Samurai Goal

ゲッツェ


スポンサード リンク





香川真司の売却価格を“8億円”にドルトムントが設定!トルコ売却はありえる? 

GettyImages-910970234
1 2018/08/13(月) 12:56:43.63 _USER9
ベジクタシュは、未だドルトムントMF香川真司の獲得を諦めていないようだ。トルコ『GUNES』が伝えた。

ロシア・ワールドカップ終了後から、加熱している香川の去就。新たな10番を探すベジクタシュは、日本代表MFの獲得に熱心であると伝えられており、正式なオファーはすでに送っていると報じられている。

『GUNES』によると、ベジクタシュは香川と同僚のマリオ・ゲッツェについて、ドルトムントにレンタル移籍でのオファーをしたという。しかし、ドルトムントの反応は芳しくなかったようだ。さらに、両選手の代理人も移籍に否定的な反応を示したという。

しかし同メディアによると、ドルトムントは完全移籍での売却であれば考慮するようだ。香川に対しては600万ユーロ(約8億)、ゲッツェには700万ユーロ(約9億円)を求めるとベジクタシュに連絡したという。

プレシーズンマッチでは、キャプテンマークを巻く機会もあった香川。29歳の日本代表MFは、新シーズンはどこでプレーすることになるのだろうか。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180813-00000006-goal-socc

香川真司...じゃなくてゲッツェ!?心変わりが激しいベジクタシュサポ 

GettyImages-612772862-800x600
1 2018/08/11(土) 12:13:05.57 _USER9
香川に関心を寄せるとされるベジクタシュ、ファンは同僚ゲッツェにも大量メッセージ

 ドルトムントの日本代表MF香川真司はトルコ1部のベジクタシュからの関心が頻繁に取り沙汰され、去就が注目されている。しかし、ここに来てベジクタシュファンの関心は同じドルトムントでも、別の選手に向いているようだ。

 その選手とは香川とも親交の深いドイツ代表MFマリオ・ゲッツェだ。ゲッツェのインスタグラムの投稿に対し、ベジクタシュファンと思われるユーザーから「Come to Besiktas(ベジクタシュへ来て)」というメッセージが殺到しているのだ。

 投稿によっては写真一枚に8000件以上のコメントが付き、まるでスパムのごとく「Come to Besiktas」の文字で埋め尽くされている状況だ。トルコのサポーターによる熱烈なラブコールが送られている。

 アンデルソン・タリスカが中国へ移籍し、10番タイプの選手を探しているというベジクタシュ。トルコメディアでは香川獲得の噂が過熱しており、すでにオファーを送っているとも報じられていた。今週中にも交渉が進展するとの見方もあったが、香川はドルトムントでテストマッチに出場し、アシストするなど活躍を見せている。

 クラブが探し求める新たなプレーメーカーの獲得は実現するのだろうか。
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180811-00127573-soccermzw-socc

香川真司のライバル、ゲッツェ!!ドルトムントでポジション争奪戦か 

GettyImages-612772860-800x533
1 2018/07/20(金) 20:49:49.36 _USER9
ルシアン・ファーヴル氏を新監督に迎えたボルシア・ドルトムントは複数の新戦力を獲得。だが、ドイツメディア『90min』は既存メンバーの香川真司とマリオ・ゲッツェの競争をチーム内の「最も熾烈なポジション争い」の1つとして見ているようだ。

ドルトムントはロシア・ワールドカップに出場した各国の代表選手には特別休暇が与えられているため、そしてまだ補強の可能性を残しているため、今夏のチーム構成が完了していない。ファーヴル新監督は公式戦ではどのようなスタメンをピッチに送り出すのかなど各現地メディアで予想されるなか、『90min』は「ドルトムントでの6つの最も熾烈なポジション争い」を紹介した。

そしてその1つとして「マリオ・ゲッツェvsシンジ・カガワ」の“マッチアップ“を予想。記事では両者は一度ドルトムントから退団した経緯などについて言及しつつ、「復帰後、日本人選手はライバルのゲッツェより良い印象を与え、特に2015-16シーズンには46試合で26回ゴールに絡むなど輝きを放っている」と指摘し、「昨シーズンの終盤は足首の負傷により離脱が続いたが、その前は調子は良く、6ゴール7アシストを記録した」と綴っている。

またゲッツェについては「代謝異常の病気から回復してから、2017-18シーズンも満足できない1年間を過ごしたが、新シーズンは彼にとっての正念場となるだろう」と指摘。「ルシアン・ファーヴルは最初のオーストリア・ウィーンとのテストマッチでは彼をボランチで起用し、彼はそこで新たな役割を見つけることになるかもしれない。だが、総合的にはカガワの方がフォームが良く、(チームにとっても)とりわけゴール前では成果を得られる存在」と決定力を含めた評価で、香川のスタメンを有力視しているようだ。

一方、記事ではその他、GKにおいてローマン・ビュルキとマルヴィン・ヒッツ、CBではDFアブドゥ・ディアロとエメル・トプラク、右SBではウカス・ピシュチェクとアシュラフ・ハキミが定位置を争うことを予想。攻撃においてはアンドレ・シュールレとマキシミリアン・フィリップ、マリウス・ヴォルフとクリスチャン・プリシッチがそれぞれの競争相手となると見ている。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180720-00000032-goal-socc

ドイツ代表落選ゲッツェが悲痛な思いをTwitterで吐露 

index
1   2018/05/21(月) 02:11:01.04 _USER9
 前回のワールドカップでは決勝の舞台に立ち、ドイツ代表の優勝を決定づける見事な決勝ゴールあげたMFマリオ・ゲッツェ(ドルトムント)。そのリオの歓喜から4年が経ち、まもなく26歳の誕生日を迎えるが、今回のW杯では予備登録を含む代表メンバーにさえ名前を連ねることができなかった。ドイツ誌『kicker』日本語版が20日に伝えた。

 そんなゲッツェが19日にTwitterにて、初めてW杯メンバー落選について言及。「もちろん、ワールドカップに参加できないことはとても悲しいことだ」と辛い心情を吐露しつつも、それと同時に「でも僕はまた代表に復帰できるよう、全力を尽くし取り組んでいくよ」と、早期復帰に向けて意気込んだ。

 さらに、ワールドカップ連覇をめざすドイツ代表に向けてエールも送っている。「選手たち、コーチ陣、チームを支える全ての人たちが、良い時間を過ごせるよう願っている。そしてワールドカップ優勝をつかみ取れるよう祈っている」。

 ヨアヒム・レーヴ代表監督もまた、これまでドイツ代表として63試合に出場し17得点をマークしてきた攻撃的MFについて、「今シーズン、彼は思うようなシーズンを過ごすことができなかった。本来の力を発揮できない状態にあった。彼は非常に高いクオリティをもった選手。夏季休暇明けから、ドルトムントで異なるスタートを切って欲しい」と、代表復帰を期待しているところだ。

 ドイツ代表はW杯グループステージで6月17日にメキシコ代表と、同23日にスウェーデン代表と、同27日に韓国代表と対戦する。
https://www.soccer-king.jp/news/world/wc/20180520/761608.html

〈ドルトムント〉代表入りを諦めないゲッツェ、猛アピール成功か? 

GettyImages-612772860-800x533
1   2018/05/04(金) 00:59:00.61 _USER9
親善試合では代表選外のゲッツェ、W杯に向けアピールに成功?「出場を信じている

ボルシア・ドルトムントMFマリオ・ゲッツェはロシア・ワールドカップ(W杯)に出場できるだろうか。ドイツ誌『キッカー』によれば、同選手はその可能性を残しているという。

4年前のブラジル大会の決勝でゲッツェはアルゼンチン相手に決勝点を挙げ、ドイツの英雄となった。だが、その後は病気や負傷に悩まされ安定したパフォーマンスが続かず、批判されることも多かった。そして3月の親善試合でも選外となり、今回のロシア大会に向けたドイツ代表メンバーに含められる可能性は低いと見られていた。

しかし、ここに来てゲッツェは調子を上げている。第31節レヴァークーゼン戦に続き前節ブレーメン戦でのパフォーマンスをいずれも「2」(※ドイツメディアの採点は1が最高、6が最低)と評価した『キッカー』は、ペーター・シュテーガー監督がゲッツェをマルコ・ロイスとともにインサイドハーフに配置したことで、「2人はドルトムントの心臓になった」と称賛した。

とりわけ好印象に残ったのは、ブレーメン戦でのゲッツェのプレーだったようだ。ロイスの決定機をつくり出した場面については「状況を直ちにつかんだゲッツェは、ロイスにエレガントかつ正確にボールを送った」と記され、「まるで絵画、芸術品のようなパスで、最後の仕上げのみを欠いていた」とゴールにつながらなかったにもかかわらず、ラストパスが絶賛されている。

一方、ゲッツェ本人は3月にはヨアヒム・レーブ監督から声がかからなかったことに関して「もっと戦い、もっと頑張らなければいけないという明確なメッセージ」として受け止めているようだ。『キッカー』曰く「僕はW杯に出場できることを信じている。そのためのクオリティーを備えている」と自信をのぞかせながら語った。

ドイツ代表は、長期離脱を強いられているラース・シュティンドル(ボルシア・メンヒェングラットバッハ)やセルジュ・ニャブリ(ホッフェンハイム)と2列目の選手2人がW杯を欠場となることが決定している。そんな中、波に乗りつつあるゲッツェに再び声がかかる可能性もあるかもしれない。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180503-00010008-goal-socc

【画像】出番のなかったゲッツェの表情がwwwwwwwwwwwwww 

69: 名無しさん 2016/10/02(日) 03:36:40.09 ID:oLIxQCeb0
その頃ゲッツェは・・・

no title

ゲッツェ、ホームのファンから支持され安堵!「どうなるだろうと、あれこれ考えていた」 

1: 名無しさん 2016/09/25(日) 14:15:28.93 ID:CAP_USER9
現地時間23日に行なわれたドイツ・ブンデスリーガで先発したドルトムントMFマリオ・ゲッツェが、古巣復帰後初めてホームのピッチに立った感想を語った。

昨季限りでバイエルンを退団しドルトムントに戻ったゲッツェは、第5節のフライブルク戦で1248日ぶりに「ジグナル・イドゥナ・パルク」の芝を踏んだ。
先発した同選手は先制点の起点になるなど、3対1での勝利に貢献。71分に交代で下がった。

「バイエルンを選んだ裏切り者」と考える一部のファンがゲッツェに強い反感を抱いているため、
同選手の復帰が決まったときから、ホームでのブーイングが予想されていた。
しかし、ゴール裏に詰め掛けたサポーター集団はこの日、ゲッツェを温かく見守った。

もちろん、なかにはゲッツェにブーイングを飛ばしたファンもいたが、独スポーツサイト『spox.com』によると、
同選手自身は「そんなのは、あら探しをするようなものだよ」と気にせず。

「ものすごくホッとした。勝ち点3を取れて、勝てて、交代のときに拍手をもらえて、本当にうれしかった」と力を込めて語ると、
「どうなるだろうと、実はあれこれ考えていたんだ」と試合前の心境を告白した。

しかし、心配は不要だった。ゲッツェは交代直前、黄色く染まった南スタンドに向けて感謝するように親指を立てた。
何千人ものファンのなかには、ゲッツェをまだ許せずにいるファングループもいた。
数十人のそのグループは、同選手のヘイトソングを歌おうとしたものの、周囲のサポーターから逆にブーイングされたという。

ゲッツェは「ファンのあの対応は最高だった。感動したよ」とコメント。『spox.com』は、テレビ局のインタビューを受けている間も、
ファンが「マーーーーーリオーーー!!!」としつこく叫ぶのでゲッツェが吹き出したと伝え、同選手に不安はもうないだろうと綴っている。

今季初めてゲッツェをホームで先発起用したトーマス・トゥヘル監督も、ホッとしたに違いない。同監督は会見で
「ファンの大多数が団結してサポートを示してくれた。マリオ・ゲッツェはクルヴェ
(ホーム側サポーター席)から支持を得ていた」と語り、同選手に向けられた敵対心についても
「あと4、5試合もすれば自然に消えていくよ」と、心配はないとの見解を示している。

ISM 9月25日(日)13時7分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160925-00000014-ism-socc

写真
no title

【データ】スタッツで見てもライプツィヒ戦のゲッツェの動き少なすぎwwwww 

732: 名無しさん 2016/09/11(日) 14:44:02.00 ID:J8RvsJZF0
ちなみにゲッツェと香川の差

香川
http://www.fourfourtwo.com/statszone/22-2016/matches/861391/player-stats/83090/OVERALL_02#tabs-wrapper-anchor
SnapCrab_NoName_2016-9-11_19-50-56_No-00


ゲッツェ
http://www.fourfourtwo.com/statszone/22-2016/matches/861407/player-stats/69600/OVERALL_02#tabs-wrapper-anchor
SnapCrab_NoName_2016-9-11_19-51-19_No-00


どれだけゲッツェが走りこんでないかわかる
そしてカストロが空気で交代させられたけどこれはかわいそうだわ

ドルトムントにはゲッツェより香川真司が必要だ!格下に黒星のドルトムントに独紙「香川が持つ攻撃のアイディアが欠けてた」 

1: 名無しさん 2016/09/11(日) 17:36:47.32 ID:CAP_USER9
ドルトムント攻撃陣が沈黙

昨季以上にポジション争いが激しくなっている中、ドルトムントMF香川真司は足首を負傷して10日のRBライプツィヒ戦を欠場した。代わりに、この日は香川とポジションを争うと予想される10番マリオ・ゲッツェが先発出場。香川がいない中でゲッツェの働きぶりは気になるところだった。

しかしドルトムント攻撃陣は無得点と沈黙し、まさかの0-1で敗戦。バイエルンに食らいついていきたいはずが格下に足元をすくわれてしまった。

この一戦に独『Sport Bild』は、ドルトムントのパスミスがあまりに多すぎると指摘。攻撃面において香川が持つポジティブなアイディアが欠けていたと伝えており、パスで攻撃にスイッチを入れる香川不在が無得点に繋がったとの見方を示している。

この試合についてゲッツェは、「勝ち点3を得ようとしたが、できなかった。相手に10本もシュートを許してしまったし、こちらは8本打って枠内に飛んだのは1本だけ。これでは不十分だよ」と攻撃が上手く噛み合わなかったことを嘆いている。

ライプツィヒとはチームが異なるものの、香川も出場した前節マインツ戦はポゼッション74%、シュートも17本放っている。これと比較してもライプツィヒ戦の出来はよくなかったが、やはりドルトムントには香川が必要か。

theWORLD(ザ・ワールド) 9月11日 17時10分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160911-00010024-theworld-socc
no title

ドルトムントMFゲッツェが太ももの筋肉の張りでドイツ杯欠場へ 

491: 名無しさん 2016/08/21(日) 19:52:01.75 ID:DjDBsZze0


ゲッツェは太もも/内転筋周辺の筋肉の張り? 早速離脱かいなw

no title



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索