Samurai Goal

サンティアゴ・ソラーリ


スポンサード リンク





ジダンがR・マドリーに正式復帰、契約期間は2022年6月30日まで  

no title



1: pathos ★ 2019/03/12(火) 02:40:28.97 ID:Up9ofh/y9
モウリーニョが本命視されていたが…。

 レアル・マドリーが3月11日(現地時間)、サンティアゴ・ソラーリ監督の解任とジネディーヌ・ジダン監督の就任を発表した。契約期間は2022年6月30日まで。

 2016年1月から2年半に渡ってマドリーの監督を務め、昨シーズン終了後の5月31日に退任したジダンは、わずか9か月での復帰となる。

 今シーズンのマドリーは開幕から調子が上がらず、10月末にジュレン・ロペテギ監督の解任に踏み切った。Bチームを率いていたソラーリに後を託し、一時は持ち直したかに思われたが、ここにきて失速。4連覇が懸かったチャンピオンズ・リーグではラウンド・オブ16でアヤックスに不覚をとり、コパ・デル・レイでも宿敵バルセロナに準決勝で敗れた。

 ラ・リーガでもそのバルサに12ポイント差をつけられており、タイトル獲得は絶望的な状況だ。
 
 求心力を失ったソラーリの下では、主将のセルヒオ・ラモスがフロレンティーノ・ペレス会長と口論、イスコがチームへの帯同を拒否するなどピッチ外でもゴタゴタが続き、後任探しが急ピッチで進行。10年夏から3シーズンに渡りマドリーを率いたジョゼ・モウリーニョが最有力候補と見られていた。

 だが、ペレス会長がこの窮地に再建を託したのは、前人未踏のCL3連覇に導き、選手やファンからの信頼も厚いカリスマ指揮官だった。
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190312-00055371-sdigestw-socc

レアル、規律違反のイスコを懲戒処分へ…ソラーリはこれ以上起用しない方針か 

20190311-00010019-goal-000-4-view[2]

<モウリーニョ>レアル監督就任に同意!条件は主力4選手(ラモス、ベンゼマ、ベイル、マルセロ)の売却  

30702_ext_04_0




1: Egg ★ 2019/03/10(日) 11:46:02.67 ID:tfEgfKoC9
ポルトガル人監督ジョゼ・モウリーニョがサンティアゴ・ソラーリの解任後にレアル・マドリーの新監督に就任する可能性がある。
メディア『Soy madridista』によれば、モウリーニョは4名の主力選手の放出を条件に、マドリーの指揮を執ることに同意したという。

4名の選手とはセルヒオ・ラモス、マルセロ、カリム・ベンゼマ、ガレス・ベイルである。
6月30日までにマドリーがこれらの選手を売却することをモウリーニョは要求している。
同メディアによれば会長はこの要求を受け入れる準備があるという。

コパ・デル・レイとUEFAチャンピオンズリーグで敗退し、
リーガでの優勝のチャンスも期待薄なマドリーは現在必死に次期監督を探しているが、
現在のところモウリーニョは唯一の候補である。

3/10(日) 8:40配信 スポルト
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190310-00010003-sportes-socc

混迷を極めるレアル・マドリー、新ターゲットはネイマールら8名 

20190309-00010006-sportes-000-1-view[1]

レアル・マドリード、ソラーリ暫定監督を正監督に任命!就任後4戦全勝 

GettyImages-1055715006-800x533




1: 2018/11/13(火) 10:16:46.95 _USER9
ソラーリ暫定監督がレアル正指揮官に、4戦全勝で立て直しに成功

【AFP=時事】スペイン1部リーグのレアル・マドリード(Real Madrid)が12日、サンティアゴ・ソラーリ(Santiag Solari)暫定監督を正式な指揮官に任命した。フレン・ロペテギ(Julen Lopetegui)氏の後任としてチームを率いていたソラーリ監督の下、レアルは復調を果たしていた。

 スペインサッカー連盟(RFEF)は「全て完了した。レアル・マドリードは問題なくソラーリ監督と契約を結んだ」と発表した。

 先月にロペテギ氏が解任されたことを受け、暫定的にチームを率いていたソラーリ監督は就任後4戦全勝中。ここまで15得点2失点という数字を残し、同クラブの監督としては最も優れたスタートを切った。

 レアルはスペイン国王杯(Copa del Rey 2018-19)でメリリャ(Melilla)に大勝すると、欧州チャンピオンズリーグ(UEFA Champions League 2018-19)でヴィクトリア・プルゼニ(Viktoria Plzen)に5-0で勝利し、リーグ戦でもレアル・バジャドリード(Real Valladolid)とセルタ(Celta de Vigo)から白星を挙げた。

 こうした復調によりレアルは、リーグ戦では首位FCバルセロナ(FC Barcelona)との勝ち点差が4にまで縮まり、チャンピオンズリーグでも16強入りが目前に迫っている。

 ロペテギ氏が7試合でわずか1勝しかできないなど悲惨な結果を残すと、現役時代にレアルで5年間プレーしたソラーリ監督は、同クラブのBチームに当たるカスティージャ(Real Madrid Castilla)の指揮官から昇格を果たした。

 最終的にはバルセロナに1-5で敗れたことがフロレンティノ・ペレス(Florentino Perez)会長にロペテギ氏の解任を決断させたが、チームは新たな監督の下で立ち直った。

 ペレス会長の2期にわたる計15年の在任期間で、ソラーリ監督はレアルにおける13人目の指揮官となった。エミリオ・ブトラゲーニョ(Emilio Butragueno)ディレクターは前日、「彼(ソラーリ監督)は素晴らしい仕事をしている」「われわれは、ここまでのプロセスにとても満足している」とコメントしていた。【翻訳編集】 AFPBB News

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181113-00000007-jij_afp-socc

<レアル・マドリード>ロペテギ監督の解任発表!Bチーム監督が暫定指揮へ... 

GettyImages-1018562054-800x534




1: 2018/10/30(火) 06:16:02.50 _USER9
レアル・マドリーは29日、フレン・ロペテギ監督との契約を解除することを発表した。後任は未定。暫定でBチームのサンティアゴ・ソラーリ監督が指揮を執る。

 2016年7月からスペイン代表を指揮していたロペテギ監督は、今年6月12日にロシア・ワールドカップ後のレアルの監督就任が発表された。しかし、翌日スペインサッカー連盟から代表監督の解任が発表され、前代未聞の新体制スタートとなった。

 すると、エースのFWクリスティアーノ・ロナウドを放出したレアルは、公式戦無得点のクラブワースト記録を更新するなど、新シーズンスタートから不調にあえいだ。そして28日に1-5でバルセロナに敗れ、10試合を終えて4勝2分4敗。伝統のダービーマッチ、“クラシコ”の敗戦が解任の決め手となったようだ。

 なお、後任候補には元チェルシー指揮官のアントニオ・コンテ氏の名前が挙がっている

10/30(火) 5:59配信 ゲキサカ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181030-03891381-gekisaka-socc

写真
no title


【サッカー】<クラシコ>バルサが5発大勝!スアレスがハットトリックの大活躍・・クラシコ大敗後のレアルの練習の雰囲気は?★2
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1540830323/



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索