Samurai Goal

コウチーニョ


スポンサード リンク





<バイエルン>コウチーニョのバルサ復帰を正式発表…11ゴール9アシストで3冠貢献 

1: 2020/09/02(水) 23:37:22.99 _USER9
バイエルンは2日、バルセロナから期限付き移籍で加入していたブラジル代表MFフィリペ・コウチーニョについて、レンタル期間終了に伴いバルセロナへ復帰することを発表した。

現在28歳のコウチーニョは、インテルやリヴァプールなどを経て、2018年1月にバルセロナのクラブ史上最高額となる1億6000万ユーロ(当時レートで約218億円)で加入した。

しかし、『カンプ・ノウ』では十分なインパクトを残せず、昨年8月に買い取りオプション付きの1年レンタルでバイエルンに加入した。

バイエルンでは.公式戦38試合に出場して11得点9アシストを記録し、3冠に貢献。チャンピオンズリーグ(CL)では、準々決勝でバルセロナ相手に2ゴールを決めるなどの活躍を見せ、自身のキャリアで初めてビッグイヤーを掲げた。

コウチーニョが復帰後もバルセロナに留まるかは現時点で不透明。ロナルド・クーマン新体制となるバルセロナに残留する可能性のほか、アーセナルやチェルシーへの移籍が噂されている。

9/2(水) 23:01配信
https://news.yahoo.co.jp/articles/199c3ea510b6abed0526923fefcb63267a70dbb1

写真
no title

コウチーニョ、プレミア再上陸? 移籍金98億円も…英3クラブが獲得興味と現地報道 

1: 2020/07/29(水) 13:05:36.34 _USER9
7/29(水) 13:01
Football ZONE web

高額な移籍金がネックとなるなか、アーセナル、トッテナム、レスターが獲得を狙う
コウチーニョ、プレミア再上陸? 移籍金98億円も…英3クラブが獲得興味と現地報道
今シーズンバイエルンでプレーするMFフィリペ・コウチーニョ【写真:Getty Images】
 スペインの強豪バルセロナからドイツ王者バイエルン・ミュンヘンに期限付き移籍中のブラジル代表MFフィリペ・コウチーニョに対し、イングランド・プレミアリーグの3クラブが獲得を狙っているという。スペイン紙「スポルト」が報じている。

 コウチーニョは今季開幕前にバイエルンに1年間の期限付き移籍で加入。買い取りオプションは最大1億2000万ユーロ(約147億円)、レンタル料も850万ユーロ(約10億円)という、バルセロナによる強気な条件での契約になっていた。

 しかしながら、バイエルンが設定された期限までに買い取りオプションを行使しなかったことが明らかになっている。そのため保有権がバルセロナに戻るコウチーニョだが、そのまま再加入しての戦力化が図られるとは予想されていない。

 設定された高額な移籍金8000万ユーロ(98億円)が大きなネックになっているとされるなかで、「スポルト」はプレミアリーグのアーセナル、トッテナム、レスター・シティの3クラブが獲得を狙っていると報じている。

 コウチーニョは、プレミアリーグのリバプール在籍時に輝かしいパフォーマンスを見せた。そうした意味でも、実績あるプレミアリーグでの復活は十分に期待できる存在だけに、移籍交渉の行方が注目される。

no title


https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200729-00274752-soccermzw-socc

厳しい批判受けるグリーズマンにリバウド氏「“新たなコウチーニョ”と危惧する人もいるが…」 

20200628-00010029-goal-000-1-view

どこからも求められなくなったコウチーニョの今後は?バルセロナ移籍が大失敗となった理由 

20200616-00010017-goal-000-5-view

バルセロナで戦力外扱いのコウチーニョ、プレミアリーグ復帰希望も…買い手なしか 

20200602-00010006-goal-000-2-view

コウチーニョ、バルサ移籍失敗はメッシのせい? 

20200509-43480139-gekisaka-000-4-view

コウチーニョのバルセロナ退団は確実…チェルシーらに売却オファー 

20200423-00010000-goal-000-1-view




1: 2020/04/23(木) 06:07:19.50
バルセロナがチェルシーをはじめとした複数のクラブにフィリペ・コウチーニョの売却をオファーしたようだ。イギリス『スカイスポーツ』が伝えている。

2018年冬にリヴァプールからクラブ史上最高額でバルセロナに加入したコウチーニョ。しかし、1シーズン半にわたり期待されていたほどの活躍を残すことができず、昨夏に1年間の期限付きでバイエルン・ミュンヘンに加入する。しかし、ドイツ王者が買い取りオプションを行使するとは考えられておらず、今夏にはカンプ・ノウに戻る予定だ。

しかし、コウチーニョの将来は不透明。新型コロナウイルス感染拡大によるシーズン中断により、財政面で苦境に立たされるバルセロナは、資金確保のために同選手を売却する可能性が高いが、キケ・セティエン監督がチームに残す可能性を示す一方で、代理人は同選手がプレミアリーグへの復帰を望むと明かしていた。

そんな27歳のブラジル代表MFに対して興味を示すのがチェルシー。昨夏の補強禁止以降、新戦力を獲得しておらず、今夏にビッグサマーを迎えると予想されている。すでに、ハキム・ツィエクの加入を内定させる同クラブだが、契約満了を迎えるウィリアンやペドロ、オリヴィエ・ジルーの退団が濃厚だ。

なお、現段階でバルセロナが希望する売却額は定かではないが、複数のメディアが9000万ユーロ(約105億円)前後を要求すると報じている

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200423-00010000-goal-socc
4/23(木) 5:14配信

バルサがコウチーニョと仏代表カンテのトレード模索 

20200416-24160204-nksports-000-6-view

バルサ、コウチーニョで犯した“5大ミス”を英紙が特集 408億円の値引きも考慮か 

20200228-00248560-soccermzw-000-1-view

<コウチーニョ>リヴァプール復帰の可能性…“わずか”100億円で獲得可能 

1: Egg ★ 2020/02/11(火) 08:00:18.56 ID:Nf965tUi9
現在、バイエルン・ミュンヘンでプレーするMFフィリペ・コウチーニョは、再びリヴァプールへ加わる可能性があるようだ。イギリス『エクスプレス』が報じた。

コウチーニョは今シーズン、バルセロナからバイエルンへとレンタル移籍。所属元であるバルセロナはシーズン中にキケ・セティエン監督が就任したが、コウチーニョはプランにいずれにせよプランに含まれてないと伝えられる。加えて、買い取りオプションを持つバイエルンも完全移籍へ踏み切る可能性は低いという。

そこで浮上しているのがリヴァプール復帰。2018年冬に1億4200万ポンド(約201億円)でリヴァプールからバルセロナへと移籍したが、再びイングランドへ舞い戻る可能性があるという。また、移籍金も“わずか”7700万ポンド(約109億円)で済むため、リヴァプールにとっては大きな利益のある買い戻しともなる。

一方で、リヴァプールが獲得を狙うレヴァークーゼンMFカイ・ハヴェルツとポジションのかぶるコウチーニョ。古巣復帰は実現するのだろうか。

2/11(火) 7:21配信https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200211-00010002-goal-socc

写真no title



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索