gazzetta dello Sport』は、「サンプドリアが必要としていた選手像にぴったりと合う」と、吉田がラニエリ率いるチームにフィットする選手と伝えた。

理想は、吉田とトネッリが切磋琢磨することで、守備陣全体がレベルアップすることだ。
同紙は、「ポジション争いがチーム内の競争レベルだけでなく、守備陣のクオリティーを上げる」とし、だからこそ吉田は、「素晴らしいサプライズになるかもしれない」と期待を寄せている。

日本代表のチームメートである冨安健洋は、ボローニャで一定の信頼を勝ち取っている。吉田も“守備の国”イタリアで評価を得られるだろうか。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200208-00010003-sdigestw-socc
2/8(土) 6:10配信

<吉田麻也>イタリア移籍ははたして「都落ち」!? それとも大正解!? 

1: Egg ★ 2020/02/04(火) 12:53:33.51 ID:KtEZoJEq9
英プレミア・サウサンプトン所属の日本代表DF吉田麻也(31)が、冬の欧州移籍期間最終日の1月31日にイタリア・セリエAのサンプドリアに移籍することが発表になった際、何よりも地元イタリアメディアがビックリ仰天した。サンプドリアに限らず、吉田の名前は完全にノーマークだったからである。

 サンプドリアは今季16位に低迷。2部降格ゾーンの18位ジェノアとの勝ち点差は4。即戦力のCBを探していた。そこに吉田の加入である。日本人の英プレミア<公式戦最多出場>の勲章アリとはいえ、昨年10月25日にフル出場した以降は12月4日の試合に後半40分から途中出場しただけ。戦力外となって冷や飯ぐらいの吉田の獲得は、サンプドリアにとってバクチと言ってもいいだろう。その吉田は、3日のナポリ戦(日本時間午前4時45分開始)はベンチ外。試合にはガンビア代表コリーと1月23日に出戻ってきたトネッリがCBとして先発した。吉田は次23節の敵地でのトリノ戦(同9日午前2時開始)にトネッリとCBコンビを組んでイタリアデビューが予想されている。元サッカーダイジェスト編集長の六川亨氏がこう言う。

「英からイタリアへの移籍は、リーグのレベルなどから言って都落ち感は否めないが、日本代表での立場を安泰にするためにも、東京五輪のオーバーエージ(OA)枠に選ばれるためにも、今の吉田には<欧州4大リーグで継続的にプレー>することが求められた。セリエAはここ数年来、FWクリスティアーノ・ロナウド擁するユベントスの<1強時代>が続いており、他チームのアタッカー陣は、英プレミアの強力ストライカーと比べると力は落ちる。吉田は、イタリアでの経験値がないというハンディはあるが、攻撃の起点や組み立てに関与することなどは考えず、ただただ<失点しない>ことにこだわってプレーし、サンプドリアを残留させたら、A代表と五輪代表指揮官を兼務する森保監督の評価も上がる。英でくすぶっているよりも、イタリア行きは正解と言っていい」

 トリノ戦からパワー全開で行くしかない


2/4(火) 11:37配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200204-00000147-spnannex-horse

写真
no title

吉田麻也のサンプドリア加入が決定!古巣セインツは感謝のメッセージ 

20200201-00010001-goal-000-1-view[1]




1: 砂漠のマスカレード ★ 2020/02/01(土) 07:44:11.04 ID:6nqEW9yl9
サンプドリアは、サウサンプトンから吉田麻也を期限付きで獲得したことを発表した。

2012年にVVVフェンロからサウサンプトンに加入した吉田。
これまで7シーズン半にわたりセント・メリーズ・スタジアムで活躍した日本代表DFだが、今シーズンは出番が激減する。
0-9で大敗した昨年10月末のレスター・シティ戦以降、プレミアリーグのピッチに立ったのはわずかに5分のみとラルフ・ハーゼンヒュットル監督の信頼を失い、ベンチを温める日々が続いていた。

これを受け、今冬の移籍市場で吉田の退団が浮上。
それでも移籍市場終盤まで大きな動きはなく、残留する可能性も囁かれていた中、デッドラインデーとなる31日、ついにサウサンプトンから離れることが決定する。

現在セリエAで16位と残留争いに巻き込まれるサンプドリアが吉田の加入を発表。
「会長のマッシモ・フェレーロとサンプドリアは、マヤ・ヨシダを期限付きで獲得したことを報告する」と公式ウェブサイトで声明を出した。
なお、契約期間は2020年6月30日までで、買い取りオプションが付帯しているようだ。

一方、サウサンプトンも公式ウェブサイトで「サウサンプトンの全員がマヤの長年にわたる献身的な働きに感謝している。
これから数カ月、さらに先の成功を祈っている」と掲載。最後に「セント・メリーズにいつでも帰って来て、マヤ」と綴っている。

サウサンプトンでの7シーズン半で公式戦通算194試合に出場した吉田は、
レスターを“奇跡のプレミアリーグ優勝”に導いたクラウディオ・ラニエリ監督の下、初挑戦となるセリエAの舞台で活躍を見せることができるのだろうか。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200201-00010001-goal-socc
2/1(土) 7:19配信



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索