Samurai Goal

サウサンプトン


スポンサード リンク





英メディア記者「本当にナカジマは必要か?」中島翔哉のウォルバーハンプトン移籍に疑問符! 

2018-12-11-shoya-nakajima_kv16725vouwz1ez115ls9mpjd




1: 2018/12/11(火) 12:59:31.70 _USER9
ポルトガル・リーグのポルティモネンセに所属する中島翔哉。先日、ポルトガル紙の報道で、今冬の移籍先としてプレミアリーグのウォルバーハンプトンが浮上。ポルティモネンセの会長は地元ラジオの取材で「交渉の80%は進んでいる。残るは金額面の合意のみ」とコメントした。

 ウォルバーハンプトンの愛称である“ウルブス”はポルトガル人のヌーノ・エヌビリト・サンド氏が率いており、選手の多くがポルトガル出身者、もしくはポルトガルのクラブでプレー経験がある。現在、ポルトガルでプレーする中島にとっては、馴染みやすい環境ではないかと予想されている。

 そんななか、英国の人気サッカーサイト『HITC』のダニー・オーウェン記者は、中島の移籍に関して、ある疑問を呈している。

「もし噂を信じるとすれば、中島翔哉は来年1月にウォルバーハンプトンへ移籍することになりそうだ。日本代表のウインガーは昨シーズンの開幕以来、ポルティモネンセのトッププレーヤーの座に君臨している。ウルブスは1700万ポンド(約24億6500万円)を提示して交渉中だと、ポルトガル紙『BOLA』が報じ、会長はラジオ番組の取材で『その取引は80%完了している』と明かした。

 ただ、気になっていることがある。ウルブスはディオゴ・ジョッタらを中心とした攻撃的布陣を採用し、ここ数日でチェルシー、ニューカッスルを破り、勢いに乗っている。一方のサウサンプトンは監督を交代した初戦のカーディフ戦に0-1で敗れ、ふたたび苦戦を強いられそうな状況だ。

 はたして、中島を本当に必要としているのはどちらだろうか? おそらく本気で攻撃的MFを探しているサウサンプトンは、引き続き交渉を続けるつもりだろう」

 サウサンプトンがスカウトを送っていたのはトンデラ戦と言われており、タイミング的にはポルトガルでウォルバーハンプトンへの移籍説が報じられる前だった。

 チーム事情を鑑みるに、日本代表DFの吉田麻也が在籍するサウサンプトンが諦めずに交渉を進める可能性は低くないだろう。中島の動向には、イングランド・メディアも注目している

12/11(火) 6:43 サッカーダイジェスト
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181211-00010005-sdigestw-socc

【サッカー】<中島翔哉>香川真司の移籍金を上回る金額でプレミアリーグ移籍濃厚!「今後のステップアップを考えてもプラスになるはず」
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1544174242/

【激白】崖っぷちリーダー吉田麻也「W杯後の僕は選手として何もしていない」 

YoshidaMaya20170322

“強いリバプール”開幕6連勝!!新加入シャキリが大活躍 

b6927_1429_a53aa3b9_9a8ebbe9

吉田麻也、2試合連続出番なし...その理由はアジア人差別!? 

キャプチャ
1 2018/09/18(火) 10:07:35.93 _USER9
サウサンプトンの日本代表DF吉田麻也は、いまだリーグ戦で出場機会を得られず苦しんでいる。

サウサンプトンは17日、プレミアリーグ第5節でブライトンと対戦。吉田は2試合連続のベンチスタートとなった。試合はサウサンプトンが2点リードで進めるも、67分に1点を返されると、アディショナルタイムに同点弾を叩き込まれ、2-2のドローに終わっている。

吉田は開幕からリーグ戦ではいまだ出番なし。新加入のDFヤニック・ヴェスターガールトとのポジション争いに苦戦している。

今シーズンここまでの唯一の出場機会はリーグカップとなっており、そのときは無失点勝利に貢献した。10月2日にはエヴァートンとの3回戦を控え、プレミアリーグ対決で再び存在感を発揮したいところだ。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180918-00000030-goal-socc

『マヤを戻せ!!』低調気味のサウサンプトン、サポから吉田を求める声!! 

1a8e7b90bccb9583c51e0575543b67e5
サウサンプトンのサポーターから吉田麻也の復帰を求める声が上がっている。地元メディア『St. Mary's Musings』が伝えた。

昨シーズンに残留争いに巻き込まれたサウサンプトンは今シーズンも難しい戦いが続く。今年3月にマーク・ヒューズ監督を招聘し、同指揮官とともに今シーズンを迎えた同クラブだが、バーンリーとの開幕戦をスコアレスドローで終えると、その後エヴァートンとレスター・シティ相手に連敗し、現在勝ち点1の17位に沈む。

〈続く〉


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180827-00000005-goal-socc

吉田麻也がベンチで迎えたエヴァートン戦は負け!! 

1 2018/08/19(日) 01:02:35.34 _USER9
8/19(日) 0:57配信
吉田麻也ベンチのサウサンプトンがエヴァートンに敗戦/プレミアリーグ第2節

日本代表DF吉田麻也が所属するサウサンプトンは18日、プレミアリーグ第2節でエヴァートンと対戦した。

今夏に積極補強を敢行したエヴァートンと、開幕節でバーンリーと引き分けたサウサンプトンが相まみえた。バーンリー戦でベンチ外となったサウサンプトンの吉田はこの試合、ベンチスタートとなった。

試合は15分、エヴァートンがテクニカルなセットプレーから先制する。右サイドでのFK、バイタルエリアのシュナイデルランがキッカーのベインズからのショートパスをダイレクトでさばく。ボックス右で最終ライン裏に抜けたウォルコットがネットを揺らし、エヴァートンが見事なサインプレーで試合の均衡を破った。

1点のビハインドを背負うサウサンプトンは、25分に反撃。ボックス右手前からセドリックが放った強烈なブレ球ミドルシュートをGKピックフォードがファンブル。ゴール前にこぼれたボールにイングスが素早く詰める。しかし、すぐさまリカバリーしてシュートに反応したピックフォードに触られたボールはバーに直撃した。

すると、ゴールを決めたのはホームチーム。32分、右サイドのウォルコットが入れたクロスに正面のリシャルリソンが頭で合わせる。このシュートがネットを揺らし、リシャルリソンの今季3得点目でエヴァートンがリードを広げた。

迎えた後半、サウサンプトンは54分に1点を返す。右CKをニアサイドのレミナがそらすと、正面のイングスがプッシュ。スコアを1-2とした。

その後、サウサンプトンはリスクを負って同点弾を目指すも、追いつくことはできずにそのまま敗戦。開幕2試合勝ちなしとなっている。


■試合結果

エヴァートン 2-1 サウサンプトン

■得点者

エヴァートン:ウォルコット(15分)、リシャルリソン(31分)

サウサンプトン:イングス(54分)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180819-00000030-goal-socc
no title

“吉田麻也&渡辺謙”超豪華ツーショットを公開!!「日本人として誇りさえ感じました」 

キャプチャ
1 2018/08/17(金) 13:34:21.37 _USER9
セインツのユニホームを持参して

幅広い人脈と交友関係で知られる日本代表DF吉田麻也が、今回は超が付くほどの大物俳優とのミラクル2ショットを公式ツイッターに掲載した。なんと日本を代表する名優、渡辺謙さんである。
 
 添えている一文はこうだ。
 
「先日渡辺謙さん、大沢たかおさんが出演されている「王様と私」に。堂々とした演技、英語でイギリス人をバンバン笑わすお二人の姿にとても刺激を受け日本人として誇りさえ感じました! 頑張ろう俺!」
 
 写真は英国で上演された舞台の楽屋を訪れた際に撮られたもの。所属するサウサンプトンのユニホームを持参して手渡したようで、「#ユニ絶対貰っても困るだろうけど手ぶらで行くのもなんだったんで」とも記している。吉田に負けず劣らず、渡辺さんも満面の笑みだ。
 
 ふたりの実力派俳優の演技に触発され、大いに刺激を受けただろう。プレミアリーグ開幕戦のバーンリー戦(0-0)はメンバー外だったが、今週土曜日の第2節エバートン戦では先発出場が期待される。今シーズン初登場をクリーンシートで、勝利で飾れるか。吉田麻也の2018-19シーズンがいよいよ始まる。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180817-00045802-sdigestw-socc

吉田麻也、バーンリー戦はベンチ外に!“原因はラジオDJ?” 

GettyImages-664970070-800x547

吉田麻也が“原爆の日”に平和を謳うツイート!!「平和でサッカー出来ることを噛みしめよう」 

キャプチャ
 長崎県出身のサッカーW杯ロシア大会日本代表のDF吉田麻也(29=サウサンプトン)が9日、自身のSNSで、故郷・長崎が迎えた被爆73年、平成最後の「原爆の日」にメッセージを寄せた。

〈続く〉

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180809-00294725-nksports-socc

吉田麻也の合流に現地サポが歓喜「ヨシダはキャプテンだ」 

キャプチャ
日本代表DF吉田麻也は、前週サウサンプトンに合流して4日のフレンドリーマッチに途中出場を果たした。

頼れる男の復帰に、サポーターが歓喜している。

今夏、日本代表としてロシア・ワールドカップに参戦した吉田。

不動のセンターバックとして全4試合に出場し、2大会ぶりの16強入りに大きく貢献した。

〈続く〉

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180807-00000004-goal-socc


ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索