Samurai Goal

サウジアラビア


スポンサード リンク





韓国がU-23アジア選手権初優勝! サウジアラビアの堅守に苦戦も延長の末に1-0でファイナルを制す! 

20200127-00069207-sdigestw-000-5-view[1]




1: 久太郎 ★ 2020/01/27(月) 00:13:25.53 ID:+kk3Nste9
サウジアラビアは韓国の猛攻に堅守で対応も…
 1月26日、東京五輪アジア最終予選を兼ねたU-23アジア選手権の決勝、U-23韓国代表対U-23サウジアラビア代表の一戦が、タイの首都・バンコクにあるラジャマンガラ・スタジアムで行なわれ、延長戦の末に韓国が1-0で激戦を制し、初優勝に輝いた。
 
 上位3チームに与えられる五輪出場権を獲得した両者のアジア王者を懸けた戦いは、序盤からともに球際で激しくぶつかり合う。最終ラインでパスを回し、ゆっくりとビルドアップするサウジアラビアに対し、韓国は激しいプレスでボールを奪い、枚数をかけて縦に速い攻撃に転じる。
 
 最初の決定機は20分、韓国がカウンターから左サイドに大きく展開すると、フライブルク(ドイツ)に所属するMFチ〇ン・ウヨンがドリブルで敵陣深くまで持ち上がり、DFを股抜きで交わす。GKとの1対1を迎えるが、好セーブに遭い得点とはならなかった。
 
 サウジアラビアは、韓国の猛攻にもダブルボランチのムフタール・アリと、アリ・アルハッサンが絶妙なポジショニングでスペースを埋めて相手に自由を与えず、前半は0-0で折り返した。

 後半も見応えのある攻防戦となった。立ち上がりこそ、サウジアラビアに押し込まれる展開となったものの、韓国が徐々に主導権を握る。
 
 すると57分、ハーフタイムから出場したFWイ・ドンジュンが魅せる。同じく途中投入のMFイ・ドンギョンから左サイドでパスを受けると、得意のドリブルでペナルティーエリア内に切り込み、左足で巻いたシュートを放つ。しかし、GKに右手1本で防がれる。

 77分にも決定機が訪れるが決め切ることができず、スコアレスのまま延長戦に突入する。

 お互いに疲れからラストパスの精度を欠き、膠着状態が続いたが、延長後半の113分についに試合が動く。敵陣深くの左サイドで獲得したFKからのクロスのチ〇ン・テウクが頭で合わせて決勝ゴールを挙げた。試合はこのまま終了し、9大会連続での五輪出場権を獲得した韓国が大会初優勝を飾った。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200127-00069207-sdigestw-socc

<U-23アジア選手権>韓国とサウジ東京五輪出場決定!3位決定戦でウズベキと豪が大戦へ 

20200122-00000142-dal-000-4-view[1]




1: Egg ★ 2020/01/23(木) 00:18:54.28 ID:fuYL3Gan9
 「U-23アジア選手権・準決勝、韓国2-0オーストラリア」(22日、バンコク)

 韓国が快勝し、決勝進出。9大会連続の五輪出場を決めた。決勝では同じく五輪切符をつかんだサウジアラビアと戦う。

 韓国は前半から押し気味に試合を進めたが、0-0で後半へ。後半も主導権を譲らず、2点を奪い完勝した。

 今大会は東京五輪のアジア最終予選を兼ねており、3位以上のチームが本大会への出場権を得る。敗れたオーストラリアは3位決定戦でウズベキスタンと戦い、最後のチャンスに挑む

1/23(木) 0:09配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200122-00000142-dal-socc

AFC・U-23選手権タイ2020の準決勝が22日に行われ、決勝戦、3位決定戦の対戦カードが決定した。


U-23年代のアジア王者を決定する今大会は東京五輪アジア最終予選も兼ねており、上位3チームが東京五輪本大会に出場できる。アジアの各国がしのぎを削る中で、U-23日本代表が初めてグループステージで敗退した一方、西野朗監督率いるタイ代表が史上初の決勝トーナメント進出を果たすなど、それぞれの歓喜と悲劇が入り混じった。

準決勝では、U-23サウジアラビア代表とU-23ウズベキスタン代表、U-23オーストラリア代表とU-23韓国代表がそれぞれ対戦。その結果、サウジアラビアと韓国が決勝進出、東京五輪出場を決めた。

敗れたウズベキスタンとオーストラリアは3位決定戦で激突。残り1枠の東京五輪出場を賭けた決戦に臨むこととなった。

決勝、3位決定戦の対戦カード、キックオフ時間は以下の通り。

■3位決定戦
2020年1月25日(土)
21:30 オーストラリア vs ウズベキスタン

■決勝戦
2020年1月26日(日)
21:30 韓国 vs サウジアラビア

1/23(木) 0:09配信

Video Arabian Referee!? サウジvsタイ戦で主審がVARの助言だけでFKをPKに変更…ネットでは疑問の声多数 

VAR-800x516




1: ラッコ ★ 2020/01/19(日) 02:39:24.64 ID:K7k/K8tK9
※U-23アジア選手権タイ2020(2020東京五輪アジア地区最終予選) 準々決勝「U-23サウジアラビア○1-0●U-23タイ」の試合映像より

■当初、サウジアラビアに与えられたFKがVARの助言のみで(OFR無しで)、突然PKに変更されたシーンについて

 まず、ドリブルでPA内に侵入しようかというサウジアラビアの選手のユニフォームをタイの選手がPA外かPA内か微妙な所で引っ張るが、
そのサウジの選手は倒れることなくPA内に侵入。その直後にそのタイの選手がボールを奪おうと右足を出した時にサウジの選手が転倒。
そのシーンのリプレー映像はすぐに流され、タイの選手の足は綺麗にボールに行っており、ファールではない可能性も十分考えられ、
むしろサウジアラビアの選手のシミュレーションの可能性も十分考えられる。
その場面で当初、主審はサウジアラビアにPA外でのFKを与えるが(おそらくタイの選手がPA外でユニフォームを引っ張ったとして)、
VARと交信をし始めて、しばらくすると突然PK判定に変更してしまう。

 VARからユニフォームを引っ張ったのがPA内だったと助言があってPKに変更したのか、
それともPA内でサウジの選手が倒れたシーンで、タイの選手によるファールがあったと助言があったのかは分からないが、
ここで問題なのは、主審が自ら映像を確認した上で(OFRで)FKをPKに変更したのならまだしも、
映像を見ることなく突然変更したので、タイの選手たちも主審に猛抗議。
タイの選手の中には「せめて映像を見てくれ!」と言わんばかりに、ビデオの方を指差す選手もいたが、
主審がビデオを確認しに行くことはなく、PKの判定も変わらず。

 この試合を実況していた5ちゃんねるのスレッド(https://rio2016.5ch.net/test/read.cgi/livefoot/1579347723/)では、
「主審がオンフィールドレビュー確認なしで、判定変えるってVARの運用としてありなの?」、
「VARも使い方おかしくない? VARレフリーの助言を聞いて主審が確認するんじゃないの?」など、疑問の声が多数上がっている。

 ただし、下記の<関連情報>にあるVARのルールによると、「VARオンリーレビュー」(VARの助言だけ)でも判定を覆すことは可能なようだが、
今回のように勝敗を左右するような重要な場面の映像を主審自らが確認しないというのはかなり疑問ではある。【了】

文責:ラッコ ★

ハイライト動画(>>1分24秒頃から最終的にPKが与えられたシーン)
https://www.the-afc.com/competitions/afc-u-23-championship/latest/videos/afcu23-q-final-saudi-arabia-1-0-thailand

残念ながらハイライト動画では、ユニフォームを引っ張ったシーンがPA外かPA内か分かりづらく、
主審が映像を確認することなく、FKの判定をPKに変更したシーンも映っていません。

試合結果
https://www.the-afc.com/competitions/afc-u-23-championship/matches/2019/2031771
サウジアラビア1-0タイ
【得点】サウジアラビア:78分 Abdullah Al-Hamdan(PK)

※この試合の実況スレ
【酒】AFC U-23アジア選手権 ★ 4
https://rio2016.5ch.net/test/read.cgi/livefoot/1579099079/
AFC U-23アジア選手権 ★ 5
https://rio2016.5ch.net/test/read.cgi/livefoot/1579347723/

<関連情報>
VAR|ルールを知ろう!|JFA|日本サッカー協会
https://www.jfa.jp/rule/var.html
・主審は、TVシグナルをして、VARオンリーレビュー(VARの助言だけ)、もしくはフィールドの外に設置されたレフェリーレビューエリアまで行き、オンフィールドレビュー(OFR:映像を確認)をする。
*「VARオンリーレビュー」→オフサイドポジションでいたかどうか?、ボールが手にあたったかどうか?という、映像から事実として確認できる事象に対して使用する。
*「オンフィールドレビュー(OFR)」→選手同士がどの程度の強さで接触したのか?、ボールが腕にあたったが意図的であったか?
 また、その腕を用いて自身の体を不自然に大きくしたか?という、主観的な判断が必要となる事象に対して使用する。

(>>2-5あたりに、関連スレ)

西野朗監督の東京オリンピックならず タイがサウジに敗れる 

20200118-01180898-nksports-000-12-view[1]




1: 豆次郎 ★ 2020/01/18(土) 21:21:44.16 ID:BG9nAuJG9
日刊スポーツ
1/18(土) 21:10配信

西野朗監督の東京五輪ならず タイがサウジに敗れる
タイ代表西野朗監督

<U23アジア選手権:サウジアラビア0-1タイ>◇準々決勝◇15日◇タイ

西野朗監督率いるU23タイがU23サウジアラビアと対戦し、後半のPKによる失点で0-1で敗退。東京五輪出場権を獲得する上位3チームに入れなかった。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200118-01180898-nksports-socc

C大阪ソウザがサウジ移籍「心が引き裂かれそう」 

20200115-01150343-nksports-000-6-view[1]




1: 砂漠のマスカレード ★ 2020/01/15(水) 16:21:24.89 ID:8gIEVYAo9
セレッソ大阪は15日、MFソウザ(32)のサウジアラビア・アルイテファクへの完全移籍を発表した。

ブラジル人のソウザは16年度からC大阪に加入。主力として活躍し、J1通算74試合出場11得点。

クラブを通じ「みなさまにお別れを言うのは本当に心が引き裂かれそうになっていて、みなさまの事を思うと今から恋しくなります。
本音を言うとチームを離れたくなかったですが、サッカーの世界なのでしょうがないと思っています。
今年はセレッソの力になれないことに非常に申し訳ない気持ちでいます。ごめんなさい」とコメントした。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200115-01150343-nksports-socc
1/15(水) 13:59配信

日本代表、1-2でサウジアラビアに敗れる! AFC U-23選手権 

1: 豆次郎 ★ 2020/01/10(金) 03:01:14.49 ID:+1RcWzUO9
GOAL1/10(金) 0:07配信
U-23日本、サウジに敗れ痛恨の黒星発進…10番食野にゴールも、VARからPK弾献上

 AFC・U-23選手権2020(東京五輪アジア最終予選)のグループステージ第1戦が9日に行われ、U-23日本代表とU-23サウジアラビア代表が対戦した。

 同大会は上位3チームにオリンピック出場権が与えられる。開催国として五輪本大会への出場が決まっている日本にとっては貴重な強化の場であり、「金メダル」を掲げる森保一監督にとっては、是が非でも優勝してさらに勢いをつけたい狙いもある。

 初戦の先発には今大会招集メンバーで唯一海外組の食野亮太郎が先発入り。ガンバ大阪からスコットランドのハーツへ移籍し、今回の代表では10番を背負うアタッカーが2シャドーの一角に入った。また、昨年12月に行われたEAFF・E-1選手権において、A代表デビュー戦でハットトリックを記録した小川航基もスターティングメンバーに名を連ねた。

 この世代のベースである3-4-2-1でスタートした日本だったが、序盤から“中東の雄”サウジアラビアに押し込まれる展開。7分にロングボールを放り込まれると、渡辺剛がクリアするが、セカンドボールを拾ったムフタール・アリにミドルシュートを打たれてしまう。この一撃がゴール左ポストに直撃。日本にとってはいきなり肝を冷やす場面となった。

 日本はさらに9分、サウジアラビアに縦パスを入れられると、最後は9番のアブドゥラー・アルハムダンにシュートを許す。完璧に枠を捉えたシュートだったが、これはGK大迫敬介がセーブして難を逃れた。

 細かなパスを回しつつ、サイドチェンジで攻撃の機会をうかがう日本は、杉岡大暉が何度かクロスを送る場面があったものの、最前線のターゲット小川には合わず。26分に田中駿汰の縦パスを受けた、旗手怜央が左足でフィニッシュで持ち込んだが、惜しくもクロスバーを越えてしまった。

 日本は30分に再びピンチを招く。サウジアラビアはカウンターからアブドゥルラフマン・ガリーブが強烈な右足シュートを放つ。枠を捉えた一撃であったが、これもGK大迫が右手一本でスーパーセーブ。サンフレッチェ広島の若き守護神が再三のピンチを救い、前半はスコアレスのまま折り返した。

 しかし日本は後半の立ち上がり、サウジアラビアにリードを許してしまう。サウジアラビアは48分、ガリーブがドリブルでPA内に進入すると、最後は10番のアイマン・アルクライフがスイッチして右足シュート。これが左ポストに当たってゴールに。サウジアラビアが先制点を獲得した。

 ビハインドを背負った日本だったが56分、PA手前左で杉岡からのパスを受けた食野がカットインして右足一閃。これがDFに当たって軌道が変わりゴールへ。日本が10番食野の一撃ですぐさま同点に追いついた。

 日本は72分に小川を下げて上田綺世を投入。2枚の交代枠を残したまま終盤に突入する。日本は85分に古賀太陽から岡崎慎へのバックパスが乱れた隙を突かれ、サウジアラビアにボールを奪われてしまう。拾ったアルブリカンがPA内に進入すると、飛び出してきた大迫をかわした際に転倒。主審はPKスポットを指差した。

 その後、VAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)によるオンフィールドレビューを行った結果、主審の判定に変更はなくPKに。これをガリーブに決められサウジアラビアに勝ち越しを許した。

 日本は後半アディショナルタイムに田川亨介と相馬勇紀を投入したものの、時既に遅し。サウジアラビアに1-2で敗れ、痛恨の黒星スタートとなった。

■試合結果
U-23日本代表 1-2 U-23サウジアラビア代表

■得点者
U-23日本:食野亮太郎(56分)
U-23サウジアラビア:アイマン・アルクライフ(48分)アブドゥルラフマン・ガリーブ(88分)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200110-00010000-goal-socc
no title


※前スレ
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1578586553/

日本2度目Vなるか、森保ジャパンはカタール・サウジアラビア・シリアと同じB組 U23アジア選手権日程  

images000




1: 豆次郎 ★ 2019/12/20(金) 10:43:15.29 ID:9mL6BYFF9
[2019年12月20日10時26分]
<U-23アジア選手権>◇1次リーグ各組◇20年1月8~26日◇タイ

森保一監督が率いる日本はB組で、カタール、サウジアラビア、シリアと同じ組に入った。

同大会は東京五輪の予選も兼ねており、上位3チームが出場権を得る。1次リーグは16チームが4組に分かれ、各組上位2チームが準々決勝に進出。開催国の日本が4強入りすれば、3位決定戦は行われない。

日本は16年にカタールで行われた第2回大会で優勝している。

◆1次リーグ

★は1次リーグ突破

▼9日(日本時間同日午後10時15分)

日 本 vs サウジアラビア


▼12日(日本時間同日午後10時15分)

日 本 vs シリア


▼15日(日本時間同日午後10時15分)

日 本 vs カタール


<B組>

順位 チーム 試 勝 分 敗 得 失 差 勝点
( ) カタール 0 0 0 0 0 0 0 0
( ) 日 本 0 0 0 0 0 0 0 0
( ) サウジアラビア 0 0 0 0 0 0 0 0
( ) シリア 0 0 0 0 0 0 0 0


1月 9日 カタール-シリア

1月 9日 日本-サウジアラビア

1月12日 サウジアラビア-カタール

1月12日 シリア-日本

1月15日 カタール-日本

1月15日 サウジアラビア-シリア

◆準々決勝

1月18日 B組1位-A組2位

1月18日 A組1位-B組2位

1月19日 C組1位-D組2位

1月19日 D組1位-C組2位

◆準決勝

1月22日 -

1月22日 -

◆3位決定戦

1月25日 -

◆決勝

1月26日 -

https://www.nikkansports.com/m/soccer/japan/news/201909270000098_m.html?mode=all

日本はカタール、サウジアラビア、シリアと同組…東京五輪アジア最終予選の組み合わせ決定!  

20190926-43472066-gekisaka-000-3-view[1]




1: 久太郎 ★ 2019/09/26(木) 18:13:15.89 ID:IKUPLaDE9
東京五輪アジア最終予選の組み合わせ決定! GLでの日本vs西野タイは実現せず

 アジアサッカー連盟(AFC)は26日、AFC U-23選手権タイ2020の組み合わせ抽選会を行い、日本はカタール、サウジアラビア、シリアと同じB組に入った。また、元日本代表指揮官の西野朗監督が率いる開催国タイはイラク、オーストラリア、バーレーンと同居するA組となっている。

 同大会は来年1月に開催。東京オリンピックのアジア最終予選を兼ねており、上位3チームが出場権を獲得する。16か国を4チームずつ4組に分けてグループリーグを行い、上位2チームが決勝トーナメントに進出。東京五輪ホスト国の日本がベスト4に入った場合、準決勝に勝ち上がった他の3チームが出場権を得ることになり、3位決定戦は実施されない。

以下、グループリーグの組み合わせ

▽グループA
タイ、イラク、オーストラリア、バーレーン

▽グループB
カタール、日本、サウジアラビア、シリア

▽グループC
ウズベキスタン、韓国、中国、イラン

▽グループD
ベトナム、北朝鮮、ヨルダン、UAE

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190926-43472066-gekisaka-socc

<W杯アジア予選>アジア王者カタールはインドにドロー! 本田圭佑監督、韓国&イランら強国の初戦は?  

20190911-00063997-sdigestw-000-8-view[1]




1: Egg ★ 2019/09/11(水) 10:26:46.46 ID:+EZiDNKu9
2022年ワールドカップ・アジア2次予選の第2節が各地で開催され、ロシア・ワールドカップで日本代表をベスト16に導いた西野朗監督率いるタイ代表が、嬉しい初勝利を収めた。

 9月5日に行なわれたホームでのベトナム戦はスコアレスドロー。勝ち切れなかったタイの第2戦の相手は、同じ東南アジアのライバル、インドネシアだ。55分にスパチョク・サラチャットのゴールで先制すると、65分には横浜で活躍するティーラトンがPKを決め、追加点を挙げる。73分にもスパチョクが再びダメ押しの3点目を奪い、3-0で完勝を飾った。

 また、本田圭佑が実質的な監督を務めるカンボジア代表はバーレーンと対戦。格上相手に健闘したものの0-1で敗れ去った。これで通算1分け1敗で、いまだ勝ち星に恵まれていない。
 
 そのほか、今年1~2月のアジアカップで初優勝を果たしたホスト国・カタールは、アウェーとはいえインドを相手にまさかの0-0。一方で日本と同様、この日が初戦だった強国の韓国とイランは、ともに2-0の快勝スタートを切っている。

 10日に行なわれたアジア2次予選の試合結果は、以下の通りだ。※国名横のカッコ内数字は勝点

【グループA】
グアム(0) 1-4 フィリピン(3)
モルディブ(3) 0-5 中国(3)

【グループB】
台湾(0) 0-2 ネパール(3)
クウェート(3) 0-3 オーストラリア(3)

【グループC】
カンボジア(1) 0-1 バーレーン(4)
香港(1) 0-2 イラン(3)

【グループD】
シンガポール(4) 2-1 パレスチナ(3)
イエメン(2) 2-2 サウジアラビア(1)

【グループE】
アフガニスタン(3) 1-0 バングラデシュ(0)
カタール(4) 0-0 インド(1)

【グループF】
モンゴル(3) 0-1 タジキスタン(6)
ミャンマー(0) 0-2 日本(3)

【グループG】
インドネシア(0) 0-3 タイ(4)
マレーシア(3) 1-2 UAE(3)

【グループH】
スリランカ(0) 0-1 北朝鮮(6)
トルクメニスタン(3) 0-2 韓国(3)

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190911-00063997-sdigestw-socc

ハリルホジッチ氏、モロッコかサウジの代表監督に就任可能性  

20190625-06251013-nksports-000-4-view[1]




1: 豆次郎 ★ 2019/06/25(火) 22:25:04.77 ID:ag8A6aNd9
6/25(火) 22:19配信
サッカー元日本代表監督で現在、フランス1部ナントを指揮しているバヒド・ハリルホジッチ監督(67)が、モロッコとサウジアラビアの代表監督に就任する可能性があると、フランス紙レキップが報じた。

ナントは26日から2019-20年シーズンの練習がスタートする。20年6月までの契約を結んでいるハリルホジッチ監督は現場入りする。だが、クラブの幹部はサブリ・ラムシ氏(47)を好んでおり、ハリルホジッチ監督の代わりに指揮を執ってもらいたいと考えているという。

同紙は、ハリルホジッチ監督はナントから契約解除された場合、モロッコとサウジアラビアの代表監督に就任する可能性があると伝えた。モロッコ代表は、現在行われているアフリカ選手権後にルナール監督が退任するため、後任としハリルホジッチ監督の就任を考えているという。

ハリルホジッチ監督は過去に同国のラジャ・カサブランカを指揮して、1997年にアフリカチャンピオンズリーグで優勝し、翌年には選手権で優勝に導くなど、モロッコのサッカーをよく知っている。

また、サウジアラビアの代表監督も選択肢の1つだと報道。過去にアル・イテハドの監督を務めていおり、もし就任した場合は、22年のW杯カタール大会アジア予選で、日本代表と戦う可能性もある。(松本愛香通信員)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190625-06251013-nksports-socc



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索