Samurai Goal

サウジアラビア代表


スポンサード リンク





サウジ封じられず無得点…9人変更で3バックスタートのU-19日本代表、準決勝で敗退 

201811010000976-w500_0




1: 2018/11/01(木) 23:25:55.49 _USER9
11/1(木) 23:22配信
サウジ封じられず無得点…9人変更で3バックスタートのU-19日本代表、準決勝で敗退

[11.1 AFC U-19選手権準決勝 U-19日本代表 0-2 U-19サウジアラビア代表]

 U-19日本代表は1日、AFC U-19選手権準決勝でサウジアラビア代表と対戦し、0-2で敗れた。2大会連続の大会制覇とはならず、準決勝で敗退となった。

 日本は準々決勝インドネシア戦(2-0)からDF橋岡大樹(浦和)、MF伊藤洋輝(磐田)を除く9人を変更。3-4-2-1のフォーメーションを採用し、GK若原智哉(京都)が大会初先発。最終ラインは右からDF橋岡大樹(浦和)、MF瀬古歩夢(C大阪)、DF三國ケネディエブス(青森山田高)。右ウイングバックにDF石原広教(湘南)、左ウイングバックにDF荻原拓也(浦和)。伊藤とMF山田康太(横浜FM)のボランチで3トップはFW田川亨介(鳥栖)を頂点に、シャドーは右にFW原大智(FC東京)、左にMF滝裕太(清水)が入った。

 前半はサウジアラビアが約70%のボールポゼッションとなり、スピード満点のアタッカー陣に切り裂かれた日本は守勢に回った。前半29分、萩原が左サイドを駆け上がると、前掛かりになった裏を突かれ、カウンターから失点。10番トルキ・アランマルが角度のない位置からシュート性のクロスを入れると、GK若原の手をすり抜けてゴールイン。直後も立て続けに決定機を与えたが、橋岡が体を張ってクリアするなど苦しい時間を耐え凌いだ。

 前半40分前には4-4-2に変更。4バックは右から橋岡、瀬古、三國、石原。ボランチは変わらず、右SHが滝、左SHが萩原で2トップは原と田川。大きなフォーメーション変更で反撃に出ようとしたが、次の1点を奪ったのもサウジアラビアだった。前半アディショナルタイム、右サイドから三國を振り切ってエリア内に進入したMFマンスル・アルベシェが角度のない位置からシュート。若原が防いだが、こぼれ球をFWハリド・アルガンナムが右足で押し込んだ。

 チャンスをつくれず、0-2で前半を折り返した日本は後半開始と同時に2人を変更。田川に代えてFW久保建英(横浜FM)、三國に代えてFW宮代大聖(川崎F U-18)をピッチに送り込んだ。4バックは右から石原、橋岡、瀬古、萩原。右SHに久保、左SHに滝。宮代と田川が2トップを組んだ。後半も相手の勢いは衰えず、同6分には15番ファラジ・アルガシャヤンにミドルシュートを打たれたが、GK若原がセーブした。

 後半14分、PA左手前の位置でFKを獲得し、キッカーの久保が左足で浮かせたボールを蹴り入れると、DFが弾いたボールをPA内右の橋岡が狙ったが、ゴール上へ。プレスが激しく、ブロックを敷くサウジアラビアの堅守を崩せない。後半22分には宮代とのパス交換から久保が鋭い仕掛けで突破し、PA内左からシュート。右サイドを石原が突破するなど、徐々に攻撃の形をつくる。後半26分には原に代えてFW斉藤光毅(横浜FCユース)を投入し、交代枠を使い切った。日本は最後までゴールをこじ開けられず、0-2で敗戦した。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181101-04112272-gekisaka-socc

【速報】試合終了!!サウジアラビア、終了間際に決勝点!エジプトを下す[2-1] 

DgjH9QMWAAES9q9

<ワールドカップ(W杯)ロシア大会:サウジアラビア2-1エジプト>◇1次リーグA組◇23日◇ボルゴラード

 ともに2連敗で1次リーグ敗退が決まり、初勝利を狙うサウジアラビアがでエジプトを下し、24年ぶりの勝利を飾った。

 エジプトは、GKハダリが45歳161日でW杯初出場し、最年長出場記録を更新した。前半41分にはPKを見事に止めるなど、好セーブを連発。前半ロスタイムのPKは止められなかったが、何度もピンチをしのぎ守護神ぶりを発揮した。大会屈指のストライカーFWサラー(25=リバプール)も2戦連発と輝いた。前半22分、自陣からのロングパスを受け、左足を巧みに伸ばし、前に飛び出してきた相手GKの頭上を越える技ありのループシュートを決めた。

 サウジアラビアは、前半ロスタイムにMFファラジ(28=アルヒラル)が落ち着いてPKを決め、3戦目でチーム初得点を挙げた。

 後半ロスタイム、サウジアラビアMFロサリが決勝ゴールを決めた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180626-00249859-nksports-socc

【速報】前半終了[1-1]“サラーゴール”もエジプト、サウジがドロー! 

サウジアラビア対エジプト-1

【速報】「サウジアラビア×エジプト」スタメン発表!!試合の見どころは? 

saudi-a

【速報】ウルグアイ、サウジアラビアに勝利!![1-0] 

キャプチャ

 2018 FIFAワールドカップ ロシア・グループステージ第2戦が20日に行われ、ウルグアイ代表とサウジアラビア代表が対戦した。

 グループAは前日にロシア代表が2連勝を飾り、勝ち点6を獲得。第1戦でエジプト代表に勝利しているウルグアイは、この試合に勝利すればロシアとともに決勝トーナメント進出が決定する。そのウルグアイは前節からスタメンを2人入れ替え、カルロス・サンチェスとクリスティアン・ロドリゲスを両サイドハーフに起用。一方のサウジアラビアはスタメンを4人変更して臨んだ。

 23分、ウルグアイはコーナーキックを獲得すると、サンチェスのパスにルイス・スアレスが左足で合わせて、ウルグアイが先制。この1点はスアレスにとって代表通算100試合目のメモリアルゴールとなった。

 後半に入ると、サウジアラビアが攻勢に出るもウルグアイの堅守を崩せず。試合はこのまま終了し、ウルグアイが1-0で勝利。開幕2連勝を飾った。

 グループAは第2戦を消化し、ロシアとウルグアイが勝ち点6を獲得。エジプトとサウジアラビアは勝ち点0となり、ロシアとウルグアイの決勝トーナメント進出が決定した。

 ウルグアイは25日、グループ首位通過を懸けてロシアと対戦する。

【スコア】
ウルグアイ代表 1-0 サウジアラビア代表

【得点者】
1-0 23分 ルイス・スアレス(ウルグアイ)


SOCCER KING

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180621-00781009-soccerk-socc


【速報】前半終了[1-0]ウルグアイがサウジアラビアにリード! 

DgJU4SwVMAASLLF

【速報】「ウルグアイ×サウジアラビア」スタメン発表!!試合の見どころは? 

キャプチャ

サウジ代表監督「この恥ずかしい思いを忘れなければ!!」次戦で大敗を払拭出来るか 

1 2018/06/15(金) 08:19:03.06 _USER9
開幕戦のロシア戦で大敗を喫したサウジアラビア代表のフアン・アントニオ・ピッツィ監督が試合後に心境を語った。

14日に行われたワールドカップ開幕戦でサウジアラビアは開催国のロシアと対戦。前日の会見では「勝利のみを考えている」と語ったピッツィ監督率いるサウジアラビアだが、12分に先制点を許すと、その後は失点を重ね、終わってみれば0-5で敗れた。

試合後、会見に臨んだ同指揮官は「相手チームがこの試合に勝利するために最大限の努力をしなければならなかったとは思えなかった。我々はこの恥ずかしい思いを忘れなければ。次の試合のことを考えなければならない」と結果に肩を落とした。

「起きてしまったことはどうしようもない。しかし、私はベストを尽くすつもりでいるし、やってきたことや選手を信じ、次の試合では良いパフォーマンスができると祈っている。この試合だけが評価の対象になるとは思わない。全くプラン通りにプレーできなかった。この大会に向けて良い準備ができたし、選手たちもワールドカップで戦えるだけの力があることを証明できるはずだ。今日は今までやってきたことが何もできなかった」

サウジアラビアは20日にウルグアイと対戦する。

6/15(金) 6:01配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180615-00000044-goal-socc

写真
no title

完敗したサウジアラビアと互角の日本代表の雲行きは...? 

キャプチャ
1 2018/06/15(金) 03:52:22.61 _USER9
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180614-00000167-dal-socc

「ロシアW杯・A組、ロシア5-0サウジアラビア」(14日、モスクワ)

 サッカーロシアW杯は地元ロシアの5ゴール大勝で幕を明けた。
前半12分にMFユーリー・ガジンスキー(28)=クラスノダール=がヘディングで大会初ゴールを決めると、
地元ファンの声援を受けて猛攻を繰り広げた。

最高のスタートを切ったロシアに対し、最悪の結果となったのがサウジアラビアだ。
3大会ぶりの出場となったW杯で見せ場なく5失点惨敗した。

この大敗はアジア勢としても見過ごせない。アジア最終予選では日本と1勝1敗と互角だったサウジアラビア。
この試合では、ほとんど攻撃の形をつくることさえできずに守勢を強いられた。
19日に強豪コロンビアとの初戦を控える日本も、十分警戒したい。

前回ブラジルW杯では、アジアから出場した4カ国はすべてグループ最下位に終わった。
オーストラリアが3連敗。日本、イラン、韓国が1分け2敗と1勝も挙げることができず大会を去った。
4年が経過しても、その流れは変わったとは言い難い結果となった。

【速報】W杯ロシア代表、サウジアラビアに完封勝ち!! 

キャプチャ



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索