Samurai Goal

サルヴァトーレ・スキラッチ


スポンサード リンク





スキラッチ氏が振り返る日本移籍「最高の人々がいた」「車を40~50キロで走るのに慣れるのは大変だった」  

1: Egg ★ 2019/06/07(金) 22:22:15.26 ID:7tsdDea/9
元イタリア代表のサルヴァトーレ・スキラッチ氏が6日、イタリア国営放送『Rai』のラジオ番組でインタビューに応じ、1994年の日本移籍を振り返った。

シチリア出身のスキラッチ氏は現役時代、地元メッシーナでプロとしてのキャリアをスタートすると、のちにユヴェントスやインテルなどのビッグクラブで活躍。1990年イタリア・ワールドカップでは、開催国の代表として6得点を挙げて大会得点王および最優秀選手に輝いた経歴を誇る。その後、1994年にJリーグ移籍を決断。ジュビロ磐田で3年間プレーし、1997年に現役を退いた。元イタリア代表FWは、懐かしげに日本移籍について語った。

「私は海外でプレーする史上初のイタリア人選手になった。(Jリーグへ移籍することで)代表からも声がかからなくなり、フットボールの第一線から外れてしまうことは自分でも分かっていたので、難しい選択だった。だがそれまでとは違う新たな経験を積んでみたいと思っていた。胸算用をしたが、自分はキャリアの終わりであったし、良い契約を提示されたので、新たな経験へと踏み出した。豊かな経験を得ることができたよ」

スキラッチ氏は、Jリーグ移籍が自身の成長につながったと考えているが、日本での異なる習慣、文化への適応は簡単ではなかったことを告白している。

「日本で4年間プレーしたことで、テレビを通してでは理解できないことを理解できるようになった。深い敬意を払う一方、厳しくもある最高の人々を知ることができたよ。成長を続けていくJリーグにおいて、私はドゥンガとともに自分が重要な選手であることを証明しなければならなかった」

「また車を運転するにしても40~50キロで走るのに慣れるのは大変だった。向こうでは皆、非常に厳しく、間違いは許されない。それにマナーや時間も守らなければならない。さらに私はピッチにおいて監督となり、自分の技術を見せて、評判通りであることを証明しなければならなかった。こういったことが私の成長に大きくつながったと考えている」

6/7(金) 20:10配信 GOAL
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190607-00010022-goal-socc

写真no title

元ジュビロ磐田のスキラッチ氏「日本人のプロフェッショナルで真摯な姿勢は印象的」 

20190402-00010011-goal-000-1-view[1]


ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索