Samurai Goal

サラー


スポンサード リンク





南野が「8ヤードから誤射」 サラーから“ギフトパス”もシュートミス…海外メディア辛辣 

20200202-00244380-soccermzw-000-2-view[1]




1: 砂漠のマスカレード ★ 2020/02/02(日) 09:36:30.76 ID:Srq6lBSF9
途中出場の南野、サラーからお膳立ても決定機逸「ゴールが手中にあったはずだが…」

リバプールは現地時間1日、プレミアリーグ第25節でサウサンプトンと対戦し、4-0で完勝を収めた。
日本代表MF南野拓実は後半36分に途中出場し、エジプト代表FWモハメド・サラーのパスからゴール前で決定機を迎えるも、
シュートはゴール右上の枠外に逸れてしまった。海外メディアは「8ヤードから誤射した」と厳しく指摘している。

前半はインテンシティーの高い一進一退の激しい攻防が繰り広げられたが、後半に入るとサウサンプトンに疲れの色が見え始め、一方的な試合展開に。
カウンターからリバプールが立て続けにゴールを奪い、最終的には大量4ゴールのワンサイドゲームとなった。
南野は3-0で迎えた後半36分に、オランダ代表MFジョルジニオ・ワイナルドゥムに代わって投入された。

そして左ウイングに入った南野は、後半41分に決定機を迎える。カウンターからサラーが右サイドを突破。
力強いドリブルで相手守備陣を切り裂きペナルティーエリア内に侵入すると、切り返してシュートコースを生み出すも横パスを選択。
走り込んだ南野がフリーで右足を振り抜いた。しかしゴール右隅を狙ったシュートは、わずかに枠の外へと逸れていった。

南野の痛恨シュートミスに、米スポーツ専門局「ESPN」は「ゴールが手中にあったはずだが、どういうわけか8ヤード(約7.3メートル)から誤射した」と厳しく指摘。
サラーからの“ギフト”により、移籍後初ゴールが目前に迫っていたものの、ビッグチャンスを棒に振ってしまう結果となった。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200202-00244380-soccermzw-socc
2/2(日) 9:30配信

世界で最も価値のある選手はムバッペ 2位スターリング 3位サラー 

news_295498_1




1: ネギうどん ★ 2020/01/09(木) 09:42:14.44 ID:RfL8k+vP9
サッカー専門調査機関“価値のある選手”首位はムバッペに! 市場価格高騰で移籍も困難か

 パリSGのFWキリアン・ムバッペが世界で最も価値のある選手に選ばれた。7日、英『ミラー』が伝えている。

 ムバッペは今季のリーグアンで11ゴールを挙げ、現在得点ランク2位に。公式戦すべての合計は18ゴールとなった。2018年のロシア・ワールドカップで大ブレイクを遂げた21歳のフランス代表FWは、もはや貫禄を感じるほどのプレーを見せつけている。

 移籍の噂は絶えることはない。以前からレアル・マドリーなどが関心を示していたが、現在リバプールへの移籍話も出ている。しかし一方で、その市場価格も高まっており、ムバッペ獲得にはかなりの大金を費やす必要があると見られている。

 サッカー専門調査機関「CIES」は、ムバッペを欧州5大リーグで最も価値のある選手とみなした。それによると、その市場価格は2億2600万ポンド(約245億8000万円)で、2017年のFWネイマールがつけた市場価格もわずかに上回っているという。

「CIES」のランキングでは首位がムバッペ。2位がマンチェスター・シティのFWラヒーム・スターリングで、3位がリバプールのFWモハメド・サラーとなっている。

以下、「CIES」ランキングトップ10
1位:FWキリアン・ムバッペ(パリSG)2億2600万ポンド
2位:FWラヒーム・スターリング(マンチェスター・シティ)1億9000万ポンド
3位:FWモハメド・サラー(リバプール)1億5000万ポンド
4位:MFジェイドン・サンチョ(ドルトムント)1億4400万ポンド
5位:FWサディオ・マネ(リバプール):1億3200万ポンド
6位:FWハリー・ケイン(トッテナム)1億2900万ポンド
7位:FWマーカス・ラッシュフォード(マンチェスター・U)1億1400万ポンド
8位:FWリオネル・メッシ(バルセロナ)1億700万ポンド
9位:FWアントワーヌ・グリエーズマン(バルセロナ)1億500万ポンド
10位:FWラウタロ・マルティネス(インテル)9900万ポンド

https://web.gekisaka.jp/news/detail/?295498-295498-fl

<南野がサラーとじゃれ合い>リバプールでの“交流”に英紙注目!「気が合ったのは明らか」 

1: Egg ★ 2020/01/04(土) 19:03:07.61 ID:BZFqTKK79
チームに合流した南野、初練習でエースと交流「仲の良い様子を見せた」

リバプールは現地時間2日、プレミアリーグ第21節でシェフィールド・ユナイテッドと対戦し、2-0で勝利を収めた。1日に正式加入した日本代表MF南野拓実はスタンドから試合を見守っていたが、英紙は「南野がサラーとじゃれ合い」と見出しを打ち、初練習でエースのエジプト代表FWモハメド・サラーと気が合った様子を伝えている。

【写真】リバプール加入の日本代表MF南野、同僚FWサラーと仲睦まじく交流する様子
no title


 今季プレミアを独走するリバプールはシェフィールド戦の勝利で、昨年1月3日のマンチェスター・シティ戦(1-2)を最後に、37試合無敗を維持。丸々1年間負けなしとなった。1試合多く残し、2位レスターに勝ち点14差をつけている。

 南野は1月1日に正式加入となったが、12月31日にチームに合流し、初練習に臨んでいた。そんななか、英紙「デイリー・エクスプレス」は「南野が初練習でサラーとじゃれ合い」と見出しを打ち、「リバプールのニューフェイス、南野は早くも新たなチームメートと打ち解けた」と取り上げている。

「彼がサラーと気が合ったのは明らかだった。このペアはメルウッドで仲の良い様子を見せ、常に2人とも笑顔で交流していた」と伝えている。2年連続で得点王に輝いているサラーは、今やプレミア屈指のスーパースターだが、南野とは馬が合うのかもしれない。

1/4(土) 7:20配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200104-00238682-soccermzw-socc

写真no title

今年のアフリカ最優秀選手賞は誰の手に?! 最終候補はこの3人!  

20191225-00366841-usoccer-000-1-view[1]




1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/12/25(水) 18:59:58.47 ID:yIC9ams/9
アフリカサッカー連盟(CAF)が22日に、2019年のアフリカ最優秀選手の最終候補3名を発表した。

今年の最終候補3名は、リバプールのエジプト代表FWモハメド・サラー、同セネガル代表FWサディオ・マネ、そしてマンチェスター・シティのアルジェリア代表FWリヤド・マフレズだ。

サラーやマネは、今年はチャンピオンズリーグ制覇をはじめ、惜しくも2位となった昨季のプレミアリーグでは共に22得点を挙げ、
アーセナルのガボン代表FWピエール=エメリク・オーバメヤンと並んで得点王に輝いた。2015年のアフリカ最優秀選手であるオーバメヤンは今年も10名の候補に入っていたものの、最終候補には選ばれなかった。

また、マフレズはサラーやマネを擁するリバプールを抑え2連覇したシティに貢献。さらに、今年はアフリカ・ネーションズカップでも3ゴール1アシストの活躍で、母国の29年ぶり2度目の優勝に尽力した。

なお、アフリカ最優秀選手賞は過去2回はサラーが連覇中。2016年にはレスター・シティの奇跡のプレミア優勝の立役者となったマフレズが受賞している。

最多は元カメルーン代表FWサミュエル・エトーと、元コートジボワール代表MFヤヤ・トゥーレの4回。。ヤヤ・トゥーレは2011年から2014年の間に4連破している。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191225-00366841-usoccer-socc
12/25(水) 17:33配信

リバプール、サラー売却で若手2選手を獲得へ?ムバッペやサンチョらが候補か 

20190903-00336850-footballc-000-1-view[1]

“サラーvsマネ騒動”の新事実が判明!? 同僚の「爆笑ものの弁明」に英注目「誤解を…」 

20190903-00214719-soccermzw-000-4-view[1]

長友佑都が久保建英を大絶賛!「クアドラード、サラー、スソと戦ってきたけど…」 

20190610-00010004-goal-000-4-view[1]

<止まらない>リバプールがアーセナルを粉砕!大量5得点で豪快逆転勝利 

1: 2018/12/30(日) 07:46:50.52 _USER9
【リバプール 5-1 アーセナル プレミアリーグ第20節】

現地時間29日に行われたプレミアリーグ第20節のリバプール対アーセナルは、5-1でホームのリバプールが勝利した。

開幕から無敗を維持して首位を快走するリバプールだが、この日先制したのは5位のアーセナルだった。
11分、敵陣でロングフィードをカットすると、左サイドからイウォビがクロスを供給。フリーで走り込んだメイトランド=ナイルズがゴールを決める。

だが、これがリバプールの攻撃に火をつけた。

14分、相手DFリヒトシュタイナーのクリアが味方に当たってこぼれたボールを拾ったフィルミーノが同点弾を決めると、
16分にもフィルミーノ。中央で2人のDFを抜き去り、逆転弾を奪う。

32分にはサラーの折り返しをマネが押し込んで3-1となると、
前半終了間際にはサラーのPKで4点目が決まり、大差で折り返した。

リバプールは後半に入っても攻撃の手を緩めず、5点目を狙う姿勢で入った。
すると65分、ロブレンが倒されて得たPKをフィルミーノが担当。冷静にGKの逆を突き、ハットトリックを達成する。

これでリードが4点となったリバプールは、残り時間も隙を見せず、5-1のまま勝利を収めた。
同日の試合では、2位のトッテナムがウォルバーハンプトンに敗れている。このため、リバプールと2位の勝ち点差は9となった。

【得点者】
11分 0-1 メイトランド=ナイルズ(アーセナル)
14分 1-1 フィルミーノ(リバプール)
16分 2-1 フィルミーノ(リバプール)
32分 3-1 マネ(リバプール)
45+2分 4-1 サラー(リバプール)
65分 5-1 フィルミーノ(リバプール)

12/30(日) 4:21配信 フットボールチャンネル
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181230-00303050-footballc-socc

写真
no title


第20節 その他試合12月29日(土)

ブライトン 1-0 エバートン
フルハム 1-0 ハダースフィールド
レスター・シティ 0-1 カーディフ
ワトフォード 1-1 ニューカッスル

https://web.gekisaka.jp/livescore/list?season=16180&type=now

S.ラモス“衝撃告白”「脅迫を受けている...」サラーの一件は未だに決着つかず 

41024_ext_04_0

『ロナウド・モドリッチ・サラー』FIFA最優秀選手に輝くのは誰だ!! 

7e09f7ef4c4630e02ba7cce8542350f8_content


ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索