Samurai Goal

サラー


スポンサード リンク





“渦中のラモス”がサラーにメッセージ「時に悪い面も見せる…」 

1   2018/05/27(日) 21:00:58.08 _USER9
 サッカーに「たられば」は付き物だが、もしあの時、リバプールがエースを失っていなければ、ビッグイヤーの行方も変わっていたかもしれない……。

 現地時間5月26日、ウクライナのキエフで行なわれたチャンピオンズ・リーグ(CL)決勝は、3-1でレアル・マドリーがリバプールを撃破し、前人未到のCL3連覇の達成した。

 この試合、序盤でペースを握ったのはディフェンディングチャンピオンではなく、“挑戦者”のリバプールだった。最前線からハイプレッシャーをかけ続け、ボールを奪えば、その瞬間から敵陣へ果敢に仕掛けてチャンスを創出した。

 そんな理想的な形で試合を運んでいたリバプールに暗雲が立ち込めたのは30分だった。相手CBのセルヒオ・ラモスと対人戦でもつれたモハメド・サラーが左肩を負傷。そのまま、涙の交代を余儀なくされたのだ。

 チームの核を失ったリバプールは、攻撃力が極端に低下。徐々にマドリーに盛り返され、結果的に敗れてしまった。

 試合後、リバプールの指揮官ユルゲン・クロップは、「他の選手たちへのダメージも明らかだった。我々はあれ以降、勢いを失ってしまった」と、サラーの悲劇的な負傷交代を嘆いた。

 一方で、故意ではなかったとはいえ、奇しくも“加害者”となってしまったマドリーのキャプテン、S・ラモスは、自身のツイッターでサラーへメッセージを発信している。

「サッカーは時に良い面を見せることもあれば、悪い面を見せることもある。何より僕たちは、同じプロ選手だ。サラー、早期回復を祈っているよ。君には未来が待っている」

 14年のプロ生活を過ごし、酸いも甘いも嚙み分けてきた猛者だからこそのエールとも言えるが、ファンからは様々なツイートが寄せられ、「君のせいじゃない」や「偉大なキャプテンだ」といった擁護する声があった一方で、「このクソッタレ。明らかに故意に潰しにいっただろ」「サッカーは格闘技じゃない」という批判的な反応も目立った。

 サッカーにおいて接触プレーは付き物で、それによる怪我も致し方ないものだが、今シーズンの公式戦で44ゴールを挙げ、名声を上げたサラーのシーズン最終戦が、このような形で幕を下したことについては残念でならない。

サッカーダイジェスト 5/27(日) 20:19
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180527-00040996-sdigestw-socc

写真
no title

サラーの症状が判明「肩の靭帯捻挫」W杯出場はどうなる!? 

20180527-00000003-reut-000-2-view
1   2018/05/27(日) 12:52:25.84 _USER9
クロップ監督は「深刻な負傷」と話すもX線の検査結果は最悪の事態を免れる
 
リバプールのエジプト代表FWモハメド・サラーは、現地時間26日のUEFAチャンピオンズリーグ(CL)決勝のレアル・マドリード戦(1-3)で前半25分にDFセルヒオ・ラモスと交錯した後に転倒し、肩を負傷して無念の負傷交代となった。

 ロシア・ワールドカップ(W杯)に向けた不安材料となったが、エジプトサッカー協会はエースの状態について「楽観視」しているという。

 英公共放送「BBC」によれば、ユルゲン・クロップ監督はサラーについて「本当に深刻な負傷」とし、鎖骨あるいは肩の負傷だと語っていた。

 しかし、エジプトサッカー協会は公式ツイッターでX線検査の結果、「肩の靭帯の捻挫」と発表。6月14日に開幕するロシアW杯への出場も「楽観的」とした。リバプールサポーター、そしてW杯での躍進を期待するエジプト国民を安堵させた。

 今季公式戦44得点を決めた韋駄天FWサラー。CLのタイトル獲得こそ叶わなかったが、この悔しさをW杯で晴らしたいところだ。

フットボールZONE 2018年5月27日 10時20分
http://news.livedoor.com/lite/article_detail/14775045/

写真
no title


【速報】悲報!!!サラーが志半ばで負傷退場!!! 

DeJVvnGVwAAm4z0

バロンドール有力候補は誰!?サラーが一番近い? 

Ballondor-1
バイエルン・ミュンヘンFWトーマス・ミュラーは、リヴァプールが26日に行われるレアル・マドリーとのチャンピオンズリーグ決勝に勝利すれば、モハメド・サラーがバロンドールの有力候補であると『ミラー』に語った。

【続く】

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180525-00010013-goal-socc

サラー大丈夫か?CL決勝まで断食順守“イスラム教徒の宿命” 

20180321_mohamed-salah3937

リヴァプールに所属するプレミアリーグ得点王のFWモハメド・サラーが、チャンピオンズリーグ(CL)決勝当日もラマダンを継続すると、『リヴァプール・エコー』や『アルモスリー・アルヤウム』など複数紙が報じている。

【続く】

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180525-00000011-goal-socc

【快挙】サラー、31ゴール目を記録し歴代最多に並ぶ!「表彰総ナメか!?」 

aa07ba6f2b410e4d841a763feed1fe6a_1520158321_1
1   2018/05/13(日) 23:38:51.74 _USER9
リバプールFW、年間MVPの“3冠”達成。今季の個人賞受賞は驚異の34個目に
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180513-00269224-footballc-socc

 昨夏ローマからリバプールに加入して以来サラーはゴールを量産しており、38試合制のプレミアリーグでは歴代最多記録に並ぶ31ゴールを記録。13日に行われる最終節ブライトン戦でゴールを決めれば新記録達成となる。

PL年間最優秀選手賞“サラーに決定”「批判する人を見返したかった」 

e0fec69d-8276-44ac-9175-a1ee2c4d5dcf
1   2018/05/13(日) 20:31:49.29 _USER9
リヴァプールFWモハメド・サラーが、プレミアリーグ年間最優秀選手賞を受賞した。

今季ローマから加入したサラー。リヴァプール1年目にしてエースに成長し、公式戦43ゴールを記録。プレミアリーグでも31ゴールを挙げ、得点ランキングトップを走っている。

そんなエジプト代表FWは活躍が認められ、ファン、記者、関係者の選ぶプレミアリーグ年間最優秀選手賞に選ばれた。すでにイングランドサッカー選手協会(PFA)の年間最優秀選手賞、イングランドサッカー記者協会(FWA)の年間最優秀選手賞も受賞しており、プレミアリーグの個人賞3つを独占した。さらに、クラブの年間最優秀選手にも選ばれている。

チェルシーでは不完全燃焼のまま、イタリアへ活躍の場を移したサラー。25歳FWは、批判する人々を見返したかったと明かしている。

「この賞は本当に、本当に誇らしいよ。僕が一度目のプレミア挑戦で失敗したことを揶揄する人に対し実力を示すため、イングランドへ戻ってくることはいつだって考えていたんだ」

イングランド再挑戦1年目で、見事な活躍を収めたサラー。27日にはチャンピオンズリーグ決勝でレアル・マドリーと対戦する。キャリア最高のシーズンで、誰もが羨むビッグイヤーを掲げることは出来るだろうか。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180513-00000027-goal-socc

クロップ監督、サラーに忠告!!「二度とダイブするな」 

22fdf02d044f6a83f496a989e28d9cb2_content

 リバプール指揮官のユルゲン・クロップがFWモハメド・サラーにダイブなどのファールを受けたふりをして不正に利益を得ようとする行為(シミュレーション)のやりすぎに注意するよう忠告した。

スタンフォード・ブリッジでのチェルシー戦で、サラーは背後にチェルシーの選手の気配を感じ、ファールを受けたふりをして前に倒れた。

クロップはこの件について次のように語った。「確かにあれはダイブだと思う。そうじゃないとしても、何らかの接触を期待していたのだろう。わからないが。私はああいったことは目にしたくない。彼もあんな行為をすることを望んではいないだろう。」

「しかし確かに彼はそれをした。もう二度と繰り返してはならない。彼は素晴らしい選手だ、もっと良いプレーができる。再びゴールを決めることができる。それについて私は一切の疑いが無い。」

欧州CL準決勝ASローマ戦の際にサラーは並々ならぬ苦労を負ったと考える指揮官は、次のようにコメントした。「今回の試合は良く知る相手とだった。試合前は非常に親切で、“やあ、元気かい?”とあいさつし、抱擁し合う。だが、試合中は“バン!(銃声のマネ)”」

クロップはダイブのような行為は名声を失う原因になり兼ねない、とサラーを咎めた。実際に、サラーはこれまでにもプレミアリーグで何度もダイブをし、サポーターたちからのヤジを浴びている。
この試合でリバプールが敗北したことにより、チェルシー(勝ち点69)はトッテナム(71)とリヴァプール(72)に迫り、来季の欧州CL出場権獲得に望みを残している。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180508-00010006-sportes-socc

リヴァプール、サラーやマネの“契約延長”に自信あり!? 

JurgenKlopp20160303-thumb-500x340-120412

 リヴァプールのユルゲン・クロップ監督は、エジプト代表FWモハメド・サラーやセネガル代表FWサディオ・マネとの契約延長に自信を持っているようだ。1日、イギリス紙『タイムズ』が報じている。

 リヴァプールは29日、ブラジル代表FWロベルト・フィルミーノと契約延長したことを発表している。詳しい契約内容は伝えられていないが、契約期間は“長期”だと伝えられている。同紙によると、フィルミーノに続きクラブは、同じく3トップを組むサラーやマネとも契約延長について交渉しているという。

 リヴァプールは今シーズンチャンピオンズリーグでベスト4に進出し、ファーストレグでは5-2で先勝している。また、リーグ優勝はマンチェスター・Cに優勝は譲ったものの、上位につけ、躍進を見せていることから、両選手の契約延長に余裕を見せているという。また、クロップ監督も契約延長に関して自信をもっているようだ。

「ロベルトとの契約延長は我々にとって大きな一歩だ。しかしサッカーというのは、一人ではプレーできない。我々はこれに続いていかなければならない。彼が我々にとって最初で最後の契約延長選手にならないことを保証するよ」

 リーグ戦において、サラーは34試合出場31得点で得点王争いの首位を走っている。また、マネも27試合10得点を記録し、攻撃力を爆発させている。今回、契約延長となれば、リヴァプールにとっての“一番の補強”といえるかもしれない。

SOCCER KING

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180502-00751159-soccerk-socc

モハメド・サラーの栄誉を称え『聖地メッカ』の土地を贈呈? 

2b9660b9244443d96eb1c1d252ed140c_640px

プレミアリーグやチャンピオンズリーグ(CL)で目覚ましい活躍を続けるリヴァプールのエジプト代表FWモハメド・サラーに対して、新たな栄誉が与えられるようだ。サウジアラビアの政府系ニュースサイト『Sabq』の報道を引用して、スペイン紙『ラ・バングアルディア』が25日に伝えている。

 報道によると、ムスリム(イスラム教の教徒)で知られるサラーの活躍を称え、イスラム教の聖地メッカの土地の一部が同選手に贈呈される可能性があるという。イスラム圏で絶大な人気を誇るだけでなく、イギリス社会における“イスラム”の象徴的存在として認知されていること、また若者らへの慈善活動を積極的に行っていることがその理由だとされる。

 地元自治体の関係者は、“感謝のしるし”としてサラーに土地の贈呈を行う意向だと説明。ただし、メッカにある世界最大のモスク「マスジド・ハラーム」の敷地とは重ならない土地に限るとしている。なお、土地の贈呈に関しては、サウジアラビア政府の許可が必要であるため、もし実現が不可能となった場合には、サラーの名前を冠したモスクを建設することも1つの案として検討されているようだ。

 現在25歳のサラーは、昨年夏にリヴァプールに加入。今シーズンはここまで公式戦47試合に出場し43ゴール15アシストを記録している。プレミアリーグでは得点ランキングトップを走り、22日には今シーズン最も活躍した選手に贈られるPFA年間最優秀選手賞を受賞。CL決勝進出に王手をかけたチームのエースとして欠かせない存在になっている。

 昨年10月には、エジプト代表を28年ぶりのW杯出場に導くPKを決めて、国民から“神”と称えられたサラー。本人が今回のオファーを辞退する可能性もあるが、聖地に自分の名を残すことになれば、最大の名誉であるに違いない。


(記事/Footmedia)

SOCCER KING

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180426-00748657-soccerk-socc



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索