Samurai Goal

コロンビア


スポンサード リンク





コパ・アメリカ2020はアルゼンチンとコロンビア共催に!2つのブロックに別れGL行う新形式に  

20190410-00010000-goal-000-1-view[1]




1: 久太郎 ★ 2019/04/10(水) 08:00:23.61 ID:e2J2zjEe9
CONMEBOL(南米サッカー連盟)は9日、2020年のコパ・アメリカがアルゼンチンとコロンビアで共催となることを発表した。

南米最強の代表チームを決めるコパ・アメリカ。世界最古の大会として知られる南米王者決定戦だが、6月に開幕する2019年大会には日本代表も招待国として参加することが決定済み。注目が高まっている。

2019年大会の開幕まで2カ月を切った中、CONMEBOLは2020年大会の開催地が決定したことを発表。アルゼンチンとコロンビアで共催されることが決定した。

なお1カ月に及ぶ大会は、北ブロック(コロンビア)6チームと南ブロック(アルゼンチン)6チームに別れてグループリーグが行われ、各グループから上位4チームが決勝トーナメントに進出するという形式になるようだ。この新フォーマットにより、試合数はこれまでより12試合多く、全38試合となる。

CONMEBOLのアレハンドロ・ドミンゲス会長は、「この変更の主な目的はファンにより多くのファシリティを提供し、南アメリカの人々に試合を届けること。ファンは少なくとも自身が選んだ5試合を楽しむことができる」と述べている。

北ブロック、南ブロックの参加チームは以下の通り。

北ブロック:ブラジル、コロンビア、ベネズエラ、エクアドル、ペルー、招待国(未定)

南ブロック:アルゼンチン、チリ、ウルグアイ、パラグアイ、ボリビア、招待国(未定)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190410-00010000-goal-socc

<南野拓也>代表戦2試合で、香川真司よりも相手に脅威を与えた!  

f8f641ebe19bc965a5358221420033c020190402105344512[1]




1: Egg ★ 2019/04/03(水) 06:23:00.80 ID:G9zYSpdA9
 香川真司(ベシクタシュMF)VS南野拓実のトップ下争いが注目された日本代表の3月2連戦。森保一監督は、新体制発足時から主力に据えてきた南野を優先。コロンビア戦(3月22日)で中島翔哉(アルドゥハイルMF)と堂安律(フローニンゲンMF)の「三銃士」とともに先発させ、続くボリビア戦(同26日)でも、後半からベンチスタートだった3人をピッチに送り出した。そこで南野は中島の決勝弾をアシスト。「ゴールを決めるのが僕らの仕事だった」と胸を張り、香川との競争も一歩リードした。


 ◇  ◇  ◇

 昨夏のロシアW杯の後、本田圭佑(メルボルンMF)が代表の一線から退き、ドルトムントで出番を失っていた香川も招集を見送られたころで南野に<代表トップ下>が転がり込んできた状態だった。もちろん彼自身が2018年の親善試合5戦4発という目覚ましい結果を残したことで、森保監督の信頼を一気に引き寄せた部分はあった。

いう過去になかった姿を見せた。香川と初めて<直接バトル>を強いられた3月シリーズでは、緊張感と危機感が高まったに違いない。



「真司君は誰が見ても日本で最も実績、経験、実力のある選手。真司君の良い部分を見て学び、自分らしいプレーをしていければいい」と南野はセレッソ大阪時代からの先輩をリスペクトしつつ、彼ならではの独自性を追求しようとしていた。

 トップ下の2人を比較すると、南野はゴールに突き進む点取り屋に近いタイプ。香川は中盤でお膳立てに回る傾向の強いプレーメーカーだ。

■「役割分担が少し見えた」

代表2連戦で相手により脅威をもたらしたのは南野の方だった。その優位性には本人も手応えを感じたことだろうが、コロンビア戦で<良好なタテ関係>を形成したように、香川とは共存の可能性も見いだした。

「(一緒にプレーした)時間は短かったけど、2人の役割分担は少し見えたかな」と南野。香川も「技術とスピードのある彼らの特長をうまく生かしてあげたい」とサポートへの意欲を示した。

 その上で南野に求められるのは、やはり得点ということになる。同い年の中島が脚光を浴びる中で負けず嫌いの男は「自分もやってやる!」と意気込んでいるはずだ。

「(中島)翔哉が前を向いた時に攻撃のギアが入る。それは今のチームに必要。自分も個人としてもっと精度を上げないといけない」と言い残して南野は欧州に戻っていった。

 彼の前向きな変化を楽しみに待ちたい。

19/04/03 06:00 日刊ゲンダイ
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/sports/250969

森保J「大迫の代わりがいない」以外の新たな課題が明らかになった 

20190330-00010001-sportiva-000-1-view[1]

“最強の矛”にして“諸刃の剣”―― 中島翔哉の破壊力がはらむリスクと必要なキーパーツ 

20190328-00179318-soccermzw-000-6-view[1]

ファルカオに韓国サポから大ブーイング…韓国紙「コロンビアはマナーでも負けた」 

20190327-43098713-gekisaka-000-6-view[1]

ファルカオ明言!「日本は韓国より優れている!技巧に長けていてボール扱いが巧い!」  

GettyImages-1137550433-800x533




1: Egg ★ 2019/03/25(月) 06:35:45.97 ID:cAgOyytL9
金曜日のキリンチャレンジカップで、コロンビア代表は日本代表に1-0で勝利。ロシア・ワールドカップで敗れた雪辱を果たし、その試合で決勝点となるPKを決めたのが、エースFWのラダメル・ファルカオだ。

 カルロス・ケイロス新監督が率いるチームはすでに次なる遠征先で調整を続けている。日本のお隣り・韓国で、森保ジャパンがボリビア代表と戦う同じ火曜日に、こちらもテストマッチを迎える。

 ソウル近郊の練習場で母国メディアの前に登場したファルカオは、日韓両代表チームの違いについて問われ、以下のように私見を述べた。

「日本と韓国はとても似たスタイルを持ったチーム同士だと思う。日本のほうがより技巧に長けていて、ボール扱いが巧い。かたや韓国はよりフィジカル面での強みがあると言えるだろう。でもカウンターアタックが強烈でハードワークにも精を出す点など、似たコンセプトで取り組んでいると見ている。ただ、実際はどうかな。火曜日までに(韓国代表のことを)もう少しどんなチームか、見極める必要があるだろうね」

2019年03月25日 サッカーダイジェストWeb編集部
https://www.soccerdigestweb.com/news/detail1/id=56140

鈴木武蔵、代表戦初出場もシュート1本に悔しさ露わ。「本当に申し訳ない」  

1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/03/24(日) 00:52:27.99 ID:+8Y5Z+Qv9
no title


0-1で敗戦した22日のコロンビア戦から一夜明け、日本代表はボリビア代表戦に向けた練習を23日に日産スタジアムで行った。

日本代表初選出で初先発となった北海道コンサドーレ札幌FW鈴木武蔵はコロンビア戦後に選手たちで話したことについて
「後半の立ち上がりの入り方が良くなかったというのと、そこで押し込まれて結果的に失点に結びついて、そこは反省しなきゃいけないところだし、
やっぱり前半の決められるところで決められなかったという、良い流れで決められなくて、個人的な反省もあるし、
チームとしてもそこはすごく反省しています」と話し、チームとしても個人としても決めきれなかったことを挙げた。

前半に何度かシュートチャンスがあったものの、試合を通してシュート1本に終わったことに関して鈴木は
「やっぱり、ああいう中でも普通にやっていかなきゃいけないし、
あそこで得点できるチャンスもあっただけに、そこの前半で点を取れなかったのは本当に悔しいし、
FWとしてチームがゼロで終わってしまったということは、本当に申し訳ない」と悔しさを露わにした。

ディフェンスの背後やスペースで勝負し、シュートまで持ち込めそうな場面があった鈴木は
「もっともっとポゼッションしながら、中々味方が良い状況でターンできるシーンとか、外して前向くシーンというのがなかったので、
その中でも1個外して起点を作れた時に、いかに前を見てもらうかというところが本当に大事。
奪った後とかも絶対に走り出したら負けない自信はあるので、そこのDFとの駆け引きのところで、どの試合も常に考えてやっている。
そこは味方との意思疎通、擦り合わせのところが最も大事になると思います。
そうしたらもっともっとチャンスは増えると思うし、昨日シュートは実際1本で終わったので、まだまだシュートを打てると思うし、
札幌の試合でも1本で終わった試合は1回もないので、シュート数をもっと増やしていきたいですね」と話した。

自分の持ち味を生かし、ボリビア戦では代表初ゴールを狙う。

http://news.livedoor.com/article/detail/16206376/
2019年3月23日 22時20分 フットボールチャンネル

熟練の英国誌記者が“惜敗”の森保Jを手放し称賛!「なにがいけない?」最大の懸念は「センターフォワード」  

no title




1: Egg ★ 2019/03/23(土) 21:47:19.60 ID:sXthjsm99
端的に表現するなら、「観ていて楽しいゲーム」だった。

 日本代表は横浜で、コロンビアに0-1で敗れた。アジアカップ決勝に続く黒星で、ロシア・ワールドカップで唯一倒した相手にホームで苦杯を舐めたことになる。数多のチャンスがありながら得点もゼロに終わった。いろいろと批評されているが、わたしは「なにがいけない?」と問いたい

 すべてが上手く機能していたとまでは言わない。それでも、実に娯楽性に富んでいて、有意義な90分間だったのは間違いない。終始トライをしたからこそ、掴んだ手応えと収穫があり、浮き彫りになった課題もある。さらなる進歩に繋がるゲームだった。

 コロンビア代表は新監督カルロス・ケイロスの下、強力なスカッドを擁して来日した。多少移動の疲れや時差ボケはあっただろうが、試合開始直後から高いモチベーションを随所で覗かせ、日本に襲いかかってきた。ワールドカップの苦い記憶を払拭しよう、復讐を果たそうと躍起で、勝利への渇望を前面に押し出していた。コパ・アメリカを睨む日本代表にしてみれば、願ってもない理想的なテストマッチの相手となったのだ。

 やはりパス回しは正確で分厚く、ボールを奪ってからのショートカウンターも鋭い。ハメス・ロドリゲス、ラダメル・ファルカオが絡む攻撃には常に怖さがあった。それでも日本の守備陣は昌子源、冨安健洋を中心に随所で冷静かつ的確に対応し、よく封じ込んだと言える。結果的に奪われた失点はPKによる1点だけだったわけで、守備面で悲観するような失敗は見当たらない。

 課題が散見されたのはやはり最前線、センターフォワードのところ。代表チームが国際舞台で結果を残すためには、どのポジションでも最低ふたりの計算できる選手が必要だ。ひるがえっていまの日本代表はどうか。ほとんどのポジションでその条件を満たしつつあるが、センターフォワードだけはどうにも心許ない。大迫勇也の存在を脅かすほどの“顔”がまだ見えてこないのだ。

 今回のコロンビア戦で森保一監督は、積極的に3人の候補者を試した。それぞれ良い働きを示したものの、結果はいまひとつだったと言わざるを得ない。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190323-00010005-sdigestw-socc

日本代表監督「4年契約」長すぎる!1年ずつ3人の監督に任せるのは?トルシエ以外、結果を出せていない現実  

GettyImages-669021084-800x533




1: Egg ★ 2019/03/23(土) 21:54:00.83 ID:sXthjsm99
 1月にアジアカップを終え、初代表組を加えた日本代表が再始動した。

 3月22日、コロンビア戦では初代表の鈴木武蔵をスタメン起用し、アグレッシブに戦ったが0-1で敗れ、厳しい再スタートになった。もう1試合、神戸でボリビア戦(26日)が行われる予定だ。この2試合を含め、2022年W杯カタール大会に向けてチーム作りは静かに進行しているが、監督の選考についてはカタール以降を見据えて今から考えておくべきではないだろうか。

 16日、FIFAの評議会が行われ、2022年W杯カタール大会から出場枠を48か国にすることが検討されたという。そうした改革の姿勢は、昨年W杯ロシア大会でもVARや警告ポイントの導入などで見て取れた。世界のサッカー界は、スピード感を持って新たな取り組みに挑戦し、進化している。

 世界だけではなく、アジアも猛烈なスピードで成長している。

 アジアカップではタイやベトナムの健闘が見られたが、10年前には圧倒的な差をつけていた東南アジアの国々が急激に力をつけてきている。もはや彼らは、ラクな“勝ち点3”ではなくなっている。

「4年間」必要だった20年前

 では、日本は成長の速度を維持し、着実に強くなっているのだろうか。

 W杯ロシア大会で決勝トーナメントに進出し、大会3位になったベルギーを苦しめた。ベスト16で初めてゴール(2得点)を決めるなど少しずつだが進歩している。

 しかし、日本代表の強化のやり方自体は20年前とさほど変わらない。

日本ではチーム作りにじっくりと取り組んでもらうために監督に「4年間」という時間を与えている。しかし、世界やアジアのサッカー界が猛烈なスピードで動いている中、日本は4年契約でのんびり構えていていいのだろうか。93年の「ドーハの悲劇」以降、日本代表監督のチーム作りとその完成度を見てきたが、少なくとも今の時代、4年間という長時間を与えるやり方はそぐわないのではないか。

 20年前は、4年間が必要だった。

 1998年W杯フランス大会に初出場を果たしたものの、日本は世界のサッカー界においては初心者マークのチームだった。カズ、名波浩、中田英寿らがいたものの、まだ世界は日本人選手にとって遠い世界だった。そこで世界を知る外国人監督を招聘し、4年間で戦術を落とし込み、選手を育て、W杯で戦えるチームを作ってもらった。

 だが、今は状況が大きく変化している。

トルシエ以外、W杯で結果を出せていない現実

 多くの日本人選手が海外でプレーするようになり、本田圭佑、香川真司、長友佑都らビッグクラブでプレーする選手も出た。チャンピオンズリーグなどに出場してプレーし、世界を肌で知るようになり、優秀な監督にも触れ、選手の意識が変わった。また、情報は身近になり、世界がものすごいスピードで動いているのを実感できるようになった。20年前と時代背景や状況がまったく異なっている今、監督だけがさしたるチェックポイントもなく、依然として4年間(ザッケローニは2年契約2年延長オプション)を任されているのだ。

 そもそも日本代表を4年間、任された監督はその時間を持て余し、トルシエ以外、W杯で結果を出すことができていない。

3/23(土) 17:00配信 文春オンライン 全文掲載
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190323-00011157-bunshun-spo&p=1

<コロンビアメディア>苦戦の末の勝利を伝える!「日本は手強かった」「必死に戦った末の勝利だ」  

news_269241_1




1: Egg ★ 2019/03/23(土) 14:21:06.74 ID:riq/vQpB9
【日本 0-1 コロンビア キリンチャレンジカップ】

 
キリンチャレンジカップ2019の試合が22日に行われ、コロンビア代表が日本代表に1-0の勝利を収めた。コロンビアメディアも自国の代表チームの勝利について伝えている。


 前半は最初にコロンビアのシュートがクロスバーを叩いたあとは日本が優位に試合を進めたが、ゴールは奪えず。後半にはコロンビアが巻き返し、64分には冨安健洋のハンドで与えたPKからFWラダメル・ファルカオが決勝点を挙げた。

 コロンビア『エル・ティエンポ』は「力強い勝利でもなければスペクタクルでもなかった」と試合について論評。「むしろ必死に戦った末の勝利だった。コロンビアは最高の姿を見せられたわけではなく、特に前半は非常に苦しんでいた」と振り返っている。

「相手(日本)は予想通り手強かった。日本はコロンビアの守備面の弱さを浮き彫りにした」と同紙は前半の劣勢を強調しつつ、後半のコロンビアはプレーに対する姿勢を変え、勝利に繋げることができたと評した。

 コロンビアの選手に対する採点では、日本の決定機を何度か阻んだGKカミロ・バルガスと、交代出場でPK獲得の立役者となったFWドゥバン・サパタに「7」の最高点をつけている。

『アンテナ2』では決勝点を挙げたファルカオに「8」と単独最高点。「日本のCBがしっかりマークしていた」ために好プレーは少なかったとしつつ、戦う姿勢を高く評価した。一方、左サイドバックのデイベル・マチャドはたびたび日本の攻撃にやられていたとして最低点の「2」をつけられている。

3/23(土) 1:21フットボールチャンネル
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190323-00314620-footballc-socc



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索