Samurai Goal

サラゴサ


スポンサード リンク





サラゴサ3部降格危機で香川カムバック論「シンジ、あなたが必要です」 

スクリーンショット 2020-11-30 14.48.59

MF香川真司が浪人を続ける狙いは サラゴサとの契約解除から1か月 

1: 2020/11/19(木) 18:49:03.41 _USER9
 元日本代表MF香川真司(31)が、スペイン2部サラゴサと契約を解除してから1か月以上が経過した。新天地についての情報は数多く出ていたものの、いまだに進展がない。元日本代表10番の狙いはいったいどこにあるのか。

 契約解除が決まったのは10月2日。それまでクラブ側と何度も協議し、新たに招へいされたルベン・バラハ監督とも話し合いを行ってきたが、クラブ側が高額年俸の香川を雇える財力がないことを主張し、新監督が香川を戦力外とする判断を下した。

 スペインには「EU圏外選手」の枠が2枠あるが、クラブ側は安価な選手を獲得することで、香川の居場所を物理的に奪った形。契約解除直後の取材で香川も「クラブの判断を受け入れるのも、理解するのも難しかった。少しイラ立ちも感じる」と、珍しく厳しい言葉を並べたほどだ。

 香川のもとにはスペイン2部サバテルなど、複数のクラブからオファーがあったとも言われているが、香川はこれを受けずに〝浪人〟の道を選択した。

 フリーの立場であれば、移籍市場が空いていない時期でも、どのクラブとも契約を結べる。ケガ人や新型コロナウイルスの影響で戦力が足りなくなってきたクラブからの緊急オファーを待つ形となった。

 だが、ファンや欧州サッカー関係者の間で疑問視されているのが、香川がサラゴサの施設でトレーニングを行っている点だ。散々な仕打ちを受けてきたクラブから離れようとしないのは、常識では考えにくい。それだけに、こんな話も浮上している。

「香川はサラゴサの体制が変わるのを見越して、いつでも戻れるようにしているのでは」

 サラゴサはバラハ監督とともに1部復帰へのスタートを切ったが、開幕直後から低迷。10試合消化時点で勝ち点10しか取れず、暫定18位に沈むバラハ監督は今月8日、あっさりクビとなった。

 香川の代わりにEU圏外選手として加入したFWライ・ナシメントは開幕戦で5分間出場してからはピッチに立っておらず、FWガブリエル・フェルナンデスはいまだに無得点。サポーターはクラブ幹部への怒りをあらわにしているが、実は香川はこの状況を最初から予測していた、という話すら出始めている状況だ。

 サラゴサは下部組織を指導していたイバン・マルティネス氏を暫定監督に据え、今後は昨季まで香川を指導していたビクトル・フェルナンデス氏の再招へいに向けて動いているという。
全文はソース元で
https://news.yahoo.co.jp/articles/cae4706604cb7e85086977f801b4bef34cd964f1
no title

香川真司を戦力外としたバラハ監督、サラゴサが成績不振で解任 香川戦力外扱いを糾弾する声少なく 

1: 2020/11/11(水) 13:31:17.78 _USER9
セグンダ・ディビシオン(スペイン2部)のレアル・サラゴサは、ルベン・バラハ監督(45)の解任を発表した。

現役時代はバレンシアの中心選手として黄金期を支えたバラハ監督。引退後は、エルチェで監督業をスタート。ラージョ・バジェカーノやスポルティング・ヒホン、テネリフェで指揮を執り、今シーズンからビクトル・フェルナンデス監督の後任としてサラゴサの監督に就任していた。

就任後は、元日本代表MF香川真司を戦力外扱いとし、最終的にはチームを退団させるなど、サラゴサファンの反感を買うこともあったバラハ監督だが、成績もイマイチ。10試合を戦い、2勝4分け4敗と結果を出せず、解任となった。

現地では、バラハ監督が香川を戦力外扱いしたことを糾弾する声は少なくなく、今回の解任に至った不振も自身が招いたことだという声も挙がっている。

バラハ監督は自身のツイッターで「簡単なチャレンジではないと承知の上で、熱意に満ちて、スーツケースを持ってここにやってきた。私はサラゴサを尊重してここを去ります。短い旅の中に全てを残してしまった感覚がある。将来に向けて頑張ってほしい」と別れの挨拶を綴った。

https://news.yahoo.co.jp/articles/02e9878869135bdd4057f41cf0ac84a8ed4f7f6c
no title

香川 サラゴサ市に寄付で多大貢献、地元メディア報道 ファン称賛「素晴らしい男」 

スクリーンショット 2020-10-08 21.58.59

香川真司には似つかわしくないサラゴサでの終焉。なぜ退団しなければならなかったのか? 

スクリーンショット 2020-10-04 23.06.29

香川真司「予想してなかった」「(理由は)僕が聞きたい」サラゴサとの契約解除に心境明かす 

スクリーンショット 2020-10-04 8.08.08




1: 2020/10/04(日) 00:37:29.31 _USER9
 スペイン2部サラゴサは2日、元日本代表MF香川真司との契約を双方合意の上で解除したと発表した。香川は3日、スポーツ報知などのオンライン取材に対して「自分としては望んでいた形ではなかった。
予期していた形ではないお別れになったのが心残り。こうなるとは予想していなかった。今はこれから考えなきゃいけない自分の未来について整理しているところ。一歩踏み出していかないといけない」と心境を明かした。

 香川は昨季、2年契約でサラゴサに加入。負傷に苦しめられながらも4ゴールを挙げたが、チームは1部復帰を逃した。今季は外国人枠の問題もあり、リーグへの選手登録メンバーから外れていた。
香川は去就について「起こってしまったことなので、後悔しても時間は返ってこない。具体的にはまだ何もない。一歩踏み出していかないといけない」と話した。

 香川の一問一答は以下の通り。

―契約解除を聞いての心境は。

「正直、最初は受け入れられなかったし、登録を外れることは考えてなかったのでそこは残念ですし、受け入れ難かった事実でした。志半ば。言葉にできない」

―スペインでのプレー続行は。

「やはり自分が去年2部を選んだのを見てもわかるように、スペインでプレーしたいという思いがあった中で、この状況は予想外だった。自分でも複雑だけど、あまり時間をかけすぎても良くないので、自分の中で新たな挑戦に向けて進んでいきたい。
具体的には言えないが、こういう形で終わったことに対する悔しさはある」

―契約解除になった最大の理由は。

「僕が聞きたいですね。わからない。僕は2年契約でもともとここにきたわけで。2年契約の終了時に延長されないのであれば、それはプロの世界ですけど、契約がある中でこうなるのは正直、理由がわからないし、
たしかに数字という意味では満足いかなかったけど、今年はもっとやれる手応えと自信を感じていたし、日々のトレーニングでサラゴサのために尽くしてきたつもりだった。今となっては事は終わったので、
そこを問い詰めるよりは次のチャレンジに向けて進まないと」

―サラゴサでの思い出は。

「ここ数日こういうことが起きて、いろんな人からメッセージをもらった。サラゴサに関わる人、選手やサポーターが温かいメッセージを送ってくれて、救われた部分がありました。
ここ数日でより仲間の存在を再確認できた。あとは、入団時のスタジアムでの風景は想像以上だった。彼らが自分に対して示してくれた愛情は忘れることができない。これを続けられない複雑さがある」

―クラブ、ファン、街の印象。

「サッカーを愛し、サラゴサを愛しているファン、そんな歴史をここにきて感じることができた。サラゴサというチームはこの街にとって大きな意味をもっている。1部で戦わなければいけないクラブだし、
今シーズンはそれをチームメイトに託して自分は応援していきたいと思います」

―昨季終盤に好パフォーマンス。現在の状態は。

「昨季終盤のあの状態が自分にとって平均にならないといけない。自分は今さらにコンディションが上がっていい状態であると思っているし、キャリアにおいても進化している。その自信しかない」

―これまで多くのクラブでの経験が生きる。

「そうですね。起こってしまった事で、誰がどうとか後悔しても時間は返ってこない。それはキャリアでも感じている。大事なのは今。自分のマインドをコントロールしてどう状況に打ち勝っていくか。
それが去年一番学んだ事。どうなろうが、そこに向けてまた絶対負けないぞという気持ちでいる」

10/3(土) 22:45配信
https://news.yahoo.co.jp/articles/27dd7f629986a06b6a3c8cd7f12122477edce877

香川のサラゴサ退団に同情論も…スペイン紙「クラブが恩返しを許さなかった」 

スクリーンショット 2020-10-03 20.51.08

<香川真司の契約解除にサラゴサのファンが怒り…>スペイン紙も批判「クラブ幹部の発言を忘れてはならない」 

スクリーンショット 2020-10-03 13.57.39




1: 2020/10/03(土) 13:21:23.19 _USER9
MF香川真司との契約を解除したサラゴサ(スペイン2部)に対し、現地のファンは快く思っていないようだ。スペイン『マルカ』が伝えている。

香川は昨年8月にドルトムントから2年契約で加入し、昨季はリーグ戦31試合で4ゴール1アシストを記録。しかし、チームが昇格を逃すと、約50万ユーロ(6200万円)という高額な年俸により、今夏の放出がたびたび報じられてきた。
そしてクラブは2日、香川と双方合意の上で契約を解除することを発表。新天地の候補として同じスペイン2部のサバデルなどが挙がっているが、現時点で去就は決まっていない。

同紙は香川がスペインへの適応に苦戦したことを指摘しつつ、今回の契約解除について「そのニュースはファンの間ではあまり評判が良くなかった」とレポート。
「ファンは、(サラゴサに)残留するために給料をカットすることすらいとわなかった日本人に対する扱いを理解できず、クラブのやり方に腹を立てている」と説明し、さらに次のように続けている。

「昨年夏からサラゴサでプレーしたことで(受け取る)お金を減らし、(リーグの)カテゴリーを下げたこと、パンデミックの時にはアンデル・エレーラ(パリSG)と協力して都市を助けるための寄付キャンペーンを行ったこと、
そして常に非の打ち所のないプロであったことから、アラゴンのクラブが彼に与えた待遇は最高のものではなかったようだ」

「わずか数か月で、香川はサラゴサで最も望まれていた選手から、(メンバーとして)数えることができない選手になってしまった。(SDを務める)アランテギ自身のプレゼンテーションでの幸福感に満ちた発言を忘れてはならない。
彼は(昨年)8月13日の歴史的なプレゼンテーションで『これから2年間、ここで彼を楽しめるのは贅沢なことになるだろう。

世界の参考になるね。私たちは彼が来るために行った努力を知っているので、それは誇りと幸せで私たちを満たしている』と、あらゆる種類の驚きをもって言った」
同紙は「サラゴサは、世界で認められているサッカー選手と同レベルではないことを示している。失望から失望へと向かうファンを激怒させた価値の喪失だ」と締めくくっている。

10/3(土) 11:21配信 ゲキサカ
https://news.yahoo.co.jp/articles/5c1dfce428594adb78b593308deaf849ae11a98f

https://mitsumame-pctr.c.yimg.jp/OF3pa1aWCcRom2JxRnlEAf2davAV9k-OINPIcCYDmmF4C5D8H3-9c0A03vpgqgm4cDd8I2CpHpXY-OUhPPKb5S83ryPuWjXi-7jSwhn6rLaqFjl3zzM-KRuhzB9PcglgJexxVdI8q78RQS62FfZQ9LFf-APUyC3usJQQUWglabc=

<香川真司>スペイン2部サラゴサとの契約を解除 クラブが正式発表 

スクリーンショット 2020-10-03 4.32.13




1: 2020/10/03(土) 01:08:19.22 _USER9
サッカー・スペイン2部のサラゴサが現地時間の2日、香川真司との契約解除を公式ウェブサイトなどで発表した。

スペイン2部は、EU域外の選手を2人までしか登録できず、この枠からはじき出された形の香川は去就が注目されていた。

クラブの公式ウェブサイトでは、双方合意の上の契約解除であることが伝えられている。

10/3(土) 0:31配信
https://news.yahoo.co.jp/articles/7a8932dd1e471a8375de21c856e43aa79c3452de

“手切れ金”は6200万円 サラゴサ、今季年俸の大半を払って香川退団へ 

スクリーンショット 2020-10-01 21.42.43


ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索