Samurai Goal

サウサンプトン


スポンサード リンク





麻也、7年半在籍サウサンプトンとの契約満了を報告「セインツ、ありがとう」 

20200701-43481432-gekisaka-000-6-view

吉田麻也のサンプドリア加入が決定!古巣セインツは感謝のメッセージ 

20200201-00010001-goal-000-1-view[1]




1: 砂漠のマスカレード ★ 2020/02/01(土) 07:44:11.04 ID:6nqEW9yl9
サンプドリアは、サウサンプトンから吉田麻也を期限付きで獲得したことを発表した。

2012年にVVVフェンロからサウサンプトンに加入した吉田。
これまで7シーズン半にわたりセント・メリーズ・スタジアムで活躍した日本代表DFだが、今シーズンは出番が激減する。
0-9で大敗した昨年10月末のレスター・シティ戦以降、プレミアリーグのピッチに立ったのはわずかに5分のみとラルフ・ハーゼンヒュットル監督の信頼を失い、ベンチを温める日々が続いていた。

これを受け、今冬の移籍市場で吉田の退団が浮上。
それでも移籍市場終盤まで大きな動きはなく、残留する可能性も囁かれていた中、デッドラインデーとなる31日、ついにサウサンプトンから離れることが決定する。

現在セリエAで16位と残留争いに巻き込まれるサンプドリアが吉田の加入を発表。
「会長のマッシモ・フェレーロとサンプドリアは、マヤ・ヨシダを期限付きで獲得したことを報告する」と公式ウェブサイトで声明を出した。
なお、契約期間は2020年6月30日までで、買い取りオプションが付帯しているようだ。

一方、サウサンプトンも公式ウェブサイトで「サウサンプトンの全員がマヤの長年にわたる献身的な働きに感謝している。
これから数カ月、さらに先の成功を祈っている」と掲載。最後に「セント・メリーズにいつでも帰って来て、マヤ」と綴っている。

サウサンプトンでの7シーズン半で公式戦通算194試合に出場した吉田は、
レスターを“奇跡のプレミアリーグ優勝”に導いたクラウディオ・ラニエリ監督の下、初挑戦となるセリエAの舞台で活躍を見せることができるのだろうか。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200201-00010001-goal-socc
2/1(土) 7:19配信

サウサンプトン吉田、サンプドリア(セリエA )移籍で合意か 半年間のレンタルと両国メディア報道 

1: 豆次郎 ★ 2020/02/01(土) 01:45:54.20 ID:k9zWygAf9
Football ZONE web
2/1(土) 1:33配信
サウサンプトン吉田、サンプドリア移籍で合意か 半年間のレンタルと両国メディア報道

セリエA 16位と低迷するサンプドリアの守備の立て直し役として期待

 日本代表DF吉田麻也が、今季終了までの期限付き移籍でセリエAのサンプドリアへ移籍することで合意した模様だ。イタリアと英国、双方のメディアが報じている。

 イタリアではサッカー専門サイト「カルチョメルカート・コム」、英国からは衛星放送局「スカイ・スポーツ」が、吉田の移籍合意を報じた。吉田は今季、イングランド・プレミアリーグのサウサンプトンで出場機会を失う状況で、冬の移籍市場で新天地を求める可能性が報じられていた。

 欧州では冬の移籍市場の最終日となった現地時間1月31日の夕方に差し掛かった時点でイタリアと英国のメディアから報じられただけに、このままメディカルチェックなどで問題がなければ正式契約に至る可能性は高いと見られる。

 サンプドリアは今季、21試合で勝ち点20と苦戦。16位と残留争いに巻き込まれている。33失点の守備陣の補強として、プレミアリーグで長くキャリアを積んだ吉田に白羽の矢が立ったと言えそうだ。

 セリエAでは今季から日本代表DF冨安健洋がボローニャでプレーしている。吉田がイタリアでプレーするとなれば、ユベントスのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドらとの丁々発止のせめぎ合いが見られることになりそうだ。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200201-00244192-soccermzw-socc
no title

吉田麻也が移籍熱望。裏にはサウサンプトンが 抱えている複雑な事情が 

20200128-00884700-sportiva-000-2-view[1]

サウサンプトン吉田(31)、出場機会激減の苦境に英指摘 「長年にわたって良い兵士だったが…」6試合0得点 

20191229-00237364-soccermzw-000-3-view[1]




1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/12/30(月) 06:55:57.55 ID:GZ3+a10m9
レスター戦の大敗以降は出場機会が激減しており、「時間は刻々と迫っている」と展望

サウサンプトンの日本代表DF吉田麻也は、イングランド8シーズン目の今季は出場機会を失っており、苦境の時期を過ごしている。
英メディアは「サウサンプトンは1月に吉田麻也を売却すべき」と見出しを打ち、今冬の移籍市場での放出を提言している。

サウサンプトンは過去にオランダ代表DFフィルジル・ファン・ダイク(現リバプール)、ベルギー代表DFトビー・アルデルワイレルド(現トットナム)、
クロアチア代表DFデヤン・ロブレン(現リバプール)らワールドクラスのセンターバック(CB)を輩出してきた。

2012年に加入した吉田もライバルとの激しいポジション争いで出番に恵まれない時期もあったが、その都度這い上がり、世界最高峰のプレミアリーグで8シーズンもの間戦ってきた。
しかし、今季はリーグ第10節レスター戦で0-9の歴史的大敗を喫して以降、出場機会が激減しており、加入以来最大の苦境に直面している。

英サッカー情報サイト「FOOTBALL FANCAST」は「サウサンプトンは1月にソフィアン・ブファルと吉田麻也を売却すべき」と見出しを打ち、
「31歳CBの時間は刻々と迫っている。結局、彼は2020年夏に去る方針で、監督が一切起用しない“脇役”の1人だ」と辛辣な見解を記している。

「この日本人DFは今季公式戦わずか678分間の出場にとどまっており、ヤン・ベドナレク、ヤニク・ヴェスターゴーア、ジャック・スティーブンスに序列で先を走られている。
1月の退団は避けられないものだが、前向きなものでもある。
彼は長年にわたってセインツの良い兵士だったが、クラブは新たな戦力としてCBの獲得に乗り出すかもしれない」

吉田は今冬の移籍市場で新天地を求めることになるのだろうか。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191229-00237364-soccermzw-socc
12/29(日) 8:10配信

「0―9」で負けた試合当日の給料 全部寄付します!選手も監督もスタッフも!吉田所属サウサンプトンが発表  

1: Egg ★ 2019/10/28(月) 23:29:30.06 ID:H3K8o7aD9
イングランド・プレミアリーグで0―9で歴史的な大敗を喫した、吉田麻也(31)所属のサウサンプトンの選手と監督以下スタッフ全員が27日、試合当日の1日分の給与をチャリティーに寄付することを決めた。クラブが発表した。

ホームで行われた25日のレスター戦で、退場者を出して10人になったサウサンプトンは守備陣が崩壊し計9失点。1995年にイプスウィッチが敵地でマンチェスター・ユナイテッドに0―9で敗れて以来のプレミアリーグ最大得点差負けのタイ記録だった。サウサンプトンは順位を降格圏の18位に下げた。

 寄付先はサウサンプトンが運営するセインツ財団。サウサンプトンの周辺に住む子供やお年寄りなど1万2000人を対象に行うチャリティー活動の資金として使われる。

 サウサンプトンは声明で「選手とスタッフはいま、すべてのエネルギーと集中力をマンチェスターでの2試合に向けている」と発表。「みそぎ」を済ませ、心機一転、敵地でのマンチェスター・シティーとの2連戦(29日のリーグカップ、11月2日のリーグ戦)に気持ちを切り替えたことを強調した。

10/28(月) 19:11配信 中日スポーツ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191028-00010046-chuspo-socc

写真no title

「動かない三角コーンのようにプレー」 吉田麻也、9失点惨敗で酷評 異例の「1点」評価も  

20191026-00000242-spnannex-000-2-view[1]




1: 1号c ★ 2019/10/27(日) 00:11:16.98 ID:ZbRhG0es9
 ◇イングランド・プレミアリーグ第10節 サウサンプトン0―9レスター(2019年10月25日 サウサンプトン)

 歴史的大敗を喫した日本代表DF吉田麻也(31)のサウサンプトンが、地元メディアで酷評された。

 吉田がフル出場した25日のレスター戦で序盤に味方1人が退場したことが響き、プレミアリーグワーストタイとなる0―9で敗れた。

 一夜明けた26日付の英タイムズ紙は「サウサンプトンはやる気、ガッツ、戦略を失っていた」と報じた上で、吉田を含む守備陣全員と退場したバートランドに10点満点で1点という異例の評価点を付けた。デーリー・エクスプレス紙は吉田に4点を付け「赤と白の縞模様のシャツが似合っていた。(動かない)三角コーンのようにプレーしていたからだ」と厳しく評した。

 サウサンプトンのハーゼンヒュットル監督は「パフォーマンスを謝らなくてはならない責任は100%、私にある」とファン、サポーターに謝罪。「私の人生において、このような経験をしたことがない。こんなことが起こるとは考えてもいなかった」と屈辱的な大敗を振り返った。

10/26(土) 22:06配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191026-00000242-spnannex-socc

リネカー「日本にいて9‐0が見られなかった」ツイートが話題!  

1: Egg ★ 2019/10/26(土) 16:45:48.58 ID:TmUhT5SN9
「こっちは朝5時半だ」

レスター・シティのホームタウンであるレスターは、名門タイガースが拠点を置くラグビーの盛んな地域でもある。

【動画】衝撃の9ゴール! サウサンプトンvsレスターのハイライトはこちら!
https://www.soccerdigestweb.com/news/detail2/id=65799

 日本で開催中のワールドカップでベスト4に進んだラグビーのイングランド代表を応援しに来ているレスター・シティのファンは、複雑な思いをしているかもしれない。

 例えば、レスターのレジェンド、ガリー・リネカー氏の次男ハリーさんもそのひとりだ。

 現地時間10月25日に行なわれたプレミアリーグ第10節で、サウサンプトンのホームに乗り込んだレスター・シティは、9‐0という歴史的大勝を飾った。

 英国メディアによると、アウェーでの9得点はイングランドのトップリーグ史上初の快挙であるという。
 
 解説者を務めている現在でも古巣レスターへの思い入れが強いリネカーも喜びを隠せず、興奮気味にこのゴールラッシュを伝えるつぶやきをいくつかしていたのだが、その中のこんなツイートが話題となっている。

「息子が日本にいたら、贔屓のチームが9‐0で勝つのを見ることはできない」

 リネカーがこのコメントとともに投稿したのは、メッセージアプリ「WhatsApp」で交わされた息子たちのやり取りをキャプチャーした画像だ。ラグビー観戦で日本にいるハリーさんと、イングランドに残っている四男のアンガスさんが、サウサンプトン対レスターの試合中にこんなやり取りをしている。

 アンガス「これは狂気だよ」

 ハリー「こっちは朝5時半だ」

 アンガス「得失点差がリバプールを上回るよ」

 ハリー「酔っ払ってるから、配信しているところを探せない」

 愛するレスターの歴史的勝利を見逃してしまったハリーさん。留飲を下げるには、26日に行なわれるラグビーW杯の準決勝で、母国イングランドが優勝候補のオールブラックス(ニュージーランド)を破ってくれること以外にないだろう。

10/26(土) 16:08配信 サッカーダイジェスト
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191026-00065822-sdigestw-socc

写真
no title

レスターがプレミア初の快挙を達成…敵地で9得点&2選手がハット達成  

20191026-00992498-soccerk-000-1-view[1]




1: ぜかきゆ ★ 2019/10/26(土) 07:35:48.89 ID:5NWu2X0I9
レスターがプレミア初の快挙を達成…敵地で9得点&2選手がハット達成

 プレミアリーグ第10節が25日に行われ、日本代表DF吉田麻也が所属するサウサンプトンとレスターが対戦した。アウェイのレスターは、この試合でプレミアリーグ初の記録を達成した模様だ。

 レスターは試合開始10分にベン・チルウェルの得点で先制すると、前半の内に大量5得点を挙げる。後半に入ってもレスターはゴールを量産して、9-0でサウサンプトンに勝利を収めた。

 データサイト『OPTA』によると、プレミアリーグ1試合9ゴールを挙げたのは、1995年にイプスウィッチを下したマンチェスター・U以来2度目。敵地で9ゴールを挙げたクラブは、レスターがプレミアリーグで初だという。

『OPTA』によると、レスターの快挙はもう一つある模様だ。サウサンプトンに大勝したレスターは、ベン・チルウェルとジェイミー・ヴァーディの2選手がハットトリックを達成した。プレミアリーグにおいて1試合で2選手がハットトリックを達成したのは、2003年にアーセナルがサウサンプトン相手に達成して以来2度目となる快挙だという。

10/26(土) 7:16配信 SOCCER KING
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191026-00992498-soccerk-socc

<吉田麻也>不可解采配の監督に直談判へ!出番なし3失点でダービー歴史的黒星「もう俺が監督に話すしかない」  

20190922-00010001-chuspo-000-1-view[1]




1: Egg ★ 2019/09/22(日) 01:57:54.30 ID:RVWExSTA9
【サウサンプトン(英国)原田公樹】サッカーのイングランド・プレミアリーグは20日、各地で行われ、サウサンプトンの吉田麻也(31)は1ー3で敗れたホームのボーンマス戦で出番がなかった。

 サウサンプトンがホームでの『サウスコーストダービー』で敗れたのは史上初。ベンチで歴史的黒星を見届ける屈辱を味わった吉田は怒気をはらみながら「もう俺が監督に話すしかない」と不可解采配に終始したハーゼンヒュットル監督への“直談判”を示唆した。

 前節・シェフィールドU戦(14日)では吉田を含む3バックで戦い1―0の勝利。だが、ボーンマス戦では吉田抜きの4バックで挑み、ミス連発で次々と失点した。「(この敗北は)ジョークでしょ。前戦でクリーンシート(無失点)で勝っていたのだから変える必要はなかった」と選手を代表して同監督をただす役を買って出た。

9/22(日) 0:29配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190922-00010001-chuspo-socc



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索