Samurai Goal

サンプドリア


スポンサード リンク





イブラヒモビッチが2得点1アシストの活躍! ミラン、吉田麻也がフル出場のサンプドリアに4-1快勝 

スクリーンショット 2020-07-30 11.19.27




1: 2020/07/30(木) 10:12:20.60 _USER9
【サンプドリア 1-4 ミラン セリエA第37節】
 
 セリエA第37節、15位サンプドリアと6位ミランの試合が現地時間29日に行われた。ミランが4-1の勝利をおさめている。

 サンプドリアに所属する吉田麻也は先発出場を果たした。4分、アンテ・レビッチのクロスにズラタン・イブラヒモビッチが頭で合わせてミランに先制点が入る。続けて52分、イブラヒモビッチが折り返したボールにハカン・チャルハノールが飛び込み追加点。

 さらに58分、カウンターからイブラヒモビッチがチーム3点目を決めた。しかし、87分にサンプドリアのクリストファー・アスキルドセンに1点を返されてしまう。それでも後半アディショナルタイム、ラファエル・レオンも得点しミランが4-1の勝利をおさめた。

【得点者】
4分 0-1 イブラヒモビッチ(ミラン)
52分 0-2 チャルハノール(ミラン)
58分 0-3 イブラヒモビッチ(ミラン)
87分 1-3 アスキルドセン(サンプドリア)
90分+2分 1-4 レオン(ミラン)

https://news.yahoo.co.jp/articles/d7fb564e9cf856afbc0b63ee92bac24a15117673

<吉田麻也(サンプドリア)>ユヴェントス相手に奮闘!伊メディアが絶賛!高評価ち「常にクリーンで読みが正確」 

1: 2020/07/27(月) 21:09:54.50 _USER9
26日のユヴェントス戦にフル出場したサンプドリアDF吉田麻也について、『ユーロスポーツ』イタリア版などが評価を下した。

サンプドリアは26日、セリエA第36節において首位ユヴェントスと敵地アリアンツ・スタジアムで対戦。前半アディショナルタイムにFWクリスティアーノ・ロナウドに先制点を決められると、67分にはFWフェデリコ・ベルナルデスキによる追加点を許した。サンプドリアは0-2で敗れると、王者ユヴェントスのセリエA9連覇の瞬間を見守った。

吉田は8試合連続で先発してフル出場。試合終盤のCKの場面においては、DFレオナルド・ボヌッチのシュートをライン際で見事にかきだすなど印象的な活躍を見せた。

『ユーロスポーツ』は吉田のパフォーマンスについて、DFロレンツォ・トネッリらと並びチーム内最高点となる「6.5」の評価を下した。寸評においては、「素晴らしい、素晴らしい守備的な戦いだった。少なくとも2回、決定的なクリアを見せた。常にクリーンで読みが正確だった」とコメント。日本代表DFの守備を絶賛した。なおチーム内最低評価はGKエミル・アウデーロの「5.5」だった。

『トゥット・メルカート・ウェブ』も同様に「6.5」と採点。「最高とは言えない状態の守備陣を支えた。本当に素晴らしく確かな存在だ」と綴り、守備陣のリーダーとして信頼できる選手であるとの見解を示した。

さらに地元紙『ジェノヴァトゥデイ』は、吉田をチーム内のMVPに選出。「6.5」と採点し、「ボヌッチの確実な一撃をギリギリのところで救った。もう一度見て見直したくなるプレー。このほかについても守備陣の中で最も素晴らしかった」と綴った。また『スカイスポーツ』や『メディアセット』も同様に「6.5」と高く評価している。

7/27(月) 17:43 GOAL
https://news.yahoo.co.jp/articles/6ad9ca0cebfedeead46b25ca82d4929e1f44f1cb

写真
no title

<吉田麻也>1年延長オプション行使か…サンプドリアは2年契約を提示!「チームに完璧に溶け込んだ」 

1: 2020/07/26(日) 07:21:47.39 _USER9
サンプドリアと日本代表DF吉田麻也が契約延長に向けて動いているようだ。イタリアの地元紙『Il secolo XIX』が25日に報じた。

 吉田は1月にサウサンプトンからサンプドリアにレンタル移籍。2012年から所属していたサウサンプトンとは6月30日をもって契約満了となったため、今後の去就に注目されていたが、現在所属するサンプドリアと最大で2年契約を結ぶ見通しのようだ。

『Il Secolo XIX』紙によると、吉田は7月19日のセリエA第34節パルマ戦でリーグ戦10試合出場という条件を満たしたため、契約に含まれていた1年間の延長オプションを行使する権利を得たという。そのため吉田の判断で、サンプドリアとの契約を2021年6月まで伸ばすことができるようだ。1年延長の場合は年俸150万ユーロ(約1億8600万円)ですでに合意しているという。

 一方、サンプドリアは吉田に対して年俸100万ユーロ(約1億2400万円)で2022年6月までの2年契約を提示している模様。吉田の代理人にはこれまでトルコ、フランス、UAEのクラブから接触があったようだが、サンプドリアからのオファーに前向きのようで、残留の方向で交渉が進んでいるようだ。

 吉田はサンプドリア移籍後、3月8日に行われたセリエA第26節のヴェローナ戦でデビュー。直後に新型コロナウイルスの影響でリーグは中断となったが、6月に再開したあとも10試合連続で出場。これまで出場した11試合のうち10試合にフル出場しており、クラウディオ・ラニエリ監督からの信頼を勝ち取っている。同紙も「ヨシダは素晴らしい時間を過ごしている。監督とは堅実で率直な関係を築いていて、チームに完璧に溶け込んだ」と記している。

7/26(日) 6:10 サッカーキング
https://news.yahoo.co.jp/articles/57ec0771e2bcf4a3753835a7b40f2095d86db678

写真
no title

セリエA、吉田所属のサンプドリアはダービーに敗戦 

20200309_yoshida_getty




1: 2020/07/23(木) 09:25:36.09 _USER9
7/23(木) 9:19
ロイター

[ミラノ 22日 ロイター] - サッカーのイタリア・セリエAは22日、各地で試合を行い、吉田麻也が所属のサンプドリアは同じジェノバを本拠地とするジェノアとのダービーマッチに1─2で敗れた。

サンプドリアは前半22分にPKで先制を許したものの10分後に追いついた。しかし、後半に決勝点を奪われた。吉田はフル出場だった。

他ではパルマがナポリ、レッチェがブレシャ、ローマがSPALにそれぞれ勝利。インテルとフィオレンティナ、トリノとベローナの対戦はそれぞれ引き分けた。

この結果を受け、3試合を残してブレシャがSPALに続き2チーム目の降格決定となった。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200723-00000033-reut-spo

吉田麻也先発復帰以降、驚異の6戦5勝!サンプドリアが劇的逆転勝ちでセリエA残留を確定 

20200720-43481979-gekisaka-000-1-view




1: 2020/07/20(月) 06:11:00.27 _USER9
[7.19 セリエA第34節 パルマ2-3サンプドリア]

 日本代表DF吉田麻也の所属するサンプドリアが敵地でパルマに3-2で勝利。3連勝で勝ち点を41に伸ばし、セリエA残留を確定させた。

 前半は苦戦した。前半18分に先制点を決められると、同24分にゴールネットを揺らされた場面はVARでオフサイド判定となったが、同40分にはオウンゴールで失点。前半を2点ビハインドで折り返す。

 しかし後半、見違えたようにチームが生まれ変わる。まずは2分にCKをDFユリアン・シャボーが頭で決めて反撃を開始すると、同24分にはFWファビオ・クアリアレッラが個人技からループシュートを決めて同点。そして同33分、FWフェデリコ・ボナッツォーリが逆転弾を流し込んで、劇的な展開に持ち込んだ。

 逆転勝ちしたサンプドリアはこれで3連勝。吉田が連続フル出場をスタートさせることになる7月1日のレッチェ戦以降、好調アタランタに敗れた以外は6戦5勝と驚異的な巻き返しで残留争いを一気に抜け出した。そして同日、残留争いをするレッチェがジェノアに1-2で敗れたため、サンプドリアのセリエA残留が決定した。

https://news.yahoo.co.jp/articles/68bd0cc8295c1b266028b039a5debafe7ca38ced

吉田麻也完封勝利貢献 サンプドリア2連勝で残留前進 

20200716-27160109-nksports-000-3-view




1: 2020/07/16(木) 11:08:46.83
<セリエA:サンプドリア3-0カリャリ>◇15日◇ジェノバ

DF吉田麻也(31)が所属するサンプドリアが3-0でカリャリを撃破し、セリエA残留に大きく前進する連勝を飾った。吉田は5試合連続先発し、右センターバックとして3試合ぶりの完封勝利に貢献した。

試合は開始8分にFWガッビアーニがヘッドで通算10得点目となる先制弾を決めた。続く同41分、後半8分にFWボナゾリが2ゴールを挙げて快勝した。ガッビアーニは「結果を出すことが重要だった。通算ゴールが2ケタに乗るのは素晴らしいことだが、勝利の方に満足している。ロックダウン前の順位は正しくなかった、今は自分たちの価値を証明できている」と胸を張った。

直近5試合で4勝1敗と好調をキープ。これで勝ち点38に伸ばして14位とした。降格圏の18位レッチェと勝ち点9差まで広げた。次節は19日に敵地でのパルマ戦。2ゴールを決めたボナゾリは「ここから強くペダルを踏んで、パルマでも勝ち点3を取りたい」と意気込んだ。ベンチ外処分が解けて指揮に戻ったクラウディオ・ラニエリ監督は「チーム活動休止中、選手たちは苦しみ、生活とトレーニングを減速させられた、しかしピッチに戻るとドライに練習している、試合では常に改善がみられ、勝利できた。私は戦う選手を求めている」と終盤に向け、手綱を締めていた。

https://news.yahoo.co.jp/articles/517c7c7ae9b43fceeb2cade84a6e35bcc207afaf

<サンプドリア吉田麻也>FKのロングパスでダメ押し3点目をアシスト! 

1: 2020/07/13(月) 09:40:08.95
【ミラノ(イタリア)共同】サッカーのイタリア1部リーグ(セリエA)で12日、サンプドリアの吉田麻也はアウェーのウディネーゼ戦にフル出場し、2―1の後半終了間際に追加点をアシストした。試合は3―1で勝った。

ボローニャの冨安健洋は敵地のパルマ戦にフル出場し、1点リードの前半16分にチームの2点目をアシスト。試合は後半ロスタイムに2失点して2―2で引き分けた。

7/13(月) 9:07
https://news.yahoo.co.jp/articles/1fda634eae92b7d81a0cb2a4b4c18d78df385870

写真
no title


・サンプドリア吉田麻也がFKのロングパスでダメ押し3点目をアシスト!

日本代表DF吉田麻也が、12日に行われたセリエA第32節のサンプドリア対ウディネーゼの一戦でアシストを記録した。

 サンプドリアは37分に吉田のクリアミスから相手にミドルシュートを決められウディネーゼに先制を許してしまうが、それでも前半のうちに同点に追いつく。さらに84分にはイタリア人FWフェデリコ・ボナッツォーリの華麗なオーバーヘッドシュートが決まって2-1と勝ち越す。

 試合終盤の90+3分にサンプドリアはハーフライン近くでフリーキックを得る。吉田がそこからロングパスを通すと、イタリア人FWマノロ・ガッビアディーニがうまく相手DFをはがしてゴールを決めた。サンプドリアはダメ押しとなる3点目を挙げてこの試合を勝利で飾っている。

7/13(月) 9:01 サッカーキング
https://news.yahoo.co.jp/articles/36c5f6d0688f692e428084fe1982cc8803a177ee

吉田麻也セリエA初完封 サンプドリア再開後初連勝 

20200706-27060076-nksports-000-4-view




1: 2020/07/06(月) 11:15:04.18
<セリエA:サンプドリア 3-0 SPAL>◇5日◇ジェノバ

DF吉田麻也(31)が所属するサンプドリアは今季再開後初の連勝を飾った。吉田は右センターバックで先発フル出場し、降格圏内19位SPALの攻撃陣を0点に抑え、吉田にとってセリエA初完封となった。

試合は前半12分、相手DFのクリアミスでボールを奪ったMFリネッティが左足ミドルで先制弾。前半終了間際にはFWガビアディーニ、同ロスタイムにMFリネッティがこの日の2点目を決め、優位に試合を進めた。2ゴール挙げたリネッティは「このように先制すれば、ハッビーになれる」と喜んだ。次節8日には再開後5連勝中の4位アタランタと対戦を控え「強敵相手と分かっているが次も勝ちたい」と意気込んだ。

前節1日のレッチェ戦に続き、下位クラブから確実に勝ち点3を奪い取ったサンプドリアは勝ち点32に伸ばし、14位に浮上。降格圏内の18位レッチェと勝ち点7差に広げ、残留に前進した。クラウディオ・ラニエリ監督は「(下位クラブとの)2つの重要な戦いに勝利できた。先制した後、さらに2点を決めることはできた。後半は選手の質の高さをみせ、良くできた」と満足顔だった。

https://news.yahoo.co.jp/articles/790ba214b6c3589ecdde44904d3de6cf00a16971

吉田麻也はフル出場で再開後初白星に貢献…サンプドリア、計3本のPK合戦制し残留へ前進 

20200702-01091614-soccerk-000-2-view




1: 2020/07/02(木) 10:07:27.15
セリエA第32節が7月1日に行われ、DF吉田麻也が所属するサンプドリアはアウェイでレッチェと対戦した。吉田は2試合ぶりのスタメンで、4バックの右センターバックでフル出場した。

 リーグ再開後3連敗中の16位サンプドリアと、勝ち点差1で降格圏の18位レッチェによる残留争い直接対決。試合はレッチェが先にチャンスを作り、7分にビアージョ・メッカリエッロが左サイドからのクロスに頭で合わせたが、決定的なシュートはGKエミル・アウデロに阻まれた。

 試合が動いたのは40分、サンプドリアはヤクブ・ヤンクトがエリア内で倒されてPKを獲得。このPKでガストン・ラミレスがゴール左を狙うと、GKに右手で弾かれて、さらにクロスバーを叩く。だが、バックスピンがかかったボールはバウンドすると、そのままゴールに吸い込まれて先制点となった。

 しかし、後半の立ち上がり50分、1点を追うレッチェはリッカルド・サポナーラがエリア内でタックルを受けてPKを得ると、キッカーのマルコ・マンコースがゴール右に沈めて同点に追いついた。

 サンプドリアは55分、相手FWクマ・ババカルにエリア内へ侵入を許したが、シュートは吉田が好ブロックで対応。すると73分、今度はファビオ・デパオリがエリア内で倒されて、再びサンプドリアにPKが与えられる。このPKをラミレスがゴール右隅に突き刺して勝ち越しに成功した。

 試合はこのまま終了し、サンプドリアが残留争い直接対決を制してリーグ再開後初白星を飾った。敗れたレッチェは中断期間を挟んで5連敗となった。

 次節、サンプドリアは7月5日にホームでSPALと、レッチェは同4日にアウェイでサッスオーロと対戦する。

【スコア】
レッチェ 1-2 サンプドリア

【得点者】
0-1 40分 ガストン・ラミレス(PK/サンプドリア)
1-1 50分 マルコ・マンコース(PK/レッチェ)
1-2 75分 ガストン・ラミレス(PK/サンプドリア)

https://news.yahoo.co.jp/articles/9ff588e38357fbe4195fb611d7cf505c5b6e8ef2

冨安健洋と吉田麻也の日本人対決実現。ボローニャが5試合ぶり勝利 

20200629-00378994-footballc-000-1-view




1: 2020/06/29(月) 09:52:08.78
【サンプドリア 1-2 ボローニャ セリエA第28節】

 セリエA第28節のサンプドリア対ボローニャが現地時間28日に行われた。試合は2-1でアウェイのボローニャが勝利した。ボローニャのDF冨安健洋はフル出場。サンプドリアのDF吉田麻也は74分から途中出場している。

 残留争いの位置にいるサンプドリアと、中位につけるボローニャの対戦。前半はどちらも決定機が少なく、互角の展開で折り返した。

 後半に入っても同様の展開が続くが、70分すぎにボローニャが試合を動かした。カウンターからチャンスをつくったオルソリーニがペナルティーエリア内で倒されてPKを得ると、途中出場のバロウが決めて先制する。

 その後、サンプドリアはトネッリが負傷して吉田が投入された。

 その直後にボローニャが追加点。左サイドでボールを持ったバロウが2人のDFの間を抜けてドリブルでペナルティーエリア内に侵入すると、吉田らを引きつけてクロス。このボールにオルソリーニが合わせて2点差とした。

 サンプドリアは終盤の88分、左からのクロスにボナッツォーリがあわせて1点を返すが、勝ち点を奪うには至らず。

 2-1で勝利したボローニャが5試合ぶりの白星を手にしている。

【得点者】
72分 0-1 バロウ(ボローニャ)
75分 0-2 オルソリーニ(ボローニャ)
88分 1-2 ボナッツォーリ(サンプドリア)

https://news.yahoo.co.jp/articles/9ebbac489045543f2809f67d9297e8685db4daff



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索