Samurai Goal

サウサンプトン


スポンサード リンク





吉田麻也がベンチで迎えたエヴァートン戦は負け!! 

1 2018/08/19(日) 01:02:35.34 _USER9
8/19(日) 0:57配信
吉田麻也ベンチのサウサンプトンがエヴァートンに敗戦/プレミアリーグ第2節

日本代表DF吉田麻也が所属するサウサンプトンは18日、プレミアリーグ第2節でエヴァートンと対戦した。

今夏に積極補強を敢行したエヴァートンと、開幕節でバーンリーと引き分けたサウサンプトンが相まみえた。バーンリー戦でベンチ外となったサウサンプトンの吉田はこの試合、ベンチスタートとなった。

試合は15分、エヴァートンがテクニカルなセットプレーから先制する。右サイドでのFK、バイタルエリアのシュナイデルランがキッカーのベインズからのショートパスをダイレクトでさばく。ボックス右で最終ライン裏に抜けたウォルコットがネットを揺らし、エヴァートンが見事なサインプレーで試合の均衡を破った。

1点のビハインドを背負うサウサンプトンは、25分に反撃。ボックス右手前からセドリックが放った強烈なブレ球ミドルシュートをGKピックフォードがファンブル。ゴール前にこぼれたボールにイングスが素早く詰める。しかし、すぐさまリカバリーしてシュートに反応したピックフォードに触られたボールはバーに直撃した。

すると、ゴールを決めたのはホームチーム。32分、右サイドのウォルコットが入れたクロスに正面のリシャルリソンが頭で合わせる。このシュートがネットを揺らし、リシャルリソンの今季3得点目でエヴァートンがリードを広げた。

迎えた後半、サウサンプトンは54分に1点を返す。右CKをニアサイドのレミナがそらすと、正面のイングスがプッシュ。スコアを1-2とした。

その後、サウサンプトンはリスクを負って同点弾を目指すも、追いつくことはできずにそのまま敗戦。開幕2試合勝ちなしとなっている。


■試合結果

エヴァートン 2-1 サウサンプトン

■得点者

エヴァートン:ウォルコット(15分)、リシャルリソン(31分)

サウサンプトン:イングス(54分)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180819-00000030-goal-socc
no title

“吉田麻也&渡辺謙”超豪華ツーショットを公開!!「日本人として誇りさえ感じました」 

キャプチャ
1 2018/08/17(金) 13:34:21.37 _USER9
セインツのユニホームを持参して

幅広い人脈と交友関係で知られる日本代表DF吉田麻也が、今回は超が付くほどの大物俳優とのミラクル2ショットを公式ツイッターに掲載した。なんと日本を代表する名優、渡辺謙さんである。
 
 添えている一文はこうだ。
 
「先日渡辺謙さん、大沢たかおさんが出演されている「王様と私」に。堂々とした演技、英語でイギリス人をバンバン笑わすお二人の姿にとても刺激を受け日本人として誇りさえ感じました! 頑張ろう俺!」
 
 写真は英国で上演された舞台の楽屋を訪れた際に撮られたもの。所属するサウサンプトンのユニホームを持参して手渡したようで、「#ユニ絶対貰っても困るだろうけど手ぶらで行くのもなんだったんで」とも記している。吉田に負けず劣らず、渡辺さんも満面の笑みだ。
 
 ふたりの実力派俳優の演技に触発され、大いに刺激を受けただろう。プレミアリーグ開幕戦のバーンリー戦(0-0)はメンバー外だったが、今週土曜日の第2節エバートン戦では先発出場が期待される。今シーズン初登場をクリーンシートで、勝利で飾れるか。吉田麻也の2018-19シーズンがいよいよ始まる。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180817-00045802-sdigestw-socc

吉田麻也、バーンリー戦はベンチ外に!“原因はラジオDJ?” 

GettyImages-664970070-800x547

吉田麻也が“原爆の日”に平和を謳うツイート!!「平和でサッカー出来ることを噛みしめよう」 

キャプチャ
 長崎県出身のサッカーW杯ロシア大会日本代表のDF吉田麻也(29=サウサンプトン)が9日、自身のSNSで、故郷・長崎が迎えた被爆73年、平成最後の「原爆の日」にメッセージを寄せた。

〈続く〉

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180809-00294725-nksports-socc

吉田麻也の合流に現地サポが歓喜「ヨシダはキャプテンだ」 

キャプチャ
日本代表DF吉田麻也は、前週サウサンプトンに合流して4日のフレンドリーマッチに途中出場を果たした。

頼れる男の復帰に、サポーターが歓喜している。

今夏、日本代表としてロシア・ワールドカップに参戦した吉田。

不動のセンターバックとして全4試合に出場し、2大会ぶりの16強入りに大きく貢献した。

〈続く〉

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180807-00000004-goal-socc

吉田麻也“退場”、試合結果もドローとなり二連勝ならず!! 

net
1   2018/05/06(日) 04:31:04.55 _USER9
 プレミアリーグ第37節が5日に行われ、吉田麻也が所属するサウサンプトンがエヴァートンと対戦した。吉田はこの試合でも先発出場を果たしている。

 試合が動いたのは56分。縦パスに反応して右サイドの深い位置に走り込んだセドリック・ソアレスがクロスを供給すると、ペナルティエリア内に走り込んだ途中出場のネイサン・レドモンドが頭で合わせてネットを揺らした。指揮官の采配が見事に当たり、サウサンプトンが先制に成功する。

 85分にはエヴァートンのバイェ・ウマル・ニアッセを倒した吉田がこの試合2枚目のイエローカードを提示され、退場処分を受けてしまう。数的不利となったサウサンプトンだったが、その後も集中した守りを見せてエヴァートンの攻撃陣にゴールを割らせない。

 そのまま試合終了かと思われた後半アディショナルタイム、試合は再び動きを見せる。トム・デイヴィスが放ったミドルシュートがサウサンプトンのヴェスレイ・フートの脚に当たって方向が変わり、ボールはそのままゴールへと吸い込まれていった。最後まで諦めずに攻撃に出たホームチームが、土壇場で試合を振り出しに戻した。

 直後にタイムアップの笛が鳴り、サウサンプトンは前節に続くリーグ戦2連勝とはならず。土壇場で痛恨の失点を喫したことで、勝ち点2を落とす形となってしまった。なお、先発出場を果たした吉田は最終ラインで奮闘していたが、84分に退場処分を受けてピッチを後にしている。

 次節、サウサンプトンは8日にアウェイで、勝ち点「33」で並んでいるスウォンジーとの直接対決に臨む。

【スコア】
エヴァートン 1-1 サウサンプトン

【得点者】
0-1 56分 ネイサン・レドモンド(サウサンプトン)
1-1 90+6分 トム・デイヴィス(エヴァートン)
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180506-00753589-soccerk-socc

吉田麻也、サウジアラビア電撃移籍は誤報だった? 

YoshidaMaya20170322
1   2018/05/04(金) 08:23:02.04 _USER9
ヒューズ新監督からの信望が厚い

日本代表CB吉田麻也は、新たな活躍の場を中東に求めるのか。

 その移籍話が突如として降って湧いたのは、5月1日だった。サウジアラビア・メディア『Erm News』が、サウサンプトンに所属する吉田が今シーズン終了後にアル・ヒラルへ移籍すると報じたのだ。

 同クラブのサミー・アル=ジャービル会長が自身のツイッターで「我々は外国人ストライカー、外国人ディフェンダーとの交渉を終えた」と綴ったことに端を発し、『Erm News』が「ヨシダとは契約上の問題のすべてに合意し、公式発表を待つだけという段階だ」と伝えたのである。この一報は日本でも大きな話題をさらった。

 実際のところはどうなのか。『サッカーダイジェストWeb』の取材に応じた吉田に近い関係者は、「(いま移籍は)ない」とキッパリ否定。さらに報じられているアル・ヒラルからのオファーも「まったくない」と明らかにした。

 サウジアラビアとはロシア・ワールドカップ最終予選で対戦しただけに、サムライブルーでの吉田のパフォーマンスは同国でも高い評価を得ていたのかもしれないが、昨年8月24日、29歳の誕生日にサウサンプトンと3年延長の新契約を締結している。やはり現実味は乏しい。
 
 吉田はサウサンプトンで最古参の6年目。現在18位のチームは残留争いの真っ只中にいるが、受難のシーズンにあってしっかりとキャプテンの責務を果たしており、DFリーダーとしても頼りにされている。また、今年3月14日に就任したマーク・ヒューズ新監督の信頼も厚い。政権発足後は怪我の影響でベンチに座ったウェストハム戦(32節)を除き、プレミアリーグ5試合中4試合で先発出場を飾っているのだ。

 VVVフェンロから南イングランドにやってきて以来、日進月歩の進化を続けてきた吉田。いまはクラブの残留だけを考え、シーズンの残り3試合に全力を尽くす構えだ。
 
5/4(金) 6:32配信 サッカーダイジェスト
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180504-00039824-sdigestw-socc

吉田麻也、サウジアラビア“アル・ハラル”に移籍か W杯前に大きな決断 

1   2018/05/02(水) 06:47:10.02 _USER9
サウサンプトンの日本代表DF吉田麻也がサウジアラビアのアル・ハラルと契約に至ったようだ。サウジアラビアのメディアなどが報じた。

プロ・リーグ2連覇を果たしたアル・ハラルの幹部サーミー・アル=ジャービル氏は1日、
キケ・サンチェス・フローレス氏の監督就任とともに吉田と契約に至り、近々リヤドに到着すると発表した。
「我々はクオリティの高い世界的な指揮官と外国人のディフェンダーとの交渉を終えた」

2012年からサウサンプトンでプレーする吉田はこれまでに全公式戦131試合に出場して9ゴールを記録。
今シーズンは全公式戦27試合に出場するも、チームはプレミアリーグで低迷して降格圏の18位に沈むなど低調なシーズンを送っている。

現段階でサウサンプトンと吉田側から正式なコメントは発表されていないが、
日本代表として臨むロシアでのワールドカップ前に大きな決断を下すことになりそうだ。

5/2(水) 6:17配信 GOAL
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180502-00000026-goal-socc

写真
no title


吉田麻也、まさかの中東移籍? 現地メディアが合意報道。昨年はACL決勝に進出
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180502-00267774-footballc-socc

【レスター×サウザンプトン試合結果】レスター優勝へ前進!前半のモーガンのゴールを守り切り1ー0勝利![全ゴール動画有] 


プレミア・リーグ 2015/2016 第32節
レスター・シティ 1-0 サウザンプトン

■ 得点:
1-0 ウェス・モーガン(前半38分)

▽キックオフ:2016/04/03(日) 14:30 │ 日本時間 04/03(日) 21:30
▽スタジアム:King Power Stadium(Leicester, Leicestershire) 
▽主審:M. Oliver ▽副審:G. Beswick、A. Holmes

CfHtAERUEAAVpxE
動画がリンク切れする場合があります。ご了承下さい



【レスター×サウザンプトン前半終了】岡崎スタメンのレスターがモーガンの先制ゴールで1-0 前半終了[全ゴール動画有] 


プレミア・リーグ 2015/2016 第32節
レスター・シティ 1-0 サウザンプトン

■ 得点:
1-0 ウェス・モーガン(前半38分)

▽キックオフ:2016/04/03(日) 14:30 │ 日本時間 04/03(日) 21:30
▽スタジアム:King Power Stadium(Leicester, Leicestershire) 
▽主審:M. Oliver ▽副審:G. Beswick、A. Holmes

CfHiLVbVIAE40U9
動画がリンク切れする場合があります。ご了承下さい





ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索