Samurai Goal

サラー


スポンサード リンク





<止まらない>リバプールがアーセナルを粉砕!大量5得点で豪快逆転勝利 

1: 2018/12/30(日) 07:46:50.52 _USER9
【リバプール 5-1 アーセナル プレミアリーグ第20節】

現地時間29日に行われたプレミアリーグ第20節のリバプール対アーセナルは、5-1でホームのリバプールが勝利した。

開幕から無敗を維持して首位を快走するリバプールだが、この日先制したのは5位のアーセナルだった。
11分、敵陣でロングフィードをカットすると、左サイドからイウォビがクロスを供給。フリーで走り込んだメイトランド=ナイルズがゴールを決める。

だが、これがリバプールの攻撃に火をつけた。

14分、相手DFリヒトシュタイナーのクリアが味方に当たってこぼれたボールを拾ったフィルミーノが同点弾を決めると、
16分にもフィルミーノ。中央で2人のDFを抜き去り、逆転弾を奪う。

32分にはサラーの折り返しをマネが押し込んで3-1となると、
前半終了間際にはサラーのPKで4点目が決まり、大差で折り返した。

リバプールは後半に入っても攻撃の手を緩めず、5点目を狙う姿勢で入った。
すると65分、ロブレンが倒されて得たPKをフィルミーノが担当。冷静にGKの逆を突き、ハットトリックを達成する。

これでリードが4点となったリバプールは、残り時間も隙を見せず、5-1のまま勝利を収めた。
同日の試合では、2位のトッテナムがウォルバーハンプトンに敗れている。このため、リバプールと2位の勝ち点差は9となった。

【得点者】
11分 0-1 メイトランド=ナイルズ(アーセナル)
14分 1-1 フィルミーノ(リバプール)
16分 2-1 フィルミーノ(リバプール)
32分 3-1 マネ(リバプール)
45+2分 4-1 サラー(リバプール)
65分 5-1 フィルミーノ(リバプール)

12/30(日) 4:21配信 フットボールチャンネル
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181230-00303050-footballc-socc

写真
no title


第20節 その他試合12月29日(土)

ブライトン 1-0 エバートン
フルハム 1-0 ハダースフィールド
レスター・シティ 0-1 カーディフ
ワトフォード 1-1 ニューカッスル

https://web.gekisaka.jp/livescore/list?season=16180&type=now

S.ラモス“衝撃告白”「脅迫を受けている...」サラーの一件は未だに決着つかず 

41024_ext_04_0

『ロナウド・モドリッチ・サラー』FIFA最優秀選手に輝くのは誰だ!! 

7e09f7ef4c4630e02ba7cce8542350f8_content

【動画】『サラーvsマネ』“世界最速”なのはどっち!? 

1 2018/09/01(土) 14:49:19.14 _USER9
マネが笑顔で断言「100m、200mでは僕が確実に勝つさ!」

リバプールのセネガル代表FWサディオ・マネは、同僚のエジプト代表FWモハメド・サラーとどちらが速いのかという質問に、「僕の方が速い」と笑顔で答えた。スペイン紙「マルカ」が報じている。

 リバプールは今季も前線のアタッカー陣が猛威を振るっており、4-1-2-3システムの両ウイングを担うマネとサラーは持ち前の俊足を活かし、開幕3戦でマネは3ゴール、サラーは2ゴールを記録し、チームの首位浮上の原動力となっている。

 プレミアのみならず“世界最速級”のスピードを誇る両者は、ユルゲン・クロップ監督率いるリバプールの生命線となっているが、マネとサラーでは果たしてどちらの方が速いのだろうか。世界中のサッカーファンが気になる疑問に、マネ本人は大笑いしながら答えたという。

「もちろん、僕の方が速いよ! 短距離では、おそらく僕ではないね。だけど、100m、200mでは僕が確実に勝つさ!」

 マネは、瞬発力ではサラーが上回ることを認めつつ、長距離のスプリントについては自らが勝ると自信を覗かせていた。世界でも指折りのスピードスターが同じチームに所属しているという状況は、対戦相手からすれば、頭を抱える難題となるだろう。

9/1(土) 11:20配信 フットボールゾウ
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180901-00132519-soccermzw-socc

no title

UEFA“年間最優秀選手”ノミネート3選手発表!!モドリッチか?ロナウドか? 

1 2018/08/20(月) 22:27:47.46 _USER9
8/20(月) 22:24配信
UEFA年間最優秀選手のノミネート発表、W杯準優勝モドリッチら3人

 欧州サッカー連盟(UEFA)は20日、欧州年間最優秀選手の候補者を発表した。

 選出されたのはMFルカ・モドリッチ(R・マドリー)、FWクリスティアーノ・ロナウド(R・マドリー)、FWモハメド・サラー(リバプール)の3人。栄誉を手にする選手は、30日のUEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)組み合わせ抽選会で決まる。

 UEFAが発表したショートリストによると、モドリッチの選出理由は欧州CL優勝、ロシアワールドカップ準優勝、同大会ゴールデンボール受賞の3つ。前回受賞者のC・ロナウドは自身5度目の欧州CL制覇が評価されたようだ。

 また、エジプト代表として28年ぶりのW杯出場に導いたサラーは欧州CL準優勝に加え、プレミアリーグ得点記録などさまざまな大記録を打ち立てたことを加味しての選出となっている。なお、UEFAでは各ポジション別のベスト3も公表している。

ポジション別の選出者は以下のとおり

▽GK
アリソン・ベッカー(ローマ→リバプール/ブラジル代表)
ジャンルイジ・ブッフォン(ユベントス→パリSG/イタリア代表)
ケイラー・ナバス(R・マドリー/コスタリカ代表)

▽DF
マルセロ(R・マドリー/ブラジル代表)
セルヒオ・ラモス(R・マドリー/スペイン代表)
ラファエル・バラン(R・マドリー/フランス代表)

▽MF
ケビン・デ・ブルイネ(マンチェスター・C/ベルギー代表)
トニ・クロース(R・マドリー/ドイツ代表)
ルカ・モドリッチ(R・マドリー/クロアチア代表)

▽FW
リオネル・メッシ(バルセロナ/アルゼンチン代表)
クリスティアーノ・ロナウド(R・マドリー/ポルトガル代表)
モハメド・サラー(リバプール/エジプト代表)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180820-01692613-gekisaka-socc
no title

セルヒオ・ラモス、クロップ監督を徹底“口撃”か! 

s4.reutersmedia.net
レアル・マドリードDFセルヒオ・ラモスはまるでピッチの上にいるかのように、そして子供であるかのように、スーパーカップの前日会見において徹底して攻撃的な姿勢を見せた。

その攻撃対象は、昨季のチャンピオンズリーグ決勝においてリヴァプールFWモハメド・サラーを負傷させたとされる行為を批判した監督ユルゲン・クロップだった。

〈続く〉

https://headlines.yahoo.co.jp/cm/main?d=20180815-00010017-sportes-socc&s=lost_points&o=desc&t=t&p=2

【悲報】モハメド・サラー、事情聴取へ...!!SNSの拡散により発覚! 

キャプチャ

モハメド・サラーが語った“熱狂的ファン”のエピソードが凄い!! 

キャプチャ
リヴァプールに所属するエジプト代表FWモハメド・サラーが、スポンサーのイベントでエジプトの俳優2人と対談を行い、いくつかの質問に答えている。

サラーはリヴァプール1年目の昨季、プレミアリーグ年間MVPなど個人賞を独占。その中でも得点王(ゴールデンブーツ)のタイトルが特別だったことを明かし、理由についてはこう語る。

〈続く〉

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180807-00010003-goal-socc

“ラモスはレスラーか!!”サラーを負傷させた件で未だにお怒りのクロップ監督!! 

sergio-ramo

リヴァプールのユルゲン・クロップ監督は、チャンピオンズリーグ決勝でモハメド・サラーを負傷させたレアル・マドリーDFセルヒオ・ラモスを痛烈に批判した。

現在、プレシーズンのアメリカツアー真っ最中のリヴァプールだが、指揮官はCL決勝から2カ月以上がたった今も、レアルDFの行為に怒りが収まらないようだ。インターナショナル・チャンピオンズ・カップのマンチェスター・ユナイテッド戦に向けた前日会見で次のように語っている。

「あなたがレアル・マドリーの人間でない限り、あれは冷酷で残忍なプレーだと思うはずだ」

まずは審判に言及し、W杯のビッグゲームでの判定と比較しても「あの状況ではもっといい判定を下すべきだった」と不満を露わにした。

<続く>

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180729-00000006-goal-socc

渦中のラモスの“発言”にサラーが嘲笑!「笑わせてくれるね」 

_1_article_type_3
1 2018/06/09(土) 22:46:47.12 _USER9
リヴァプールに所属するエジプト代表FWモハメド・サラーがスペイン『マルカ』とのインタビューに応じ、
レアル・マドリーDFセルヒオ・ラモスとの間に遺恨を残していることをうかがわせた。

サラーはチャンピオンズリーグ決勝レアル・マドリー戦の前半に、DFセルヒオ・ラモスと交錯して肩を負傷。
涙を流しながらの途中交代となり、ロシア・ワールドカップ出場も危ぶまれることとなった。

サラーは『マルカ』とのインタビューで、S・ラモスとの交錯が「プレー中に起こる普通の出来事だっのか?」と問われ、
「分からない。おそらくそうかな?」と返答。またS・ラモスが「最初に腕をつかんだのは彼で、僕は反対方向に倒れた。
実際、彼が負傷したのは逆の腕だった」と話したことには、「それは面白いね…」と一笑に付した。

S・ラモスは「もし痛み止めを打っていたら、サラーは後半もプレーできたはず」とも話していたが、
サラーはその発言について意見を求められると、笑みを浮かべながらこのように返している。

「自分を泣かせた人間が、その後に笑わせてくれるというのは素晴らしい。
おそらく、彼は僕がワールドカップにも出場できると口にしてしまえるんだろう。彼から連絡はあったよ。でも、僕は『良い状態だ』とは一言も口にしていない」

サラーはまた、ワールドカップ初戦ウルグアイ戦に間に合う可能性があるのかどうかについて、次のように語った。

「状態は良くなっている。ウルグアイ戦に臨む期待を抱えているよ。
でも、それは試合日が近づいて、自分がどのような感触を得ているのかに依存することだ」

6/9(土) 20:43配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180609-00000027-goal-socc



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索