Samurai Goal

ゴルフ


スポンサード リンク





ベイル、新型コロナ真っ只中でも自宅の庭でゴルフを楽しむ...スーパーショットにご満悦 

20200328-00010005-sportes-000-1-view




1: 2020/03/28(土) 16:44:56.12
再びゴルフがガレス・ベイルの日常生活の主役になっている。新型コロナウイルスによる外出禁止令が下るなか、レアル・マドリーのFWはゴルフをプレーする動画をインスタグラムにアップしている。

自宅の庭にゴルフホールを所有するベイルは、グリーンの上でティーパットを練習するビデオを投稿した。そのビデオでは難しいパットを決めて喜ぶベイルの姿が確認できる。

彼の多くのチームメイトがトレーニングの様子や、コロナウイルスと闘う人々へメッセージを送るなか、このウェールズ人はゴルフをする姿を好んだ。

ガレス・ベイルのゴルフへの情熱はサッカーをプレーする彼の姿よりも活気があり、その姿は何よりも幸せそうに見える。
レアル・マドリーがこの様子をどう捉えているかは、知るよしもないが...。

instagram
https://www.instagram.com/p/B-PpYNPJdv-/

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200328-00010005-sportes-socc

ベイル、SNSで流行する「ステイ・アット・ホーム・チャレンジ」に挑戦!見事なゴルフの“腕前”を披露 

20200324-01049722-soccerk-000-5-view




1: 2020/03/24(火) 20:38:30.13
 レアル・マドリードに所属するウェールズ代表FWギャレス・ベイルがSNSに投稿した動画が話題を呼んでいる。23日、イギリス紙『サン』が伝えた。

【動画】ベイルの「ステイ・アット・ホーム・チャレンジ」
https://www.instagram.com/p/B-FDJd4pUnc/

 新型コロナウイルスの感染拡大によってサッカーが中断するなか、自宅で過ごす選手たちやサッカーファンの間では、トイレットペーパーでリフティングに挑戦する「ステイ・アット・ホーム・チャレンジ(#StayAtHomeChallenge)」が流行。バルセロナに所属するアルゼンチン代表FWリオネル・メッシも、楽々とリフティングをこなす動画をSNSに投稿していた。

 ベイルも同チャレンジに挑戦した動画を自身の公式インスタグラムに投稿したが、その内容はほかとは一線を画するものだった。

 カメラの手前左にはゴルフクラブを握ったベイルが立ち、カメラから約4メートル先には少し角度をつけて立てかけられたトイレットぺーパーが置かれている。ベイルがチップショットを放つと、ボールはトイレットペーパーの芯の空洞に吸い込まれ、ベイルは笑い声をあげながらガッツポーズで喜んだ。

「ウェールズ、ゴルフ、マドリード。この順番だ」と書かれたフラッグをEURO2020予選で掲げて物議を醸すなど、ゴルフへの熱意がたびたび話題となるベイルだが、その腕前は確かなようだ。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200324-01049722-soccerk-socc

「ウェールズ、ゴルフ、マドリード、この順番」物議のベイルに対し、レアル元会長が“移籍願い”  

UlPveKE




1: 久太郎 ★ 2019/11/22(金) 14:41:48.37 ID:HF9lYUA+9
 2006年から09年にかけてレアル・マドリーの会長を務めていたラモン・カルデロン氏はウェールズ代表FWガレス・ベイルがトッテナムに戻るべきだと主張しているようだ。イギリス『BBC』が伝えている。

 ベイルは今月19日、欧州選手権(EURO2020)予選のハンガリー戦に出場し、逆転での本戦出場権獲得に大きく貢献。試合後にはサポーターが持っていた「ウェールズ、ゴルフ、レアル、この順番」と記されたジョークまじりのフラッグを掲げたことで、スペイン国内で物議を醸していた。

 これについて、カルデロン氏はトッテナムへの移籍が「誰にとっても良い解決策になる」と主張。古巣にはかつてR・マドリーを指揮し、ベイルを気に入っているとされるジョゼ・モウリーニョ監督が就任したことも追い風と捉えているようだ。

 また「彼がベルナベウに姿を現せば、彼にブーイングを浴びせるなど、受け入れられないという人々もいるだろう」とサポーターの気持ちを代弁。また言語的な障壁、マスコミとの不和も例に挙げ、R・マドリーとの別れを煽っている。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191122-43474247-gekisaka-socc

画像
https://imgur.com/UlPveKE

動画
https://youtu.be/DSvT5ET4jHQ


ガレス・ベイル、衝撃の事実判明…トッテナム戦の最中にゴルフ!?ジダン監督「練習していたことを願うよ」  

1: Egg ★ 2019/08/01(木) 13:18:21.26 ID:MjY1WmpK9
驚きの事実が判明した。スペイン『マルカ』によれば、レアル・マドリーがトッテナムとのアウディカップ準決勝に0-1で敗れたとき、招集外のウェールズ代表FWガレス・ベイルは試合を全く見ず、ゴルフを楽しんでいたという。

 7月30日、レアルはトッテナムと対戦。DFマルセロのパスミスからFWハリー・ケインに決勝点を許し、0-1で敗戦。プレシーズンマッチ4試合で1分3敗となっていた。

 ジネディーヌ・ジダン監督はベイルの招集外について「コンディション不良」と説明していたが、トッテナム戦の最中、ベイルがいた場所は、家でもクラブハウスでもなく、なんとゴルフ場だったという。

 同紙によると、大のゴルフ好きで知られるベイルは、ちょうど試合が終了した午後8時の時点で14番ホールにいた模様。つまり、古巣トッテナム戦を全く見ていなかったことになる。

 31日に行われた3位決定戦でフェネルバフチェを5-3で下し、今夏のプレシーズンマッチで初勝利を飾ったレアル。ジダン監督は試合終了後の会見で「彼がやったことを私は知らない。私は自分の選手たちと一緒にここにいるので、そのことについてコメントするつもりはない」と突き放した。

「我々はチームのことを考えているし、彼がマドリードで練習していたことを願うよ。私は誰かがやっていることを何も妨げるつもりはない。各々が自分の責任を負っているし、マドリードで様子を見るつもりだ。私は個人の人生に介入するつもりはない。彼は向こうに練習するために残っているし、練習をしていたと思う。これ以上私は答えるつもりはないよ」

 ジダン監督の構想外となり、今夏の退団が噂されるベイルは、移籍先として有力と見られた江蘇蘇寧(中国)との交渉が破談となったことを受けて激高。ドイツ遠征を拒否したとも報じられている。

8/1(木) 8:21配信 ゲキサカ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190801-43469985-gekisaka-socc

写真
no title



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索