Samurai Goal

コパ・リベルタドーレス


スポンサード リンク





<コパ・リベルタドーレス決勝第2戦>またも中止!バス襲撃による延期から一夜…公平性に欠くとの理由 

1: 2018/11/26(月) 07:17:44.98 _USER9
リーベル・プレートとボカ・ジュニオルスによるコパ・リベルタドーレス決勝第2戦が2日連続で中止となった。

当初、24日にリーベルのホームで行われる予定だったコパ・リベルタドーレス決勝の第2戦だったが、試合前にボカ選手団を乗せたバスが襲撃される騒動に発展。2度にわたりキックオフの時間を遅らせようとしたが、事態は収拾せず、またボカ側に数名の負傷者も出ており、南米サッカー連盟(CONMEBOL)はやむなく翌25日に延期することを発表した。

そして迎えた25日、ボカはキャプテンのパブロ・ペレスが目と腕を負傷し、さらに数名の選手が催眠スプレーにより体調不良をきたしたことで、コンディションに公平性を欠くとしてCONMEBOLに試合の延期を要請。これを受け、連盟はこのリクエストを受諾する形となり、またしても延期が決定した。

CONMEBOLは公式ツイッターで「会長と協議会は、スポーツとしての公平性を守るためにコパ・リベルタドーレス2018ファイナルのリターンマッチを延期することを日曜日の午前中に決定した」と綴った。

なお、現状で新たな試合日程は決まっておらず、27日に行われるボカ、リーベル両クラブ会長が出席する会議により決定される。

11/26(月) 6:01配信GOAL
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181126-00000035-goal-socc

写真
no title


南米頂上決戦、チームバスが襲撃受け延期…ドクターが負傷選手の写真をSNSに
https://www.footballchannel.jp/2018/11/25/post298677/

<コパ・リベルタドーレス>ボカ・ジュニアーズのバス襲撃から事態は収束せず…決勝は25日に延期 

c3706d87de8f0b3eddcbb9c5e129aeb0




1: 2018/11/25(日) 13:55:04.83 _USER9
 24日、18時にキックオフ予定だったコパ・リベルタドーレス決勝第2戦、リバー・プレートvsボカ・ジュニアーズは、25日19:15開始に延期されることとなった。

 クラブの南米王者を決めるコパ・リベルタドーレス決勝第2戦は現地時間18時キックオフ予定となっていたが、会場入りしたボカのバスをリバー・プレートのサポーターが襲撃。投石によってバスの窓が割られ、制止に入った機動隊の催涙スプレーなどによって、ボカの選手が病院に搬送される事態に。

 試合開始が危ぶまれる中、一時は現地時間19:15にキックオフが後ろ倒しされることに。しかし事態は収束せず、さらに21:00キックオフへとスライドされた。

 だが、ボカ選手数人が負傷したことにより、リーベルとボカ双方が「本日試合することは不可能」という紳士協定を結ぶことに。この動きを受け、南米サッカー連盟(CONMEBOL)のアレハンドロ・ドミンゲス会長は「両チームの意向により、試合を延期することに決めた。これはフットボールの試合であり、戦争ではない」との声明を出し、25日19:15(日本時間26日AM7:15)キックオフに延期すると正式発表。当初予定されていた時刻より、25時間遅れで開催されることとなった。

 またボカの主力が負傷したと伝えられる中、25日の試合では問題なくピッチに立てるのか、その動向が注目される。

 コパ・リベルタドーレスの決勝は、ファン同士の対立が激しいとされる、ボカ・ジュニアーズvsリバー・プレートのスーペルクラシコに。南米王者を決める大一番は、両チームの対立構造から思わぬ形で開催が1日遅れる事態となっている。

18/11/25 11:27ゲキサカ
https://web.gekisaka.jp/news/detail/?260021-260021-fl



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索