9




1: 2019/01/17(木) 18:07:44.43
サッカー北信越一部リーグのサウルコス福井が今季、「福井ユナイテッド」に改名して再スタートする。

同名の運営会社を十一日付で設立した。
Jリーグクラブでのゼネラルマネジャー(GM)経験者を招いてチームを再編し、日本フットボールリーグ(JFL)昇格を目指す。

県サッカー協会などによると、運営するのは「福井ユナイテッド株式会社」。
本社は福井市みのり四に置き、資本金は千二十万円。
サウルコスの運営母体で昨年末に解散したNPO法人から職員を数人招くなどして、十人超の規模となる。
チーム名のユナイテッドには「県全体で盛り上げる」という意味を込めた。

チームの財政面や育成・強化面を取り仕切るGMには、服部順一氏が就任する。
服部氏はFC岐阜(現J2)やV・ファーレン長崎(同)などでGMを務め、チーム運営の知識と経験がある。

二十六日に記者会見し、正式に発表する。
チームは、二年前から指揮を執っている望月一仁監督が続投。選手数も昨年並みの二十人超を確保する計画。

サウルコスは、昨年六月にNPO法人の資金難が発覚。
県サッカー協会が中心となって活動を支援し、県内有志らが新会社設立の準備を進めてきた。

http://www.chunichi.co.jp/article/fukui/20190117/CK2019011702000014.html
https://www.fukuishimbun.co.jp/articles/-/777583