Samurai Goal

クロップ


スポンサード リンク





香川の交代は誤りだったのか? クロップらの「熱」に屈したドルトムントが逆転敗退 

1: 名無しさん 2016/04/15(金) 21:29:36.45 ID:CAP_USER*.net
4-3。
UEFAヨーロッパリーグ準々決勝、リヴァプール対ドルトムントのセカンドレグ(第2戦)は、
『クロップダービー』の名に恥じない、壮絶な打ち合いになった。
 たしか“3点”は、サッカーの試合におけるセーフティーリードとされたはずだが、そのような常識も、
クロップとアンフィールドが発する呆れるほどの熱量の前では無力だったのか。
 ドルトムントは、前節シャルケ戦でファンタジックなループシュートを決めた香川真司を先発メンバーに加えた。
 2戦合計180分の前半にあたるファーストレグこそ、守備的に戦ったドルトムントだが、
セカンドレグでは香川をトップ下に置く4-3-3を用い、攻撃に舵を切った。
 試合開始から9分間で、ヘンリク・ムヒタリヤンとエメリク・オーバメヤンがゴールネットを揺らし、
ドルトムントが2点を先行。リヴァプールは早々とアウェイゴールを2点許し、逆転するには“3点”が必要に。
いきなり苦しい状況に追い込まれた。
 そのリヴァプールの1トップは、ファーストレグに続き、ダニエル・スタリッジではなく、ディボック・オリギが先発。
裏へ飛び出す動き、スピードとパワーに長けたベルギー代表FWを置いた。
 オリギが飛び出し、それに続いて2列目からララーナ、フィルミーノらも飛び出す。
単発に終わらない、“飛び出しの連鎖”がドルトムントを襲った。
 しかし、ファーストレグでオリギに飛び出しの恐怖を植え付けられたドルトムントは、同じ轍を踏まず、
警戒心を強めて対応した。前半はリヴァプールにポゼッション率58%とボールを握られるも、
被枠内シュートは0。裏のスペースをしっかりと守り、決定的なシーンを作らせなかった。

 ところが、その次にリヴァプールがターゲットを定めたのが、ドルトムントの中盤の底のスペースである。

 後半開始直後の48分、リヴァプールは中盤からエムレ・ジャンがワンツーでカストロとヴァイグルを抜き去って
相手の中盤の底へ侵入。ドルトムントの最終ラインが足を止めた瞬間、スルーパスを送り、オリギが1点を返した。

 ドルトムントはゴンサロ・カストロが前掛かりになり、1人残ったユリアン・ヴァイグル周辺のスペースが空きやすい。
リヴァプールにとって、セカンドレグでは、この中央を突く攻撃が最も効果的だった。

 ところが、反撃ムードもつかの間。リヴァプールは57分にマルコ・ロイスに追加点を食らい、
1-3と突き放され、終始3点を追う展開に広げられてしまう。

 意気消沈してもおかしくないロイスの一撃だったが、しかし、直後の62分、クロップがこの試合でベストの一手を打つ。

 フィルミーノとララーナに代えて、ジョー・アレンとスタリッジを投入。システムを中盤ダイヤモンド型の4-4-2へ。
スタリッジとオリギが2トップを組み、トップ下にコウチーニョが入る。

 狙い所であるヴァイグル周辺のスペースに、最も調子の良いコウチーニョを置き、さらにドルトムントを攻め立てる。
21分、コウチーニョはミルナーとのワンツーでヴァイグルをかわし、得意のミドルシュートを叩き込んだ。これで2-3。
まだわからない。

 クロップ采配が見事に当たったコウチーニョのゴール。終盤にセットプレーの2発を呼び込むことになる、
この試合で最も重要なゴールだった。

no title

【画像】試合後、ドルトムントの選手を慰めるクロップ!何も言えねぇ…せつない… 

522: 名無しさん 2016/04/15(金) 07:56:32.52 ID:h3qohSzG0.net
ドルの監督は今もクロップかな?
no title

クロップは香川真司を恐れていた!! 

98: 名無しさん 2016/04/15(金) 06:47:47.93 ID:yr90TDa+d.net
香川潰しが凄かったな
クロップは相当恐れてたんだろう

no title

”最高のモチベーター”クロップがハーフタイムに選手に言ったこと「子や孫に語れる事をやろう!!」 

103: 名無しさん 2016/04/15(金) 06:48:01.92 ID:J3CvBrYE0.net


no title

【動画】試合後、クロップと香川真司が熱い抱擁!!!!!!!! 

★: 名無しさん




Cfd_etAUkAEZSNz

【EL準々決勝1st ドル×リバポ試合結果】クロップダービーは1-1ドロー!香川出番なし[全ゴール動画有] 


UEFAヨーロッパリーグ 2015/2016 準々決勝 1st leg.
ドルトムント 1-1 リヴァプール

■ 得点:
0-1 ディボック・オリギ(前半36分)
1-1 マッツ・フメルス(後半3分)

Cfbw9anVAAA-am8
動画がリンク切れする場合があります。ご了承下さい


【EL準々決勝1st ドル×リバポ前半終了】ドルトムント、オリギにゴール決められ0-1で前半終了香川はベンチスタート[全ゴール動画有] 


UEFAヨーロッパリーグ 2015/2016 準々決勝 1st leg.
ドルトムント 0-1 リヴァプール

■ 得点:
0-1 ディボック・オリギ(前半36分)

Cd1YEWdW0AA9Kwz
動画がリンク切れする場合があります。ご了承下さい


クロップ「ドルトムントは北朝鮮よりも居心地がいいよ」 

1: 名無しさん 2016/04/07(木) 19:34:58.37 ID:CAP_USER*.net
クロップのハッピーな帰還

7日に行われるUEFAヨーロッパリーグ準々決勝1stレグで、リヴァプールはドルトムントと対戦する。
ユルゲン・クロップ監督はリヴァプールの指揮官として初めて古巣ドルトムントの
本拠地ジグナル・イドゥナ・パルクに帰還する。

今シーズンの途中からリヴァプールを率いるクロップ監督は、2008年から2015年までドルトムントの監督を務め、
2度のブンデスリーガ制覇を成し遂げた。今でもドルトムントで人気を博すクロップはドルトムントで温かい歓迎を受けているようだ。
クラブはユルゲン・クロップが慣れしたんだスタジアムでロッカールームを間違えてしまわないように、
矢印のついた案内板を掲示した。
ユーモア溢れる歓迎を受けるクロップについて英『Daily Mail』は「ハッピーな帰還」だと伝えている。

クロップ監督は試合前日の会見で、ドルトムントは「北朝鮮よりも居心地がいいよ」とジョークを飛ばし、
「彼らはクールな戦い方をする。勇気を持って積極的に攻めてくるので、簡単にはいかないだろう。
だが、我々もしっかりと準備をしている。ドルトムントは高いレベルのプレイをするが、リヴァプールにもそれは可能だ。
うまくいけば接戦に持ち込むことができる」と意気込みを語っている。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160407-00010031-theworld-socc
no title

トゥヘル「香川を指導し、チームにいてくれることは最高の特権」 クロップ「真司はトッププレーヤー」 

43: 名無しさん 2016/04/06(水) 23:36:07.13 ID:RWJuklQl0.net
恩師クロップとの対決前にドルト香川が評価急上昇 トゥヘル監督が「最高の特権」と大絶賛

クロップ監督の愛弟子である復調の香川についてもトゥヘル監督はメディアの質問を受けて言及している。

「香川を指導し、我々のチームに彼がいてくれることは最高の特権なんだ」今季後半戦にスタメンの座を失っていた「小さな魔法使い」をこう絶賛した。
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160406-00010020-soccermzw-socc

no title

トゥヘルとクロップ、香川に合っているのはどっち? データで見る2人の指揮官の違い 

1: 名無しさん
トゥヘルとクロップ、香川に合っているのはどっち? データで見る2人の指揮官の違い
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160312-00010019-theworld-socc
今季前半戦では爆発していた香川

今季からドルトムントで指揮を執るトーマス・トゥヘルは、就任時の会見でユルゲン・クロップが長い年月をかけて作り出したドルトムントのスタイルを踏襲しながら戦っていくと決意を口にした。その通りにトゥヘルはクロップが残したものをベースに戦いを始め、歴史的なスタートを切った。しかし、トゥヘルは徐々に自分の色をチームに落とし込んでいる。

英『sky SPORTS』の発表したデータによると、トゥヘルとクロップの大きな違いはボールの運び方にある。トゥヘルのサッカーもカウンター時には恐ろしいほどの速度で相手ゴールへ迫るが、クロップ時代よりもボールを大事にしている傾向にある。クロップが率いていた2013-14シーズンは1試合平均のポゼッション率は52%、パス本数は501本、ドリブル回数は16・1回だった。これに対してトゥヘルが率いる今季のチームはポゼッション率が60%、パス本数が617本、ドリブル回数は11・4回だ。パスの本数が増え、ドリブルを仕掛ける機会が減っている。これはよりボールを大切にしながら戦っている証と言える。

また、今季のドルトムントはサイドからの単純なクロスでゴールを決めるケースが増えているのも特徴だ 。クロップ時代のヘディングによる得点率は9・8%だったが、今季のドルトムントは15%をヘディングで決めている。思えばトッテナム戦の先制点となったオバメヤンの得点も左サイドからのクロスに頭で合わせたものだった。

では、日本代表MF香川真司はクロップとトゥヘルどちらのスタイルに合っているのだろうか。今季前半戦では香川もファンタスティック4の一員として暴れていたが、ここ最近はスタメンから外れるケースが増えている。データだけで見るとボールを支配しながら戦うトゥヘルの方が香川に合っているように思えるが、トゥヘルはトッテナム戦でも香川をベンチに置いていた。今の香川は序盤戦からは想像もつかないスランプに陥っているが、トゥヘルのスタイルに完全には適応できなかったのだろうか。

http://www.theworldmagazine.jp/

no title



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索