Samurai Goal

ゲッツェ


スポンサード リンク





【画像】出番のなかったゲッツェの表情がwwwwwwwwwwwwww 

69: 名無しさん 2016/10/02(日) 03:36:40.09 ID:oLIxQCeb0
その頃ゲッツェは・・・

no title

ゲッツェ、ホームのファンから支持され安堵!「どうなるだろうと、あれこれ考えていた」 

1: 名無しさん 2016/09/25(日) 14:15:28.93 ID:CAP_USER9
現地時間23日に行なわれたドイツ・ブンデスリーガで先発したドルトムントMFマリオ・ゲッツェが、古巣復帰後初めてホームのピッチに立った感想を語った。

昨季限りでバイエルンを退団しドルトムントに戻ったゲッツェは、第5節のフライブルク戦で1248日ぶりに「ジグナル・イドゥナ・パルク」の芝を踏んだ。
先発した同選手は先制点の起点になるなど、3対1での勝利に貢献。71分に交代で下がった。

「バイエルンを選んだ裏切り者」と考える一部のファンがゲッツェに強い反感を抱いているため、
同選手の復帰が決まったときから、ホームでのブーイングが予想されていた。
しかし、ゴール裏に詰め掛けたサポーター集団はこの日、ゲッツェを温かく見守った。

もちろん、なかにはゲッツェにブーイングを飛ばしたファンもいたが、独スポーツサイト『spox.com』によると、
同選手自身は「そんなのは、あら探しをするようなものだよ」と気にせず。

「ものすごくホッとした。勝ち点3を取れて、勝てて、交代のときに拍手をもらえて、本当にうれしかった」と力を込めて語ると、
「どうなるだろうと、実はあれこれ考えていたんだ」と試合前の心境を告白した。

しかし、心配は不要だった。ゲッツェは交代直前、黄色く染まった南スタンドに向けて感謝するように親指を立てた。
何千人ものファンのなかには、ゲッツェをまだ許せずにいるファングループもいた。
数十人のそのグループは、同選手のヘイトソングを歌おうとしたものの、周囲のサポーターから逆にブーイングされたという。

ゲッツェは「ファンのあの対応は最高だった。感動したよ」とコメント。『spox.com』は、テレビ局のインタビューを受けている間も、
ファンが「マーーーーーリオーーー!!!」としつこく叫ぶのでゲッツェが吹き出したと伝え、同選手に不安はもうないだろうと綴っている。

今季初めてゲッツェをホームで先発起用したトーマス・トゥヘル監督も、ホッとしたに違いない。同監督は会見で
「ファンの大多数が団結してサポートを示してくれた。マリオ・ゲッツェはクルヴェ
(ホーム側サポーター席)から支持を得ていた」と語り、同選手に向けられた敵対心についても
「あと4、5試合もすれば自然に消えていくよ」と、心配はないとの見解を示している。

ISM 9月25日(日)13時7分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160925-00000014-ism-socc

写真
no title

【データ】スタッツで見てもライプツィヒ戦のゲッツェの動き少なすぎwwwww 

732: 名無しさん 2016/09/11(日) 14:44:02.00 ID:J8RvsJZF0
ちなみにゲッツェと香川の差

香川
http://www.fourfourtwo.com/statszone/22-2016/matches/861391/player-stats/83090/OVERALL_02#tabs-wrapper-anchor
SnapCrab_NoName_2016-9-11_19-50-56_No-00


ゲッツェ
http://www.fourfourtwo.com/statszone/22-2016/matches/861407/player-stats/69600/OVERALL_02#tabs-wrapper-anchor
SnapCrab_NoName_2016-9-11_19-51-19_No-00


どれだけゲッツェが走りこんでないかわかる
そしてカストロが空気で交代させられたけどこれはかわいそうだわ

ドルトムントにはゲッツェより香川真司が必要だ!格下に黒星のドルトムントに独紙「香川が持つ攻撃のアイディアが欠けてた」 

1: 名無しさん 2016/09/11(日) 17:36:47.32 ID:CAP_USER9
ドルトムント攻撃陣が沈黙

昨季以上にポジション争いが激しくなっている中、ドルトムントMF香川真司は足首を負傷して10日のRBライプツィヒ戦を欠場した。代わりに、この日は香川とポジションを争うと予想される10番マリオ・ゲッツェが先発出場。香川がいない中でゲッツェの働きぶりは気になるところだった。

しかしドルトムント攻撃陣は無得点と沈黙し、まさかの0-1で敗戦。バイエルンに食らいついていきたいはずが格下に足元をすくわれてしまった。

この一戦に独『Sport Bild』は、ドルトムントのパスミスがあまりに多すぎると指摘。攻撃面において香川が持つポジティブなアイディアが欠けていたと伝えており、パスで攻撃にスイッチを入れる香川不在が無得点に繋がったとの見方を示している。

この試合についてゲッツェは、「勝ち点3を得ようとしたが、できなかった。相手に10本もシュートを許してしまったし、こちらは8本打って枠内に飛んだのは1本だけ。これでは不十分だよ」と攻撃が上手く噛み合わなかったことを嘆いている。

ライプツィヒとはチームが異なるものの、香川も出場した前節マインツ戦はポゼッション74%、シュートも17本放っている。これと比較してもライプツィヒ戦の出来はよくなかったが、やはりドルトムントには香川が必要か。

theWORLD(ザ・ワールド) 9月11日 17時10分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160911-00010024-theworld-socc
no title

ドルトムントMFゲッツェが太ももの筋肉の張りでドイツ杯欠場へ 

491: 名無しさん 2016/08/21(日) 19:52:01.75 ID:DjDBsZze0


ゲッツェは太もも/内転筋周辺の筋肉の張り? 早速離脱かいなw

no title

【画像】ドルトムント集合写真!香川真司の横はゲッツェ!! 

726: 名無しさん 2016/08/17(水) 21:26:16.44 ID:kf7YKdmk0
香川の隣はゲッツェか
no title

独スーパー杯バイエルン戦、地元紙の先発予想は香川真司とゲッツェで分かれる!! 

1: 名無しさん 2016/08/14(日) 19:09:35.28 ID:CAP_USER9
現地時間14日に行なわれるドイツ・スーパーカップでバイエルンと対戦するドルトムント。同クラブのお膝元『ルール・ナッハリヒテン』紙(電子版)はこの試合で香川真司が先発すると予想した。

 同紙の先発予想は、GKローマン・ビュルキ、DFフェリックス・パスラック、ソクラティス・パパスタトポウロス、マルク・バルトラ、マルセル・シュメルツァー、MFゴンサロ・カストロ、ゼバスティアン・ローデ、ウスマン・デンベレ、香川、アンドレ・シュルレ、FWピエール・エメリク・オーバメヤンとなっている。

 なお、『ルール・ナッハリヒテン』紙は先発予想を掲載したサイトに、DFL(ドイツサッカーリーグ)が作成した香川、シュメルツァー、トーマス・ミュラー、フィリップ・ラームのコラージュ画像を掲載。マリオ・ゲッツェやその他ドイツ代表選手の画像が紙面を飾ることの多いなか、香川がこうした形で登場するのは異例だ。

 ちなみに、独『キッカー』誌(電子版)の予想だと、香川ではなくゲッツェが入っている。この点を除けば、2紙の予想は同じだ。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160814-00000019-ism-socc
no title

香川との定位置争いがスタート?ゲッツェ「僕は10番、8番のポジションが一番向いている」 

1: 名無しさん 2016/08/09(火) 20:58:33.64 ID:CAP_USER9
日本代表MF香川真司は今シーズン、ドイツ代表MFマリオ・ゲッツェとポジションを争うことになる可能性が高そうだ。バイエルン・ミュンヘンからボルシア・ドルトムントに復帰したドイツ代表MFが、自身に最も合ったポジションについて語っている。

ドルトムントは攻撃的MFにおいて、既存メンバー香川、マルコ・ロイス、ゴンサロ・カストロ、クリスチャン・プリシッチ、フェリックス・パスラックに加え、今夏ウスマン・デンベレやエムレ・モルといった若手が加入。さらにゲッツェとアンドレ・シュールレを獲得したことにより、2列目におけるポジション争いの激化が予想されているところだ。

そんな中、やはりトップ下のポジションを狙う香川の主な競争相手はゲッツェとなる見通しだ。トーマス・トゥヘル監督もゲッツェの起用法について先日、「私はマリオをセンターの選手として見ており、中央で力を発揮できると考えている」とコメント。8日にキャンプ地で開かれた会見に臨んだ選手本人も、同じ考えのようだ。

「僕は自分を基本的に中央の選手だと見ている。そこで一番力を示せると思う。いろんなポジションでプレーしてきたけど、10番、8番のポジションが一番向いている。ただ、最終的には監督がどこに置くか決めること。それでも僕はセンターが一番居心地良い」

先日行われたプレシーズンマッチでドルトムントはサンダーランドと対戦し、1-1で引き分けた。その試合がドルトムント復帰戦となったゲッツェは67分から香川との交代で出場。2人のポジション争いはすでにスタートしているのかもしれない。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160809-00010002-goal-socc
no title

ドルトムントサポ「シンジはいつも痩せているのに比べてゲッツェは…」「太っただけでなくなぜこんな髪型に…」 

1: 名無しさん 2016/08/03(水) 20:01:01.79 ID:CAP_USER9
サポーターはフィジカル面で不安?

待望の名手たちが続々とドルトムントへ合流している。マリオ・ゲッツェにアンドレ・シュルレというファンタスティックな2人のドイツ代表MFと新たにサインした同クラブだが、サポーターはとある懸念を抱いているようだ。

とりわけ多くのファンが気にかけているのは2013年にチームを離れ、バイエルン・ミュンヘンへと去っていったゲッツェの以前よりも明らかにふくよかとなった体型だ。2001年よりドルトムントユースに所属するこの生え抜きのスーパースターは晴れて今夏に古巣復帰を果たしたものの、1日に実施されたメディカルチェックには、やや丸みを帯びた姿で登場。どれほど娯楽に満ちたシーズンオフを楽しんでいたのかは定かでないが、まずは長いシーズンを戦い抜くだけの頑強なフィジカルを作り上げる必要がありそうだ。英紙『Daily Mail』もそんなゲッツェのメディカルチェックの様子を画像付きでリポート。しかし多くのファンは少し様子の変わったゲッツェに驚きの反応を示している。

「どうしてゲッツェはこんなに太ってるんだ?」

「太っただけでなくなぜこんな髪型に……」

「バイエルンの頃の2倍のサイズがあるように見えるが」

「シンジはいつも痩せていて、きちんとしてる。それに比べてゲッツェは……」

同メディアに寄せられた意見の多くはやはりゲッツェのフィジカル状態を案じたものとなっており、来たる新シーズンに向けて万全の準備を施してほしいと願っているようだ。先日は、退団したヘンリク・ムヒタリヤンが付けていた10番を再び纏うことが決まったゲッツェ。彼の才能が再び覚醒することを期待したい。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160803-00010028-theworld-socc
no title

ドイツ最大手のkicker誌「香川真司はゲッツェの後塵を拝する可能性が高い」 

1: 名無しさん 2016/08/03(水) 15:14:43.62 ID:CAP_USER9
ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版 ゲッツェ加入の影響を受けるのは香川?

先日アンドレ・シュールレとともに、ドルトムントへの移籍が発表されたマリオ・ゲッツェだが、
トゥヘル監督は両選手が重要な役割を担うことを明言した上で「ゲッツェのストロングポイント
は中央で発揮される」と語ったと、フォーカス紙が掲載した。

昨季ドルトムントのトップ下では香川真司が主力を担っており、特に終盤9試合では5得点を
マークするなど得点力を発揮。

さらに今オフで見せる香川のパフォーマンスを同紙も評価しているのだが、それでも「トップ下
はまさにトゥヘル監督がゲッツェのために思い描いているポジションであり、まず香川は
ゲッツェの後塵を配する可能性が高いだろう」との見方を示している。

なおシュールレについては、トゥヘル監督はミキタリアンの後釜として考えているとのことで、
「ミキタリアンのような選手はそういないが、シュールレは数少ないその中の一人だ」との
コメントも併せて伝えた。
http://kicker.town/dortmund/2016/08/30202.html
no title



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索