Samurai Goal

グラウディオラ


スポンサード リンク





オリバー・カーン氏がバイエルンのビダル獲得を疑問視「彼はペップのサッカーに合っていない」 

1: Egg ★@\(^o^)/ 2015/08/12(水) 19:58:23.94 ID:???*.net
過去にバイエルン・ミュンヘンでプレイした元ドイツ代表のGKオリバー・カーン氏は、MFアルトゥーロ・ビダルがグアルディオラのサッカーにフィットするとは考えていないようだ。

バイエルンはMFバスティアン・シュバインシュタイガーをマンチェスター・ユナイテッドへ売却し、ユヴェントスからビダルを獲得した。

シュバインシュタイガーの代役という位置づけだが、同氏は『キッカー』のインタビューに対し、ビダルがバイエルンに合う選手かは分からないと述べている。

「ビダルは確かに優れた選手だ。彼はバイエルンに攻撃力と素晴らしいメンタルを提供してくれるだろう。ただ、グアルディオラの哲学に収まらないようにも感じる。 

グアルディオラが求めるプレイヤーではないように思うね。確かに近年はシュバインシュタイガーにも負傷が増えていたし、ビダルが加入したことで中盤の競争力を保てるのは良い。でも、彼は決してシュバインシュタイガーの代役にはなり得ないだろう」

また同氏は、グアルディオラがマンチェスター・シティの監督に就任するといった噂が流れていることを快く思っていないという。

「彼が2016年の夏で契約が切れることに関し、将来について様々な情報がある。ただし、それはチームにも選手にも迷惑な話だ。重要なのはチームからの信頼であり、今のグアルディオラは少しイライラしているように見える 」

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150812-00010015-theworld-socc
no title

ペップ、ゲッツェ放出を否定 「彼は今季もバイエルンの選手」 

1: 名無しのSamurai
ペップ、ゲッツェ放出を否定 「彼は今季もバイエルンの選手」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150720-00000033-goal-socc
バイエルン・ミュンヘンを率いるジョゼップ・グアルディオラ監督は、MFマリオ・ゲッツェの残留を望んでいる。中国で開催された会見で、新シーズンもゲッツェはバイエルンの選手だと述べた。

ゲッツェはイタリアメディアでユヴェントス行きが騒がれており、なかにはバイエルンが選手との直接の接触を許可したとの報道もある。

だが、19日に上海で会見に臨んだグアルディオラ監督は、ゲッツェの去就に関して次のように述べた。ドイツ『AZ』など複数メディアが伝えている。

「この素晴らしい選手に対する私の意見は、彼は“スーパー・スーパー”だということさ! 私は、彼は今シーズンを通じてバイエルンの選手でいると思っている」

一方で、グアルディオラ監督は「選手の獲得・放出は、クラブが決めることだ。監督は意見を出すが、決めるのはクラブだよ」とも述べている。イタリアメディアは、グアルディオラ監督が放出の可能性に含みを持たせたとみているようだ。

なお、会見に同席したバイエルンの広報担当であるマルクス・ヘアヴィック氏は、ゲッツェについて「ほかのクラブとコンタクトはない」とコメント。ユヴェントスとの接触はないとしている。

バイエルンは18日、北京での親善試合でバレンシアを4-1と下しているが、ゲッツェはGKマヌエル・ノイアーとともに欠場した。しかし、グアルディオラ監督によると、21日に予定されるインテルとの試合では、ゲッツェが出場する可能性があるようだ。

「マリオは少し疲れていたから、(バレンシア戦では)プレーしなかった。でも、今は体調が良くなっているようだ。フィットネスの状態が良ければインテル戦に出場するだろう」


GOAL 7月20日(月)6時45分配信
no title

グアルディオラ「最終的にはメッシが…」「ポゼッション率をできるだけ高くしたかった」 

1: Pumas ★@\(^o^)/ 2015/05/07(木) 08:40:24.98 ID:???*.net
バイエルン・ミュンヘンは6日に行われたチャンピオンズリーグ準決勝ファーストレグで、バルセロナに0-3で敗れた。
ジョゼップ・グアルディオラ監督は、決勝進出が難しくなったことを嘆いている。

バイエルンの指揮官として、初めてカンプ・ノウに戻ってきたグアルディオラ監督は、古巣を相手に望んでいた結果を手にすることができなかった。
77分にFWリオネル・メッシに先制を許すと、一気に3点差をつけられている。

グアルディオラ監督は試合後、ドイツ『ZDF』で冷静に試合を振り返った。

「感情のためにここにいるわけじゃない。仕事でここに来たんだ。バイエルンが決勝に進むためにね。それ以外のことは大事ではない。仕事だよ」

「バルセロナは見事なカウンターを仕掛けてきた。我々は長い時間、それに対応できていたと思う。だが、最終的にはメッシが才能を見せつけた。
それは起こり得ることだ。サッカーはボールを持ちながら守備をしつつ、チャンスをつくることを目指さなければいけない。
過去2年間はそれで成功していたと思うが、今日のようなこともある。バルセロナにはおめでとうと言いたい」

バルセロナとの差はメッシだったのだろうか。

「メッシは素晴らしい才能を持ち、今日のようなチャンスを数多く生み出している。相手がボールを持つと、ほとんどプレーに参加しないが、好機を物にするんだ。
(1失点目は)ボールロストがあった。それはいつだってあり得る。今日はその代償を支払うことになった」

バルセロナ対策については「とにかくポゼッション率をできるだけ高くしたかった」と語っている。

「この相手からボールを奪わなければいけない。それができていたら、チャンスをつくれると思ったからだ。
今は残念ながらフランク(・リベリ)やアリエン(・ロッベン)とカウンターに走る速い選手を欠いている。だから、試合をコントロールすることを目指したんだ」

バルセロナに敗れることが特別につらいことかと問われると、このように答えた。

「それはないよ。負けたら相手がどこでもつらいことだと思っている。だが、私は満足しているんだ。大きな問題を抱えながら、ここまで来たのだからね。
まだミュンヘンでのチャンスが残っている。3点目を許したのは残念だけど、みんなで全力を尽くすよ」

ホームでのセカンドレグは12日に開催される。

5月7日(木)8時30分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150507-00000000-goal-socc

no title

【画像】この時代のバルセロナ凄すぎワロタwww 

1: 名無しのSamurai
ファン・ハール→監督
モウリーニョ→コーチ
ペップ→選手

1622c7ff89_large

”ティキ・タカ”は死んだのか?ペップ「哲学を変えるつもりはない」 

1: 名無しのSamurai
ペップ:「哲学を変えるつもりはない」
http://www.goal.com/jp/news/123/%E3%89%E3%A4%E3%84/2014/05/02/4790444/1
マドリー戦大敗も、信念はさらに強まる
バイエルン・ミュンヘンのジョゼップ・グアルディオラ監督は、チャンピオンズリーグ(CL)敗退以降に批判を受けながらも、自分自身のプレー哲学を信じる気持ちはさらに強まったと主張している。

昨季欧州王者のバイエルンは、CL準決勝のレアル・マドリー戦に2試合トータル0-5で完敗して連覇の夢を絶たれた。ポゼッションを重視するグアルディオラ監督のスタイルが破られたとして、その哲学がバイエルンに適したものではなかったのではないかとの声もメディアや関係者から上がっていた。

だが、グアルディオラ監督は2日の会見で、あくまで自身の考え方を変えることはないと語った。ドイツ『AZ』が会見での言葉を伝えている。

「私はドイツのサッカー文化を変えに来たわけではないが、私なりの見方があるし、自分のアイディアを持っている。どんな監督でも自分のアイディアしか持っていないものだ」

「ほかの監督のアイディアで指導することはできないんだから、選手たちは私のアイディア通りにプレーすることしかできない。マドリーに負けて、私は自分のアイディアをさらに強く信じるようになったよ」

マドリー戦で自身の力が及ばなかったことは認めながらも、この失意を乗り越えることはできると自信を見せた・・・[続きはリンク先へ]
no title

“悪い時のバルサ”だったバイエルン!ポゼッションという名のジレンマ!・・・しかしペップの考えは違った!! 

1: 名無しのSamurai
“悪い時のバルサ”だったバイエルン。レアルに大敗、ポゼッションの限界か?
http://number.bunshun.jp/articles/-/817069
 アンチェロッティは何か嬉しいことがあると、照れ隠しなのだろう、眉毛を大きく吊り上げる。

 4月29日のCL準決勝第2戦、率いるレアル・マドリーがバイエルンを4-0で破った後も、眉毛を吊り上げてこんな言葉を口にした。

「完璧な試合だった」

 2戦合計のスコアは5-0。180分間で両者が手にした決定機の数を考慮すると、さらに差が広がっていてもおかしくはなかった。

 ベッケンバウアーですら「マドリーは決勝進出に値した。第1戦でさらに決めていてもおかしくなかったから」とあっさりと負けを認めたほどだ。

 アンチェロッティの「パーフェクトゲーム」はいかにして達成されたのか。

 指揮官の言葉をふりかえると、いくつかの勝因が見えてくる・・・[続きはリンク先へ]
no title


マンU香川「バイエルンとやり慣れてる感じがあって自信はあった」 ・・・バイエルン✕マンU 監督、選手らコメントまとめ 

1: 名無しのSamurai
「キープの時間増やしたい」/香川一問一答
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140410-00000016-nksports-socc
 フル出場したマンチェスターU・MF香川真司の一問一答。

 -惜しかったな、もったいなかったなって感じ? それとも相手が強かった?

 香川 いやまあ、強かったですけど、うまく守備はできてたんで。やっぱり得点取った後の時間帯が…。すぐに失点してしまったのがすごくキテたのかなと。

 -前の試合のときはすごく守備のことを監督に言われたと言っていて、今週も練習でそういう感じで?

 香川 まあ1試合やってますから、そこまで戦術的に細かい練習ってのはしてないですけど。

 -途中ラームが中に入ってビルドアップしたときについていったけど、あれは自分の判断?

 香川 そうですね。自分の判断で・・・[続きはリンク先へ]

6得点バイエルン、ペップは「相手を圧倒できなかった」 

1: 名無しのSamurai
6得点バイエルン、ペップは「相手を圧倒できなかった」

グアルディオラ監督は試合後、次のように話している。クラブの公式ウェブサイトが伝えた。

「最近の試合に比べて、相手をそれほど圧倒することができなかった。ヴォルフスブルクは素晴らしい組織で対応し、非常にアグレッシブだったね。我々は前半に苦しみ、後半立ち上がりの15分も彼らの方が良いプレーをした。だが、最終的にはこっちがゴールを決めたんだ」

また、ヴォルフスブルクのディーター・ヘキング監督は、このようにコメントしている。

「我々は65分間にわたってすごく良い試合をし、バイエルンをぐらつかせた。だが、スコアが1-3になったときに、誰かが電源を切ったようだった。熱意や走力が消え去ってしまった。そうすると、どれほどの強敵に立ち向かっているのかを選手たちも意識し始めるんだ。素晴らしいハートで戦ったが、この相手には不十分だった。1-6で敗れた原因を説明するのは、胃がもたれるね」
http://www.goal.com/jp/news/123/%E3%89%E3%A4%E3%84/2014/03/09/4671762/1
no title

ペップのバイエルンでの成功のハードルが高すぎる件 

1: 名無しに人種はない@実況はサッカーch 2013/04/10(水) 20:15:49.34 ID:vtyTIZVv0
2009-2010: リーグ優勝   ポーカル優勝        CL準優勝
2010-2011: リーグ3位   ポーカル4位         CLベスト8
2011-2012: リーグ準優勝 ポーカル準優勝      CL準優勝
2012-2013: リーグ優勝   ポーカル優勝(予定)   CL決勝進出濃厚



こんなチームの監督率いるんじゃ、トレブル達成を複シーズンやらない限り「チームに恵まれただけ」と言われるだろう

no title



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索