Samurai Goal

グアルディオラ


スポンサード リンク





グアルディオラが 自身の後任にトゥヘルを推薦していた!!バイエルン幹部が明かす 

199: 名無しさん 2016/07/29(金) 10:30:58.48 ID:gRq7XoFY0
バイエルン・ミュンヘンのミヒャエル・レシュケTD(テクニカルディレクター)が、ジョゼップ・グアルディオラ監督がかつて、
自身の後任にボルシア・ドルトムントのトーマス・トゥヘル監督を推薦していたと明かしている。

2014年にバイエルンに加わったレシュケTDは、
グアルディオラ監督がミーティングでマインツを退団していたトゥヘル監督こそ「私の後任になるべき」指揮官だと話していたと明かした。
『11 Freunde』でのコメントを、『ESPN』が伝えている。

「私はトゥヘルと信頼関係にあり、彼がペップの仕事を称賛していたのを知っていた。一方でペップもマインツのプレーに感銘を受けていたんだ。
彼はよくトーマスについて私に話していた」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160729-00000004-goal-socc
no title

リベリーが元上司を痛烈批判!「グアルディオラは話しすぎる。フットボールはもっとシンプルなものだ」 

1: 名無しさん 2016/07/28(木) 23:22:13.10 ID:CAP_USER9
采配ミスにも不満

バイエルンは今季からジョゼップ・グアルディオラからカルロ・アンチェロッティへと指揮官が代わったが、
これに最も喜びを表したのはバイエルンFWフランク・リベリだった。

リベリはアンチェロッティの下で再び自由にやれるとコメントし、
前指揮官のグアルディオラよりもアンチェロッティの方を好んでいることを明かした。

では、リベリはグアルディオラのどういったところに不満を感じていたのか。

スペイン『as』によると、リベリはグアルディオラについて
「グアルディオラは若い指揮官で経験が足りていない」とコメントしており、経験の浅さからくる采配ミスにストレスを溜めていたようだ。

リベリが例に出したのは昨季のチャンピオンズリーグ準決勝アトレティコ・マドリード戦だ。
バイエルンは相手のサウール・ニゲスのスーパーゴールもあり、3季連続で準決勝敗退の屈辱を味わうことになった。

リベリはこの準決勝について「チャンピオンズリーグの準決勝ではミスは許されない。ミュラーは先発じゃなかったし、
ボアテングは負傷から回復しているところで、スタンドから見ているべきだった」とグアルディオラの采配への疑問を口にしている。

この試合では1stレグでFWトーマス・ミュラーがベンチスタートとなり、リベリはこうした判断に疑問を感じていたようだ。

また、グアルディオラ独特の哲学についても
「彼は話しすぎるんだ。フットボールとはもっとシンプルなものだ」とコメントし、理論的すぎるスタイルに合わなかったことを明かしている。

グアルディオラはこれまでもズラタン・イブラヒモビッチなど数名の選手との関係が崩れてしまったが、
バイエルンではリベリが不満を溜めていた。

リベリはアンチェロッティのようは指揮官が必要だったと歓迎しているが、自由なアンチェロッティの下で再び復活を果たすのか。

theWORLD(ザ・ワールド) 7月28日(木)17時13分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160728-00010029-theworld-socc

写真
no title

ピザは食べるな!?グアルディオラ、シティで「食の改革」へ 

1: 名無しさん 2016/07/16(土) 21:21:45.57 ID:CAP_USER9
今季からマンチェスター・シティを率いるジョゼップ・グアルディオラ監督。彼がもたらすであろう食の改革について、『The Sun』が伝えている。

それによれば、ホームゲームの際には試合後少なくとも1時間以内に選手が揃って食事をする形になるだろうとのこと。(試合後)選手たちが恋人や妻と一緒にディナーに行くことは出来なくなるとされている。

また、ロッカールームからはピザなどのジャンクフードが排除されることにもなりそうだという。これはマヌエル・ペジェグリーニ時代には普通だったことだ。

ペップはバルセロナやバイエルンでも選手たちの食をチェックするために栄養学のエキスパートを導入し、食事について厳しいルールを設けていた。

マンチェスター・シティ関係者

「彼(グアルディオラ)は試合後のエディハド・スタジアムで食事をすることを選手たちに望むでしょう。

試合後1時間以内に食事を摂ることが不可欠だと考えているんです。

例えそれが、WAGs(選手の恋人や妻たち)たちとディナーに出掛けられなくなるということを意味していたとしてもです。

選手のなかには、それを快く受け入れない者もいるでしょう。

(これまで)彼らは普段ロッカールームでピザを食べていました」


http://qoly.jp/2016/07/16/guardiola-pizza-20160716
no title

グアルディオラ監督、7年間で計21のタイトルを獲得してきたことについて「悪くない」 

1: 名無しさん 2016/05/26(木) 02:27:56.33 ID:CAP_USER9
ドイツ・ブンデスリーガ1部、バイエルン・ミュンヘンを今季限りで退団するジョゼップ・グアルディオラ監督は22日、
指揮官としてこれまで計21のタイトルを獲得してきたことについて「悪くない」とコメントし、満足感を示した。

21日に行われたドイツカップでは、バイエルンが0-0で迎えたPK戦を4-3で制し、ボルシア・ドルトムントを退けた。
PKを2本失敗したドルトムントに対し、バイエルンはダグラス・コスタが最後のキックを成功させ、リーグ戦とドイツカップの国内2冠を達成している。

スペイン1部リーグのFCバルセロナを率いた4年間で14個のタイトルを獲得しているグアルディオラ監督は、
「7年間で計21タイトルを獲得できたということは、年に3つのペースだ。悪くないね」と語った。

「しかし、バルセロナやバイエルンという、並外れたチームで指揮を執る幸運にも恵まれた。
どちらのチームにも最高の仕事を手助けしてくれる選手がいたが、特にドイツで過ごした時間はタイトルだけではなく、
人生でも有意義なものだった。ブンデスリーガの各スタジアムも常に満員だった」

来季からはイングランド・プレミアリーグのマンチェスター・シティで指揮を執ることが決まっているグアルディオラ監督は、
感情を表に出さないため批判されたこともあったが、ドイツカップではバイエルンが祝福に沸く中、思わず涙をみせていた。


■メディアの批判に苦慮

今年初めに来季からマンチェスター・シティで指揮を執ると公表したグアルディオラ監督は、
独メディアから批判され、その対応に苦慮したことを認めており、「最後の5か月は簡単ではなかった」と明かしている。

「周囲が私について話すことは、シティに加入することを決める以前と、その発表後ではまったく違っていた。それが私には理解できなかった」

「それでも、私はペップだ。常に次の試合に集中することが自分の仕事だ。タイトルはあくまでもタイトルで、人々を満足させるものだ。
しかし、私にとって大きな経験となったのは、選手たちと毎日仕事ができたことだ」

グアルディオラ監督はこの日、胸の部分に「Double(2冠)」と書かれたTシャツを身に着け、マリエン広場で行われた最後の公式行事に姿をみせると、
バイエルンの選手やファンに別れを告げた。バルコニーから身を乗り出したグアルディオラ監督は、広場に集まったたくさんのファンに向かって、
「信じられないような時間だった。家族を代表して『ありがとう、ドイツ!』と言わせてもらう」と叫んだ。

来季からカルロ・アンチェロッティ氏にチームを引き渡すグアルディオラ監督は、自分が去ってもバイエルンの強さは変わらないと強調している。

「バイエルンには優秀な選手がそろっている。彼らは熱意と個性を持っている。
延長戦に突入し、両チームとも消耗していたためPK戦では思うようにいかなかったが、よくやってくれた」

AFP=時事 5月23日(月)13時52分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160523-00000023-jij_afp-socc

写真
no title

グアルディオラが怪我で療養中のギュンドアンにラブコール!!? 

624: 名無しさん 2016/05/19(木) 13:02:18.05 ID:MqSHCyMI0

ドルトムントの方がバイエルンより面白い! ブンデス最優秀監督にトゥヘルが選出!! 

1: 名無しさん 2016/05/08(日) 21:39:52.66 ID:CAP_USER9
グアルディオラに大差つける

ブンデスリーガ公式サイトが選出した今季の最優秀監督候補には、バイエルンのジョゼップ・グアルディオラ、
ドルトムントのトーマス・トゥヘル、ヘルタ・ベルリンのパル・ダールダイ、
インゴルシュタットのラルフ・ハーゼンヒュットルの4名がノミネートされていたが、
ファン投票の結果ドルトムントのトゥヘルが最優秀監督に選ばれた。

今季もリーグ戦を支配していたのはグアルディオラ率いるバイエルンで、ブンデスリーガ史上初となる4連覇を達成した。
しかし、そんな偉業もトゥヘルが立ち直らせたドルトムントの前には霞んでしまうようで、
インゴルシュタットのハーゼンヒュットルが3%、ヘルタ・ベルリンのダールダイが8%、
グアルディオラが27%の票を集めたのに対し、トゥヘルは62%と大差をつけている。

今季のドルトムントは開幕直後から攻撃陣が爆発。開幕戦ではボルシアMGを4-0で倒し、開幕直後は首位に立っていた。
その後はバイエルンに徐々に差をつけられてしまったが、中盤戦まで優勝争いの行方は分からなかった。
また、今季のドルトムントの攻撃には圧倒的な破壊力があり、ロベルト・レヴァンドフスキと得点王争いを繰り広げた
ピエール・エメリク・オバメヤン、マルコ・ロイス、ヘンリク・ムヒタリアン、
そして日本代表MF香川真司の前線4人で構成されるファンタスティック・フォーと呼ばれるユニットまで完成した。

トゥヘルは今季前半戦でもグアルディオラを抑えてリーグ最優秀監督に選ばれており、
今季はシーズンを通してドイツのサッカーファンを魅了することになった。
グアルディオラ率いるバイエルンが強いのは明らかだが、ファンの目にはトゥヘル率いる
ドルトムントのサッカーの方が魅力的だったということだろう。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160508-00010037-theworld-socc
no title

ペップ怒りの告発か?CL敗退の責任押し付けか?…グアルディオラが突如暴露「バイエルンにはスパイがいる!」 

1: 名無しさん 2016/05/07(土) 15:18:27.28 ID:CAP_USER9
「私にとって問題ではない。バイエルンの問題だ」
 
今季限りでバイエルン・ミュンヘンの監督の座を退任するペップ・グアルディオラ監督が、
クラブスタッフの中に極秘情報を外部に漏らす「スパイ」が潜んでいると怒りの告発に出ている。衛星放送局「スカイ・スポーツ」が報じた。

ペップはバイエルンで指揮を執った3年間、クラブスタッフとの対立が何度も明るみに出ていた。
3日のUEFAチャンピオンズリーグ(CL)アトレチコ・マドリード戦で敗退後にもメディカルスタッフと口論になったと独地元メディアでレポートされていた。

昨年4月にもCLポルト戦で1-3と敗れたことを責任を医療スタッフに押しつけ、
その後に長年チームドクターを務めたハンス=ヴィルヘルム・ミュラー・ヴォールファールト氏や36年間理学療法士を務めてきたフレディ・ビンダー氏の退任を招いていた。

ペップはこうしたクラブハウスでの内紛騒動が何度もメディアを通じて公になっていることを問題視した。
「通常ドレッシングルームで起きたことはドレッシングルーム内にとどまるものだ。誰かが私に攻撃するためにリークしているんだ」

 来季のマンチェスター・シティ新監督就任が決まっているグアルディオラ監督はこう言い放った。

圧倒的な戦力を誇るバイエルンで在任中のリーグ3連覇に王手をかけているが、
史上命題と呼ばれていた欧州チャンピオンズリーグのタイトルには在任中に手が届かなかった。

前任者のユップ・ハインケス氏が退任するラストシーズンにCL優勝を果たしていた経緯もあったために、
CL敗退でメディアからの批判も浴びていた。自らの3年間について「失敗」と認めざるを得なかったが、
バイエルンからの去り際に、突如クラブの問題を表沙汰にするに至った。

「私は来季はここにいないから、私にとっての問題ではない。でも、バイエルンにとっては問題だ。
3年間の間に何度も起こった」名門の足を引っ張る行為が何度も行われていたと痛烈に批判している。

メディカルスタッフへの八つ当たりが独メディアに流出

「私が選手やスタッフに意見を言うのはふつうのことだ。しかし、ここには私を傷つけようとする人間もいるんだ。
おそらくその人間は来季もここにいるだろう。彼らは私ではなくクラブやチームを傷つけているということに気が付かないだろうね。私はここからいなくなる。これはクラブの問題だ」

今夏に契約満了を迎えるグアルディオラ監督はイングランドへ渡る。後任にはイタリア人名将カルロ・アンチェロッティ監督が就任することが決まっている。

CLこそ手が届かなかったものの、在任期間の3年間で2度のリーグ優勝や1度のDFBポカール優勝など多くのタイトルを獲得。
今季もブンデスリーガ史上初の4連覇と2度目ポカール制覇にあと1勝と迫っている。

ポジションやシステムにとらわれない革新的なスタイルでクラブの歴史に名を残すだけのインパクトを残した名将だが、
負けた際のメディカルスタッフへの風当たりの強さは問題視されていた。怒りの告発か、八つ当たりか。

潔く負けを認めることの少ないスペイン人指揮官のスパイ告発は欧州で大きな波紋を呼んでいる。

Soccer Magazine ZONE web 5月7日(土)13時33分配信
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160507-00010007-soccermzw-socc&p=1

写真
no title


【サッカー】<元バイエルンFW>「ペップ・バイエルンは失敗だった」「彼のことは誰も覚えていないだろう」とバッサリ!
http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1462592024/

バイエルンFW「ペップ・バイエルンは失敗だった」「彼のことは誰も覚えていないだろう」とバッサリ! 

1: 名無しさん 2016/05/07(土) 12:33:44.00 ID:CAP_USER9
スタイルは変貌させたが結果は……

元バイエルンで現在はハンブルガーに所属するFWイビチャ・オリッチは、
ジョゼップ・グアルディオラの3年に渡るドイツでの挑戦は失敗だったとみなしているようだ

2013年からドイツで指揮を執り、バイエルンのスタイルをガラリと変貌させたペップ。

しかし国内タイトルを独占する一方で、チャンピオンズリーグの舞台では3年連続準決勝で姿を消し、悲願を叶えることはできなかった。
それについてオリッチは以下のようにコメントしている。英『Daily Mail』が伝えた。

「3年連続でペップはチャンピオンズリーグ準決勝で敗れた。バイエルンの高い水準を考えれば、それは“失敗”だね」

続けて「国内タイトルだってあのメンバーを揃えていたら獲得するのは当然のことだろう。
グアルディオラはヨーロッパのカップ戦で勝つために自身の哲学にこだわりすぎた。

もちろん、彼は来た当初から大きな期待を背負わなければならなかったけどね。
ハインケスがすべてを成し遂げたあとだったし、それと張り合わなければならなかった。

でも彼はそれができなかったし、覚えている人もいないだろう」とグアルディオラは前任者ハインケスに遠く及ばないとしている。

フットボールの世界では結果がすべてだ。

いくらバイエルンを魅力的なパスサッカーをするチームへ変えたとしても、
ビッグイヤーなしではそれを正当に評価してくれる人物はどこにもいないのかもしれない。

theWORLD(ザ・ワールド) 5月6日(金)23時20分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160506-00010036-theworld-socc

写真
no title

【画像】CL敗戦で呆然とするグアルディオラの後ろにいるゲッツェの他人事感wwwwwwwwww 

258: 名無しさん 2016/05/04(水) 05:52:12.93 ID:Ch1Az+gJ0
ペップ
no title

グアルディオラ氏就任のマンC、ドルトMFギュンドアンを獲得で合意か!?英紙報じる 

1: 名無しさん 2016/04/17(日) 03:01:51.17 ID:CAP_USER*.net
マンチェスター・Cが日本代表MF香川真司が所属するドルトムントのドイツ代表MFイルカイ・ギュンドアンの獲得で
合意に至ったことが明らかになった。
16日付のイギリス紙『サン』などが報じている。

 来シーズンからマンチェスター・Cの指揮官に就任するジョゼップ・グアルディオラ氏が、
獲得を望んでいると報道されていたギュンドアン。
昨夏も去就問題に揺れた同選手だが、今シーズン終了後のマンチェスター・C移籍が確実となったようだ。

 同紙によると、プレミアリーグのライバルクラブであるアーセナルやリヴァプールも同選手に関心を示していたが、
マンチェスター・Cが獲得レースに勝利した模様。
移籍金は約3000万ポンド(約46億2000万円)で、今シーズン終了後に発表されるという。

 現在25歳のギュンドアンは、2011年にニュルンベルクからドルトムントに加入。これまで公式戦155試合に出場してきた。
香川と仲のいいことで知られている同選手は、ドルトムントとの契約を2017年まで残している。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160417-00431869-soccerk-socc
no title



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索