Samurai Goal

サラゴサ


スポンサード リンク





ルイス・スアレスの代役に“ルイス・スアレス”!? バルサが香川同僚FWの獲得を検討か 

20200209_Luis-Suarez_GettyImages[1]




1: 朝一から閉店までφ ★ 2020/02/09(日) 20:46:52.71 ID:lUBFQdoA9
2020.02.09

サラゴサのコロンビア人FWルイス・スアレスに白羽の矢か

 バルセロナはウルグアイ代表FWルイス・スアレスが負傷により、戦列を離れている。ストライカー不足が叫ばれるなか、復帰が近づいていたフランス代表FWウスマン・デンベレも再負傷。この状況で、スペイン2部サラゴサに所属する“もう一人のルイス・スアレス”の獲得を考えているという。スペイン紙「マルカ」が報じた。

 冬の移籍市場は閉幕したものの、バルサはデンベレが再び負傷し、5カ月の長期離脱を強いられる見込み。負傷者が出た際の特例で、選手を補強できる可能性があり、その候補に挙がってきたのが、MF香川真司が所属するサラゴサに在籍しているストライカーだ。

 現在、サラゴサは首位と勝ち点「6」差で2部リーグ3位につけているが、22歳のコロンビア人FWルイス・スアレスは今季24試合で14得点を挙げ、1部昇格を目指すクラブの助けとなっている。

 ただ、バルセロナから打診を受けたものの、移籍が現実的ではないと返答したようだ。スアレスはプレミアリーグのワトフォードからレンタルでサラゴサへ加入しているため、移籍手続きは困難を極めるという。

 バルセロナは他にもジローナのウルグアイ代表FWクリスティアン・ストゥアニにも関心を示していたが、獲得は見送られたようだ。その一方で、アラベスの31歳になるスペイン人FWルーカス・ペレスがリストに挙がっているという。

 国王杯の準々決勝アスレティック・ビルバオ戦ではゴールを奪うことができず0-1と敗退を喫したバルセロナ。ストライカー不在も一因となっている得点力不足に悩まされるなかで、新たなFWを獲得することになるのだろうか。

https://www.football-zone.net/archives/245805

(Football ZONE web編集部)

【現地発】香川真司、レアル・マドリーと対戦する「違和感」と「ズレていなかった」格 

20200131-00010019-goal-000-3-view[1]

香川真司(レアル・サラゴサ)フル出場好機演出もゴール割れず!レアル・マドリードに完敗.. 

69299_ext_04_0




1: Egg ★ 2020/01/30(木) 09:25:40.76 ID:rB2gkn5J9
<スペイン国王杯:サラゴサ0-4Rマドリード>◇4回戦◇29日◇サラゴサ

MF香川真司がトップ下でフル出場したが、サラゴサはレアル・マドリードに0-4と完敗し8強進出はならなかった。

前半6分、ショートコーナーからDFバランに押し込まれて先制を許し、同32分にはショートカウンターからMFルーカスバスケスに中央から蹴り込まれて0-2で前半を折り返した。後半27分にもMFロドリゲスとのワンツーからFWビニシウスに右足で流し込まれ、さらに同34分、DFカルバハルのクロスを交代出場のFWベンゼマに決められて4点目を奪われた。

香川はトップ下で先発。前半に3本のシュートを放ったが相手DFにはじかれるなど無得点。試合終盤には立て続けにスルーパスを通して決定機を演出して存在感は示したが、味方シュートが相手GKの好守にはばまれるなどでゴールは割れなかった。

1/30(木) 7:27配信 日刊スポーツ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200130-01300050-nksports-socc

写真https://amd.c.yimg.jp/amd/20200130-01300050-nksports-000-7-view.jpg

久保トップ下も守備に追われ 連携できず無得点 

20200122-01220094-nksports-000-5-view[1]




1: 砂漠のマスカレード ★ 2020/01/22(水) 08:53:00.07 ID:Q+vqQ0cu9
<スペイン国王杯:サラゴサ3-1マジョルカ>◇3回戦◇21日◇サラゴサ

MF久保建英(18)の所属する1部マジョルカは、MF香川真司(30)所属のサラゴサに1-3で敗れた。


先制アシストを決めた香川に対して、トップ下でスタメン出場した久保は守備に回る場面が多かった。
前半終了間際の44分、ドリブルで右サイドを突破しゴール前にパスを送る見せ場を作るも、ババ・ラフマンのトラップミスで決定機にはならなかった。

後半2分、香川のアシストでサラゴサが先制。同8分に2点目を奪われると、さらに守備の時間が増加。
その後もスルーパスを狙う場面もあったが、チームメイトとうまく連携できなかった。(高橋智行通信員)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200122-01220094-nksports-socc
1/22(水) 8:44配信

スペイン日本人対決は先制点アシストした香川真司に軍配!サラゴサが久保建英のマジョルカを3発で下す 

no title




1: 久太郎 ★ 2020/01/22(水) 04:58:22.46 ID:0znZWTRp9
21日に行われたコパ・デル・レイのベスト32、レアル・サラゴサ対マジョルカは3-1でサラゴサの勝利に終わった。サラゴサのMF香川真司、マジョルカのMF久保建英はともに先発フル出場を果たしている。

日本語で国王杯と訳されるスペインカップ戦でマジョルカと2サラゴサ、久保と香川の対決が実現。残留争い真っ只中のマジョルカは会心の勝利を挙げたリーガ1部前節バレンシア戦からスタメンを総入れ替えし、またリーガ2部前節ミランデス戦が豪雨で延期となった昇格争う真っ只中のサラゴサも多くの主力を温存したことで、日本人の両選手はどちらもスタメンで出場を果たしている。4-4-2のマジョルカで久保は2トップの一角を務め、4-2-3-1のサラゴサで香川はトップ下に位置した。

試合はサラゴサがボールを保持して攻め込み、マジョルカが堅守速攻で応戦と、陣容こそいつもと違えど両チームともそれぞれの色を出す。が、やはり連係不足は否めず、サラゴサはアタッキングサードでの打開のアイデアを欠き、マジョルカはボールを奪ってもうまくカウンターにつなげることができなかった。

停滞する状況において、日本人の2選手はしっかりと技術を際立たせ、両チームにとって前半最大のチャンスを生み出した。

まず見せ場をつくったのは、憧れのスペインで2部から這い上がる道を選んだ香川。23分に迎えたペナルティーエリア手前のFK、サラゴサの背番号23が右足インサイドで叩いたボールは急激なカーブとともに壁を超えたが、クロスバーを直撃してゴールとはならなかった。そして前半終了間際の44分にはレアル・マドリーを所属元とする久保が魅せる。右サイドに位置したマジョルカの26番は、ドリブルで一人をかわしてゴールライン際まで進みグラウンダーのクロスを送った。が、シュートを狙ったババはボールをミートできなかった。

スコアレスドローで迎えた後半、スタートから3分後にスコアが動いた。ゴールを決めたのは、サラゴサ。ゴールのきっかけを、アシストを記録したのは、やはりと言うべきか香川だった。ペナルティーアークで左サイドからのパスを受けた香川は、トラップとともに流れるように反転してペナルティーエリア内右のアレックス・ブランコにパス。アレックス・ブランコはそこから内に切れ込んでシュートを放ち、マジョルカのGKファブリシオを破った。

リードを得たホームのサラゴサは53分、今度は速攻から加点。フリーでペナルティーエリア内までボールを運んだリナレスの折り返しから、プアードがループシュートでネットを揺らした。その後は2点のビハインドを負うマジョルカが積極的に攻撃を仕掛けるが、守備に比重をかけ始めたサラゴサのゴールまでは容易に近づけず、久保は個人技から打開を目指したが孤立気味の状況が続くことに。対して香川はマジョルカが前がかりになったことでアタッキングサードのスペースを謳歌し、鋭いスルーパスなどでチャンスを創出していった。

すると74分、サラゴサが前がかりになったマジョルカの隙を突いて、ソロのアシストからリナレスが3点目を記録。マジョルカは85分にコーナー付近での久保のボールキープからポソ、フェバスとボールを繋いでフェバスがミドルレンジからシュートを決めて1点を返したものの、反撃はそこまで。サラゴサが2点のリードを維持したまま試合終了のホイッスルを聞き、ベスト16へと歩を進めた。日本人対決は、香川に軍配が上がっている。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200122-00010000-goal-socc

移籍加速の可能性も? サラゴサ香川、“遅いドリブル”に現地酷評「酷い試合」「日が沈む」 

20200115-00241119-soccermzw-000-6-view[1]




1: 砂漠のマスカレード ★ 2020/01/15(水) 23:47:18.02 ID:5WILCjRO9
ラス・パルマス戦にトップ下で先発出場するも好機を逃す「爆発力がなかった」

スペイン2部サラゴサの日本代表MF香川真司は、現地時14日に行われたリーグ第23節ラス・パルマス戦(1-0)に先発出場するも後半12分に途中交代。現地メディアでもチームワーストの評価が相次ぎ、「日が沈む香川」「酷い試合をした」と酷評されている。

リーグ戦2試合ぶりの先発でトップ下に入った香川だったが、攻撃が機能しないこともあり、
後半12分に早々と途中交代。同38分にFWルイス・スアレスが獲得したPKを途中出場のMFハビエル・ロスが決め、チームは1-0で辛くも公式戦3連勝を飾った。

 現地のスペインメディアでは日本人アタッカーに対する酷評が並んだ。地元紙「エル・ペリオディコ・デ・アラゴン」は「日が昇るルイス・スアレス、日が沈む香川」と見出しを打ち、「火花と活発さに欠けた。ラス・パルマスGKのプレゼントと選手のドリブルアクションの遅さがその好例で、頭からの司令が運動器官まで届くのが遅い」と動きの遅さを指摘した。

 一方、地元紙「スポーツアラゴン」は、香川に対してチームワーストとなる評価1(10段階評価)をつけ、「酷い試合をした。動きが遅く、爆発力がなかった。ブランコと交代する前の最後のプレーがその象徴だ。相手GKバジェスが(ミスにより)ボールを譲ったが、日本人選手はこれ以上なく遅い形でドリブルをした」と鋭く指摘した。また、全国紙「AS」も3段階評価で最も低い「1」としている。

 香川の周辺では今冬の移籍話が浮上しており、先日には米MLS(メジャーリーグサッカー)が新天地候補に挙がったほか、昨季所属したトルコなども根強く噂が報じられている。香川が待ち望んでいたスペインでのプレーだが、不振が続けば移籍加速の可能性も出てくるかもしれない。

1/15(水) 20:40配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200115-00241119-soccermzw-socc

久保マジョルカVS香川サラゴサ!スペイン国王杯ラウンド32の組み合わせ 

1: Egg ★ 2020/01/14(火) 23:50:30.82 ID:mlf8NKkk9
スペイン国王杯のラウンド32の組み合わせ抽選会が14日に行われ、日本代表MF久保建英が所属するマジョルカは、MF香川真司がプレーする2部サラゴサとアウェーで対戦することになった。

MF乾貴士が所属するエイバルはバダホスとアウェーで戦う。バダホスは3部リーグ・グループ4に属しているエストレマドゥラ州のクラブ。

FW岡崎慎司のウエスカ、MF柴崎岳のデポルティボは2回戦、GK山口瑠伊のエストレマドゥーラは1回戦で敗退している。

国王杯のラウンド32は今月21~23日に開催されるが、現時点で正確な日時は未定となっている。

1/14(火) 22:10配信 日刊スポーツ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200114-01140892-nksports-socc

写真no title

サラゴサ香川真司、状況一変でアメリカ移籍も スペイン紙報道「MLSからオファー」 

20200110-00239981-soccermzw-000-10-view[1]




1: 砂漠のマスカレード ★ 2020/01/10(金) 12:35:25.45 ID:3HdOUtBH9
昨夏スペイン2部に移籍、今季リーグ戦18試合2ゴールも移籍の噂が急浮上

スペイン2部サラゴサに所属する日本代表MF香川真司に米MLS(メジャーリーグサッカー)からオファーが届いているという。
スペイン紙「AS」は「香川はMLSのクラブからオファーを受けている」と報じている。

香川は2019年8月に憧れ続けたスペインの地へ移籍。新天地サラゴサで開幕直後こそゴールを決めるなど活躍したが、体調不良も影響して徐々に失速。
一時はスタメンから外れる時期もあり冬の移籍市場で退団の可能性が噂されている。

そうしたなか、スペイン紙「AS」は「香川真司は最近、MLSのクラブからオファーを受けている」と伝えている。
今季リーグ戦18試合2ゴールの香川は、7日のスポルティング・ヒホン戦(2-0)で途中出場。
記事手は「日本人は今のところ移籍を考えていない」と記しているものの、状況が一変する可能性を指摘した。

「しかし実際には、香川のパフォーマンスに加え、ハビ・プアドとの契約もあり、出場機会が減りつつある。
さらにポルトガル人ストライカー、アンドレ・ペレイラの加入はさらなる競争を意味し、計画変更の可能性もある」

サラゴサは今冬、ポルトからヴィトーリアに期限付き移籍中のFWアンドレ・ペレイを補強しており、前線の争いは激化する。
また香川のチーム2番目という給与もポイントに挙がっており、MLS移籍はあり得ると見ている。

9日にはベルギー1部ヘントFW久保裕也がMLSシンシナティへ移籍した。岐路に立たされている香川はどのような決断を下すのか注目だ。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200110-00239981-soccermzw-socc
1/10(金) 11:00配信

岡崎慎司、香川真司との日本人ダービーで今季4点目を記録!グラウンダーのクロスを泥臭く押し込む  

20191223-00010000-goal-000-2-view[1]




1: 豆次郎 ★ 2019/12/23(月) 00:56:03.21 ID:B2i/VMf59
GOAL12/23(月) 0:30配信
岡崎慎司、香川真司との日本人ダービーで今季4点目を記録!グラウンダーのクロスを泥臭く押し込む

22日のリーガ・エスパニョーラ2部第21節、アルコラスでのウエスカ対レアル・サラゴサで、ウエスカFW岡崎慎司が今季4点目を記録した。

アラゴン州ダービーであり、岡崎とサラゴサMF香川真司の日本人ダービーともなったこの一戦。ダブル・シンジはどちらも先発を果たし、まず岡崎が魅せた。

4試合ぶりの先発出場を果たした岡崎は20分、左サイドを突破したセルヒオ・ゴメスのグラウンダーのクロスに反応。ゴール手前で倒れ込みながらボールを押し込み、ウエスカに先制点をもたらしている。

岡崎にとってこのゴールは、今季4得点目。8試合ぶりの待望の得点となった。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191223-00010000-goal-socc

<香川真司>絶妙トラップからリーガ初アシスト! サラゴサに久々の連勝をもたらす  

1: Egg ★ 2019/12/15(日) 07:20:19.70 ID:qNlYrxKC9
セカンドトップで先発

写真
no title


現地時間12月14日に開催されたラ・リーガ2部の第20節で、香川真司が所属する6位のサラゴサが降格圏の20位に沈むラシン・サンタンデールと対戦。香川は4試合ぶりにスタメン出場を果たした。

【PHOTO】喜びを爆発させるシーンも! サラゴサで輝く香川真司の厳選写真を一挙公開

 4-4-1-1のセカンドトップで先発した香川に見せ場がやってきたのは、開始19分。巧みな動き出しで後方からのロングフィードに反応し、絶妙のトラップでボールを収めると、左足で丁寧に落とす。このボールを主砲スアレスが強烈なシュートでねじ込み、先制ゴールを挙げる。日本代表MFは、これがリーガ初アシストとなった。

 その後もサラゴサが圧倒的に攻め込んだものの、追加点は奪えず前半を終える。23番はアシスト以外にも、ワンタッチパスでチャンスを作り出すなど、上々の出来だった。

 後半に入り、一進一退の攻防となるなか、香川は66分に最初の選手交代でベンチに下がる。

 結局、後半アディショナルタイムにハビ・ロスのゴールでリードを広げたサラゴサが2-0で勝利。3~5節以来となる、久々の連勝を飾った。

12/15(日) 6:53サッカーダイジェスト
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191215-00067783-sdigestw-socc

【サッカー】<クロップ監督>南野拓実について多くを語らなかったものの、日本人の特徴に言及!香川への指導は「最高の経験」
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1576276432/



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索