Samurai Goal

コパアメリカ


スポンサード リンク





選手からも 「国内 (格下相手のキリンチャレンジ)で戦っても強くならない」の声・・・チリ戦惨敗  

20190619-00000056-sasahi-000-5-view[1]




1: 影のたけし軍団ρ ★ 2019/06/19(水) 16:27:07.82 ID:Cmdb3Caj9
2020年東京五輪を1年後に控えるU-22日本代表世代にとって、2019年コパアメリカ(ブラジル)は重要な試金石だ。

15年、16年大会連覇中の南米王者・チリとの初戦(現地時間17日・サンパウロ)に向け、
森保一監督は「最低でも勝ち点1を拾っていけるような粘り強い戦いをしたい」と語っていたが、そのハードルはあまりにも高かった。

U-22世代が立ち上げからベースにしてきた3-4-2-1の布陣ではなく、チリの3トップを想定して4-2-3-1システムで挑んだ日本。
序盤こそ互角の内容に持ち込めたが、徐々に相手に試合を支配されるようになる。
前半終了間際のCKからの1失点目が大きなダメージになり、後半9分の2失点目でほぼ勝負が決まってしまった。

「相手の方がうまくサッカーをやっていたし、地力の差だったと思います。
(1失点目の)セットプレーさえなかったら、チリも精神的にもうちょっと焦って、ああいうふうにはならなかったと思う。

でもこっちは決めるところを決め切れなくて、やられるところでやられた。そこに差があったかな」と
日本代表117試合出場を誇る岡崎慎司も神妙な面持ちで語ったが、0-4の惨敗は日本代表の「南米での弱さ」を如実に表したと言ってもいいだろう。

2018年ロシアワールドカップで16強入りしてから1年。森保ジャパンにとってチリ戦は17試合目だったが、
本格的なアウェー感を味わった経験は2月1日の2019年アジアカップ(UAE)決勝・カタール戦(アブダビ)だけ。
大半はホームアドバンテージの中で戦う親善試合だった。

「キリンチャレンジカップを国内で開いてもらえるのは有難いけど、6月のトリニダード・トバゴやエルサルバドルのような格下相手と
日本で戦っていてもチームは強くならない。もっとレベルの高い試合をしたい」と、あるA代表の主力選手も話していたが、
そのマイナス面がいきなりコパアメリカという難易度の高い大会で出てしまったと言わざるを得ない。

6月の親善試合2連戦に帯同していた19歳の守護神・大迫敬介も「自分がやっているJリーグやキリンチャレンジのレベルと
今回のコパのレベルの違いを物凄く感じます。今、すごく刺激を受けていますし、このままじゃダメだなと感じました」と発言。

A代表経験の少ない若手には、本物のアウェー戦の衝撃はやはり大きかったのだ。
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190619-00000056-sasahi-socc&p=1

【サッカー】日本代表、決定機演出も得点奪えず ビダル擁するチリ代表に4失点完敗★13
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1560917982/

<DAZN>日本代表戦含むコパ・アメリカ全試合の独占ライブ配信決定! 

1: Egg ★ 2019/05/22(水) 17:34:05.10 ID:A24dZ6OE9
 スポーツ・チャンネル「DAZN(ダゾーン)」は6月15日開幕のサッカー「コパ・アメリカ」(ブラジル)に出場する日本代表戦を含めた全試合を独占ライブ配信すると22日、発表した。日本が出場する大会の全試合をデジタルプラットフォームで配信するのは国内初。

 コパ・アメリカは南米サッカー連盟が主催となり、加盟10か国に招待国2か国を加えた計12か国で争そわれる南米王者王者決定戦。日本は1次リーグで日本時間18日午前8時からチリ、同21日午前8時からウルグアイ、同25日午前8時からエクアドルと戦う。決勝は7月8日。「DAZN Japan Executive Vice President」のマーティン・ジョーンズ氏は以下の通りコメントした。

「この度DAZNとして、コパ・アメリカという新たなコンテンツを日本のサッカーファンのみなさまに向けて配信できることとなり、非常に嬉しく思います。日本代表という人気コンテンツを、大会を通してデジタルで配信するということは、スポーツの視聴を変えるという意味でも歴史的なことと捉えています。日本のスポーツ界の発展に寄与するため、ワンプラットフォームで多くのコンテンツをみなさまにお届けするべく日々取り組んでいます。全てのサッカーファンのみなさまに、本大会終了後も引き続き明治安田生命Jリーグや、夏に再開する欧州各国リーグをお楽しみいただきたいと思います」

5/22(水) 15:56配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190522-00061491-theanswer-socc

写真
no title

アルゼンチン、コパ・アメリカのメンバー発表…アグエロがW杯以来の代表復帰 

20190522-00939799-soccerk-000-2-view[1]

セルジオ越後「東京五輪へコパアメリカは強化にもってこいだがA代表が2つあるのはナンセンス!」  

20190519-00010004-tvtokyos-000-1-view[1]




1: Egg ★ 2019/05/20(月) 09:02:56.68 ID:putta9+J9
サッカー解説者のセルジオ越後が様々なスポーツについて語る企画。今回はサッカー日本代表について語った。

セルジオ越後コメントー

キリンチャレンジカップは6人交代制だからどうかな?というのはありますね。コパアメリカとキリンチャレンジカップを合わせると最低で6試合できるんですね。

(メンバーの入れ替えで)別々のチームになったらボクはもったいないんじゃないかなと思います。チームは継続的にやって試合毎に良くなっていくことが前提でチームを分けることはナンセンスじゃないかな。

キリンチャレンジに出たA代表がコパアメリカにも行くのだったら良いと思うけど。ただ五輪世代はいつ強化するのかな?まさか五輪代表は(U-20W杯)ポーランドに行ったチームじゃないでしょ?

コパアメリカは3人交代だから本番の強化として考えてもらいたい。2020年の強化に(コパアメリカは)もってこいのチャンス。

もしJリーグのチームが五輪世代の選手を出さないということがあれば、これはサッカー界のコミニュケーション不足で大きな問題。

ボクは個人的には、できたら五輪世代で挑んで欲しい。オーバーエイジも使えるから。2020年はこのチームがベースになって、もしかしたらというところを見せて欲しい。

OA(オーバーエイジ)枠は(最大)3人五輪代表に入ることができるけど、そういうチームをまだ一度も試してないから。予選もないし。ボクはもう(他の国より)遅れていると思ってるから。今回は(コパアメリカで)森保一監督が実際に指揮を取って(選手たちの)モチベーションを上げて、良い成績をあげて帰ってくる。試すいいチャンスだと思います。

だからボクはもう代表を二つにするより、海外組はほとんどシーズンオフですから、無理させないで。キリンチャレンジ、コパアメリカ今は五輪代表を中心にやってほしいと思っています。

5/19(日) 22:41配信 テレビ東京
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190519-00010004-tvtokyos-socc

写真https://amd.c.yimg.jp/amd/20190519-00010004-tvtokyos-000-1-view.jpg

ネイマールが復帰! ブラジル代表、コパ・アメリカのメンバー23名発表  

20190518-00938143-soccerk-000-2-view[1]




1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/05/18(土) 07:24:37.08 ID:+Jf28UFD9
ブラジルサッカー連盟(CBF)は17日、6月に開幕する地元開催のコパ・アメリカに向けて登録メンバー23名を発表した。

3月の代表ウィークを負傷欠場したネイマールや、ひざの負傷から復帰間近のフェルナンジーニョがメンバーに復帰。3月に追加招集で代表デビューを飾ったアヤックスのダヴィド・ネレスも引き続き選ばれている。

ブラジルはグループステージで6月14日にボリビア代表と、同18日にベネズエラ代表と、同22日にペルー代表と対戦する。

ブラジル代表メンバー23名は以下の通り。

▼GK
アリソン(リヴァプール/イングランド)
エデルソン(マンチェスター・C/イングランド)
カッシオ(コリンチャンス)

▼DF
ダニエウ・アウヴェス(パリ・サンジェルマン/フランス)
ファグネル(コリンチャンス)
フィリペ・ルイス(アトレティコ・マドリード/スペイン)
アレックス・サンドロ(ユヴェントス/イタリア)
チアゴ・シウヴァ(パリ・サンジェルマン/フランス)
マルキーニョス(パリ・サンジェルマン/フランス)
ミランダ(インテル/イタリア)
エデル・ミリトン(ポルト/ポルトガル)

▼MF
カゼミーロ(レアル・マドリード/スペイン)
フェルナンジーニョ(マンチェスター・C/イングランド)
アラン(ナポリ/イタリア)
ルーカス・パケタ(ミラン/イタリア)
フィリペ・コウチーニョ(バルセロナ/スペイン)
アルトゥール(バルセロナ/スペイン)

▼FW
ネイマール(パリ・サンジェルマン/フランス)
リチャーリソン(エヴァートン/イングランド)
ロベルト・フィルミーノ(リヴァプール/イングランド)
ガブリエウ・ジェズス(マンチェスター・C/イングランド)
ダヴィド・ネレス(アヤックス/オランダ)
エヴェルトン(グレミオ)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190518-00938143-soccerk-socc
5/18(土) 6:44配信

南米選手権、吉田・大迫は不参加か 森保監督「招集は難しい。キリン・チャレンジカップは候補として考えたい」  

20190115112701




1: 豆次郎 ★ 2019/05/12(日) 21:59:00.99 ID:p5zh1nld9
2019年5月12日 20:51
サッカー日本代表の森保一監督が12日、6月開幕の南米選手権(ブラジル)に吉田麻也(サウサンプトン)と大迫勇也(ケルン)が不参加となる見通しを明かした。

吉田は主将も務める守備の要で大迫はエースFWだが、大会に招待参加する日本は選手招集に強制力がない。クラブとの交渉も不調に終わり、神奈川県平塚市内で取材に応じた監督は「招集は難しい。(大会直前の国際親善試合)キリン・チャレンジカップは候補として考えたい」と話した。〔共同〕

https://r.nikkei.com/article/DGXLSSXK00353_S9A510C1000000?s=0

久保建英をU-20W杯代表に選ばず今“飛び級”させることに意味があるのか?  

1: 豆次郎 ★ 2019/05/08(水) 06:07:41.01 ID:DNnuwwYp9
5/8(水) 5:00配信
久保建英をU-20W杯代表に選ばず今“飛び級”させることに意味があるのか?

 今月下旬からポーランドで開催されるFIFA・U-20ワールドカップに臨む、U-20日本代表メンバー21人が7日、日本サッカー協会(JFA)から発表された。
 キャプテン候補のMF齊藤未月(湘南ベルマーレ)、2大会連続出場のFW田川亨介(FC東京)らが順当に名前を連ねた一方で、アジア最終予選を兼ねた昨秋のAFC・U-19アジア選手権でチームの中心を担った17歳のMF久保建英(FC東京)は、MF安部裕葵(鹿島アントラーズ)やGK大迫敬介(サンフレッチェ広島)とともに故障以外の理由で選外となった。

 都内で行われたメンバー発表記者会見には、U-20日本代表を率いる影山雅永監督(51)に加えてJFAの関塚隆技術委員長(58)が同席。所信表明を終えた後の最初の質問で、久保を含めた3人を招集しなかった理由が問われた。
「今日は世界大会に臨むメンバー21人の発表なので、ぜひ影山監督のもとで戦う選手たちにフォーカスをあてていただきたいと思っています」

 こんな断りを入れた関塚委員長は、来夏に迫った東京五輪世代となるU-22日本代表、6月にキリンチャレンジカップおよびコパ・アメリカ(南米選手権)を控えるフル代表を含めた全カテゴリーのなかで、総合的にくだされた判断だったことを示唆した。

「我々が考えていく道は、選手がサムライブルーに到達するために適したカテゴリーを見定めて、すべてのカテゴリーの監督がひとつの目標へ向かって進んでいくこと。選手をしっかりと育てていく点を、技術委員会を含めてJFAが共通の理解をもって、ひとつになって考えていきたい」

 サムライブルーとは、森保一監督(50)に率いられるフル代表となる。関塚委員長は明言こそしなかったものの、3人は来月上旬のトゥーロン国際大会に臨むU-22日本代表をさらに飛び越えて、コパ・アメリカを軸としたフル代表に抜擢されることがほぼ確定的となった。

 能力あふれる若手は年代別のカテゴリーにとらわれることなく、いわゆる「飛び級」で上の世代を経験させ、さらなる成長を促す刺激を注入するべきだと思っている。特に今シーズンのFC東京で出色のパフォーマンスを演じ、首位を快走する原動力となっている久保は、フル代表でプレーさせても遜色ないレベルに達していると言っていい。

 しかし、なぜ「いま」なのかが、なぜ今年の目標のひとつにすえてきたU-20ワールドカップを回避させてまでフル代表に抜擢するのかが、関塚委員長の説明を聞く限りでは理解できない。実際、2年に一度開催されるU-20ワールドカップがもつ価値を、影山監督はこう説明している。

「我々は極東に位置する島国であり、ヨーロッパのように車で1時間も走れば隣の国の代表チームと戦える日常がない。その意味でU-20ワールドカップに出るだけでなく、できるだけ多くの試合を経験することで、世界のトップにこれから出てくるであろう同世代の若者たちと互して戦えるのか、あるいは彼らの先に行けるのか(を感じることができる)。もっている力のすべてを出して戦える機会は重要であり、不可欠なものとして認識している」

続きはこちらで↓
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190508-00010000-wordleafs-socc
no title

ついに来た!FC東京・久保建英、A代表デビューへ!!6月南米選手権の出場要請  

20190505-00000015-dal-000-1-view[1]




1: Egg ★ 2019/05/05(日) 09:53:09.94 ID:epZaWX1E9
 「明治安田生命J1、G大坂0-0FC東京」(4日、パナソニックスタジアム吹田)

 日本サッカー協会が、FC東京MF久保建英(17)の南米選手権(6月14日開幕。ブラジル)への派遣を、クラブ側に要請したことが4日、分かった。メンバーに選出されれば、久保建にとって初のA代表となる。この日は敵地でのG大阪戦に先発出場。首位のFC東京は0-0で引き分け、連勝は4で止まったが無敗を堅持した。神戸は札幌に1-2で逆転負けして5連敗。札幌はJ1でクラブ初の4連勝を飾った。

 未来を担うレフティーのA代表デビューの場は、タフさが求められる南米選手権になりそうだ。6月4日に18歳の誕生日を迎える久保建に対しては、開催時期が重なるU-20W杯(ポーランド)へ派遣する選択肢もあった。だが、関係者によると、首位を走るFC東京で定位置を確保し、攻撃面の中核を担う久保建の能力を高く評価して、日本協会はさらに上のカテゴリーでの招集を希望したという。

 日本が招待参加する南米選手権は、日本が所属するアジア連盟ではなく南米連盟が開催する大陸選手権のため、クラブ側に選手の派遣義務が発生しない。そのため、協会側は各クラブと交渉を重ねた上で東京五輪世代を中心とした編成を行う方針で、その中で17歳の久保建にも白羽の矢が立った形だ。

 この日、日本代表の森保監督がG大阪-FC東京(パナスタ)を視察。改めてクラブ側に派遣の要請を行ったとみられる。試合後、指揮官は「まずは自然な流れとしては年齢関係なく、若い選手であろうが、実力があればA代表からプレーしていく。その選手にふさわしい、あるいはその選手が成長するような場でプレーできるように我々は環境作りをしていく」と話した。

5/5(日) 6:00配信 ディリースポーツ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190505-00000015-dal-socc

【サッカー】<FC東京・久保建英>凄さの秘密が判明!「何なんですかね、あの上半身の柔らかさ、というのは……」
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1556854337/

<森保ジャパン>6月南米選手権メンバー選考混迷...  

1: Egg ★ 2019/04/18(木) 18:24:08.64 ID:WzMgzcDa9
 日本代表メンバー選考が混迷を深めている。日本サッカー協会は17日、都内で行われたJリーグ契約担当者会議の席で森保ジャパンが臨む南米選手権(6月、ブラジル)への選手派遣を各クラブに要請したが、Jリーグの原博実副理事長(60)は厳しい見解を示した。

 この日の会議に出席したJクラブの強化担当者は「(協会から)お願いはあったが、具体的な話は特にない。進んでいない」という。今大会に向けては、クラブに選手派遣の義務がないため、森保一監督(50)も「難しい」と頭を抱えていたが、いまだに打開策は見いだせない。それどころか、さらに困難な状況が浮き彫りになった。

 これについて原副理事長に聞くと「国際Aマッチデーではないので(派遣は)難しい」と話した上で「(同じアジアから参戦の)カタールみたいに(シーズンが)秋春制ならともかく、Jリーグはシーズン真っ最中。しかもACL(アジアチャンピオンズリーグ)だってある。Jからすれば、そちらが公式戦だ」と強調した。

 南米選手権は、J1リーグ戦に加えてACL決勝トーナメント1回戦と日程が重なる。さらに人数や年齢で制限する枠組みも設定しておらず「それは出場すると決まった時からそういう前提になっている。クラブと個別の交渉になる」(原副理事長)。クラブが拒否すれば、もはや打つ手なしというわけだ。

 さらに原副理事長は海外組についても「(試合に)出ている選手は休ませないといけないし、出ていない選手もチームを移ったりするから余計難しい」。自身が2014年まで技術委員長を務めた経験を踏まえ「向こう(欧州)のクラブに話をしても『なんで南米選手権に日本人が出るんだ』という反応がほとんどだった」と話し、すでに絶望的な状況だ。

 まさに八方ふさがりの森保ジャパン。南米の強豪とガチンコ勝負できる貴重な強化の場と期待されていたが、それ以前にチームを編成できるのだろうか。

写真no title


2019年04月18日 16時30分 東京スポーツ
https://www.tokyo-sports.co.jp/soccer/japan/1358484/

<セルジオ越後>主力を呼べないコパ・アメリカ…なぜ前もって対策を練らなかったの?  

20190409-00056922-sdigestw-000-5-view[1]




1: Egg ★ 2019/04/09(火) 16:55:25.81 ID:S3cy+u2a9
◆クラブの都合を優先し、選手の貴重な成長の場を奪ってしまっては…

日本代表が6月に開催されるコパ・アメリカにベストメンバーを連れていけない可能性が出てきた。
 
 FIFAの規定では大陸内での選手権には1年で1大会でしか拘束力を行使できないらしい。つまり日本代表は今年1月にすでにアジアカップに参加しているから、そこに呼んだ選手には、コパ・アメリカに招集する強制力が働かないということだ。
 
 国内選手の招集についても、コパ・アメリカが開催される期間はJリーグの真っ只中だから、代表メンバーの招集には、『1チームひとりまで』という制約がつくようだね。もちろん戦力が引き抜かれるクラブ側からすれば、反発が出るのは当然だ。
 
 しかしJリーグはそもそも、その理念において日本代表チームを強化するために作られたもの。それを見失っているのではないかな。せっかくの代表チームの強化の場に、選手を出せないようなら、Jリーグの意義はどこにあるのだろう。クラブの都合を優先して、選手の貴重な成長の場を奪ってしまっては、それこそ本末転倒だ。村井チェアマンはこれをどう考えているのか気になるよ。
 
 FIFAの規定は今に決まったことではないから、こういった招集の問題が出てくるのは分かっていたはずだよ。だからこそ不思議なのは、なぜ前もって対策を練っておかなかったのかだ。もう大会2か月前だよ。昨年の5月にはコパ・アメリカへの出場が決まっていたのに、今になってチーム編成が変わってしまうこと自体がおかしいんだ。
 
 日本サッカーとJリーグで話し合う時間はたくさんあったはずだし、日程を調整するのか、制約を設けないようにするのか、そういった議論はいくらでもできたはずだ。日本サッカー協会とJリーグはいつ、ひとつにまとまるのだろうか。今回の一件で、改めてふたつの組織がうまく連係できていないことが露呈されてしまったんだ。

 昨年のロシア・ワールドカップの前には「コミュニケーション不足」だといってハリルホジッチ監督を解任したけど、コミュニケーションが取れていないのは、日本サッカー協会、そしてJリーグだって同じではないかな。

こうなると、3月にコロンビアとボリビアの南米の2か国と前哨戦をした意味もあまりなくなってしまうよ。特にコロンビアはハメスやファルカオといった主力メンバーを揃えてきてくれたけど、そんなことは多くあることではないんだ。

 どうしても南米から距離のある日本で開かれる親善試合にはメンバーを落としがちだし、昨年からヨーロッパでは、欧州各国だけのリーグ戦が開かれてマッチメイクができない状況だ。
 
 コパ・アメリカは4年に一度南米で開かれるビッグトーナメントで、各国が最高のスカッドを揃えて真剣勝負を挑んでくる。そんな恰好の強化の場に、国内の問題でベストメンバーを呼べないのは、もったいないし、本気で戦ってくる南米の国に失礼だよ。
 
 どうやら森保監督はA代表の代わりに「別のチーム編成で挑むことになる」と認めていて、東京五輪に向けたU-22代表メンバーを中心とするプランを持っているようだ。今Jリーグで活躍している久保が選ばれるかもしれないという話題になっているね。
 
 ただし、東京五輪を見据えるのは大事だけど、コパ・アメリカはA代表で戦う準備を進めてきたのに、それでいいのかと思ってしまう。
 
 日本と同じくアジアから参加するカタールは、ベストメンバーを連れていく予定らしい。それもワールドカップへの強化策として、早めに現地入りして事前に練習試合が組まれているようだ。3年後のワールドカップは自国での開催だから、相当に気合いが入っているように見える。
 
 そのカタールにアジアカップの決勝で惨敗した日本がそんな状況で大丈夫なのかな。すでに3年後のワールドカップに向けた戦いは始まっているんだ。だから制約があったとしても、できる限りベストに近いメンバーを呼ぶべきだよ。
 
 絶好の機会を無駄にしないために、そしてワールドカップへの準備をスムーズに進めるためにも、日本サッカー協会とJリーグでうまく連係を図る必要がある。これは、ふたつの組織への“宿題”だ。
 
 いずれにしてもコパ・アメリカにどんなメンバーで挑むのかは気になるところ。まずは直前の親善試合にどんな選手を呼ぶのか注目したい。

4/9(火) 16:00 サッカーダイジェスト
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190409-00056922-sdigestw-socc&p=1



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索