Samurai Goal

コーチ


スポンサード リンク





ヤヤ・トゥーレ氏ウクライナのチームでコーチ就任へ 

1: 2021/01/21(木) 09:13:18.86 _USER9 BE:741322939-2BP(0)
sssp://img.5ch.net/ico/nida.gif
1/21(木) 8:28配信
日刊スポーツ

ヤヤ・トゥーレ氏(14年6月撮影)

元マンチェスター・シティーのヤヤ・トゥーレ氏(37)がウクライナのオリンピック・ドネツクでコーチに就任すると、20日付英紙サン電子版が報じた。20年1月に中国の青島黄海を退団して以来、ピッチには立っていない。プロライセンスを取得済みだといい、指導者として歩み始める。

トゥーレ氏は現役時代の初めにウクライナリーグでプレーしていた。同氏の代理人もオリンピック・ドネツクでコーチに就任することを認めた。「トゥーレは、トップチームの監督に応募したわけではない。まだ勉強中だ。ライセンスは持っているが、(指導者としての)スキルを向上させるために、学ぶことが必要だ。そのためにキエフに行く」と説明した。(A・アウグスティニャク通信員)

no title

https://news.yahoo.co.jp/articles/b761b0364e4a2a762ff09c4598fce936d64f8eec

中山雅史氏が磐田のコーチ就任 12年ぶりの磐田復帰に「J1昇格に向けて、鈴木監督を全力でサポート」 

1: 2021/01/13(水) 15:50:53.91 _USER9
1/13(水) 15:38
スポニチアネックス

中山雅史氏が磐田のコーチ就任 12年ぶりの磐田復帰に「J1昇格に向けて、鈴木監督を全力でサポート」
中山雅史
 J2磐田は13日、サッカー元日本代表の中山雅史氏(53)がトップコーチに就任すると発表した。

 中山は藤枝東高、筑波大を経て90年に前身のヤマハ発動機に入団。その後、2009年まで磐田に所属していた。

 中山氏はクラブを通して「この度ジュビロ磐田のコーチとして帰ることになりました。J1昇格に向けて、鈴木監督を全力でサポートしていきます。よろしくお願いいたします!!」とコメントした。

no title

https://news.yahoo.co.jp/articles/b11ac8a58cbdc98081022518f70f302aa12aa129

<FW前田俊介>現役を引退…クラブはトップチームのコーチ就任も併せて発表 

1: 2021/01/07(木) 23:01:10.49 _USER9
九州サッカーリーグの沖縄SVは7日、FW前田俊介が2020年シーズン限りで現役を引退することをクラブ公式サイトで発表した。
また、前田がトップチームのコーチに就任することも併せて発表されている。

34歳の前田は、サンフレッチェ広島ユース出身。2005年に広島のトップチームへ昇格すると、2008年まで同クラブに在籍した(2007年シーズン、2008年シーズンは大分トリニータに期限付き移籍)。
2009年に大分へと完全移籍すると、以後はFC東京(期限付き移籍)、北海道コンサドーレ札幌、ガイナーレ鳥取と渡り歩き、2018年に沖縄SVへと加入した。
2020年シーズンは、KYFA第48回九州サッカーリーグ(4試合実施)で2試合に出場、天皇杯では1試合に出場している。

クラブ公式サイトでは、前田のコメントも掲載されている。

「2020年限りで引退することを決めました。まずは家族を始め、今まで私を支えてくれたチーム、スポンサーパートナー、監督、選手、スタッフ、サポーターの皆様に感謝申し上げます。
とくに去年はコロナ禍にもかかわらず、たくさんのスポンサーパートナーの皆様やサポーターの皆様にそれまでと変わらない応援をしていただきました。これまで応援して下さった皆様、本当にありがとうございました」

「選手としては引退しますが、これからはいろいろな経験を通して人としても成長できるよう精進していきます。今年から沖縄SVトップチームのコーチという新たな立場でJFL昇格を目指していきますので、引き続き応援よろしくお願いします

1/7(木) 17:47配信
https://news.yahoo.co.jp/articles/5caa8adea6bae4d67195313e12c8a4b319785b9f

写真
no title

内田篤人コーチ「俺が決めたら2点な」 U―19代表候補合宿でミニゲーム飛び入り参加 

スクリーンショット 2020-10-26 22.21.54

メッシが相手コーチに「このクソ野郎。どうしたんだよハゲ」、試合後に口論 

1: 2020/10/15(木) 18:04:57.68 _USER9
アルゼンチン代表は13日、カタール・ワールドカップ(W杯)南米予選第2節でボリビア代表と対戦し、2-1で勝利した。

連勝スタートを飾ったアルゼンチンだったが、試合後にはFWリオネル・メッシが相手のコーチと小競り合いを起こしていた。アルゼンチン『TyC Sports』が伝えている。

ピッチで勝利を喜ぶアルゼンチンの面々に対し、ボリビアの選手やコーチが突っかかると、メッシもこれに応戦。ボリビアのフィジカルトレーナーを務めるアルゼンチン人のルーカス・ナバ氏に対し、スペイン語で激しく罵ったようだ。

「このクソ野郎。どうしたんだよハゲ」

「君は試合中ずっと叫んでいたな。何が問題なんだ?ベンチからずっと怒鳴っていた」

その後、ナバ氏が引き下がったことからそれ以上の問題にはならなかったが、やや後味の悪い試合となった。

https://news.yahoo.co.jp/articles/6b4aa1db35f9523faff85edff5c92f1f7c4b15c7
no title

久保建英の「傾聴力」! マジョルカ・コーチが語る“聞き魔” 

20200715-00081604-soccerh-000-1-view

<久保建英>マジョルカのコーチが絶賛!「19歳だが、頭は30歳」「神が与えたプレゼント」 

1: 2020/06/11(木) 23:32:13.51
マジョルカのアシスタントコーチを務めるダニ・ペディン氏が、日本代表MF久保建英を称賛した。スペイン『アス』が伝えた。

FC東京から昨夏レアル・マドリーへと移籍した久保。プレシーズンマッチはファーストチームと共に活動し、その才能の片鱗を見せていたが、EU圏外枠の問題もありマドリーでの出場機会が限られることに。そのため、マジョルカへとレンタル移籍を果たした。

マジョルカでは、ラ・リーガで24試合に出場し3ゴールを記録。チームの攻撃を牽引する活躍を見せているが、残留争い中と難しいシーズンを過ごしている。

そんなマジョルカでコーチを務めるペディン氏が、久保について絶賛。年齢を勘違いするほどの落ち着きがあると語った。

「彼は若い男の子であり、とても優れたサッカー選手だ。まだ多くを学ぶ必要があるが、今はチームに来た時よりもはるかに素晴らしい選手になっている」

「19歳だが、頭は30歳のように感じる」

「彼に話しかけるが、年相応には見えない。とても礼儀が正しく、リスベクとがあり、親切だ。監督が話している時も、多くの注意を払っている」

また、左利きである久保の特性についてもコメント。選手としての能力を評価すると共に、人間性が優れていることを絶賛した。

「彼が持っている左利きという能力は特別であり、それは神が与えたプレゼントだ。プレーやコントロールのクオリティも高い」

「また、ショートでもロングでも、素晴らしいキックを見せている」

「いつも耳を傾け、常に周りに気を配ることができる選手だ。監督が言ったことを彼に聞くことは難しいだろうし、それに対して彼も良く答えることはない」

「私は多くの場合ボールを止めて注意をするが、彼にはその必要はない。私が言ったことをしっかり覚えているし、彼は多くの注意を払っているからだ」

2020年6月11日 10時55分 超ワールドサッカー
https://news.livedoor.com/lite/article_detail/18399496/

写真
no title

元ドイツ代表FWクローゼ氏がバイエルンのコーチに就任「これまでの経験を活かして…」 

20200508-01067590-soccerk-000-1-view




1: 2020/05/08(金) 10:08:16.99
 バイエルンは7日、元ドイツ代表FWミロスラフ・クローゼ氏がトップチームのアシスタントコーチに就任することを発表した。契約期間は2020年7月1日からの1年間となっている。また、同じくアシスタントコーチを務めているダニー・レール氏が2023年夏までの契約を結んだことも発表されている。

 アシスタントコーチ就任に際し、クローゼ氏はバイエルンのクラブ公式HPで以下のようにコメントを残している。

「素晴らしい気持ちだ。この任務に就くことを楽しみにしている。ハンジ・フリック監督とはドイツ代表で長い間共に戦ってきた。プロフェッショナルとして、そして1人の人間としてお互いのことを尊敬している。僕にとっては指導者としてのキャリアにおける新たなステップだ。僕のこれまでの経験を活かして、バイエルンの目標達成に貢献できることを願っている」

 現在41歳のクローゼ氏は、現役時代にカイザースラウテルン、ブレーメン、バイエルン、ラツィオでプレー。バイエルンでは2007-08シーズンと2009-2010シーズンのブンデスリーガ制覇に貢献した。ドイツ代表としても長きに渡って活躍。通算で136試合に出場し、同国歴代最多得点記録となる71ゴールを挙げた。また、ワールドカップでも通算16ゴールをマークし、同大会の歴代最多得点記録保持者となっている。

 2016年に現役を引退したクローゼ氏は、ドイツ代表のスタッフとして活動。2018 FIFAワールドカップ ロシアではコーチングスタッフとしてドイツ代表に帯同した。2018年夏からはバイエルンのU-17チームで監督を務めている。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200508-01067590-soccerk-socc

熊本県の高校サッカー部コーチ、男子高生に淫行の疑いで逮捕  

Tlig59ZXVbQyhT9I1WL7S




1: nita ★ 2019/02/28(木) 13:59:13.19 ID:yYV3o4949
2/28(木) 12:25
日本テレビ系(NNN)

熊本県の高校でサッカー部のコーチをしていた男が、去年4月に、自宅で男子高校生にみだらな行為をしていた疑いで27日夜、再逮捕された。

児童福祉法違反容疑で再逮捕されたのは熊本市のアパート賃貸業、山城勝一容疑者(61)。警察によると山城容疑者は去年4月下旬頃、当時住んでいた八代市の自宅アパートで男子高校生に18歳未満と知りながらみだらな行為をした疑い。

山城容疑者は今月22日、熊本県南部の会社員の家にわいせつ目的で侵入した疑いで逮捕されていた。

山城容疑者は容疑を認めているということで、警察では、余罪のある可能性が高いとみて調べている。

山城容疑者は今年1月まで、県南部の高校サッカー部で外部コーチを務めていて、全国大会出場の実績もある指導者だった。


https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20190228-00000045-nnn-soci

沖縄県内“サッカークラブコーチ”が交際女性選手に暴行や脅迫、借金の強要「生活全般を支配」 

名称未設定 2




1: 2018/09/26(水) 10:44:10.57 _USER9
9/26(水) 10:24配信
琉球新報

 沖縄県内にあったサッカークラブに所属していた女性(25)が、コーチの男性(45)から約5年間にわたり継続的に暴行や脅迫を加えられた上、借金を強要されたとして、男性に対して損害賠償請求訴訟を起こし、6月に勝訴していたことが25日までに、分かった。女性は16歳のころから男性と交際を始め、その間、暴力と暴言で生活全般を支配されたとしている。識者は「コーチと選手という上下関係を利用した典型的なデートDVだ」と指摘した。


 男性は日本サッカー協会のライセンスを持つ指導者。女性は小学6年生のときにこの男性が代表兼コーチを務めるサッカークラブに入り、高校入学後の16歳のころに交際が始まった。

 初めて暴力を振るわれたのは交際から1カ月たったころ。男性宅に通うようになった女性は、米の炊き方が悪いと玄関に突き飛ばされた。暴力は次第にエスカレートし、逃走できないように裸にされ、口にタオルを詰められたまま殴られることもあった。

 当時、体のあざなどを不審に思った家族が児童相談所に相談し、女性は一時保護された。しかし女性は、男性との交際や暴力を振るわれていることを話すことはなく、その一方で男性は、女性が児相に保護されたのは、家族が暴力を振るっているからと周囲に吹聴したという。

 高校卒業後には、男性に命じられて複数の消費者金融などから借金を重ねた。21歳の時、支援者から長時間の説得を受けて県外へ逃れ、男性の下を離れた。

 女性が2015年に提訴した訴訟では、男性側が女性側の主張を全面的に否認し最高裁まで争われた。最高裁は今年6月に男性側の上告を棄却。女性の経済的損害を計216万円と認定し、暴力や暴言などへの慰謝料も合わせて計566万円の支払いを命じた高裁判決が確定した。

 男性は取材に対し「客観的な証拠がないのにもかかわらず、原告側の言い分のみを採用した判決で納得がいかない。暴力は振るっておらず、非常に残念な判決だ」と述べた。

 DV事案に詳しいみえばしクリニックの長崎文江医師(精神科)は「未成年は大人に比べて支配されやすい。誰でも同じような環境に陥れば被害に遭う可能性はある。子どものうちから何が危険で何が暴力か、人を尊重することとは何かなどを教育することが必要だ」と話した。


◆続く暴力に“まひ”/被害女性、今も借金返済

 サッカーコーチの男性(45)に対して損害賠償請求訴訟を起こし、勝訴した女性(25)が本紙の取材に応じ、暴力と暴言で支配されていた過去を語った。今も男性から強要された借金の返済に追われる日々を過ごす。女性は「当時は自分で物事を判断できていると思っていたが、今思い返すと恐怖に支配されていた」と振り返る。

 女性によると、男性はサッカークラブの部員に対し、技術だけでなく私生活についても厳しく指導した。「何でも教えてくれる父親みたいな感覚だった」という。サッカーに人生を懸けていたという女性が高校生の頃、選手生命が危うくなるほどの大けがを負うと、親身になってくれたのが男性だった。それから心を許すようになり、程なく交際が始まった。

 米の炊き方が悪いとして初めて暴力を受けてから、女性は自ら反省点をノートにまとめるようになった。当時を振り返り、「暴力の後は優しくなった。自分が悪いから怒られる。直そうと思った」と話す。それでも暴力が激しくなると、情緒が不安定になり、殴られることに抵抗がなくなった。「ただ、暴力が終わるのを待つようになった」

 女性は今回、「自分のような目に遭う子どもが出てきてほしくない」との思いで取材に応じた。現在も男性の存在におびえて沖縄には帰れず、県外で働きながら借金の返済に追われている。現時点で男性から慰謝料などはまだ振り込まれていない。「このまま働いてお金を返すか、自己破産をしないといけないのか。どうすればいいのか…」と途方に暮れている。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180926-00000009-ryu-oki



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索