Samurai Goal

コウチーニョ


スポンサード リンク





バルサ、コウチーニョで犯した“5大ミス”を英紙が特集 408億円の値引きも考慮か 

20200228-00248560-soccermzw-000-1-view

<コウチーニョ>リヴァプール復帰の可能性…“わずか”100億円で獲得可能 

1: Egg ★ 2020/02/11(火) 08:00:18.56 ID:Nf965tUi9
現在、バイエルン・ミュンヘンでプレーするMFフィリペ・コウチーニョは、再びリヴァプールへ加わる可能性があるようだ。イギリス『エクスプレス』が報じた。

コウチーニョは今シーズン、バルセロナからバイエルンへとレンタル移籍。所属元であるバルセロナはシーズン中にキケ・セティエン監督が就任したが、コウチーニョはプランにいずれにせよプランに含まれてないと伝えられる。加えて、買い取りオプションを持つバイエルンも完全移籍へ踏み切る可能性は低いという。

そこで浮上しているのがリヴァプール復帰。2018年冬に1億4200万ポンド(約201億円)でリヴァプールからバルセロナへと移籍したが、再びイングランドへ舞い戻る可能性があるという。また、移籍金も“わずか”7700万ポンド(約109億円)で済むため、リヴァプールにとっては大きな利益のある買い戻しともなる。

一方で、リヴァプールが獲得を狙うレヴァークーゼンMFカイ・ハヴェルツとポジションのかぶるコウチーニョ。古巣復帰は実現するのだろうか。

2/11(火) 7:21配信https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200211-00010002-goal-socc

写真no title

背番号10はロッベンからコウチーニョへ…バイエルンが期限付き移籍加入を正式発表  

1: Egg ★ 2019/08/19(月) 19:15:57.64 ID:12hPl/PP9
バイエルンは19日、バルセロナのブラジル代表MFコウチーニョの期限付き移籍加入を正式発表した。契約期間は20年6月30日までとなっている。

 昨季限りで退団したFWアリエン・ロッベンが背負っていた背番号10を着けるコウチーニョは、「僕にとって、この移籍は新しい国での新たな挑戦となる。本当に楽しみにしているよ。僕にもバイエルンにも大きな目標があり、新しいチームメイトとそれができると確信しているよ」と語っている。

 なお、スペイン『アス』によると、レンタル料は850万ユーロ(約10億円)で、1億2000万ユーロ(約142億円)での買い取りオプション付きとなるようだ。

8/19(月) 18:20配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190819-43470702-gekisaka-socc

写真
no title

ネイマール去就48時間以内に決定!? バルサの力業は成功するか?  

20190814-08140899-nksports-000-4-view[1]




1: 久太郎 ★ 2019/08/14(水) 22:09:09.04 ID:SiPMhh/J9
ブラジル代表FWネイマール(28)の将来が今後48時間以内に決まる可能性があると、スペイン紙ムンド・デポルティーボ(電子版)が14日に報じている。

バルセロナとパリ・サンジェルマンは13日、ネイマール移籍についてパリのホテルで正式に話し合いを開始し、バルセロナはブラジル代表MFコウチーニョなどを含めたトレードを提案した。

さらに15日にリバプールで開催されるECA(欧州クラブ協会)の会議に両クラブの会長が出席予定になっているため、同紙はバルセロナのジョゼップ・マリア・バルトメウ会長とパリ・サンジェルマンのナーセル・アル=ヘライフィー会長が会議前夜(14日)にネイマールについて話す可能性があることを伝えている。

現在、パリ・サンジェルマンはホームスタジアム、パルク・デ・プランスで先週末に開催されたリーグ開幕戦で、自分たちのサポーターがネイマールに向けた抗議活動を行ったことにより、ネイマールを放出しなければならない状況に置かれており、アル=ヘライフィー会長はネイマールをレアル・マドリードに移籍させることに賛成しているとのこと。

しかし、いずれにしても、バルセロナと最初の話し合いを行った後で、パリ・サンジェルマンはRマドリードがどのような動きを見せるのか様子を見ることになるという。

なぜならRマドリードはプレミアリーグの移籍市場が8日に閉鎖したことにより、ジネディーヌ・ジダン監督が以前より求めているマンチェスターUに所属するフランス代表MFポール・ポグバをほぼ獲得できなくなったため、フロレンティーノ・ペレス会長がネイマール獲得により、ファンに向けて大きな効果をもたらせることを望んでいるためである。

もしRマドリードが、パリ・サンジェルマンがバルセロナから獲得した際に費やした2億2200万ユーロ(約277億5000万円)を金銭で支払う場合、アル=ヘライフィー会長はバルセロナ復帰を第一希望に掲げているネイマールに、Rマドリードへ移籍するようにプレッシャーをかけるとのことだ。

そのため1部リーグ開幕前までに、長らく続くネイマールの移籍騒動に終止符が打たれることになるかもしれない。

(高橋智行通信員)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190814-08140899-nksports-socc

バルサが今夏にコウチーニョを売却すべき3つの理由…海外メディアが指摘 

20190321-40833454-gekisaka-000-6-view[1]

<バルセロナ>給料支払い約695億円!..1番価値のある選手はネイマールで約283億円、エムバペが約266億円  

20180908_neymar666




1: 2019/01/16(水) 20:40:57.03
『KPMG』の報告によると、FCバルセロナは最初に500億円使ったクラブと言われている。

メッシの巨大な愛犬が再びSNSの主役に

リーガ首位を走るFCバルセロナは500億円を給料として使ったと言われており、『KPMG』の『Football Benchmark』の調査で明らかになったように、ヨーロッパの上位8つの各リーグのチャンピオンを調べた結果、2017年の数字から42%上昇している。

バルサは2018年の1月に、フィリペ・コウチーニョを獲得し、約160億円を使っている。

そしてまた8月に加入したウスマン・デンベレやレオ・メッシを含む多くのプレイヤーの契約を更新した。

バルサは年間約695億円を給料として支払っている。
『KPMG』の調査によると、PSGが2位で、約410億5,000万円の給料を支払った。これは前年比で20%の増加となる。マンチェスター・シティは膨大な資金力を持っているチームだが、前年比より5%下がっている。

一番価値のある選手はPSG所属のネイマールで約283億円、続けて同じくPSG所属のキリアン・エムバペが約266億円、3位につけるのがバルサのレオ・メッシで約251億円になる。

バルサは現在更なる選手獲得を狙っており、アルバロ・モラタの名も挙がっている。また指揮官バルベルデはオリヴィエ・ジルーの獲得を熱望している。今後の動きに注目が集まる。

1/16(水) 19:39配信 スポルト
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190116-00010010-sportes-socc

セネガル代表マネ“コウチーニョの後任”リバプールの新10番を背負う!! 

1 2018/07/20(金) 23:01:26.15 _USER9
7/20(金) 22:59配信
リヴァプールの新10番はマネに決定! かつてはあの名選手たちが着用

 リヴァプールは20日、セネガル代表FWサディオ・マネが新たに背番号10を背負うことが決まったと、クラブ公式サイトで発表した。

 リヴァプールの10番は2013年からブラジル代表MFフィリペ・コウチーニョが背負っていたが、同選手が今年1月にバルセロナへ移籍したことで空き番号となっていた。

 過去には元イングランド代表FWマイケル・オーウェン氏や、同MFジョー・コール、元スペイン代表MFルイス・ガルシア氏などの名選手たちが背負ってきたリヴァプールの10番。このリストに今シーズンから、マネの名前が加わることになる。

 なお、同クラブは、2018-19シーズンモデルのマネの名前が刻まれた19番のユニフォームを購入したサポーターに対して、新しいユニフォームに交換する方針を明らかにしている。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180720-00796997-soccerk-socc
no title

コウチーニョがポルトガル国籍取得!!ブラジルと二重国籍になるメリットは? 

1 2018/07/20(金) 13:16:33.26 _USER9
7/20(金) 13:05配信
バルセロナのブラジル代表MFコウチーニョ、ポルトガル国籍取得と報道

バルセロナに所属するブラジル代表MFフィリペ・コウチーニョが、ポルトガル国籍を取得するようだ。『ESPN』など複数メディアが報じている。

報道によれば、バルセロナはEU圏外選手の枠(リーガ・エスパニョーラは3枠)に余裕を持たせるため、コウチーニョにポルトガル国籍を取得するように働きかけたようだ。コウチーニョは2年前、ポルトガル人女性と結婚しており、同国の国籍を取得できる状況だという。

今夏にMFパウリーニョが退団したバルセロナでは現在、コロンビア代表DFジェリー・ミナと新加入のブラジル人MFアルトゥールがEU圏外の枠を埋めている。コウチーニョがEU圏内の選手として扱えるようになれば、新たなEU圏外の選手獲得に動きやすくなる。

コウチーニョは、ブラジル代表としてもロシア・ワールドカップで5試合に出場して2得点2アシストを記録するなど活躍。なお、ポルトガル国籍を取得したとしても変わらずセレソンでプレーしていくことになる。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180720-00000009-goal-socc
no title

PSGがコウチーニョに351億円オファー!!バルサは更に増額要求!? 

GettyImages-915906248-800x600
1 2018/07/11(水) 16:27:40.48 _USER9
バルサ側が設定している移籍金は520億円
 FWネイマールだけでなく、MFフィリペ・コウチーニョもか――。パリ・サンジェルマン(PSG)が再びバルセロナの現役セレソンを補強ターゲットに定めているようだ。ロシア・ワールドカップ(W杯)でも活躍したコウチーニョに対して、日本円にしてなんと約351億円ものオファーを出したと、スペイン紙「ムンド・デポルティーボ」が報じている。

コウチーニョは今年1月、リバプールからバルサに移籍。その際の移籍金額は1億6000万ユーロ(約208億円)と、サッカー史上2番目の高額となった。コウチーニョはその期待に応えるように、リーガ・エスパニョーラとスペイン国王杯の国内二冠に貢献。ロシアW杯ではベスト8敗退に終わったもののスイス戦での鮮やかなスーパーミドル、コスタリカ戦でのトゥキックでの決勝ゴールなど、プレー面ではネイマール以上のインパクトを残した。

 ただその活躍ぶりに、ネイマールと同じくPSGのナセル・アル=ケライフィ会長は野心を隠していない。昨夏ネイマール獲得の際に費やした2億2200万ユーロ(約289億円)に続き、コウチーニョに対してもオファーを敢行。その額は2億7000万ユーロ(約351億円)もの額に及ぶのだという。

 しかしバルサとしては、この金額で「YES」と言うわけにはいかない。同紙も報じているが、バルサ加入の際にコウチーニョに設けた移籍金の設定額は4億ユーロ(約520億円)という天文学的な数字となっているからだ。

 とはいえ、近年の欧州サッカーのマネーゲームはインフレーションの一途を辿っている。ファイナンシャルフェアプレーが半ば有名無実化しつつある現状、“非売品”とも言えるコウチーニョの引き抜きの可能性がゼロとは言い切れない。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180710-00120614-soccermzw-socc

インテルMFコウチーニョの頭が茨城のヤンキー中学生みたいになってるwww 

102 :名無しに人種はない@実況はサッカーch 2012/10/24(水) 22:29:20.56 ID:DxEaFBBT0


12102245
コウチ何があったんだその頭



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索