Samurai Goal

ケイスケホンダ


スポンサード リンク





本田監督『敗因には理由がある』マレーシア戦を振り返る 

1 2018/09/11(火) 05:37:09.34 _USER9
メルボルンVのMF本田圭佑(32)が事実上の監督を務めるカンボジア代表が10日、ホームのプノンペンでマレーシア代表と対戦し、1―3で逆転負けを喫した。ショートパス、ハイプレスが奏功して幸先よく先制したが、パワーダウンした後半に一挙3失点。初陣からいきなり宿敵を撃破することはできなかった。試合後の会見にでは「結果が出なかったので僕に責任があるし、何かやれたことがあった。確実に敗因には理由がある。今晩はそれを考えることに時間を割くと思います」と振り返った。

 試合前には急な雷雨の影響でキックオフが30分、遅れるハプニング。FIFAアンセムが流れる入場の際には、両腕に時計をつけてサングラスという奇抜なスタイルで約3万人の観衆の度肝を抜いた。試合中はピッチ脇に立ち、静かにタクトを振るった。逆転負けを喫したが、最後までハイラインの攻めの姿勢を貫き、観客からは大きな拍手がわき起こっていた。

 選手として20年東京五輪出場を目指しながら挑戦する代表監督。二足のわらじを履く本田は「(指揮を執り)まだ何が難しいのか分かっていない状況かもしれない。そのギリギリのところをもっと追求しないと。トップ・オブ・ザ・トップを追求しないといけない。今日の敗戦は忘れることはない」と自らを厳しく見つめていた。

9/11(火) 1:22配信 スポニチ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180910-00000139-spnannex-socc

写真
no title

【サッカー】「めっちゃ切ないねん」本田圭佑はカンボジアの路上でなにを目撃した!?  

20180908-00046896-sdigestw-000-4-view
1 2018/09/08(土) 06:30:54.32 _USER9
月曜日、マレーシアとの親善試合で采配デビュー!

プロサッカー選手としての本業だけでなく、ビジネスや慈善活動などさまざまな分野へと活躍の場を広げている本田圭佑。
現在はカンボジアに滞在し、実質的に「GM兼監督」を務める同国代表チームで指導にあたっている。
今週月曜日に現地入りし、翌日からさっそくチーム練習に参加。9月10日に行なわれるマレーシアとの親善試合に向けて急ピッチでの調整を続けているのだ。
 
そんななか、本田は9月7日に自身のツイッターを更新。以下のように綴っている。
 
「今カンボジアで、昨日子供達がアスファルトでサッカーをしてんのを見てん。よう分からんけど、めっちゃ切ないねん」

なんとも意味深だ。サッカーをする環境が整っていないため、その現状を嘆いているように聞こえる。
一方で英文では「They made me nostalgic」とも記しており、直訳すれば「彼らを見て郷愁にかられた」。
どこか懐かしい風景を目の当たりにし、感傷に浸っているようにも取れる。
この点については投稿欄でも意見が分かれているようだ。
 
いずれにせよ、本田GMはカンボジアを心の底から愛している。
先月の就任会見では、「カンボジア・サッカーのスタイル確立」と「カンボジアの素晴らしさを世界に伝える」というふたつの目標を掲げた。
はたして2年の契約期間のなかで、今後どんな立ち居振る舞いを見せていくのか。まずは月曜日のマレーシア戦での采配に注目だ。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180908-00046896-sdigestw-socc
9/8(土) 5:16配信

本田圭佑のツイートが大反響!!『休日をもらって休んでいるようでは話にならない』 

キャプチャ
1 2018/09/03(月) 19:41:33.21 _USER9
ロシアワールドカップでサッカー日本代表として活躍した本田圭佑選手が8月31日、ツイッターで休日の使い方について投稿し、ネット上で話題となっている。
本田選手は「成功したい人にとって休日をもらって休んでいるようでは話にならない」とした上で、

「中学生の時くらいから休みをもらうと出し抜くチャンスやと思って、もっと休みをくれって思ってた」

という。

「休むのも必要。ただそれは怪我するほど追い込んでから学ぶこと」
9月3日11時現在、約6万いいねが押されている同投稿には様々なリプライが寄せられている。
「そのような考え方をずっとブレずに今日まで生きてきた本田さん、流石です!だから今の偉大な本田さんがあるのですね!」というコメントには、

「いや、休むのも必要なんです。ただそれは怪我するほど追い込んでから学ぶことって事が伝えたくて」

と返信した。またこのような考え方は「大きな野望と強靭なメンタルを持っている人には有効ですが、大半の人はそれで精神を病みます」と感じる人もいる。これに対して本田選手は、

「そういう方へのアドバイスですが成功に囚われるな、成長に囚われろ!って願ってます。成功は保証はされないが、成長は保証されてる。ってアホほどの経験からの実体験です」

と語った。

「スポーツの指導者が変な解釈をしそう」と心配する声も
リプライには「これが同い年でこれだけ差が広がった理由ですわ!」「スポーツやったことある人ならこの意見は反対にしろ賛成にしろ理解はできると思うんだけどなぁ」など共感の声が多く寄せられた。

一方で、「それってつまり…ブラック企業ですねぇ!」という声もあがっている。たしかに、本田選手ぐらいのレベルになるためには日々尋常でないレベルの努力をしなければいけないのだろう。
しかし、限界点は人それぞれ違うもの。中には、「それをやったら脳出血で緊急搬送・緊急搬送され半年ぐらい入院と静養に費やさざるを得ませんでした」という人もいた。

ほかにも、

「本田さんのこの投稿を観たスポーツ全般の一部の指導者が、変な解釈をして自らではなく子供に練習をさせたいが為にその口実としてその子供らに押しつけそう。
指導者が子供たちの為に指導法や、子どもとの適切な接し方を休日を割いて学んでくれると響きがいいのですが」

と本田選手の発言を心配する声も出ていた。

http://news.livedoor.com/article/detail/15250337/
2018年9月3日 12時13分 キャリコネニュース

本田圭佑、新たなビジネスに参入!!お次は何と“飲食業界”!? 

4-5_article_type_3
1 2018/08/29(水) 18:40:48.91 _USER9
日本代表MF本田圭佑(32=メルボルン・ビクトリー)の個人ファンド「KSK Angel Fund」が出資した飲食店予約サービス「ビスポ!」の発表会が、28日に都内で開かれた。
客と飲食店の双方向コミュニケーションによる予約サービスで同日から提供を開始。
現在は約50店舗の参加だが、年内に1000店舗とユーザー数10万人を目標に掲げた。

本田は同サービスを展開するBespo社の高岳史典・代表取締役と知人を介して知り合い、出資を決断。
この日はビデオメッセージで登場し「高岳さんからお話を聞いた時にすごく感銘を受けた。なんとかサポートしたいと出資させていただいた。
今後『ビスポ!』がうまくいくように僕もサポートしていきたい」と強い意欲を見せた。

本田にとっては満を持しての飲食業界への“参入”となる。以前から食へのこだわりが強く、日本代表の同僚たちにも積極的に食事の重要性を説いてきた。
盟友のDF長友佑都(31=ガラタサライ)がすでに飲食店の運営や健康食品の販売などを手がけており、本田も遅ればせながら追随。
高岳氏は「本田さんにはさまざまなアドバイスを頂き、ディスカッションもしていきたい」と二人三脚で事業を発展させる構えだ。

今回は飲食店予約サービスへの投資という間接的な形だが、今後本田が飲食業界でも旋風を巻き起こせるか注目だ。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180829-00000040-tospoweb-socc
8/29(水) 16:45配信

本田圭佑“新たな野望”プロ野球チームを新結成!? 

20180706jcast20182333247_0
1 2018/08/21(火) 22:31:08.44 _USER9
8月12日、ロシアW杯前は大会後の「現役引退」も考えていた本田圭佑が、現役選手にしてカンボジア代表の実質的監督に就任すると発表された。ばかりか本田は、Jリーグのクラブ買収まで考えているというのだ。

 現役続行となった本田だが、ビジネスも並行させる。

「クラブの買収は、世界各地で展開している『サッカースクール事業』など、他のサッカービジネスとの相乗効果を狙っているのでしょう」(本田を知るサッカー関係者)

 そして、本田の野望はさらに広がっていく。

 大手スポーツマネジメント会社関係者が明かす。

「最近、本田が『ウチの会社でプロ野球球団を持ちたい』と語っているのを直接聞いた人間が周りに何人かいます。もっとも、
どこか既存の球団を買収するわけではなく、本田の会社が親会社としての新チーム『本田球団』の結成を計画しているそうなんです」

 本田の“果てしなき野望”の全貌は、8月21日発売の週刊アサヒ芸能8月30日号で詳報されている。

https://news.nifty.com/topics/agp/180821264103/

賛否両論!?ケイスケホンダが仮想通貨の“イメージキャラ”に就任!! 

キャプチャ
1 2018/08/20(月) 08:54:34.45 _USER9
8/20(月) 8:50配信
日刊スポーツ

 オーストラリアAリーグの強豪メルボルン・ビクトリーMF本田圭佑(32)が仮想通貨交換所「BITPoint(ビットポイント)」のイメージキャラクターに就任した。契約金は仮想通貨ビットコインで支払われた(金額は非公表)。今日20日からハリウッドで撮影されたイメージムービーが公開される。

 本田は「CMのテーマが『世界一を目指すために、日々挑戦、努力する』ということで、僕の考えと一致する部分があるなと思いながら撮影に臨みました」などとコメント。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180820-00304835-nksports-socc

カンボジアでは“アイドル扱い!?”本田圭佑、人気の裏側とは? 

1-e1461534847305
1 2018/08/20(月) 06:52:55.69 _USER9
8/20(月) 6:43配信
週プレNEWS

ケイスケ・ホンダは、いつも想像の斜め上を行く。今度は、現役を続行しながら「他国の代表監督」になるというビッグサプライズ!

誰もが驚いたこの発表を、カンボジアの関係者はどう受け止めたのか?

* * *

ロシアW杯後、その去就が注目されていた本田圭佑(32歳)。なんと、オーストラリアの強豪メルボルン・ビクトリーFCと選手として契約しつつ、サッカー・カンボジア代表の指揮官に就任するという衝撃的なニュースが飛び込んできた。

監督ライセンスを保有していないため、カンボジアでは"Head of Delegation(代表トップ)"という肩書だが、実質的には代表監督兼GMの役割を担うという。2年契約で「報酬なし」という点も含め、すべてが異例中の異例だ。

カンボジア側との交渉は、水面下で極秘裏に行なわれていた。同国のプロリーグでプレーする選手や、長年にわたり審判を務める人物も、本田の就任は報道で初めて知ったと語っている。

本田は記者会見で、就任までの経緯をこう話した。

「カンボジアサッカー連盟に『現役を続けながら代表監督をやることは可能か』と質問したところ、『本気ならオファーをする』と言っていただき、この場に至りました。世界どこを見ても初めての契約だと思います。そういった普通ではないやり方を受け入れていただいたことに感謝しています」

カンボジア代表は現在、FIFAランキング166位。過去にW杯出場経験はなく、ロシアW杯予選も2次予選で8戦全敗に終わっている。

カンボジアの現地テレビ局「PNNテレビ」のスポーツ記者ニン・マカラ氏はこう評価する。

「私たちの国も含め、FIFAランキング100位台後半の国はチームの強化がほとんどなされていない。日本から何人もの指導者を派遣してもらっていることからわかるように、国内にいい指導者もいない。

そこで、世界の舞台で活躍している現役選手が直接指導するということ自体、レベルに合わないほど素晴らしい環境なんです。世界と戦うのはまだ厳しいかもしれませんが、まずはASEAN(東南アジア諸国連合)のなかで一番になれると信じています」

カンボジアではサッカー人気が高く、かつ日本という国にも好印象を持つ人が多い。

「2015年11月にロシアW杯アジア2次予選で日本と対戦した際には、試合後、多くのカンボジア代表選手が日本選手の元に駆け寄り、ユニフォームの交換を求めました。なかでも、当時ACミランの背番号10を背負っていたスーパースター、本田のユニフォームは皆が欲しがっていたようです」(ニン・マカラ記者)

実は、本田とカンボジアの間にはその頃から続く深い縁がある。このW杯予選で同国を訪れたことがきっかけで、本田は現地にサッカースクールを開いて選手育成に取り組んだり、カンボジア1部リーグのクラブ経営に携わったりするなど、精力的に同国内で活動してきたのだ。

本田のこうした活動は、代表監督の話が出る以前から同国ではたびたび報道され、まるでアイドルのような人気だという。それだけに、代表監督就任というニュースへの反響もすさまじい。

「フェイスブックのタイムラインは本田の話題でもちきり。サッカー連盟は本田の写真をすぐにタイムラインに投稿し、公式アカウントのトップ画像も本田に差し替えました」(ニン・マカラ記者) 

★『週刊プレイボーイ』36号(8月20日発売)「現地のサッカー協会関係者、記者、ファン......に緊急直撃!! カンボジアの皆さん、『本田代表監督』ってアリなの!?」より

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180820-01068710-playboyz-socc

本田圭佑、メルボルンの練習環境にビックリ「常識覆される環境やね」 

1 2018/08/17(金) 20:59:25.71 _USER9
オーストラリアAリーグの強豪メルボルン・ビクトリーのMF本田圭佑(32)が16日、加入後初めて屋外で練習した。
別メニューでボールを使い約1時間、軽めの調整。練習後の第一声は、ニヤリと笑い「俺のサッカーの常識が覆される環境やね」。
本拠地の1つ、AAMIパークに隣接する練習場は2つのラグビーチームと共用。さらに、申し込んで空きがあれば誰でも使用可。
看板の注意事項は「犬だけはつないで」だ。

 塀はなく、すぐ脇を車が走り、信号待ちの車内からでも本田の姿が確認できる。
オープンで丸見え。非公開練習にはスタジアムを使用するが、常時完全に閉ざされていた超名門のACミランとは段違いだ。
ただ、それでも本田は明るく前向き。「フェンロー(オランダVVV)の時もこんな感じ」。
自然体で調整を進め、今日17日にはチーム練習に部分合流する見込みだ。

no title

https://www.nikkansports.com/soccer/world/news/201808170000096.html

【衝撃】本田圭佑“サプライズ”くるか!!次なる狙いは豪州AリーグのGM? 

スクリーンショット-2018-06-24-21.26.39
“本田劇場”が新たなサプライズを準備中だ。
オーストラリア1部(Aリーグ)メルボルン・ビクトリーへの入団が決まった日本代表MF本田圭佑(32)は、選手としてだけでなく、同国サッカー界のさらなる発展を目指すプロジェクトに乗り出した。すでにAリーグ全体を統括できる要職への就任を希望しており、カンボジア代表の「実質的な監督」に続く、仰天プランとなりそうだ。

 本田は12日にカンボジア代表の「実質的な監督」となるGM就任を発表し、世間をあっと驚かせた。15日には、すでに契約締結を発表したメルボルンVの入団会見が予定されているが、新天地でもサプライズが待ち受けていそうだ。

〈続く〉

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180814-00000021-tospoweb-socc

『本田の兼任監督に期待』JFAのドン、川淵氏も本田圭佑の挑戦に太鼓判! 

1 2018/08/14(火) 12:12:41.63 _USER9
川淵氏「コペルニクス的転回」本田の兼任監督に期待
2018年8月14日11時56分 日刊スポーツ
https://www.nikkansports.com/soccer/world/news/201808140000382.html

日本サッカー協会(JFA)相談役で、元キャプテンの川淵三郎氏(81)が14日、ツイッターを更新し、サッカーワールドカップ(W杯)ロシア大会の日本代表MF本田圭佑(32=メルボルン・ビクトリー)が、カンボジア代表の実質的な監督に就任したことについて、18世紀のドイツの哲学者イマヌエル・カントが口にしたとされる明言でたたえた。

「(コペルニクス的転回、例え常識に反するとも180度考え方を変えてみろ)を実践しているのが本田選手。現役選手として発想が跳んでいる。将来が楽しみ!!」(原文のまま)

川淵氏がツイートした「コペルニクス的転回」とは、カントが1781年に出版した「純粋理性批判」の中で、認識は対象に依存するとしたこれまでの考え方に対し、対象の認識は主観によって構成されるという考え方の大きな逆転、転回を論じ、そのことを、15世紀のポーランドの天文学者ニコラウス・コペルニクスによる、天動説から地動説への転回に例えたものだ。

川淵氏は、指導者ライセンスを持たない現役選手の本田が、ゼネラルマネジャー(GM)に就任する形で、カンボジアA代表の強化の全権を担うという、世界的にも極めて異例の“兼任監督”という飛び抜けた発想を、世界史に残る天文学者と哲学者に例えてたたえた。



no title



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索