Samurai Goal

ゲッツェ


スポンサード リンク





ドイツ最大手のkicker誌「香川真司はゲッツェの後塵を拝する可能性が高い」 

1: 名無しさん 2016/08/03(水) 15:14:43.62 ID:CAP_USER9
ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版 ゲッツェ加入の影響を受けるのは香川?

先日アンドレ・シュールレとともに、ドルトムントへの移籍が発表されたマリオ・ゲッツェだが、
トゥヘル監督は両選手が重要な役割を担うことを明言した上で「ゲッツェのストロングポイント
は中央で発揮される」と語ったと、フォーカス紙が掲載した。

昨季ドルトムントのトップ下では香川真司が主力を担っており、特に終盤9試合では5得点を
マークするなど得点力を発揮。

さらに今オフで見せる香川のパフォーマンスを同紙も評価しているのだが、それでも「トップ下
はまさにトゥヘル監督がゲッツェのために思い描いているポジションであり、まず香川は
ゲッツェの後塵を配する可能性が高いだろう」との見方を示している。

なおシュールレについては、トゥヘル監督はミキタリアンの後釜として考えているとのことで、
「ミキタリアンのような選手はそういないが、シュールレは数少ないその中の一人だ」との
コメントも併せて伝えた。
http://kicker.town/dortmund/2016/08/30202.html
no title

【画像】2009年から現在までのゲッツェの顔面遍歴wwwwwwwwwwwww 

285: 名無しさん 2016/08/02(火) 21:03:04.49 ID:PNQwqhg70
ゲッツェ 2009 - 2016
no title

天才ゲッツェ復帰もドルトムントのトップ下は香川真司が君臨! ブンデス公式サイトが今季予想スタメン発表 

1: 名無しさん 2016/08/02(火) 12:28:11.61 ID:CAP_USER9
■4-2-3-1システムでロイス、デンベレと二列目構成

ドルトムントの日本代表MF香川真司は大型補強を展開したチームで最も熾烈な2列目のポジション争いを勝ち抜くことができるだろうか。
ブンデスリーガ公式サイト英語版では来季に向けた現時点での予想スタメンを紹介。香川はドイツ代表の主力コンビが加入する試練となるが、昨季に引き続き、トップ下でレギュラーを掴むと予想されている。

今季のシステムは4-2-3-1になるという。昨季主に起用されたスターティングも比較として紹介されている上で、
主力の大量流出と8選手の大型補強によって、4選手が入れ替わると分析されている。

その中で日本代表MF香川真司はトップ下に入ると予想された。
チーム得点王のガボン代表FWピエール=エメリク・オーバメヤン、左サイドのMFドイツ代表MFマルコ・ロイスと共に今季も攻撃の牽引者として期待が懸かる。
昨シーズン序盤から中盤戦までは左インサイドハーフ、後半はトップ下を主戦場とした。年末に一時レギュラー落ちの苦境を味わったが、最終的には9得点7アシストを記録。
プレシーズンマッチでもここまで切れのある動きでコンディションの良さをアピールしていた。

アルメニア代表MFヘンリク・ムヒタリアンの抜けた右サイドは、プレシーズンマッチで自慢の突破力をアピールしたU-21フランス代表FWウスマン・デンベレの名が記された。

■合流直後のゲッツェ、シュールレはベンチスタートか
 
2列目のポジションには3年ぶりの復帰を果たしたドイツ代表MFマリオ・ゲッツェや同代表FWアンドレ・シュールレも加入した最激戦区のポジションだが、
香川は背番号10を手にしたゲッツェとマインツ時代にトーマス・トゥヘル監督が指導し、獲得を直接電話で説得した愛弟子シュールレをポジション争いで凌駕すると公式サイトではレポートしている。

記事では「プリシッチの才能は否定できない。香川、ロイスは合わせて21得点10アシストを記録した。彼らに加えてデンベレ、(トルコ代表MFエムレ・)モル、
ゲッツェ、シュールレという戦力が揃っていることで、トゥヘルが3つのポジションを7人のタレントから絞らなければいけないということを意味している」と2列目の充実ぶりをこう紹介している。
2年目を迎えるトゥヘル監督は嬉しい悲鳴をあげている。

その他、マンチェスター・シティへ移籍した司令塔MFイルカイ・ギュンドアンの代わりに、
バイエルン・ミュンヘンから獲得した元U-21ドイツ代表MFセバスティアン・ローデ、バイエルンへの出戻り移籍を果たした前主将DFマッツ・フンメルスの抜けた穴には
バルセロナ下部組織のスペイン代表DFマルク・バルトラが入りそうだ。

また、ドイツ代表DFマルセル・シュメルツァーの定位置だった左サイドバックには、ポルトガル代表として欧州選手権(EURO)を制したDFラファエル・ゲレイロがポジションを奪取しそうだ。

大型補強に成功したドルトムントは絶対王者バイエルンの牙城を脅かすことができるだろうか。ブンデスリーガ公式による予想スタメンは以下の通り。

GK
ビュルキ
DF
ギンター
バルトラ
ソクラティス
ゲレイロ
MF
ローデ
バイグル
デンベレ
香川
ロイス
FW
オーバメヤン

2016.08.02 (Tue)
http://www.football-zone.net/archives/37888

写真
no title


ブンデス公式
http://www.bundesliga.com/jp/

ドルト復帰のゲッツェが再び『10番』…シュールレは『21番』とゲレイロは『13番』 

1: 名無しさん 2016/08/01(月) 21:49:37.50 ID:CAP_USER9
ドルトムントの公式ツイッターが今夏加入のMFマリオ・ゲッツェとMFアンドレ・シュールレ、DFラファエル・ゲレイロの背番号を明かした。

 3年ぶりにドルトムントに復帰したゲッツェは、バイエルンに移籍する前の12-13シーズンにつけていた背番号10に決定。昨シーズンまでは、今夏マンチェスター・ユナイテッドに移籍したMFヘンリク・ムヒタリアンがつけていた。また、ボルフスブルクから加入したシュールレは21番、ポルトガル代表としてEURO初制覇に貢献したゲレイロは13番をつける。

 EURO2016に出場したゲッツェらは1日にチームに合流。この日はシーズン前のメディカルチェックに参加している。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160801-01629889-gekisaka-socc
no title

【画像】ゲッツェ&シュールレがドルトムントに到着!ゲッツェ太りすぎだろwww 

863: 名無しさん 2016/08/01(月) 17:46:08.28 ID:KaUn+Gku0
ゲッツェとシュールレ
no title

no title


ドルトムント香川真司と、ゲッツェ、カストロの昨季のデータを比較 

464: 名無しさん 2016/07/26(火) 08:23:50.74 ID:CO9Vl6ny0
ゲッツェ・香川・カストロ 比較
no title

ゲッツェの3年ぶりのドルトムント復帰に期待する蓮舫議員wwwwwww 

369: 名無しさん 2016/07/25(月) 20:58:07.00 ID:gHnwQxna0


no title

独ビルドが「ドルトムントのスタメン予想」のファン投票!香川はトップ下で15%の票を獲得もゲッツェ(56%)と大きく差を開けられる 

1: 名無しさん 2016/07/23(土) 15:31:04.37 ID:CAP_USER9
新シーズン開幕に向け、着々と補強を進めているドルトムント(ドイツ)。主力の流出もあったが、現地時間22日にはマリオ・ゲッツェとアンドレ・シュルレも獲得し、戦力が整うと同時に競争が激しくなっている。こうしたなか、独『シュポルト・ビルト』誌がインターネット上で先発予想のファン投票を行なった。
同誌は「BVB(ドルトムントの略称)のスタメンは? トゥヘルのつもりで投票を!」と題し、ポジション別に選手を割り当てた。各ポジションで選べる選手は1人。そのうち「攻撃的MF」にはマルコ・ロイス、ゲッツェ、香川真司、クリスチャン・プリシッチの名が並び、5万8370人のうち56%がゲッツェを選んだ。ロイスは27%、香川は15%、プリシッチは2%だった。
なお、トップの位置では6万404人のうちピエール・エメリク・オーバメヤンを選んだ人が97%と、当然ながら同選手が不動の地位。クリスチャン・プリシッチが2%、アドリアン・ラモスは1%となっている。
そのほか、日本時間23日昼時点では以下のような数字となっている。

GK(63,344/投票数、以下同)
ローマン・ビュルキ 81%
ローマン・ヴァイデンフェラー 19%

右SB(57,272)
ウカシュ・ピシュチェク 82%
エリク・ドゥルム 18%

CB(62,376)
マルク・バルトラ 51%
ソクラティス・パパスタトポウロス 43%
スヴェン・ベンダー 2%
マティアス・ギンター 2%
ニーヴェン・スボティッチ 2%

CB(59,228)
マルク・バルトラ 40%
ソクラティス・パパスタトポウロス 46%
スヴェン・ベンダー 6%
マティアス・ギンター 5%
ニーヴェン・スボティッチ 3%

左SB(60,082)
ラファエル・ゲレイロ 69%
マルセル・シュメルツァー 31%

守備的MF(61,851)
ユリアン・ヴァイグル 74%
ゼバスティアン・ローデ 22%
スヴェン・ベンダー 4%

セントラルMF(61,682)
ゴンサロ・カストロ 35%
ヌリ・シャヒン 8%
マリオ・ゲッツェ 37%
ゼバスティアン・ローデ 17%
ミケル・メリノ 2%
モーリッツ・ライトナー 1%

攻撃的MF(58,370)
マルコ・ロイス 27%
マリオ・ゲッツェ 56%
香川真司 15%
クリスチャン・プリシッチ 2%

左ウィング(60,033)
アンドレ・シュルレ 27%
マルコ・ロイス 71%
マリオ・ゲッツェ 2%

no title

ゲッツェとシュールレが先発したとしたら香川も同時に先発できる可能性は… 

66: 名無しさん 2016/07/23(土) 10:27:57.71 ID:tAyaqYts
ニワカの私に教えてほしいんだけど
ゲッツェとシュールレが先発したとして香川も同時に先発できる可能性としては
現実的にどんなフォーメーションになるの?
なんか香川を見れる機会が減るのは単純に寂しいなあ。。。

no title

ゲッツェ「3年前のバイエルン移籍は今になって思えば、あの決断はどうかしていた……」 

1: 名無しさん 2016/07/22(金) 14:15:24.90 ID:CAP_USER9
ようやく復帰が決まる

少なくない物議を醸すであろう取引が遂に完了した。ドイツのドルトムントは21日、バイエルン・ミュンヘンに所属するマリオ・ゲッツェを復帰させることでクラブ間合意に至っている。

2013年に惜しまれつつドルトムントを退団し、バイエルンへ加入したゲッツェだが、ペップ・グアルディオラ政権において、同選手のクオリティが発揮されることはなく、ベンチ生活を余儀なくされていた。素晴らしいボールコントロール技術を誇り、抜群の攻撃センスに溢れた24歳のMFに対してはユルゲン・クロップ率いるリヴァプールやユヴェントスといったクラブが関心を示していたものの、最終的に選んだ行き先はやはり古巣だ。3年ぶりの復帰となる今回のドルトムント移籍について、ゲッツェは次のように述べている。独紙『WAZ』が伝えた。

「2013年には確かに僕の意思でバイエルンへ移籍した。それを隠す気はない。あれから3年が経ち、その決断を客観的に考えられるようになった。あの時の僕の選択に多くのファンが納得できなかったのは分かっている。  

でも今になって思うが、あの決断はどうかしていた。今後は自分の故郷で僕を歓迎してくれる人たちに向けて必死にプレイする。もう一度あの頃の最高だった僕に戻りたい。それが何よりもクラブやサポーターのためになるだろうしね」

仮にゲッツェの復帰に不快感を覚えるサポーターがいたとして、彼らはいつまでドイツ代表アタッカーの天才的なプレイに対し、見て見ぬふりを続けることができるだろうか。ブーイングを黙らせるだけのクオリティが、ゲッツェには確実に備わっているはずだ。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160722-00010007-theworld-socc
no title


【サッカー】<ドルトムント>MFゲッツェ、3年ぶりの復帰が決定!4年契約を締結…
http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1469096527/



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索