Samurai Goal

コロンビア


スポンサード リンク





現在のルールにも影響を与えた常識外れのGK。 イギータは自由を満喫した  

1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/11/05(火) 06:26:30.72 ID:SPRwvzRO9
スポルティーバ・新旧サッカースター列伝 第9回

GKの「破格のサッカースター」といえば、80年代後半から90年代に大活躍した、コロンビアのGKイギータだ。常識を覆した数々のプレーの裏には、何があったのだろうか。

黄金世代の天才、ルイ・コスタ。ポルトガルの太陽の周囲はいつも晴れ

◆ ◆ ◆

<スコーピオン>

1995年9月6日、ウェンブリースタジアムで「スコーピオン」が披露された。

イングランド対コロンビアのフレンドリーマッチ、ジェイミー・レドナップのループシュートに対して、GKレネ・イギータはキャッチするかわりに足で蹴り返した。

少し前方へ飛び上がりながら、体を反らしてカカトで蹴った。空中でイギータの両腕は飛行機の翼のように左右に開かれ、サソリの尾のように持ち上げられた両足のカカトで見事にボールをヒットしていた。

「ウチには手でセーブできるGKがいるから、イギータは要らないよ」

イングランドのテリー・ベナブルズ監督の反応は素っ気ないが、観客はもちろん大喜びである。イギータは何度かほかの試合でもスコーピオンをやっているらしい。こんな方法でシュートを防ぐことに意味はない。
手でキャッチすれば済む話だ。でも、それでは面白くない。それではイギータらしくない。

母子家庭だったうえに母親を早くに亡くしたイギータの幼少期は、生き抜くためのサバイバルだったという。さまざまな仕事をして糊口をしのいだ。
ミジョナリオスでデビューすると、86年にすぐにアトレティコ・ナシオナルに引き抜かれている。

翌87年、コロンビア代表監督のフランシスコ・マツラナが兼任でナシオナルの監督に就任する。2年後の89年、ナシオナルはリベルタドーレス杯を制して南米クラブナンバーワンとなった。コロンビア初の快挙だ。
さらにコロンビア代表は南米予選を突破して、90年イタリアW杯への出場権を得る。コロンビアにとって、1989年の前と後ですべてが変わっている。

<未来のGK>

マツラナ監督下のナシオナルに人々は驚かされ、イギータのプレーには腰を抜かしそうになった。FWからDFまでが20メートルのコンパクトな陣形、完全なゾーンディフェンス、そして攻撃するGK......。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191105-00876270-sportiva-socc
11/5(火) 6:10配信

https://f.image.geki.jp/data/image/news/800/248000/247682/news_247682_1.jpg
no title

https://pbs.twimg.com/media/Dgr-tKTUYAA8rBt.jpg
https://www.soccer-king.jp/wp-content/uploads/2019/06/GettyImages-1038540668-500x333.jpg
https://image.middle-edge.jp/medium/de8b46c1-7f4c-4417-b064-5e3183b37a7e.jpg

https://www.youtube.com/watch?v=9KkMFLGg5IU


世界一ぶっ飛んでるGK イギータの〇〇〇なスーパープレイ集!スコーピオン&スーパーセーブ【サッカーゴールキーパー】Legend

https://www.youtube.com/watch?v=S4LI_2aNdGo


【サッカー】意地でも手を使わないGK??レネ・イギータの足技が異常過ぎる…【神業】The best skills【Rene Higuita】

https://www.youtube.com/watch?v=gaAq2LcbKPY


Roger Milla - World Cup 1990

U-22日本代表、メンバー22人発表 エース候補・堂安が“3年越し”の初招集、久保も選出  

20191105-00227311-soccermzw-000-1-view[1]




1: 久太郎 ★ 2019/11/05(火) 17:09:14.12 ID:Q8UH/uyh9
17日のU-22コロンビア戦に向け、堂安が東京五輪世代のチームに待望の初合流
 日本サッカー協会は5日、17日に行われるキリンチャレンジカップU-22コロンビア代表戦(12時50分キックオフ/エディオンスタジアム広島)に臨むメンバー22人を発表した。東京五輪世代のエース候補であるMF堂安律(PSV)が、チーム発足から3年越しの初招集。18歳のMF久保建英(マジョルカ)も3回目の選出となった。

 東京五輪開催まで1年を切り、2020年1月には五輪出場権を懸けたU-23アジア選手権が開催される。五輪開催国の日本はすでに本大会の出場権を獲得しているが、メンバーの見極めは徐々に佳境に向かっていく。

 森保一監督は、A代表のレギュラークラスにのし上がっている堂安を初招集。2016年のチーム発足から3年を経て、東京五輪を目指すメンバーに合流することになった。

 また、すでにA代表デビューを果たしている久保も選出。2018年11月のドバイカップU-23、19年3月のU-23アジア選手権予選に続き、3回目の合流となる。今回、海外組は堂安と久保を含めて計8人が選ばれた。

 U-22コロンビア代表戦に向けたメンバー22人は以下の通り。

GK
大迫敬介(広島)
谷 晃生(G大阪)

DF
板倉 滉(フローニンゲン)
渡辺 剛(FC東京)
岩田智輝(大分)
町田浩樹(鹿島)
立田悠悟(清水)
原 輝綺(鳥栖)

MF
中山雄太(PECズヴォレ/オランダ)
三好康児(アントワープ/ベルギー)
田中駿汰(大阪体育大)
遠藤渓太(横浜FM)
堂安 律(PSV/オランダ)
食野亮太郎(ハーツ・スコッツトランド)
菅 大輝(札幌)
田中 碧(川崎)
橋岡大樹(浦和)
菅原由勢(AZ/オランダ)
久保建英(マジョルカ/スペイン)

FW
小川航基(水戸)
前田大然(マリティモ/ポルトガ

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191105-00227311-soccermzw-socc

U-22日本代表、10月のブラジルに続き11月にはコロンビアと対戦へ…森保監督「貴重な強化になる」  

20190926-43472064-gekisaka-000-1-view[1]




1: 久太郎 ★ 2019/09/26(木) 23:00:54.95 ID:IKUPLaDE9
 東京オリンピックに出場するU-22日本代表が11月に広島でU-22コロンビア代表とキリンチャレンジカップで対戦することが決定した。17年12月に始動して以降、国内では初の対外試合となる。試合はフジテレビ系で生中継される。

 同代表は10月にもブラジル遠征を実施し、同14日に現地でU-22ブラジル代表と対戦する。

 森保一監督は「コロンビアは世界のサッカー強国のひとつで、我々にとって個の力、チームの力を上げる貴重な強化の試合になる」とコメント。「オリンピックが平和の祭典と捉えられているなかで、東京オリンピックチームが世界で二つしかない被爆地(広島、長崎)で試合をする。我々も平和があるから大好きなスポーツができるということに感謝しながら臨みたい」と意気込みを語った。

対戦カード
U-22日本代表対U-22コロンビア代表

開催日時
2019年11月17日12時50分キックオフ

会場
エディオンスタジアム広島

テレビ放送
フジテレビ系列で全国生中継(一部地域を除く)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190926-43472064-gekisaka-socc

復帰戦のネイマールがコロンビア相手に1G1A! ラフプレーで一触即発の場面も 

20190907-43471371-gekisaka-000-3-view[1]

今更だけどW杯サッカーで川島のミスがなければベスト8行ってたよな  

2018063000007_1




1: 47の素敵な(東京都) (9段) 2019/08/05(月) 23:07:52.56

セネガル戦は目の前の敵にパンチングして失点、コロンビア戦はなぜかゴールの中で守ってて線の中で抑えて失点、ベルギー戦は敵のふんわりロビングボールを目測誤り失点


何なのこいつ
VIPQ2_EXTDAT: none:none:1000:1000:512: EXT was configured

<PK失敗のコロンビア代表DFに卑劣な脅迫>「エスコバルのようになれ」よみがえる25年前の悲劇...  

1: Egg ★ 2019/07/02(火) 19:06:43.19 ID:I2DG40619
大舞台でPKを外し、チームが敗退を余儀なくされれば、批判を浴びるのは免れない。それはプロサッカー選手に宿命とも言える。だが、命が危険に晒されるなど論外だ。

 6月28日のコパ・アメリカ準々決勝でチリと対戦したコロンビアは、スコアレスのまま90分を終えてPK戦を迎えた。4人目までが成功したが、5人目のウィリアム・テシージョが失敗。5人全員が成功したチリに屈し、コロンビアはベスト8で姿を消した。

 落胆と失望に打ちひしがれたコロンビア国民の一部は、怒りの矛先を間違えた形でテシージョに向けたようだ。

 スペイン紙『Marca』コロンビア版などによると、テシージョとその家族に、SNSで脅迫メッセージが寄せられているという。妻がSNSで明かしたところによると、「エスコバルと同じようになればいい」とのメッセージが届けられたそうだ。

 エスコバルとは、1994年のアメリカ・ワールドカップに出場したコロンビア代表DFのアンドレス・エスコバルのこと。痛恨のオウンゴールを喫し、グループステージ敗退の戦犯とされ、帰国後に射殺されるという悲劇に見舞われた。
 
 それから25年が経ったが、コロンビアでは同様の事件は後を絶たない。昨年のロシアW杯でも、日本との初戦で開始早々にPKを献上し、退場処分となったカルロス・サンチェスが脅迫されたのは記憶に新しい。

 Marca紙によると、テシージョは地元メディアに脅迫があったことを認めたうえで「僕たちは神といる」と話したという。父親は「祈るばかりだ」と懸念を示している。

「これはサッカーの試合であり、勝つ時もあれば負ける時もあるということを理解すべきだ」

 悲劇が繰り返されず、テシージョとその家族が心穏やかに過ごせる日が訪れるのを願うばかりだ

7/2(火) 16:42 サッカーダイジェスト
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190702-00060890-sdigestw-socc

写真
no title

<王者チリ>コロンビアとの激戦制す!ベスト4進出もVARで2ゴールが幻に.../コパ・アメリカ  

20190629-00953004-soccerk-000-5-view[1]




1: Egg ★ 2019/06/29(土) 10:39:12.08 ID:f0t9AyhV9
コパ・アメリカ2019の準々決勝が28日に行われ、コロンビア代表とチリ代表が対戦。チリがPK戦の末に勝利を収めて準決勝進出を決めた。

 グループB首位通過のコロンビアは、ハメス・ロドリゲスやラダメル・ファルカオ、フアン・クアドラードらを先発起用。一方、チリはグループC2位通過を果たした。今大会躍動するアレクシス・サンチェス、アルトゥーロ・ビダルらがチリのスタメンに名を連ねる。なお、コロンビアとチリは今回の一戦を除いて、コパ・アメリカ決勝トーナメントで過去3回対戦し、全てチリが勝利を収めている。

 試合は序盤から互いにハイプレスで激しい試合展開になる。8分、コロンビアがペナルティアーク付近からFKを獲得。しかし、ハメス・ロドリゲスの直接狙ったシュートは壁に弾かれる。
 
 15分、チェルレス・アランギスの左クロスがコロンビアDFに弾かれると、エドゥアルド・バルガスがこぼれ球を押し込む。チリが先制したかに見えたが、VAR判定の結果、左クロス直前のパスがオフサイドとみなされ、チリのゴールは取り消しに。

 31分、フアン・クアドラードとエリック・プルガルの接触により、両チームが一触即発の展開となった。その後スコアは動かず、前半を両者スコアレスで折り返す。

 後半に入っても互いにハイプレスでボールを奪い合い、激しい試合展開は続く。すると70分に試合が動いた。

 ペナルティエリア左でA・サンチェスがシュートを放つと、味方のギジェルモ・マリパンに当たる。A・ビダルがこぼれ球をゴール右に決めて、チリが先制。しかしVARによって、マリパンのハンドが確認され、チリはまたもゴールが取り消しになった。

 90分で決着がつかずPK戦に突入。PK戦では両チームとも4人目まで成功。しかし、コロンビアの5人目ウィリアム・テシージョが失敗する。チリは5人目のA・サンチェスが最後に決める。

 チリが勝利を収めてベスト4進出を決め、コロンビアはベスト8で敗退が決定。チリは準決勝で、ウルグアイとペルーの勝者と対戦する。

【スコア】
コロンビア代表 0-0(PK 4-5) チリ代表

【スターティングメンバー】
コロンビア代表(4-3-3)
オスピナ;テシージョ、D・サンチェス、Y・ミナ、メディーナ;ウリベ(67分 カルドナ)、バリオス、クアドラード;R・マルティネス(81分 ディアス)、ファルカオ(77分 サパタ)、J・ロドリゲス

チリ代表(4-3-3)
G・アリアス;ボーセジュール、マリパン、メデル、イスラ;アランギス、プルガル、A・ビダル;A・サンチェス、バルガス、フエンサリーダ(75分 パベス)

サッカーキング6/29(土) 10:37配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190629-00953004-soccerk-socc

<王者チリ>コロンビアとの激戦制す!ベスト4進出もVARで2ゴールが幻に.../コパ・アメリカ  

20190629-00953004-soccerk-000-5-view[1]




1: Egg ★ 2019/06/29(土) 10:39:12.08 ID:f0t9AyhV9
コパ・アメリカ2019の準々決勝が28日に行われ、コロンビア代表とチリ代表が対戦。チリがPK戦の末に勝利を収めて準決勝進出を決めた。

 グループB首位通過のコロンビアは、ハメス・ロドリゲスやラダメル・ファルカオ、フアン・クアドラードらを先発起用。一方、チリはグループC2位通過を果たした。今大会躍動するアレクシス・サンチェス、アルトゥーロ・ビダルらがチリのスタメンに名を連ねる。なお、コロンビアとチリは今回の一戦を除いて、コパ・アメリカ決勝トーナメントで過去3回対戦し、全てチリが勝利を収めている。

 試合は序盤から互いにハイプレスで激しい試合展開になる。8分、コロンビアがペナルティアーク付近からFKを獲得。しかし、ハメス・ロドリゲスの直接狙ったシュートは壁に弾かれる。
 
 15分、チェルレス・アランギスの左クロスがコロンビアDFに弾かれると、エドゥアルド・バルガスがこぼれ球を押し込む。チリが先制したかに見えたが、VAR判定の結果、左クロス直前のパスがオフサイドとみなされ、チリのゴールは取り消しに。

 31分、フアン・クアドラードとエリック・プルガルの接触により、両チームが一触即発の展開となった。その後スコアは動かず、前半を両者スコアレスで折り返す。

 後半に入っても互いにハイプレスでボールを奪い合い、激しい試合展開は続く。すると70分に試合が動いた。

 ペナルティエリア左でA・サンチェスがシュートを放つと、味方のギジェルモ・マリパンに当たる。A・ビダルがこぼれ球をゴール右に決めて、チリが先制。しかしVARによって、マリパンのハンドが確認され、チリはまたもゴールが取り消しになった。

 90分で決着がつかずPK戦に突入。PK戦では両チームとも4人目まで成功。しかし、コロンビアの5人目ウィリアム・テシージョが失敗する。チリは5人目のA・サンチェスが最後に決める。

 チリが勝利を収めてベスト4進出を決め、コロンビアはベスト8で敗退が決定。チリは準決勝で、ウルグアイとペルーの勝者と対戦する。

【スコア】
コロンビア代表 0-0(PK 4-5) チリ代表

【スターティングメンバー】
コロンビア代表(4-3-3)
オスピナ;テシージョ、D・サンチェス、Y・ミナ、メディーナ;ウリベ(67分 カルドナ)、バリオス、クアドラード;R・マルティネス(81分 ディアス)、ファルカオ(77分 サパタ)、J・ロドリゲス

チリ代表(4-3-3)
G・アリアス;ボーセジュール、マリパン、メデル、イスラ;アランギス、プルガル、A・ビダル;A・サンチェス、バルガス、フエンサリーダ(75分 パベス)

サッカーキング6/29(土) 10:37配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190629-00953004-soccerk-socc

コロンビア、カタールを撃破し2連勝でGL突破…カタールの堅守に苦しむも86分に決勝点 …南米選手権GL第2節 

20190620-00010012-goal-000-3-view[1]




1: 久太郎 ★ 2019/06/20(木) 12:07:07.09 ID:+PdezW2K9
現地時間19日、コパ・アメリカのグループB第2節コロンビアvsカタールが行われた。

第1戦でアルゼンチンを下したコロンビア。一方、ゲスト国のカタールはパラグアイ相手に2点ビハインドから追いつき、ドローで初戦を終えている。

この一戦では地力で勝るコロンビアが高いボールポゼッションを記録しながらカタールゴールに迫る。一方のカタールは引いて守りながらも、機を見たカウンターから活路を見出そうとする。

コロンビアは押し込む展開が続くもカタールゴールをなかなか割ることができず、スコアレスのまま前半終了。

後半に入り49分、コロンビアは敵陣で波状攻撃を仕掛けると、最後はシュートがカタールDFの手に当たったとしてコロンビアにPKが与えられる。だが、VAR(ビデオアシスタントレフェリー)を介してPKの判定は撤回。CKから試合が再開された。

62分にはコロンビアFWロヘル・マルティネスが決定機を迎えるも、カタールGKサアド・アッ=シーブのビッグセーブもあり、ネットは揺れず。コロンビアは64分にラダメル・ファルカオを投入して1点を奪いに出る。

コロンビアの猛攻が実を結んだのは86分だった。ハメス・ロドリゲスが浮き玉をゴール前に入れると、ドゥバン・サパタが頭で合わせて1-0に。

試合はこのままフルタイムを迎え、コロンビアが2連勝。1試合を残してグループ2位以上が確定し、勝ち上がりを決めている。

■試合結果
コロンビア 1-0 カタール
■得点者
コロンビア:D・サパタ(86分)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190620-00010012-goal-socc

<コパ・アメリカ>メッシ不発…今大会屈指の好カードはコロンビアに軍配、采配的中でアルゼンチン撃破  

1: Egg ★ 2019/06/16(日) 09:01:26.62 ID:t4hKxmQK9
■アルゼンチン0-2コロンビア

後半26分 ロヘル マルティネス
後半41分 ドゥバン サパタ

https://soccer.yahoo.co.jp/japan/game/score/2019061525

[6.15 コパ・アメリカ アルゼンチン0-2コロンビア]

 コパ・アメリカ(南米選手権)は15日、グループリーグ第1節が行われ、B組のアルゼンチン代表とコロンビア代表が対戦。強豪国同士の一戦は、2-0でコロンビアが勝った。

 今大会屈指の好カード。アルゼンチンはFWリオネル・メッシとFWセルヒオ・アグエロ、MFアンヘル・ディ・マリア、DFニコラス・オタメンディらが先発。対するコロンビアはMFハメス・ロドリゲスとFWラダメル・ファルカオ、MFファン・クアドラード、GKダビド・オスピナらが先発に名を連ねた。

 コロンビアは前半9分にアクシデント発生。FWルイス・ムリエルが負傷し、MFロヘル・マルティネスとの交代を余儀なくされた。前半はスコアレスに終わったが、球際でのバトル、シュートシーンでの身体を張ったブロックやカバーなど、互いに気持ちの入ったプレーが目立った。

 アルゼンチンはハーフタイムでディ・マリアに代え、MFロドリゴ・デ・パウルをピッチに送り込む。押し気味に試合を進めるアルゼンチンは、後半21分にPA左からアグエロが上げたクロスをオタメンディがヘディングシュート。しっかり叩きつけたボールはGKオスピナのファインセーブに阻まれ、こぼれ球に反応したメッシがヘッドで狙ったが惜しくもゴール右に外れた。

 ピンチを耐え凌いだコロンビアは後半に入って、なかなかシュートを打てずにいた。それでも26分、ハーフェーライン付近からハメスが左サイドへロングパスを送り、R・マルティネスが中央へカットインして右足を一閃。華麗なステップワークから放たれたシュートはゴール右隅に突き刺さり、均衡を破った。

 アルゼンチンは後半34分、アグエロを下げてFWマティアス・スアレスを入れ、交代カードを使い切った。しかし、コロンビアが突き放す。41分、左サイドでR・マルティネスを追い越したMFジェフェルソン・レルマがパスを受けてクロスを入れると、中央に走り込んだFWドゥバン・サパタが合わせて2-0。途中出場の3人が絡んでリードを広げた。

 試合はそのまま2-0でタイムアップ。コロンビアが最高の形で初戦を制した。なお、第2節は20日に行われ、コロンビアはカタール、アルゼンチンはパラグアイと対戦する

6/16(日) 8:59配信 ゲキサカ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190616-43468268-gekisaka-socc

写真
no title



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索