Samurai Goal

コートジボアール


スポンサード リンク





今日コートジボワール戦。久保建英の先発抜擢なら森保Jの何がどう変わるのか? 

スクリーンショット 2020-10-13 21.08.18

【サッカー日本代表】13日深夜、コートジボワール戦 森保監督「積極的に」 

4c633334




1: 2020/10/12(月) 21:58:41.92 _USER9
【ユトレヒト(オランダ)時事】サッカー日本代表は13日、オランダのユトレヒトで行われる国際親善試合でコートジボワール代表と対戦する。試合開始は午後4時45分(日本時間同11時45分)。新型コロナウイルスの影響で昨年12月以来の代表戦となった9日のカメルーン戦は0―0で引き分けた。今年初勝利に向け、12日にオンライン会見に臨んだ森保一監督は「積極的に戦う姿勢を見せることが大事。連係、連動で効果的な形をつくりたい」と述べた。
 全員が海外組で編成された日本は12日、試合会場で冒頭以外を非公開として調整。国際サッカー連盟(FIFA)ランキングは日本が28位、コートジボワールが60位。2014年ワールドカップ(W杯)ブラジル大会で日本が逆転負けして以来の顔合わせで、対戦成績は2勝2敗。

https://www.jiji.com/jc/article?k=2020101200768&g=spo

鈴木武蔵、1トップ先発有力のコートジボワール戦は「大迫モデル」より“背後の武蔵” 

スクリーンショット 2020-10-12 20.32.45

イングランドがウェールズに3発勝利、日本と戦うコートジボワールはベルギー相手にドロー 

スクリーンショット 2020-10-09 15.37.29

<日本代表>オランダ遠征 10月9日「カメルーン代表」/10月13日「コートジボワール代表」メンバー発表! 

1: 2020/10/03(土) 08:35:13.09 _USER9
●日本代表戦に臨むカメルーン代表メンバーアヤックス守護神のオナナやリヨンFWエカンビらを招集

カメルーンサッカー連盟(FECAFOOT)は、オランダ遠征に臨むカメルーン代表メンバーを発表した。
今回のメンバーには、アヤックスのGKアンドレ・オナナやリヨンのFWカール・トコ・エカンビらすべて海外組で構成されている。

カメルーン代表は当初32名の選手を招集していたが、中国やトルコ、アメリカ、UAEなどでプレーする選手がオランダへの入国制限があるとして招集を断念したとのことだ。
カメルーン代表は9日に日本代表と対戦する。今回発表されたカメルーン代表メンバーは以下の通り。

◆カメルーン代表メンバー
GK
アンドレ・オナナ(アヤックス/オランダ)
ファブリス・オンドア(オーステンデ/ベルギー)
ブロンディ・ヌク(ストーク・シティ/イングランド)

DF
アンブロワーズ・オヨンゴ(モンペリエ/フランス)
アロル・ムクディ(サンテチェンヌ/フランス)
コリンズ・ファイ(スタンダール・リエージュ/ベルギー)
ジェローム・オンゲネ(ザルツブルク/オーストリア)
ミシェル・ヌガドゥ=ヌガジュイ(ヘント/ベルギー)
ジョイスキム・ダワ(ヴァルミエラ/ラトビア)
アーメド・ヌグヤムサ(ディジョン/フランス)
セルジュ・ルコ(ベベレン/ベルギー)

MF
ヤン・ブライス・エテキ(グラナダ/スペイン)
ツィ=ウィリアム・エンデンゲ(ルツェルン/スイス)
ジャン・オナナ(ムスクロン/ベルギー)
サミュエル・グエ(ラインドルフ・アルタッハ/オーストリア)
アンドレ・ザンボ・アンギサ(フルアム/イングランド)
ピア・カンディ・マロン(マインツ/ドイツ)

FW
セルジュ・タベク(ムスクロン/ベルギー)
カール・トコ・エカンビ(リヨン/フランス)
フランク・エヴィナ(ハノーファー/ドイツ)
ムミ・エンガマル(ヤング・ボーイズ/スイス)
ジャン=ピエール・エンサメ(ヤング・ボーイズ/スイス)
イグニアティウス・ガナゴ(RCランス/フランス)
ファブリス・オリンガ(ムスクロン/ベルギー)

超ワールドサッカー / 2020年10月2日 11時5分
https://news.infoseek.co.jp/article/webultrasoccer_382550/

写真
no title

サッカー日本代表、10月にカメルーン・コートジボワールと親善試合決定。フル欧州組で 

スクリーンショット 2020-09-11 15.41.49




1: 2020/09/11(金) 14:43:36.29
日本サッカー協会は11日、日本代表が10月にオランダ遠征を行い、カメルーン、コートジボワールと親善試合を行うことを発表した。リモートマッチ(無観客試合)で開催。今年は新型コロナ禍の影響で日本代表戦が行われておらず、20年の初戦となる。

 国際Aマッチデーの10、11月には当初、W杯カタール大会アジア2次予選が予定されていたが、コロナ禍で来年に延期。招集に拘束力のある期間を有効活用するため、国内外で活動方法を模索してきた。

 オランダは日本から直行便があり、欧州からも選手が集まりやすい立地。また欧州の他の国に比べ感染爆発というほどには至っておらず、日本からの渡航者や日本人に対して入国後の行動に制限を設けていないことなども合宿地決定の背景にあった。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200911-00000155-spnannex-socc



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索