Samurai Goal

サラゴサ


スポンサード リンク





香川真司、筋肉の過負荷によって次節欠場へ…今季はリーグ戦14試合に出場  

20191122-00010002-goal-000-1-view[1]




1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/11/22(金) 06:58:03.87 ID:j2Oa6hIi9
サラゴサに所属するMF香川真司は、次節を欠場することになりそうだ。スペイン『el Periodico』が伝えた。

香川は今シーズン、リーグ戦14試合に出場して2ゴールをマーク。
チームの主力選手の一人となっているが、23日に控えるラージョ・バジェカーノとのアウェー戦は欠場が濃厚となった。
直前の最終トレーニングでは筋肉の過負荷によって個別トレーニングに回っており、ビクトル・フェルナンデス監督はメンバーに含めないとみられているようだ。

香川の代役と考えられているのがハビ・プラード。
左サイドのアタッカーとしてもプレーしてきたプラードは、ラージョ戦ではFWルイス・スアレスの下で先発する可能性が高まっているようだ。

なお、サラゴサはここ11試合で2勝と低迷気味。
順位も10位となっており、昇格という目標に向けてこれ以上は勝ち点を落とせない状況となっている。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191122-00010002-goal-socc
11/22(金) 6:47配信

「すべてが好ましい状況だったが…」決定機逸の香川真司、地元紙が厳しい評価  

20191117-43474086-gekisaka-000-1-view[1]




1: 伝説の田中c ★ 2019/11/19(火) 23:12:01.39 ID:qS+/Rbkq9
 サラゴサに所属するMF香川真司に対して、スペイン『アス』の評価は厳しいものになっている。

 16日、サラゴサはセグンダ・ディビシオン(スペイン2部)第16節でアルバセテと対戦。先発出場した香川は、開始早々にポスト直撃のシュートを放つなど、果敢なプレーをみせると、後半20分にビッグチャンスが訪れた。

 アルバセテFWアルバロ・ヒメネスのバックパスに反応した香川が最終ラインを抜け出してGKと1対1の状況に。GKの位置を確認して左足で放ったシュートは、惜しくも左ポストを直撃。後半27分に交代を告げられた。

 チームはその後、後半43分にPKを得るが、MFイニゴ・エグアラスのシュートはGKに止められてしまう。すると、アディショナルタイム4分にFKから先制点を許し、0-1で敗れた。

「サラゴサにとって残酷だった」と振り返った同紙は、香川に対して3つ星で満点の中、1つ星と厳しい評価。決定機のシーンについては「日本人のシュートにとって、すべてが好ましい状況だった。だが、ポストの内側を当ててしまった」と、ターニングポイントの一つとして挙げた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191117-43474086-gekisaka-socc

<香川真司>スペイン紙でインタビュー!サラゴサを選んだ理由は?「経済面よりもスペイン挑戦を優先」  

1: Egg ★ 2019/11/02(土) 08:24:19.35 ID:0f0+zcfP9
サラゴサの香川真司は、スペイン『Heraldo』のインタビューに応じ、今夏の移籍を決断した理由などについて語った。

今夏にドルトムントからセグンダ・ディビシオン(スペイン2部)のサラゴサに加入した香川。ここまで体調不良による欠場を除いて12試合に出場し、2ゴールをマークして、序盤に好調を続けたチームを支えてきた。加入時のセレモニーでは多くのサポーターが駆けつけるなど温かくクラブに迎えられた日本代表MFは、『Heraldo』でサラゴサを選んだ理由などについて話した。

「(サラゴサ移籍を決めた理由を問われ)僕の一番の目標は新しいチャレンジを始めるためにスペインに来ることでした。レアル・サラゴサに加入するチャンスが舞い込んできたので、僕はこのオファーを受け入れました。他のオファーも十分に届いていました。でも、ここに来ることが僕のモチベーションになり、サラリーなどの経済的なことよりもここに来ることを優先しました」

また、マンチェスター・ユナイテッド時代のチームメイトであるアンデル・エレーラやサラゴサでプレーした経験のある長谷川アーリアジャスールと同クラブについて話をしたと明かした香川は、スペインでのプレーや生活について「少しずつ慣れている最中です。でも、とても満足しています」と言及。続けて、直近の8試合で1勝のみと低調の続くチーム状況について話した。

「気持ちの面がとても影響していると思います。勝ちと負けでは、精神面への影響は異なります。だから、前を向き、もう一度すべてを正しい方向に修正する必要があります。日曜日はファンに3ポイントを届けるために全力を尽くさなければいけないと思います」

10月30日には腰部の痛みで全体練習をスキップしたことが報じられていた香川は、腰の状態について「今日はしっかりとトレーニングできました。でも、明日まで様子を見る必要があります」と3日のラス・パルマス戦への出場に含みを持たせている。

11/2(土) 6:22配信 GOAL
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191102-00010000-goal-socc

写真no title

<香川真司>腰の痛みで練習欠席。今週末の出場に不安も  

1: Egg ★ 2019/10/31(木) 01:57:41.34 ID:WQVmcIoX9
スペイン2部のレアル・サラゴサに所属するMF香川真司は、負傷のためチームの全体練習を欠席した。今週末の試合出場への影響も懸念されている。

 クラブ公式サイトが伝えたところによれば、サラゴサは30日午前に練習を行ったが、香川は腰の違和感のため参加せず。個人メニューで調整を行ったとのことだ。

 地元紙『エラルド』によれば、香川は練習場のピッチに姿を見せたものの、ビクトル・フェルナンデス監督と少し話をしたあと一人へ室内のジムへ向かったとのこと。今週末のラス・パルマス戦の出場は微妙との見方も伝えている。

 開幕当初は好調なプレーを見せていた香川だが、ここ数試合は低調。「最近1ヶ月間の調子の低下とインスピレーション不足に加えて、さらに背中の痛みも抱えることになった」と地元紙は香川の現状について記している。

 香川とともにサラゴサも苦しい戦いが続いており、3連敗で昇格プレーオフ圏外の7位に後退してしまった。3日日曜日にホームで行われるラス・パルマス戦では、香川はピッチに立ってチームを助けることができるだろうか。

10/30(水) 21:54配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191030-00345328-footballc-socc

写真no title

前半で交代の香川真司に現地メディア酷評。「地域リーグの選手」「採点“0”」  

20191028-00344927-footballc-000-1-view[1]




1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/10/28(月) 18:15:56.28 ID:Qy4/AN3p9
セグンダ・ディビシオン(スペイン2部)第13節のスポルティング・ヒホン対レアル・サラゴサ戦が現地時間27日に行われ、ホームのヒホンが4-0で勝利を収めた。
サラゴサのMF香川真司は先発で出場したが、前半のみで交代している。

前半3分に失点したサラゴサは30分に退場者を出してしまい、38分には2点目の失点。香川はハーフタイムにベンチに下げられることになった。
後半にもヒホンが2点を加え、大量4失点のサラゴサはリーグ戦3連敗を喫している。

 現地メディアではこの試合の香川のパフォーマンスを酷評。『エル・デスマルケ』では前半に退場となったDFシモーネ・グリッポと香川の2人にワースト評価となる採点「0」をつけた。

「日本人選手はまたしても消えていた。もう何試合も、クオリティーの片鱗さえ見せられていない。彼のいないチームは前で仕事ができなかった。今日はボールを受けるため下がっていたが彼の役割ではない」と評している。

 地元紙『エラルド』も「香川は地域リーグの選手のように見えた」と手厳しい。「元気がなく、ここしばらくの様子からするとほとんど終わってしまった選手であるかのようだ」と香川について記した。

『スポルトアラゴン』では採点「5」とやや穏やかな評価ではあるが、チームに貢献できなかったという見方は変わらない。「45分間でほとんど何もできなかった。普段より低い位置でボールを受け、チームを操ることで相手のラインを破ろうと試みたが、不可能だった」と評されている。

10/28(月) 13:46配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191028-00344927-footballc-socc

香川真司、5試合連続の先発も前半で交代…。サラゴサは前半に退場者出し4失点で3連敗  

20191028-00344831-footballc-000-1-view[1]




1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/10/28(月) 04:05:08.28 ID:3gNz7ip/9
【スポルティング・ヒホン 4-0 サラゴサ セグンダ・ディビシオン第13節】

セグンダ・ディビシオン第13節、スポルティング・ヒホン対サラゴサが現地時間27日に行われた。試合はアウェイのサラゴサが0-4の敗戦を喫した。

サラゴサに所属するMF香川真司は先発となり、5試合連続のスタメンとなった。
だが前半で交代となっている。

先制したのはヒホンだった。試合開始早々の3分、左サイドを突破したマヌエル・ガルシアが中央に切り込むが、ボールを奪われる。
だがこぼれ球をもう一度ガルシアが拾い、セロにパスを送る。セロは冷静に流し込み、ヒホンが先制となった。

同点に追いつきたいサラゴサだったが、30分に退場者を出してしまう。すると追加点を奪われる。3
8分、マヌエル・ガルシアのパスを受けたアイトール・ガルシアがGKとの1対1を制し、追加点を奪う。

2点ビハインドで1人少ないサラゴサが後半から動く。香川に代えエレーロを後半頭から投入した。
その後ヒホンは2点を加点し、サラゴサは0-4の敗戦を喫した。破れたサラゴサは3連敗となってしまった。

【得点者】
3分 1-0 セロ(スポルティング・ヒホン)
38分 2-0 アイトール・ガルシア(スポルティング・ヒホン)
76分 3-0 アイトール・ガルシア(スポルティング・ヒホン)
87分 4-0 バスケス(スポルティング・ヒホン)

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191028-00344831-footballc-socc
10/28(月) 1:46配信

苦境の香川、チーム停滞の要因として現地紙「見せてほしい巧みさを感じない」  

20191024-00225026-soccermzw-000-1-view[1]




1: ぜかきゆ ★ 2019/10/24(木) 06:44:56.56 ID:2JxZ7M3i9
序盤戦で2ゴールを挙げる活躍も、風邪で欠場後はチームとともに低空飛行

 スペイン2部サラゴサに所属するMF香川真司が苦しい時期を過ごしている。シーズン開幕直前に加入し、序盤戦で2ゴールをマークするなど実力を見せたものの、コンディション不良などもあって直近の試合ではゴールに絡めず、チームも不調に陥っている。地元紙「エラルド」はチームと香川の現状について分析している。

「カガワ、イグベケメ、パプナシュビリ、連係とゴールの欠乏、最大の懸念」とのタイトルの記事では、「レアル・サラゴサが目覚ましいスタートからネガティブな流れへと至ったことには問題が数多くある」とビクトル・フェルナンデス監督率いるチームが停滞している要素を列挙。香川もその1人として挙げられている。

「今季最後に加入したカガワは、ボルシア・ドルトムントでのいまひとつだったプレシーズンもあってフィジカル的に課題を抱えていた。ただし彼は(加入直後に)明るくエキサイティングな瞬間を持っていた。彼は明るく輝く男だった」と立て続けに2ゴールを挙げたことを称賛されつつも、チームとともに下降していることにもこう触れられている。

「チームの悪い流れが始まって以来、1カ月前に感銘を受けたものは何も残っていない。彼は直近の試合で姿が見られなかった。マラガ戦のタイミングで彼はウィルス(風邪)に襲われ、そこからは彼のサッカーの下降ぶり、ピッチで見せてほしいセンセーションに必要な巧みさを感じない」

 結果が出なくなり、同紙も明らかに風当たりが厳しくなっている。その逆風を跳ね返すような活躍を香川は見せられるか。

10/24(木) 6:20配信 Football ZONE web
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191024-00225026-soccermzw-socc

香川真司、ミランデス戦の西メディア評価は…「世界的スターとしての期待を下回り続けている」 

20191021-00010010-goal-000-1-view[1]

<香川真司>ヌマンシア戦のプレーは低評価「開幕直後の選手ではなくなっている」  

20191014-00010005-goal-000-1-view[1]




1: Egg ★ 2019/10/14(月) 07:38:38.91 ID:q7MERO5f9
13日のリーガ・エスパニョーラ第11節、レアル・サラゴサは敵地パハリートでのヌマンシア戦に1-0で勝利した。この試合で先発出場を果たし、73分にピッチから下がったMF香川真司は、スペインメディアで低評価をつけられている。

4-2-3-1のトップ下として出場した香川だが、ヌマンシアの堅守を前に存在感を発揮することができず、73分に途中交代。ヌマンシアの速攻に苦しめられていたサラゴサは80分にMFイニゴ・エグアラスが決勝点を記録し、じつに5試合ぶりとなる白星を手にしている。

香川のスペインメディアにおける評価は、芳しいものではなかった。『エル・デスマルケ』の採点(10点満点)ではMFジョルジ・ポンボとともにチーム最低タイとなる4点をつけられ、寸評ではここ数試合にわたり低調なパフォーマンスを繰り返していることを強調している。

「日本人はリーガ最初の数試合と同じ選手ではなくなっており、またも本来のレベルにないことを露呈してしまった。迷子になり、攻撃ではほとんど何も貢献できず、さらにGKダニ・バリオを眼前とする明確な決定機を逃している(※この決定機は、結局はオフサイドの判定)」

またスペイン『アス』の採点(3点満点)で、香川はチームほか9選手と同じく1点の評価となり。試合レポートにおいて同選手への言及はなかった。

香川は風邪で1試合を欠場してから輝くことができない状況が続いており、ここから巻き返しを図りたいところ。なおサラゴサは次のミッドウィークに、延期となっていたアウェーでのフエンラブラーダ戦に臨むことになる

10/14(月) 7:34配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191014-00010005-goal-socc

スペイン紙も驚き?香川真司、日本代表に招集されず「サラゴサにとって朗報」 

20191006-43472443-gekisaka-000-1-view[1]


ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索