Samurai Goal

サッカー


スポンサード リンク





セルビア代表監督にピクシー サッカーW杯目指す 

スクリーンショット 2021-02-22 12.26.47

「ごめん」日本人は謝るのに…なぜ外人選手はシカト? 得点入ると神様に土下座、空を見上げ神様と対話 サッカーはいつから宗教に? 

img_5cd2d330301e573a797051ffc804319e180016




1: 2021/02/16(火) 22:20:05.66 _USER9
 神に感謝――僕たちは、外国籍選手が神に感謝している姿や言動を、すでに「サッカーでよく見る光景」の一部として受け入れていて、そこに改めて違和感を持つ人は少ないのではないでしょうか。たとえばモハメド・サラーが得点後に地面に額をつける姿を見ても「そういうゴールパフォーマンス」くらいの認識が定着しているように思います。

 けれど、サラーが祈りを捧げることと、(たとえば)日本人が「かめはめ波」のゴールパフォーマンスをすることでは、持つ意味合いが全く異なります(鳥山明さんが「神」かという議論は他に譲ります)。

「神を信仰する」がサッカーに与える影響

 僕たちは普段、宗教とサッカーを切り離して考えています。少なくとも、積極的に関連づけようとはしていません。しかし、サッカーが西洋・南米を中心に発展してきたスポーツである以上、必然的に両者は、容易には切り離せないほど深く結びついています。

 大多数の日本人は(僕自身も含めて)、特定の宗教信仰を持ちません。自分の宗教観、何をどれくらい信仰し、それがどう日常生活とリンクしているのか、説明できる人は多くないはずです。それが良いとか悪いとか、そんなことを述べるつもりは寸分もありません。しかし僕が海外で生活を送ってきた中で、例えば試合前に膝をつき、肩を震わせながら祈りを捧げる選手や、眠る前に必ず聖書を読む同部屋の選手、オフの日に教会の枯葉を掃きに行く選手たちを見てきて、その挙動が一過性のパフォーマンスではないことは断言できます。

 たとえば、決定的なシュートを外したとき、パスミスをしたとき。

 僕たち日本人の多くは「味方に謝る」ことを選択します。そうした日本人選手の姿は、すぐに思い浮かぶのではないでしょうか(反対に外国籍選手が即座に謝っている姿は想像がつきにくいのではないでしょうか)。ほぼ無意識に、周囲に対して、自分の失敗であることを表明します(小学生から社会人まで、試合中に「ごめん」とか「わりぃ」がこれほど頻回に往来するのは、日本サッカーの特徴的な光景のように思います)。

 対比して、一人の神を信仰する「一神教徒(キリスト教、イスラム教、ユダヤ教)」の人たちを観察していると、彼らは決定的なミスの直後でも、すぐに味方に謝ったり、自分の失敗であることをすすんで表明したりはしません。

 では、どうするのか。彼らはまず、神様と対話します。キリスト教徒であれば、十字を切る。自分の第一感情が向かうのは、周囲や、場ではありません。もちろん空気でもありません。そこにはまず、自分と神様がいて、他者が入る余地はありません(僕自身が信仰を持つわけではないので正確な心象描写はできませんが)。
★抜粋
https://number.bunshun.jp/articles/amp/846977?page=1
https://mobile.twitter.com/numberweb/status/1360499297201115138
https://twitter.com/5chan_nel (5ch newer account)

J2を輝かせる男たち(1)京都に来たチョウ・キジェサッカーの具現者と千葉で再起を期す五輪世代FW 

スクリーンショット 2021-02-14 13.52.39

サッカー元日本代表・本山雅志がマレーシアへ出発、自身初の海外挑戦で背番号10 

スクリーンショット 2021-02-04 19.43.14

ほぼ全員海外組のサッカー日本代表、常連で唯一のJリーガーは懐の深いGK…清水加入の権田修一 

スクリーンショット 2021-02-03 11.19.21

手越祐也が痛感した、世界との差… なぜ日本はサッカーでも芸能でも世界に勝てないのか?「日本はスポーツも芸能も甘い」 

1: 2021/01/28(木) 22:46:27.77 _USER9
手越祐也が痛感した、世界との差。なぜ日本はサッカーでも芸能でも世界に勝てないのか?


昨年6月、17年半所属したジャニーズ事務所を退所し、新たな道を歩み始めた手越祐也さん。
大のサッカー好きとしても知られ、FIFAワールドカップやFIFAクラブワールドカップのメインキャスターも務めた。

自身も4歳からサッカーを始めたという手越さんは、世界のサッカーを直接その目で見た中で、何を感じてきたのだろうか?
そこには、サッカー界にも芸能界にも通じる、日本の問題点があった――。


会って一番興奮した選手は、同い年で身長もほぼ同じの……

――手越さんはこれまでに取材で世界中のサッカーを見てきましたが、実際にどこに行きましたか?

手越:イギリス、スペイン、ドイツ、ギリシャ、クロアチア、ブラジル、ロシア、ポルトガル、メキシコ、イタリア……他にもあったと思うけど、10カ国以上は行ってますし、何回も行ってますね。

――特にインパクトがあったのは?

手越:やっぱりブラジルワールドカップはすごく記憶に残ってますね。開幕戦がブラジル対クロアチアで、クロアチアがオウンゴールで先制して、とんでもない雰囲気になったんですよね。暴動が起きるんじゃないかなと思ったもんね、もしブラジルが初戦で負けたら。(※最終結果はブラジルが3―1で逆転勝ち)

――普通なら絶対に入れないところに、オフィシャルだからこそ入れているのはすごい経験ですよね。クラブで一番すごさを感じたのは?

手越:レアル・マドリードはすごかったなあ。練習場もクラブハウスの環境もすごくて、下部組織からだんだんステップアップしていくと、Bチーム(3部リーグ所属)のスタジアム(エスタディオ・アルフレッド・ディ・ステファノ)があって。1つずつ上がっていけば、どんどん(トップチームのスタジアム)サンティアゴ・ベルナベウに近づく、夢に近づけるというあのつくりは、選手のモチベーションにもなるだろうし、すごいなって思いました。

――会って一番興奮した選手は?

手越:(リオネル・)メッシ(バルセロナ)かな。30分くらいインタビューしました。

――メッシのインタビューとしてはすごく長いと思います。

手越:人柄もすごく良かったし、俺と同い年で背のサイズがほぼ一緒の選手がバイエルン・ミュンヘン(所属選手のような体格に優れた)相手に全然倒れなかったり、変にファールをもらいにいかないし。プレースタイルも人となりも含めて全部好きかな。

――あの体型でフィジカルも強くて、世界の頂点にいるというのが尋常じゃないですよね。

手越:尋常じゃないですね。

キャスターをやる上でのストロングポイントは普段自分が……
――手越さんはすごく忙しいのに、それでも睡眠時間を削ってでもサッカーを見ていましたよね、サッカーの仕事が始まる前からずっと。当時からあれだけ見ている芸能人は他にいないなと思っていました。

手越:確かにいないと思いますね。

――あれがキャスターとしての説得力になっていたように思います。

手越:はい、でも最初は大変でしたけどね。すごく見てるのに、“絶対にわかでサッカー知らねえだろ”、“ジャニーズ起用すんなよ”って言われることが多かった。でも絶対俺の方が見てるっていう自負はあったから。しかも実際にプレーもするし。最初は悔しかったですけどね。

――手越さんがうまいのは、そういった中でも選手へのリスペクトを出しつつ、だけどちょっとしたタイミングで自分はちゃんと見てるんだよってところを入れる。それは最初の方からやっていましたよね。

手越:うんうん。確かに。

https://real-sports.jp/page/articles/481300066527609897
no title



>>2以降に続く

【朗報】本田圭佑、34才にしてサッカーがチームプレイだと認識 

スクリーンショット 2021-01-27 6.52.22




1: 2021/01/26(火) 22:27:26.17 _USER9
「個人的には自信しかない。それがあるからサッカーをやめていない」と本田らしく強気の姿勢は崩していないが「でも、どんだけ頑張っても個人だけでは結果を出せないのはブラジルで分かった。結果を出すには自分の自信だけじゃなくてチームの状況に大きく左右されるのは間違いない」とブラジルでチームスポーツの難しさを改めて実感したようだ。
★記事
https://this.kiji.is/726782263747395584?c=642615283276121185

サッカー元日本代表の中田英寿氏が監修する「にほんものストア」が、9日から3日間限定で表参道に出店 

1: 2021/01/07(木) 21:24:33.90
https://hochi.news/articles/20210107-OHT1T50144.html
2021年1月7日 19時43分スポーツ報知

no title

中田英寿

 サッカーの元日本代表中田英寿氏がプロデュースするオンラインストアの「にほんものストア」は、表参道の「スパイラルガーデン」でポップアップストア「NIHONMONO AOYAMA」をオープンする。9日から3日間限定で、実際に「にほんものストア」で販売されている日本全国の逸品に直接触れながら、購入することができる。

 2020年9月にオープンした「にほんものストア」は、これまで中田氏が実際に足を運んできた約2000か所の中から厳選した世界に誇れる逸品や生産者などをまとめたオンラインストア。コロナ禍で全国各地への旅行がままならない状況下でも、オンラインを通じた全国の生産者と消費者をつなぐ仕組みで、注目を集めている。

サッカー元日本代表DF岩政大樹氏 上武大サッカー部監督&准教授に就任 

1: 2021/01/07(木) 20:12:01.44 _USER9
1/7(木) 20:09配信
スポニチアネックス

上武大学のサッカー部監督に就任した岩政大樹氏

 Jリーグの鹿島などで活躍した元日本代表DF岩政大樹氏(38)が7日、自身のブログを更新し、上武大学サッカー部の監督と上武大学ビジネス情報学部スポーツ健康マネジメント学科准教授就任したことを報告した。

 岩政氏は「このたび、「上武大学サッカー部監督」および、「上武大学ビジネス情報学部スポーツ健康マネジメント学科准教授」に就任いたしましたことをお知らせします」と報告。「4月よりアドバイザーとして活動してきましたが、新シーズンからは監督として頑張っていきます」と意気込みをつづった。

 現状については「とはいえ、まさかの緊急事態宣言の日と重なる発表。キャンパスのある群馬県はまだそれほど感染者は多くないようですが、影響は必至でしょう。ひとまず、お正月や成人式から帰ってくる学生たちの様子が把握できるまでは活動は難しいかもしれませんね」とした。

 「監督としての所信表明は選手たちにしたいので、ここでは多くは語りません」とし「ただ、監督という新たなチャレンジの準備は、コロナのおかげで図らずも充分に進めてこられましたから、それを上武大学サッカー部のために生かしていきたいと思っています」と思いも明かした。

 監督に就任するにあたって「また、サッカー部の強化はもちろんのこと、200人を抱えるサッカー部の学生たちの”本気で取り組んできたサッカー”を”卒業後の未来”へ、様々な形で繋げさせてあげられるような枠組みを早期に作っていく所存です。ぜひ今後の上武大学にご注目してください!」と所信表明した。

no title

https://news.yahoo.co.jp/articles/08c8fff470bd2dce2f52692361c19151315fa908

サッカー天皇杯決勝4.8%、Jリーグルヴァン杯決勝2.9%、高校サッカー3.0% 

1c3397de-s




1: 2021/01/07(木) 11:54:17.82 0
正月やぞ



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索


月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索