Samurai Goal

サラゴサ


スポンサード リンク





香川真司をサラゴサ首脳陣は信頼できず。 1部昇格でも立場は危うい 

20200531-00895190-sportiva-000-2-view

サラゴサを支援する香川元同僚「香川は地元出身でもないし、最近加入したばかりなのに…」 

20200403-43479375-gekisaka-000-1-view




1: 2020/04/03(金) 22:16:52.76
MF香川真司が所属するサラゴサ(スペイン)は2日、クラブ選手側との合意の上で、非常事態宣言が続く間で給与を減額させることを発表した。併せて、職員には関しては期間限定での一時解雇条例(ERTE)を申請したことも発表している。

 新型コロナウイルスの混乱により試合中止が相次ぐ中、クラブ側の財政面は次第に苦しくなってきている。すでにバルセロナはフロントやトップチームの選手たちと給与削減について同意。その削減分で一時解雇条例(ERTE)の対象者の給与を100%保証する対応を取った。サラゴサも2日、同様に給与削減の措置を発表。スペイン『マルカ』によると、20%から30%の給与削減だという。

 サラゴサの育成組織出身であるパリSGのMFアンデル・エレーラは2日、自身のツイッター(@AnderHerrera)を更新した。自身も古巣に対して支援を行っている中、かつてマンチェスター・ユナイテッドでチームメートだった香川について言及。昨夏に加入した元同僚の働きに感銘を受け、その内容を明かしている。

「香川にはとても感謝している。彼にとっての地元でもなく、まだ加入から日が浅い。それにも関わらず、彼は多額の寄付をしてくれたんだ」

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200403-43479375-gekisaka-socc

サラゴサを支援する香川元同僚「香川は地元出身でもないし、最近加入したばかりなのに…」 

20200403-43479375-gekisaka-000-1-view




1: 2020/04/03(金) 22:16:52.76
MF香川真司が所属するサラゴサ(スペイン)は2日、クラブ選手側との合意の上で、非常事態宣言が続く間で給与を減額させることを発表した。併せて、職員には関しては期間限定での一時解雇条例(ERTE)を申請したことも発表している。

 新型コロナウイルスの混乱により試合中止が相次ぐ中、クラブ側の財政面は次第に苦しくなってきている。すでにバルセロナはフロントやトップチームの選手たちと給与削減について同意。その削減分で一時解雇条例(ERTE)の対象者の給与を100%保証する対応を取った。サラゴサも2日、同様に給与削減の措置を発表。スペイン『マルカ』によると、20%から30%の給与削減だという。

 サラゴサの育成組織出身であるパリSGのMFアンデル・エレーラは2日、自身のツイッター(@AnderHerrera)を更新した。自身も古巣に対して支援を行っている中、かつてマンチェスター・ユナイテッドでチームメートだった香川について言及。昨夏に加入した元同僚の働きに感銘を受け、その内容を明かしている。

「香川にはとても感謝している。彼にとっての地元でもなく、まだ加入から日が浅い。それにも関わらず、彼は多額の寄付をしてくれたんだ」

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200403-43479375-gekisaka-socc

<香川真司所属のサラゴサ>1部復帰へ 2020年入り無敗をキープ! 

20200312-23120829-nksports-000-12-view




1: 2020/03/13(金) 01:58:11.95
MF香川真司(30)が所属するスペイン2部サラゴサは、20年に入ってからスペインで唯一無敗のチームであると、スペイン紙マルカが12日に報じた。

先週末までは2部Rバリェカノも20年無敗をキープしていたが、8日にホームでエルチェに敗れたことにより、無敗チームはサラゴサだけとなった。
サラゴサはこれまでリーグ戦10試合を戦い6勝4分け、スペイン1部、2部全42チーム中で最多となる勝ち点22を獲得している。

20年に入りと2部テネリフェ。ともに10試合6勝2分け2敗で勝ち点20となっている。
これに続いているのが、レアル・マドリードとバルセロナの2強。9試合6勝1分け2敗、勝ち点19を獲得している。

サラゴサは今季リーグ戦31試合15勝10分け6敗の勝ち点55で、1部リーグ自動昇格圏内の2位につけている。
首位カディスとの勝ち点差はわずか1となっているため、7季ぶりの1部復帰が間近に迫っている。

3/12(木) 20:33配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200312-23120829-nksports-socc

<香川真司>地元紙記者が痛烈批判! 「透明人間」「カガワは終電を逃した」前半のみで交代.. 

20200302-00070400-sdigestw-000-5-view




1: 2020/03/02(月) 08:58:39.90
現地時間2月29日にラ・リーガ2部の第30節が行なわれ、香川真司が所属するサラゴサは、ラシン・サンタンデールとのアウェー戦に臨んだ。この試合で4試合ぶりの先発を飾った香川だったが、精彩を欠き、前半のみで交代を命じられた。試合は2-2のドローに終わっている。

【特集PHOTO】メッシや香川も遭遇!?世界の“お騒がせな”サポーターギャラリー!

 翌日、現地紙『El Periódico de Aragon』は、セルヒオ・ヴェレーロ記者の「カガワの終電」というタイトルの記事を掲載。現在自動昇格圏の2位をキープするサラゴサにあって、香川の立ち位置は非常に厳しい、という見解を述べている。

「この試合の先発は、ビクトル・フェルナンデス監督が与えた何度目かのチャンスであり、サプライズだった。だが、日本人MFは不注意を繰り返していた。これは最後のチャンスだったろう。彼は何の期待に応えることも、貢献することもなかった。ボールコントロールもラストパスも、MFとしてバランスを取る能力も示すことができなかった」

 ヴェレーロ記者は、香川は加入当初こそ力を発揮していたが、「期待を裏切り続け、良かった試合は少ない。おそらく、フェルナンデス監督のなかでも、彼の良かった時期の記憶はだんだんと薄れてしまっている」と嘆いた。

 さらに、「攻撃を仕掛けるとき、彼は味方から遠い位置にいることが多い。さらに、スピードやフィニッシュの場面でも周囲に追いつくことができず、”インビジブル”な存在になってしまう」と問題点を指摘。ラシン戦での前半のみの交代は、「監督の考えることにそぐわなかった決定的な証拠」と綴っている。

「カガワは(チャンスへの)終電を逃してしまったのだろう」
 
 この記事に対して、サラゴサのサポーターの反応は真っ二つ。次のような声が寄せられている。

「加入から7か月で、彼はここに順応しなかった。きっともう望むことはできない。ボールへの執着、勇気、強さというものが大切だと思うけれど、彼にはその欠片すら見えたことがなかった」
「カガワは、何も生み出さない。今のリーグ2位は、彼のおかげでないことは確かだ」
「昨日の試合は良くなかった。それは、カガワだけではなく全員だ。誰かひとり、彼ひとりだけを批判するのは間違いだ。カガワなしでここまで来られただろうか?最後まで応援しよう」

 残りのシーズンでこの厳しい評価を覆すことができるだろうか。

3/2(月) 6:30配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200302-00070400-sdigestw-socc

香川真司が4試合ぶりの出場も屈辱のHT交代…サラゴサは劇的同点弾で最下位ラシンとドロー 

20200301-00070359-sdigestw-000-8-view




1: 2020/03/01(日) 13:05:46.46
トップ下で45分間プレー中·日,

 現地時間2月29日に開催されたラ・リーガ2部の第30節で、香川真司が所属する現在2位のサラゴサが、最下位のラシン・サンタンデールと敵地で対戦した。

 4-2-3-1のトップ下で先発した香川は、故障で途中交代した26節のフエンラブラダ戦以来、4試合ぶりの出場となった。

 首位カディスを1ポイント差で追うサラゴサは前半、ラシンの守備網を破れず、決定機を作り出せない。香川もなかなかボールに絡めず、ハーフタイムでソロとの交代を余儀なくされた。

 57分にセフードのゴールで先制を許したサラゴサは、その5分後にMFグティが胸トラップから右足を一閃。強烈なミドルを突き刺し、同点に追いつく。

 76分にPKで再びリードを許し、敗色濃厚だった90分、敵の退場で数的有利に立つと、ソロのFKから途中出場のMFブランコがヘッドで合わせて、再びタイスコアに。
劇的な同点弾で何とか勝点1をものにしたサラゴサは、無敗記録を「9」に伸ばしている。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200301-00070359-sdigestw-socc

<柴崎岳>初のレッドカードで退場直後にデポルティボが失点。香川真司欠場のサラゴサは3-1勝利で8戦無敗… 

1: 2020/02/24(月) 07:02:54.75
【得点者】
6分 1-0 エグアラス(サラゴサ)
12分 1-1 モジェホ(デポルティボ)
32分 2-1 バルベルデ(サラゴサ)
62分 3-1 スアレス(サラゴサ)

https://www.marca.com/futbol/segunda-division/cronica/2020/02/23/5e52991322601dc51d8b4570.html?intcmp=MODRESULT01

惜しいシュートを放つも…
 
現地時間2月23日に行なわれたスペイン2部の第29節で、柴崎岳を擁するデポルティボが、香川真司が所属するサラゴサのホームに乗り込んだ。
柴崎がボランチで7試合連続の先発出場を果たした一方、故障明けの香川はベンチスタートとなった。

前節のジローナ戦で連勝が7でストップしたものの、8戦無敗と好調なデポルティボは、6分にエグアラスに強烈なミドルを叩き込まれて先制を許したものの、すぐに追いつく。
12分、アケチェが左足でクロスを送り、モジェホがヘッドで合わせた。

しかし32分、ショートコーナーからアティエンサに豪快なヘッドを決められ、再び勝ち越される。

追いつきたいデポルティボは後半に入って47分、前線まで上がった柴崎が振り向き様にシュートを放つも、惜しくも外れる。
すると60分、敵のカウンターをファウルで止めた柴崎が2枚目のイエローカードを受けて、プロキャリアでは初の退場。数的不利を強いられると、直後に62分にルイス・スアレスに3点目を奪われて、万事休した。

フェルナンド・バスケス体制での初黒星を喫したアウェーチームは、無敗記録が8試合でストップ。一方のサラゴサは、首位カディスに1ポイント差に迫る大きな勝点3を奪取した。
余裕のある展開になったこともあり、香川に出番は与えられなかった。

2/24(月) 1:49配信 サッカーダイジェスト
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200224-00070140-sdigestw-socc

写真
no title


柴崎岳、退場直後にデポルティボが失点。香川真司欠場のサラゴサは3-1勝利で8戦無敗…首位と勝ち点差1に
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200224-00364122-footballc-socc

ルイス・スアレスの代役に“ルイス・スアレス”!? バルサが香川同僚FWの獲得を検討か 

20200209_Luis-Suarez_GettyImages[1]




1: 朝一から閉店までφ ★ 2020/02/09(日) 20:46:52.71 ID:lUBFQdoA9
2020.02.09

サラゴサのコロンビア人FWルイス・スアレスに白羽の矢か

 バルセロナはウルグアイ代表FWルイス・スアレスが負傷により、戦列を離れている。ストライカー不足が叫ばれるなか、復帰が近づいていたフランス代表FWウスマン・デンベレも再負傷。この状況で、スペイン2部サラゴサに所属する“もう一人のルイス・スアレス”の獲得を考えているという。スペイン紙「マルカ」が報じた。

 冬の移籍市場は閉幕したものの、バルサはデンベレが再び負傷し、5カ月の長期離脱を強いられる見込み。負傷者が出た際の特例で、選手を補強できる可能性があり、その候補に挙がってきたのが、MF香川真司が所属するサラゴサに在籍しているストライカーだ。

 現在、サラゴサは首位と勝ち点「6」差で2部リーグ3位につけているが、22歳のコロンビア人FWルイス・スアレスは今季24試合で14得点を挙げ、1部昇格を目指すクラブの助けとなっている。

 ただ、バルセロナから打診を受けたものの、移籍が現実的ではないと返答したようだ。スアレスはプレミアリーグのワトフォードからレンタルでサラゴサへ加入しているため、移籍手続きは困難を極めるという。

 バルセロナは他にもジローナのウルグアイ代表FWクリスティアン・ストゥアニにも関心を示していたが、獲得は見送られたようだ。その一方で、アラベスの31歳になるスペイン人FWルーカス・ペレスがリストに挙がっているという。

 国王杯の準々決勝アスレティック・ビルバオ戦ではゴールを奪うことができず0-1と敗退を喫したバルセロナ。ストライカー不在も一因となっている得点力不足に悩まされるなかで、新たなFWを獲得することになるのだろうか。

https://www.football-zone.net/archives/245805

(Football ZONE web編集部)

【現地発】香川真司、レアル・マドリーと対戦する「違和感」と「ズレていなかった」格 

20200131-00010019-goal-000-3-view[1]

香川真司(レアル・サラゴサ)フル出場好機演出もゴール割れず!レアル・マドリードに完敗.. 

69299_ext_04_0




1: Egg ★ 2020/01/30(木) 09:25:40.76 ID:rB2gkn5J9
<スペイン国王杯:サラゴサ0-4Rマドリード>◇4回戦◇29日◇サラゴサ

MF香川真司がトップ下でフル出場したが、サラゴサはレアル・マドリードに0-4と完敗し8強進出はならなかった。

前半6分、ショートコーナーからDFバランに押し込まれて先制を許し、同32分にはショートカウンターからMFルーカスバスケスに中央から蹴り込まれて0-2で前半を折り返した。後半27分にもMFロドリゲスとのワンツーからFWビニシウスに右足で流し込まれ、さらに同34分、DFカルバハルのクロスを交代出場のFWベンゼマに決められて4点目を奪われた。

香川はトップ下で先発。前半に3本のシュートを放ったが相手DFにはじかれるなど無得点。試合終盤には立て続けにスルーパスを通して決定機を演出して存在感は示したが、味方シュートが相手GKの好守にはばまれるなどでゴールは割れなかった。

1/30(木) 7:27配信 日刊スポーツ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200130-01300050-nksports-socc

写真https://amd.c.yimg.jp/amd/20200130-01300050-nksports-000-7-view.jpg



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索