Samurai Goal

コロナ


スポンサード リンク





武田修宏「53歳カズさんがコロナに感染したら、Jリーグはどうするんだろう」 

20200609-01895139-tospoweb-000-7-view




1: 2020/06/09(火) 17:46:53.78
【武田修宏の直言!!】

 ようやくJリーグの再開日が決まり、少しずつだけどサッカーが動きだしているのはやっぱりうれしいことだね。
プロ野球のほうが先に開幕するけど、Jリーグはすでに再開しているドイツをお手本にして慎重に進めている。
これからも細心の注意を払っていってほしいよ。

 ファンとしては無観客とはいえ、試合が始まるという高揚感はあるはず。でも、選手にかかる負担は想像以上のものがある。
あるクラブのスタッフから聞いたんだけど、今、選手たちはクラブハウスと自宅の往復だけで、食事をともにできるのも同僚や家族だけ。
それに加えて、開幕までに新型コロナウイルスのPCR検査を行う。これがかなりのストレスのようで、開幕までに疲弊してしまわないかが心配だよ。

 もちろん感染拡大を防ぐため、徹底した検査は必要。でも、その選手たちの心身をケアする態勢は整っているの? これはクラブ単位の問題ではなく、Jリーグが中心となって選手たちを「守る」という姿勢を見せてほしい。

 サッカーは相手選手との接触があるスポーツで、どうしても感染の恐怖は消えない。今のJリーグは試合の開催ありきで、選手の本当の気持ちに応えているのかが見えてこないんだ。

 先日、カズ(三浦知良)さんが開幕に向けた意気込みを語っていたけど、一番こういうことに敏感なのは2月で53歳になったカズさんだと思う。もしカズさんがコロナに感染したら、Jリーグはどうするんだろう。余計なお世話かもしれないけど、そんなことまで心配になっちゃうよね。

https://news.yahoo.co.jp/articles/f3363f1c4404628fadbb9b9384b398b804e87726
引用元:東スポweb

依頼
http://hayabusa9.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1591532057/153

<コロナ後”の選手市場価値ランキング>ムバッペが約320億円で1位!5位まではイングランドの若手選手が続く... 

1: 2020/06/08(月) 20:09:14.05
国際サッカー連盟(FIFA)の関連機関であるスポーツ研究国際センター(CIES)は8日、欧州5大リーグの所属選手を対象とした市場価値試算額のランキングトップ100を発表した。パリ・サンジェルマン(PSG)のフランス代表FWキリアン・ムバッペが最高額とされている。

 選手の市場価値はパフォーマンスや年齢、現在の契約残り期間など様々なパラメータに基づく独自基準で算出。新型コロナウイルスの影響により各クラブが経済的に苦しい状況となり、移籍市場の冷え込みが予想される中でも、依然として多くの選手が高い価値を維持していると試算されている。

 ランキング1位となったムバッペの価値は2億5920万ユーロ(約320億円)。2年連続リーグアン得点王に輝くなどの活躍に加え、21歳という若さや、2023年までの契約を残していることなどにより高い価値を持つと算出された。

 2位から5位まではイングランドの若手選手が続く。マンチェスター・シティのFWラヒーム・スターリング(約240億円)、ボルシア・ドルトムントのFWジェイドン・サンチョ(約221億円)、リバプールのDFトレント・アレクサンダー=アーノルド(約211億円)、マンチェスター・ユナイテッドのFWマーカス・ラッシュフォード(約188億円)がランクインしている。

 6位以降はリバプールのFWモハメド・サラ-(約179億円)、同FWサディオ・マネ(約172億円)、バルセロナのFWアントワーヌ・グリーズマン(約168億円)、バイエルン・ミュンヘンのFWアルフォンソ・デイビス(約167億円)、トッテナムのFWハリー・ケイン(約146億円)がトップ10圏内。19歳のデイビスは100位までのランキングで最年少選手となった。

 バルセロナのFWリオネル・メッシは32歳という年齢や、契約が残り1年であることなどから約123億円で22位止まり。ユベントスのFWクリスティアーノ・ロナウドは約77億円で70位であり、35歳でランキング内の最年長選手となった。アジア国籍の選手としてはトッテナムのFWソン・フンミンが唯一ランクインしている(約93億円、48位)。

6/8(月) 20:01 フットボールチャンネル
https://news.yahoo.co.jp/articles/6c370ff3a6a81c0b00c9d0adfe134f02b6cd379b

写真
no title

メッシ「コロナの終息後もサッカーは元に戻らないだろう」 

20200601-00010002-sportes-000-1-view

なでしこ川澄がコロナ検査結果を報告「結果は、、、ネガティヴ」 

20200530-43480630-gekisaka-000-2-view

レスターのロジャース監督、3月にコロナ感染していた「3週間、においも味もなかった」 

20200530-01076324-soccerk-000-1-view




1: 2020/05/30(土) 11:01:19.39 ID:D+SMqP4f9
レスターのブレンダン・ロジャース監督が3月に新型コロナウイルスに感染していたことを明かした。29日、イギリスメディア『BBC』が伝えている。

 ロジャース氏は感染時を振り返り、「歩くのもままならず、キリマンジャロを登ったときのような気分だったよ」と“息切れ”に苦しんだという。また、「3週間、においも味もなかった。私には力がなく、その一週間後には妻も同じだったよ。検査をしたら二人ともウイルスが検出されたんだ」と続けた。ちなみに、同監督はスウォンジーを率いていた2011年、チャンピオンシップのプレーオフで勝ち抜けてクラブ初のプレミアリーグ昇格を決めた後、慈善事業の支援でキリマンジャロに登っている。

「キリマンジャロに登った時のことを思い出したよ。高く登るほど順化に苦しんで、呼吸するのが難しくなるんだ」

「私が健康であることに心から感謝しているよ」

 プレミアリーグの監督で新型コロナウイルの感染が明らかになっているのは、アーセナルのミケル・アルテタ監督に続く2例目。6月17日に再開予定のプレミアリーグだが、選手や監督、スタッフなどの健康のためにもまだまだ感染対策は必須である。

https://news.yahoo.co.jp/articles/68179db0a4312293bae6d70938a0534b23c27bc0

リヴァプールDFロヴレンがコロナ陰謀論者を支持? ゲイツ氏のSNSにまさかの“突撃”も敢行 

20200506-01067001-soccerk-000-1-view




1: 2020/05/13(水) 21:10:28.58
 リヴァプールに所属するクロアチア代表DFデヤン・ロヴレンは、新型コロナウイルスが意図的に拡散されたという“陰謀論”を信じているようだ。5日に、イギリス紙『デイリー・メール』が報じている。

 世界中で感染が拡大している新型コロナウイルスをめぐり、一部では発生原因を割り出そうとする動きが加速するなか、ロヴレンはウイルスが故意に蔓延させられたと主張する人物を支持しているのかもしれない。その人物とは、イギリスの著述家であり陰謀論者でもあるデイビッド・アイク氏で、アイク氏はウイルス拡散を阻止するためのワクチンに、人々を制御するために使用される「ナノテクノロジーマイクロチップ」が仕込まれるだろうと主張している。また、アイク氏は新型コロナウイルスが第5世代移動通信システム(5G)の一部であるという持論も展開している。

 荒唐無稽にも思える説だが、ロヴレンはアイク氏の主張を本気で信じている節がある。実際、ロヴレンはアイク氏のファンであることを公言し、アイク氏のインスタグラムのストーリーに多数の投稿を行っている。

 また、ロヴレンの投稿先は、アイク氏のSNSだけに留まらなかったようだ。マイクロソフトの共同創業者であるビル・ゲイツ氏が自身のインスタグラムで「ありがとう、医療従事者の方々」と書かれたボードを掲げる自身の姿を投稿すると、ロヴレンがすぐさま反応。「ゲームオーバー、ビル。人々は盲目ではない!」とまさかの“突撃”を行ったようだ。

 なお、現在もゲイツ氏からの返信はない模様だ。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200506-01067001-soccerk-socc

なぜ日本は“コロナ感染爆発”が起きない?スペイン人MFが主張「日本はすごく清潔」「キスで挨拶もしない……」 

1: 2020/05/10(日) 16:27:21.40
世界中で新型コロナウイルスが猛威を振るうなか、J1ヴィッセル神戸のスペイン人MFセルジ・サンペールは日本の状況に触れ、「それがウイルスを封じ込めるのがより簡単になった理由だと思う」と持論を展開している。スペイン紙「マルカ」が伝えた。

 現在25歳のサンペールは名門バルセロナの下部組織出身で、トップチームでは公式戦13試合に出場。グラナダ、ラス・パルパスなどでもプレーし、2019年3月にバルセロナとの契約を解消後、神戸に加入した。

 Jリーグ挑戦1年目でリーグ戦24試合に出場したスペイン人MFは在籍2シーズン目を迎えているなか、日本での生活について「とても快適。唯一の問題は言語だけど、他はすべて素晴らしいよ」と言及。言語の壁に関しても「理解している日本語の単語やフレーズもある。人に教えたりしているし、努力してるよ」と楽しんでいる様子だ。

 2月23日のJ1リーグ開幕節・横浜FC戦(1-1)で先発フル出場したサンペールは、相手5人を釘付けにする絶妙なアシストを披露。今季のフル稼働が期待されるなか、その後に新型コロナウイルスの感染拡大を受けてシーズンが中断している。

 サンペールは「興味深いことに、何カ月も前にウイルスが入ってきたが、しばらく増えなかった」と回想。日本では外出規制などがないものの感染が減少傾向を示しているなか、「数週間前に非常事態宣言が出されたが、それでもみんな普通に働いているし、レストランも開いていて、外に出ることもできる」と日々の生活について明かした。

 また世界的に見れば、新型コロナウイルスの感染爆発を封じ込めている日本の状況について、サンペールは“衛生観念”がポイントと考えているようだ。「日本はすごく清潔で、それがウイルスを封じ込めるのがより簡単になった理由だと思う。安全な距離を保っているし、キスで挨拶もしない……日本の文化はちょっと違うんだ」と驚きを込めながら語っている。

 韓国では8日にシーズンが開幕し、ドイツでは16日の再開が決まった。サンペールが「非常にテクニカルで速い」と評するJリーグの再開はいまだ不透明だが、華麗なプレーで再びファンを魅了してくれるに違いない。

5/10(日) 6:40配信 フットボールゾーン
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200510-00261081-soccermzw-socc

写真no title

今季J開催は非現実的・・・コロナ重症化リスクを専門家が警鐘 

99fa57cbc6226dd281ee4daebfb73b1320200509110427515




1: 2020/05/10(日) 12:06:17.72
金よりも人命を第一に考えるべきだ。

緊急事態宣言が5月末まで延長され、各スポーツ団体は、競技の開幕、再開、大会開催などのタイミングを探っている。

Jリーグの村井満チェアマンが最短で6月13日の再開を掲げているなか、ロイター通信は、身体的距離を保てない、
高強度の(息が完全に上がるような運動を必要とする)競技では新型コロナウイルスの感染や、重症化するリスクが高いことを報じた。

運動中の呼吸は肺までウイルスを招き入れやすいことや、例えばサッカーの試合にウイルス感染者が1人交じっていた場合、
他選手たちは平均して1分28秒間はその選手と“密接”する時間があることを紹介している。

アスリートの呼吸器に詳しい、新潟大学特任教授の田中純太医師がこう話す。

「通常、新型コロナウイルスは喉→気管支→肺、というように段階を踏んで体の奥に侵入していきます。
途中で治ればいいのですが、肺まで到達すると肺炎などの症状を引き起こします。一方で高強度の運動の場合は激しい呼吸を伴うので、
ウイルスをいきなり肺まで招き入れてしまう危険性がある。突然肺炎が発症するわけですから、これは危険です」

アスリートのリスクはそれだけではない。

「適度な運動ならば免疫力が上がりますが、実は激しい息切れを伴う運動をすると、その3時間後くらいから数日の間、免疫力が下がります。
喉の乾燥から発生する粘膜の障害が原因だと思われるのですが、この状態だと感染症に対して丸腰状態になってしまう。
スポーツ選手が風邪をひきやすいのはこのせいです」(前出の田中医師)

高強度かつ“密”の競技は、サッカー、バスケ、ハンドボールの他にボクシングやレスリングといった格闘競技など枚挙にいとまがない。
選手たちは一般人よりも高いリスクにさらされている。

また、試合には移動がつきものだ。国内のPCR検査数は他国と比べ、異常なほど少ないことから、
症状の出ていない感染者は実際の発表数よりはるかに多いであろうことは専門家も指摘していることだ。
公の数字が少なくなったからと開幕を急いでは、各地方にウイルスをばらまいてしまう恐れがある。

田中医師はスポーツイベントの9月、10月の開催にも否定的だ。

「私は(新型コロナウイルスに感染した)Jリーグ神戸の酒井高徳選手にも直接話を聞きましたが、
彼のようにどんなにストイックに自己管理を徹底しても感染してしまうことがあります。チーム内で感染者が出たら、練習や試合でも接触は避けられません。
無観客は絶対だとしても、選手の安全面、各地方へのウイルス拡散を考えると、個人的には今シーズンの開幕は“なし”が現実的だと思います」

選手たちにも自らのリスクを理解した行動を求めたい。
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/sports/272926

なぜ日本はコロナ被害少ない? スペイン人監督が驚き「人口1億2600万人の国で…」 

20200505-00260297-soccermzw-000-1-view

ドイツ・リーグ、10人がコロナ陽性 

4291_1




1: 2020/05/05(火) 00:05:57.45
サッカーのドイツ・リーグは4日、同国1、2部リーグの36クラブを対象にした
新型コロナウイルスの検査結果を公表し、1724人のうち10人が陽性だったと発表した。個人名は明らかにしなかったが、既に自主隔離などの必要な措置は取られているという。
 同リーグは今月中に無観客での公式戦再開を目指している。

ソース:https://www.jiji.com/jc/article?k=2020050400559&g=cov



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索